• Share
  • Email
  • Embed
  • Like
  • Save
  • Private Content
システム・インテグレーション崩壊
 

システム・インテグレーション崩壊

on

  • 1,774 views

JCSSA (09.JULY.13) 講演資料

JCSSA (09.JULY.13) 講演資料
SIビジネスの課題と対処について、話をさせていただきました。

Statistics

Views

Total Views
1,774
Views on SlideShare
1,769
Embed Views
5

Actions

Likes
4
Downloads
45
Comments
0

2 Embeds 5

https://twitter.com 3
https://www.facebook.com 2

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    システム・インテグレーション崩壊 システム・インテグレーション崩壊 Presentation Transcript

    • 2009-2012,all rights reserved by NetCommerce Nov.2012 システム・インテーグレーション崩壊 〜 ポストSI時代のITビジネス © NetCommerce inc. ,2012-2013
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce SIビジネスが 置かれている状況
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce クラウドのインパクト クラウド・コンピューティングは コンピューティング資源を 必要なときに必要なだけ使える仕組み リソースを 柔軟・迅速に変更 無人運用環境で サービスを提供 セルフサービスで システム資源を調達 従来のビジネス・モデルで対抗できるのか? 超高速調達サイジング不要 TCO削減
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce クラウドのインパクト/Amazonのサービス 豊富なサービス・メニュー グローバル・サービス拠点 圧倒的低価格 システム・プラットフォーム/インフラストラクチャー の新たな選択肢
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce プロジェクトの企画 要求の仲介 要件定義・仕様策定 SIビジネスの課題 ビジネス価値の向上 v 売上・利益の増大 v 新規事業への参入 v 利便性の向上 など ゴール 不一致 現場からの乖離 収益を優先 業務知識・現場実践スキル の欠如、内容判断が困難 策定仕様および 完成責任の保証を要求 客観的金額根拠の要求 瑕疵担保責任 (内容の保証) 工数の積算 (労働力への対価) SI事業者エンドユーザー 情報システム部門 リスクの回避 安心の担保 リスク分 の上乗せ 相互 不信 仕様通りの コードの完成
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce ポストSI時代のITビジネス − 変化にどう対応するのか −
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 従来型のウオーターフォールではクラウドの価値を引き出せない クラウド時代のSIビジネス 構築 保守運用 構築 運用 保守 スケール アジリティ スピード 高速開発ツール RAD,BRMSなど BaaS・マッシュアップ DevOps l  案件単価の低下 l  リサイクルやSOAによる再利用と利益率の拡大 l  ビジネス・サイクルの短縮と回転数の増加 作らないシステム・インテグレーション =  お客様の幸せ
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce クラウド時代のSIビジネス 開発・検証に必要な資源調達のコストがかからない 組合わせの範囲や選択肢が拡大しイノベーションを起こしやすい 本番実行環境と開発・保守・運用を一括したビジネスを容易に展開できる 大手と中小のギャップ縮小 オンプレミス プロプライエタリ クラウド オープンシステム・インテグレーター サービス・インテグレーター ビジネスのサービス化 ダイレクト・タッチ・ビジネスの拡大 アジャイル型請負ビジネス 新しい収益モデル
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 最初に要件を全て決めてか ら開発 要件 設計 コーディング 単体テスト 結合テスト ウオーターフォール開発 アジャイル型請負ビジネス/アジャイル開発 リリース アジャイル開発 ビジネス上の重要度で要件 の優先順位を決め、これに 従って必要機能を順次開発 反復(イテレーション)1 反復 2 反復 3 反復 4 リリース リリース リリース リリース
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce アジャイル型請負ビジネス/アジャイル開発 経過時間 要 求 の 信 憑 性 ビジネス・サイクル の短縮化により 要求変化の スピードが加速 全ての要件定義を前提とする ウォーターフォール開発では この変化への対応が難しい 平均的に、24か月で 25%の要件が変わる アジャイル開発 への期待
