クイズ で ACPE ! 第3回 「ハノイの塔」■問題                           A     B      C台が斜めになった「ハノイの塔」「A」から「B」にボックスを移動します。ボックスを任意のオブジェクトに合わせて...
ボックスを回転する操作の解答例を紹介しますね。                                C見やすくなるようにCの位置を上に移動して解説いたしまーす。               A   B© 2011 Autodesk, ...
まずは位置合わせコマンドのビデオから© 2011 Autodesk, Inc.
位置合わせ [ALIGN]コマンド をつかいます   位置合わせコマンドは、    [ホーム]タブ-[修正]パネル(拡張)    にあります。   対応する2点を指定して、    位置わせをします。    プロンプトは、「第1のソース」と ...
位置合わせ [ALIGN]コマンド が一番簡単ですね。   この機能は、    AutoCADはずっと前から    (R14以前から)           1                              2   AutoCAD...
次は、回転コマンドの参照オプション© 2011 Autodesk, Inc.
回転角度を計算する機能があります。   ①の角度を、②に合わせます。   回転コマンドを実行、オブジェクト選択、基    点の指定まではいいですね。   ここで 「参照」オプションを指定。                         ...
回転角度を計算する機能があります。   後は移動[MOVE]コマンド ですね。   参照オプションは、回転コマンドだけでなく、    尺度変更コマンドにもあります。    応用が利きますね。   このオプションは、    AutoCAD、...
それではビデオで© 2011 Autodesk, Inc.
次は、パラメトリックの機能を使ってみましょう© 2011 Autodesk, Inc.
2つのボックスが平行になるように、拘束します。   拘束、パラメトリックの機能は、    AutoCAD 2010以降で使える機能です。    AutoCAD LTでは、この機能は使用できま    せん。                   ...
ボックスがゆがまないように   赤いボックスの底辺と青いボックスの上辺が    平行になるように拘束します。   その時、右図のように    台形にならないよう、    長方形を維持するように、    自動拘束をかけておきます。   青い...
2つのボックスに「平行」の拘束条件が付きました。   ② と ①が同じ角度になりました。                               1   赤いボックスの周辺に表示されたアイコンは    拘束条件を示すアイコンです。  ...
それでは、ビデオで!© 2011 Autodesk, Inc.
Autodesk, AutoCAD, AutoCAD LT, DWG, and DXF are registered trademarks or trademarks of    Autodesk, Inc., and/or its subsi...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

クイズでACPE3

284 views
226 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
284
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

クイズでACPE3

  1. 1. クイズ で ACPE ! 第3回 「ハノイの塔」■問題 A B C台が斜めになった「ハノイの塔」「A」から「B」にボックスを移動します。ボックスを任意のオブジェクトに合わせて回転させる操作方法を確認します。 AからBに移動します。 異なる傾きの台にあわせるには?■解答例今回は、3つの方法をやってみましょう。 A B C 最後はこうね!① 位置合わせコマンド② 回転コマンドの参照オプション (これはちょっと面倒ね!)③ パラメトリック機能と移動コマンド 賢:「台の角度が違うんだ」 (これは、ちょっと強引かしらね?) 麻:「私だったら。。。」© 2011 Autodesk, Inc.
  2. 2. ボックスを回転する操作の解答例を紹介しますね。 C見やすくなるようにCの位置を上に移動して解説いたしまーす。 A B© 2011 Autodesk, Inc.
  3. 3. まずは位置合わせコマンドのビデオから© 2011 Autodesk, Inc.
  4. 4. 位置合わせ [ALIGN]コマンド をつかいます 位置合わせコマンドは、 [ホーム]タブ-[修正]パネル(拡張) にあります。 対応する2点を指定して、 位置わせをします。 プロンプトは、「第1のソース」と 「第1の目的点」と表示されます。 1 2 3点目の指定はありません。 2つのオブジェクトの大きさを合わせる 場合は、尺度変更オプションを「はい」に、 今回は「いいえ」です。© 2011 Autodesk, Inc.
  5. 5. 位置合わせ [ALIGN]コマンド が一番簡単ですね。 この機能は、 AutoCADはずっと前から (R14以前から) 1 2 AutoCAD LTは、 2010から追加されています。© 2011 Autodesk, Inc.
  6. 6. 次は、回転コマンドの参照オプション© 2011 Autodesk, Inc.
  7. 7. 回転角度を計算する機能があります。 ①の角度を、②に合わせます。 回転コマンドを実行、オブジェクト選択、基 点の指定まではいいですね。 ここで 「参照」オプションを指定。 1 P1 P2 <参照する角度>に対し、 ①の角度を示す P1、P2 を指定。 P1 P2 <新しい角度、または>に対し、 「点を指定」のオプションを選択。 2 ②の角度を示す P1、P2を指定。 ボックスの角度がそろいます。© 2011 Autodesk, Inc.
  8. 8. 回転角度を計算する機能があります。 後は移動[MOVE]コマンド ですね。 参照オプションは、回転コマンドだけでなく、 尺度変更コマンドにもあります。 応用が利きますね。 このオプションは、 AutoCAD、AutoCAD LT共通です。 しっかり、手順を覚えてくださいね。© 2011 Autodesk, Inc.
  9. 9. それではビデオで© 2011 Autodesk, Inc.
  10. 10. 次は、パラメトリックの機能を使ってみましょう© 2011 Autodesk, Inc.
  11. 11. 2つのボックスが平行になるように、拘束します。 拘束、パラメトリックの機能は、 AutoCAD 2010以降で使える機能です。 AutoCAD LTでは、この機能は使用できま せん。 1 拘束の機能は、[パラメトリック]タブに配置さ れています。 ①の角度と、②の角度が同じになるよう 2 拘束します。© 2011 Autodesk, Inc.
  12. 12. ボックスがゆがまないように 赤いボックスの底辺と青いボックスの上辺が 平行になるように拘束します。 その時、右図のように 台形にならないよう、 長方形を維持するように、 自動拘束をかけておきます。 青いボックスと赤いボックッスの辺を選び 「平行」の拘束をかけます。 <第1のオブジェクト>に対し、青いボックス の辺を選択します。© 2011 Autodesk, Inc.
  13. 13. 2つのボックスに「平行」の拘束条件が付きました。 ② と ①が同じ角度になりました。 1 赤いボックスの周辺に表示されたアイコンは 拘束条件を示すアイコンです。 「平行」に拘束されたので、 赤いボックスを移動しても 平行の条件は維持されています。 2 後は、「移動」コマンドの実行ですね。© 2011 Autodesk, Inc.
  14. 14. それでは、ビデオで!© 2011 Autodesk, Inc.
  15. 15. Autodesk, AutoCAD, AutoCAD LT, DWG, and DXF are registered trademarks or trademarks of Autodesk, Inc., and/or its subsidiaries and/or affiliates in the USA and/or other countries. All other brand names, product names, or trademarks belong to their respective holders. Autodesk reserves the right to alter product and services offerings, and specifications and pricing at any time without notice, and is not responsible for typographical or graphical errors that may appear in this document.© 2012 Autodesk © 2012 Autodesk, Inc. All rights reserved.

×