【新入社員研修用】企業の仕組みと情報システム・本文サンプル

1,502 views
1,344 views

Published on

本書は、この企業活動と情報システムとの関わりについて整理するための教科書です。MS word形式で掲載致しました。必要に応じて改変しご利用ください。

企業とその活動について理解し、その企業が抱える課題について考えます。また、その課題を解決するための手段として、情報システムがどのように使われているのかを学びます。

私達のお客様には、情報システム関連の仕事をされている方が、数多くいらっしゃいます。そのお客様に質の高い仕事を提供することが私達の使命です。その使命を全うするためにも、企業と情報システムに関わる常識をしっかりと身につけておくことが大切です。

あなたがお客様と自信を持って会話し、お客様に質問し、お客様の話を正確に理解するための基本となる知識が本書にはまとめられています。 わからなければ何度でも読み返してください。それでもわからなければ、先輩や上司に質問してください。そのような努力が、きっと、あなたの仕事力を向上させてくれるでしょう。

ところで、本書で使われるいくつかの言葉について、あらかじめ解説しておきます。 まず「情報システム」と「IT」という言葉です。情報システム(Information Systems)とは、情報を扱う仕組みを意味します。つまりコンピューターなどの機器類やそこで動くプログラムなどを組み合わせたものです。例えば、会計情報システムというと、コンピューター装置とそこで動く会計業務を処理するプログラムの組み合わせた全体の仕組みのことです。

一方、IT(Information Technology)は、「情報システムを実現する技術」を意味する言葉です。例えば、後ほど登場するスマートフォンやクラウド・コンピューティング、仮想化などがこれに該当します。 つまり両者は「ITを使って情報システムを構築する」という関係にあります。本書では、この意味を前提に解説をしています。ただ、一部では慣例を優先させて使用している部分もあります。

「費用」と「コスト」という言葉も頻繁に登場します。こちらについては、特に意味の違いはありませんが、慣例を踏まえて使い分けています。

表紙:パワーポイント形式
本文:ワード形式

http://libra.netcommerce.co.jp/

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,502
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
526
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

