Schoo講演資料130409

1,025 views

Published on

0 Comments
7 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,025
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
7
Actions
Shares
0
Downloads
20
Comments
0
Likes
7
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Schoo講演資料130409

  1. 1. ∼累計1300万DL超アプリ『DECOPIC』の開発プロセスに学ぶ∼ヒットにつながるスマホアプリ企画発想法Ryosuke MatsumotoFounder/CEOCommunityfactory Inc.
  2. 2. 本日のテーマ•  Webサービスとアプリの違い•  アプリのアイデア発想•  アプリのUXについて•  (おまけ) アプリ開発TIPS
  3. 3. WEBサービスとアプリの違い
  4. 4. Webサービスとアプリの違い①流入の差 Webサービス スマホアプリ検索結果 マーケットソーシャル レビュー検索結果 ソーシャル広告 検索結果 広告→マーケットの存在がすごく大きい!
  5. 5. マーケットによって何が変わる?•  50000DL/day•  マーケットで落とした→クチコミ•  マーケットで上位→レビューに載る•  存在感が大きいので「マーケットで勝つ」の 優先順位を上げるべき。
  6. 6. Webサービスとアプリの違い②リリースまでのながれ•  Webサービス •  スマホアプリつくりながら運用 初動がかんじん→ 完成度 に対しての感覚が変わってくる。
  7. 7. Webサービスとアプリの違い③距離感のちがい•  Webサービス •  スマホアプリ検索→ アイコンタップ→サービス訪問→ 使う。使う。→より直感的にサービスを使う。=機能だけでなく 感覚 が大事になってくる。
  8. 8. Webサービスとアプリの違い④距離感のちがい •  Webサービス •  スマホアプリ=メディア =メディア+ツール(コンテンツ、ポータル、CGM)コンテンツがある=見る、という発想から脱却する必要がある。
  9. 9. アプリ企画で大切なこと
  10. 10. サービスリリースまでのフロー UX マーケティング1 2 3 4 5 6 レビュー・ 企画 UI設計 マーケット 問い合わせアイデア UX設計 【1】に戻る 詳細化 デザイン 対策 運用 7 ・コアバリュー   ・ターゲット設定   ソーシャル ・競合差別化   運用 ・バ ル設計   イラ ・ビジネス ル   モデ 8 ・リテンション設計   プロモーション
  11. 11. サービスリリースまでのフローこのあたりのお話をします。 1 2 3 4 企画 UI設計 シーズ UX設計 詳細化 デザイン ・コアバリュー   ・ターゲット設定   ・バ ル設計   イラ ・ビジネス ル   モデ ・リテンション設計  
  12. 12. アイデアの産み方
  13. 13. アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない ジェームス・ヤング
  14. 14. 毎日タネを探す 
  15. 15. マーケット スマホならでは 海外 ターゲットPC/ガラケー コアバリュービジネスモデル デザイン トレンド アイデアのタネはどこにある?
  16. 16. アイデアを 小分け にする
  17. 17. かたっぱしから組み合わせる・Inputがあれば常に組み合わせを考える。・アイデア発想用のツールを使う。→マインドマップ、マンダラートetc
  18. 18. •  市場性•  タイミング•  UXど真ん中か。•  競合はいないか。勝てるか。•  育て上げられるか(コミュニティ等) アイデアの検証
  19. 19. このサービス面白いな。 こんな 5% アイデア自分でやれないかな。 どう??こんなこと思いついた。 10% 作ってみよう! 70% リリースしよう 20∼30% ヒット!
  20. 20. ヒットを出すには タネ が 1000個必要!!
  21. 21. アイデアにこだわり過ぎない! 数こそ 正義!
  22. 22. アプリのUX
  23. 23. UXって?UX(ユーザー クス エ ペリエンス)製品やサービスの使用・消費・所有などを通じて、人間が認知する(有意義な)体験のこと。ユーザーが真にやりたい事(認識していない場合も)を、「心地良く」「楽しく」「面白く」提供する。
  24. 24. このサービスって・・ 欲しかった!!! 使って楽しい!!! 「!」ではなく、 「!!!」の体験を 便利!!! 提供する。 また使いたい!!! I love it!!! あなたも使って!!!
  25. 25. UXを全ての中心におく。
  26. 26. UXって・・・?利用前 利用中 利用後 利用時間 全体予期的UX 一時的UX エピソード的 累積的UX UX経験を ある経験を 多種多様な利用想像する 経験する 期間を回想する 内省する Masaya  Ando  「UXの考え方とアプローチ」   http://www.slideshare.net/masaya0730
  27. 27. サービスと関わる全ての経験がUX
  28. 28. アプリの流れに落とすと。 Web ソーシャル主体的 アプリ Push通知プロモー ストア サービス 登録画面 思い出すション 文言 利用 友達との 周りから 評判 レビュー UGC 利用 の評判非主体的
  29. 29. DECOPICの場合⃝⃝ちゃんの 表紙が スタンプが全部 変顔の顔文字も アプリ 写真 カワイイ!!! カワイイ!!! 付いてる とりあえずDL カワイイ!!! 雑誌みたい!!!App storeで アップしたら友 スクショ 写真が盛れる!!!ランキングみて すぐ使える!!! 達に褒められた かわゆす!! プリみたい!!! みた。 ^^
  30. 30. UX思考になるために。「コアバリュー」にポイントを絞るユーザーの行動をトレースする 期待値 マネジメント意識する
  31. 31. Ramen VS ラーメン Vs 幕の内弁当 Bento
  32. 32. スマホトップ=ポータルの影響 PC時代 スマホ時 代・全てのアプリはhomeの中のone of them。・満足度を上げる&継続的に接触して マインドシェアを取り続けて生き残る。
  33. 33. ユーザーの行動をトレースする
  34. 34. 期待値マネジメント がっかりさせない!!
  35. 35. (おまけ)スマホ企画のTIPS
  36. 36. スマホ企画のTIPS •  Push通知使おう。最初から組み込もう。 •  常にスマホの画面で考える。 •  メディアではなくツールである。 •  +コミュニケーション(fb,LINE,Twitter…) •  UI,デザインもUXの重要な要素 •  「DLされる」と「長くつかわれる」の2つの視 点を持つ。
  37. 37. Thank you!長い時間のご清聴ありがとうございました!
  38. 38. 課題 アプリマーケットをみて、 アプリの企画を考えてみよう!

×