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce アジャイル型請負ビジネス/アジャイル開発 ◎ 〇 △ X 反復 1 ビジネス価値 ◎ 反復 2 ビジネス価値 〇 反復 3 ビジネス価値 △ 反復 4 ビジネス価値 X
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce アジャイル型請負ビジネス/リスクの考え方 プラン ドリブン型 前提条件 結果予測 バリュー ドリブン型 リソース アジャイル 納期 リソース 納期 実現仕様 ビジネス価値で 実現仕様を絞り込み ウオーターフォール 要求仕様 請負契約
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce Product Backlog 1.--------------- 2.--------------- 3.--------------- 4.--------------- 5.--------------- Part 1 Part 2 Sprint Task List (Sprint Backlog) a.---------------- b.---------------- c.---------------- d.---------------- e.---------------- f.---------------- Sprint Review Retrospective Daily Scrum Sprint (Iteration) Sprint Planning 1週間~4週間 Scrum Master (ファシリテーター) Team Developer (Pair Programming) バーンダウン・チャート 毎朝15分のスタンド アップ・ミーティング デザイン・開発・テスト タスクボード To Do On Going Done a e d c b fg h 2時間 2時間 確実な優先順位付け(同位は無し) 追加、修正、変更可能(Sprintに 入っている物以外) Product Ownerが全て責任を持つ 2時間 2時間 Continuous Integration (常時結合) アジャイル型請負ビジネス/スクラム手法
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce アジャイル型請負ビジネス/ビジネス価値 v ビジネス・サイクルの短縮化 v 継続的なコスト削減圧力 v 戦略的システム開発ニーズの拡大 v ユーザー企業とSI事業者のゴールを一致させることができる v 利益(率)を拡大することができる v 品質を向上させることができる
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce アジャイル型請負ビジネス/営業 1.  予算と納期についてお客様と合意する 2.  上記範囲内で開発可能な機能を「ビジネス価値」を基準に優 先順位を決める 3.  デジタル・モックアップで提案を行いユーザー企業と合意する v  合意した予算と納期を固定(請負)し、改善によって原価低減 と品質向上を継続する v  エンドユーザーとのすりあわせを徹底し、ユーザーの使いやすさ や満足度を向上させる取り組み(UXの向上)を継続する v  トップおよびユーザーにこのような取組の顧客価値を布教する
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 最適化された 組合せの実現 人月単価の積算 ++ 完成責任 収益モデル/SIビジネスの因数分解 SSIIビジネス 拡大 収益モデルとしての SSIIビジネス 顧客価値としての SSIIビジネス 新しい サービス 新しい 収益モデル 新結合 Innovation 崩壊 技術やプロセス の新しい組合せ
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 収益モデル 販売 物品・ライセンス 工数 人月積算  成果報酬  サブスプリクション  レベニューシェア ソニックガーデン 納品のない受託開発 日本ユニシス イオン・モール NTTデータ ANA・新貨物基幹システム ゴールの共有 v 経費化 v 初期投資の軽減・削減 v ビジネス変化への即応 v ストック収益化 v 利益拡大 v 顧客の囲い込み ユーザー ベンダー
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 新しく求められるテクノロジー・スキル 例えば・・・ ソーシャル アジャイル開発 Webアプリ SDN・OpenFlow OSS フラッシュストレージ 仮想化・SDI 統合認証 モバイルOS DevOps ビッグ・データ インメモリーDB Open Cloud モバイルUX アプリケーション インフラストラクチャー