【新入社員研修用】企業の仕組みと情報システム・本文サンプル

  1. 1. 企業の仕組みと情報システム [企業活動と情報システム] 1 © 2012-2014, NetCommerce inc. 目次 はじめに ................................................................................................................................ 3 I. 私達の社会と企業........................................................................................................... 6 1. 企業と社会.................................................................................................................. 7 2. 企業の種類.................................................................................................................. 9 ① メーカー(製造業) ............................................................................................ 9 ② エネルギー........................................................................................................... 9 ③ 金融 ................................................................................................................... 10 ④ 商社 ................................................................................................................... 10 ⑤ 流通 ................................................................................................................... 10 ⑥ サービス ............................................................................................................ 10 ⑦ 情報処理・ソフトウェア................................................................................... 11 ⑧ 通信・情報・教育・マスコミ............................................................................ 11 ⑨ 運輸・倉庫......................................................................................................... 11 3. 企業の経営................................................................................................................ 17 ① 企業活動と経営 ................................................................................................. 17 ② 経営と資金......................................................................................................... 20 ③ 財務と会計......................................................................................................... 22 ④ 企業組織 ............................................................................................................ 24 ⑤ 持株会社と事業会社 .......................................................................................... 27 ⑥ 職務権限と稟議制度 .......................................................................................... 28 ⑦ 業務 ................................................................................................................... 29 4. 企業経営と課題......................................................................................................... 36 ① 企業経営の目的 ................................................................................................. 36 ② 企業の社会的責任とコーポレートガバナンス................................................... 38 II. お客様の仕事と情報システム....................................................................................... 40 1. 製造業で使われるシステム....................................................................................... 42 ① 「研究」に使われる情報システム..................................................................... 44 ② 「開発・設計」に使われる情報システム.......................................................... 45 ③ 「生産・製造」に使われる情報システム.......................................................... 47 ④ 「物流」に使われる情報システム..................................................................... 48 ① 「マーケティング・営業」に使われるシステム............................................... 50 2. 流通業で使われるシステム....................................................................................... 51 ① 卸売業のシステム.............................................................................................. 51
  2. 2. 企業の仕組みと情報システム [企業活動と情報システム] 2 © 2012-2014, NetCommerce inc. ② 小売業のシステム.............................................................................................. 52 ③ 物流業のシステム.............................................................................................. 53 ④ EDI システム ..................................................................................................... 54 ⑤ 流通業でよく使われる情報システムの用語 ...................................................... 55 3. 銀行業で使われるシステム....................................................................................... 58 ⑥ 勘定系システム ................................................................................................. 59 ⑦ 情報系システム ................................................................................................. 59 ⑧ 資金・証券系システム....................................................................................... 60 ⑨ 国際系システム ................................................................................................. 60 ⑩ 対外接続系システム .......................................................................................... 61 ⑪ 事務系システム ................................................................................................. 61 4. 業種を越えた共通の課題への対応............................................................................ 62 ① 会計システム..................................................................................................... 62 ② 人事システム..................................................................................................... 63 ③ ERP(Enterprise Resource Planning)システム.............................................. 65 ④ グループ・ウェア.............................................................................................. 68 ⑤ ビジネス・インテリジェンス............................................................................ 71 ⑥ セキュリティ向上のための取り組み................................................................. 75 ⑦ 事業継承のための取り組み ............................................................................... 80 5. 情報システム部門の機能と役割 ............................................................................... 83 ① 情報システム部門の機能と役割 ........................................................................ 83 ② 情報システム部門の仕事の流れ ........................................................................ 86 6. 情報システム企業(IT 企業)の機能と役割............................................................. 89 III. 情報システムと私達の仕事....................................................................................... 92
  3. 3. 企業の仕組みと情報システム [企業活動と情報システム] 3 © 2012-2014, NetCommerce inc. はじめに 私達のお客様である「企業」は、日々様々な活動をしています。その活動により、私達は快適 に、そして便利に生活することができます。 この快適さや便利さはタダで手に入るわけではありません。私達はお金を支払い、この恩恵を 手に入れているのです。しかし、その金額が高ければ、人々はそれを購入できません。また、他 の会社がもっと低価格で、あるいはもっと便利なものを提供すれば、お客様をそちらにとられて しまいます。 モノが売れない、サービスが利用されないでは、企業の経営は成り立たちません。そこで、さ らに魅力的な商品やサービスをより安く提供するために、企業は日々工夫と努力を重ねているの です。 企業活動とは、このような「お客様に高い満足を提供しつつ、安定した売り上げや利 益を上げ続けるための取り組み」です。そして、そのような企業の努力があるからこそ、私 達の生活はますます便利で豊かになり、雇用の機会も得ることができるのです。 時代の移り変わりや社会、経済環境の変化に対しても、企業は対処しなければなりません。時 代の変化はお客様のニーズを変えてしまいます。昔よかったものが、今もいいとは限らないので す。この変化に対処できなければ、企業は存続できません。 情報システムは、これら企業の苦労や課題を解決する手段として、今や欠くことのできない存 在となっています。
  4. 4. 企業の仕組みと情報システム [企業活動と情報システム] 4 © 2012-2014, NetCommerce inc. 本書は、この企業活動と情報システムとの関わりについて整理するための教科書です。 企業とその活動について理解し、その企業が抱える課題について考えます。また、その課題を 解決するための手段として、情報システムがどのように使われているのかを学びます。 私達のお客様には、情報システム関連の仕事をされている方が、数多くいらっしゃいます。そ のお客様に質の高い仕事を提供することが私達の使命です。その使命を全うするためにも、企業 と情報システムに関わる常識をしっかりと身につけておくことが大切です。 あなたがお客様と自信を持って会話し、お客様に質問し、お客様の話を正確に理解するための 基本となる知識が本書にはまとめられています。 わからなければ何度でも読み返してください。それでもわからなければ、先輩や上司に質問し てください。そのような努力が、きっと、あなたの仕事力を向上させてくれるでしょう。 ところで、本書で使われるいくつかの言葉について、あらかじめ解説しておきます。 まず「情報システム」と「IT」という言葉です。情報システム(Information Systems) とは、情報を扱う仕組みを意味します。つまりコンピューターなどの機器類やそこで動く プログラムなどを組み合わせたものです。例えば、会計情報システムというと、コンピュ
  5. 5. 企業の仕組みと情報システム [企業活動と情報システム] 5 © 2012-2014, NetCommerce inc. ーター装置とそこで動く会計業務を処理するプログラムの組み合わせた全体の仕組みのこ とです。 一方、IT(Information Technology)は、「情報システムを実現する技術」を意味する言葉 です。例えば、後ほど登場するスマートフォンやクラウド・コンピューティング、仮想化 などがこれに該当します。 つまり両者は「IT を使って情報システムを構築する」という関係にあります。本書では、 この意味を前提に解説をしています。ただ、一部では慣例を優先させて使用している部分 もあります。 「費用」と「コスト」という言葉も頻繁に登場します。こちらについては、特に意味の 違いはありませんが、慣例を踏まえて使い分けています。 2014 年 3 月 31 日

×