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce ソリューション営業の終焉、営業3.0の時代 プロダクト営業 イノベーション営業 ソリューション営業 自分たちの製品やサービス お客様の変化 顧客の課題やニーズ 製品やサービスの性能や機能の優 位性、あるいはコストパフォーマンス の高さ 顧客に新しい気付きやビジョンを与 えられること 課題解決やニーズを満たすための テクノロジーやプロセスの組合せの 適応性や優位性 購買担当や責任者 変革推進者 プロセス責任者 購買担当者や責任者の発見 ↓ 要求仕様の明確化 ↓ 競合優位な条件の設定と交渉 ↓ 調達とデリバリー 変革推進者の発見 ↓ 徹底した顧客理解と深い考察 ↓ ビジョンと変革プロセスの提示 ↓ プロジェクトへの貢献とプロデュース プロセス責任者の発見 ↓ ニーズや課題の収集と分析 ↓ 最適な組合せの設計と提案 ↓ プロジェクト管理とプロデュース v 自分たちの製品やサービスにつ いての知識 v 競合の製品やサービスについて の知識と差別化についての見解 v 調達や購買の知識や有利な条件 を引き出すことができる交渉力 v 経営やビジネスについての広範 な知識 v 経営の課題やビジョンについての 分析力・考察力 v 共感を引き出すコミュニケーショ ン能力 v テクノロジーやビジネス・プロセス についての知識 v 意志決定プロセスの理解とプロセ スを遂行・管理できる能力 v 納得を引き出すドキュメンテー ションやプレゼンのスキル 営業 1.0 営業 3.0 営業 2.0 バージョン スタイル 活動起点 営業活動 プロセス カウンター パート 求められる 能力 提供価値
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce ソリューション営業の終焉、営業3.0の時代 営業1.0 プロダクト営業 営業2.0 ソリューション営業 営業3.0 イノベーション営業 競争優位 のシフト
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce ポストSI時代のITビジネス − 何をすべきか −
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 何をすべきか 1.  マーケティング 2.  事業区分 3.  評価制度 トレンドと事業戦略の整合性を確保 市場にニーズに即した収益構造への転換 事業戦略とモチベーションの不一致を解消 クラウド・モバイル・ソーシャルなど、これまでのビジネスの常識を大きく変えるテクノロジーが生まれて いる。これらの変化が自社の収益構造にどのような影響を与えているか、あるいは今後与えるかにつ いて客観的な評価を行い、事業戦略との整合性を確認する必要がある。 既存の事業区分が、新しいビジネスの創出を阻害している。マーケット・ニーズの変化に追従していな い既存の事業区分をそのままにして、個別の収益性を何とかしようとしても無理がある。市場に即し た事業区分に変えて、その収益性を追求すべき。 売上や利益に偏重した評価制度になってはないか。例えば、売上と利益のみを評価基準にしている 一方で、ストック・ビジネスの拡大を求めても現場のモチベーションは高まらない。特に事業転換の過 渡期においては、この不一致は発生しやすい。この不一致を解消しない限り現場力は高まらない。
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 改革の足かせとなる3つの要因 1.  「今のままでもまだなんとかなる」という期待と マーケティングやトレンドについての見識不足 2.  旧態依然の「営業」意識とスキル         経営者やマネージメントのIT活用コンサル    +ビジネス・プロデューサー 3.  顧客業務や経営についての関心と理解の不足 「ヒトとモノをどう売り込むか」から        「顧客価値をどう高めるか」への転換
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce SIビジネスのトレンド・シフト 2013 04.Jun.2013, ®NetCommerce コア内製 経営スピードへの対応 グローバル対応 経営戦略への責任 オンプレミス 所有することでの存在意義 ノンコアITO 戦略能力という存在意義 国内対応 効率・コストの追求 SIer依存 丸投げ体質 System Integrator Service Integrator Solution Initiator 情報システム の構築 ITサービス の提供 ITによる経営・業務の イノベーションを支援 商材の イノベーション 役割の イノベーション 収益モデルの転換 一括からサブスクリプションへ 提供価値の転換 構築スキルから戦略スキルへ 利益率 ↑ 売上高 ↓ ↑ 売上高 ↓ 利益率
    • NetCommerce2009-2013,all rights reserved by NetCommerce 25 ブログ/Facebookのご紹介 Zdnet  Japan http://pro-eigyo.blogspot.com/ ソリューション営業プロフェッショナル ネットコマース株式会社  斎藤昌義/  Saito, Masanori saito@netcommerce.co.jp https://www.facebook.com/solution.sales