評価機能付きパーソナル地理情報表示システムの提案と実装

710 views

Published on

2013年12月の情報処理学会MBL研究会での講演資料。
http://ci.nii.ac.jp/naid/110009647100

UGM(User Generated Maps)を普及させるためのプラットフォームを構築しています。

情報処理学会MBL研究会奨励発表賞受賞

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
710
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

評価機能付きパーソナル地理情報表示システムの提案と実装

  1. 1. 2013/12/19(Thu) 信研究発表会 情報処理学会 第69回モバイルコンピューティングとユビキタス通 評価機能付きパーソナル地理情報表示システム の提案と実装 ○金平 卓也1) 荒川 豊2) 1)大阪府立大学工業高等専門学校 安本 慶一2) 和田 健1) 2)奈良先端科学技術大学院
  2. 2. 背景 • 近年、地図を提供するサービスが普及 ⇒場所、路線の乗り換え等の検索に利用 Google Maps1) Yahoo!地図2) 1)https://maps.google.co.jp/ 2)http://maps.loco.yahoo.co.jp/ 1/31
  3. 3. 背景 • これらの地図は、他サービスと連携するため に・・・ ⇒Map APIが用意されている • Map APIとは・・・ – Webサイト、アプリ等に地図を掲載できるAPI – 地図上にマーカー、情報ウィンドウ等の表示が 可能 – 店舗・施設、ルート等の検索が可能 2/31
  4. 4. 背景 • このAPIを利用した様々な地理情報システムも 普及レストランの検 不動産の検索2) 索1) • 地図上に表示される地理情報は・・・ ⇒大半はサービス提供会社が用意 1)ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/map/ )SUUMOのアプリ:http://suumo.jp/ 2 3/31
  5. 5. 背景 • しかし、近年利用者が情報提供者とな り・・・ – 夜景スポットを紹介するサイト – トイレマップ etc... ⇒特定のジャンルに特化した地理情報を掲 載した Webサイト、アプリが広がっている User Generated Contents 都市の騒音分 (UGC) バス停の時刻表共有 析 ⇒さまざまな分野で広がっ ている 4/31
  6. 6. 背景 地理情報 システム UGC ⇒企業では提供できない パーソナルな地理情報が記述された地 図 定義 の提 供が可能となる User Generated Map(UGM) 5/31
  7. 7. 背景 • UGMの例 – 大阪市内のネコカフェマップ 6/31
  8. 8. 背景 • UGMの例 – 府大高専周辺のラーメン屋マップ 7/31
  9. 9. 背景 • UGMの例 – 石川県、富山県の桜マップ 8/31
  10. 10. 背景 • UGMを作成・編集、表示できるプラットフォー ムの現状 Google Earth Google Maps Yahoo!ロコ 動作端末 動作環境 ユーザ登録 PC、スマホ等の携帯端末 ローカル Webブラウザ 不要 作成・編集時のみ必要 作成・編集 表示 オフライン表 示 共有方法 PC上でのみ PC、スマホ等の携帯端末の両方で可能 △ × 評価機能 KMLファイル KMLファイル URL × URL 9/31
  11. 11. KMLとは • Keyhole Markup Languageの略称 – Keyholeは現在のGoogle Earthのこと • Google Earth等の地図上に表示する地理データ を記述 – XMLベースのマークアップ言語 <?xml – KMLの例version="1.0" encoding="UTF-8"?> <kml xmlns="http://earth.google.com/kml/2.0"> <Placemark> <description>Osaka City</description> <name>Osaka City</name> <Point> <coordinates>135.501938,34.693638, 0</coordinates> </Point> </Placemark> </kml> 10/31
  12. 12. 背景 • プラットフォームの問題点 – UGMは屋外で利用されることが多い ⇒スマホ等の携帯端末で動作する必要があ る しかし、携帯端末において・・・ 作成・編 集 ・UGMの作成・編集ができない 表示 ・動作が遅い ・オフライン表示が 貧弱 ・表示させる手順が面倒、複雑 11/31
  13. 13. 背景 • プラットフォームの問題点 共有 ・KMLファイル、URLをまとめたサイトがな い ・他ユーザが求めるUGMを検索できない – UGMを評価する機能がない • そこで、現プラットフォームの問題を解決す る ⇒モバイル用プラットフォームの構築を目 的とする 表示システ ム 12/31
  14. 14. 地理情報表示システムの提案 Android端末上で動作するネイティブアプリ ⇒Webブラウザより高速で表示可能 ⇒オフラインでも表示可能 地理情報を評価する機能を実装 ⇒UGMの信頼性の保守 ⇒オフラインでも表示可能 KMLファイルに記述されたUGMの情報を読み込み 表示 ⇒評価情報タグの追加が可能 ⇒オフラインでも表示可能 13/31
  15. 15. 評価機能の必要性 • UGMは個人が作成するため・・・ 企業から提供される地理情報より信頼性が 低い 低品質なUGMが増える • 評価機能を実装することで 信頼性が高い地理情報と低い地理情報の差別 化 高品質なUGMと低品質なUGMの差別化 地理情報評価プラットフォームとしても利 用可能 14/31
  16. 16. 表示システムで取り扱うファイル • 取り扱うファイルは2種類 (1)Place Data ・ファイル形式 Place Data KML ・記述内容 1つのUGMに対する数十件分のスポットの 地理情報 ・名称 ・経緯 度 ・詳細な情報 評価情報 ・ID ・平均評価 値 ・ユーザの評価値 15/31
  17. 17. • 表示システムで取り扱うファイ ル Dataの例 Place <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <kml xmlns="http://www.opengis.net/kml/2.2"> <Document id="feat_148"> <Placemark id="feat_149"> <name>Trafalgar Square</name> <coordinates>-0.1279,51.5077,0.0</coordinates> <DetailInfo></DetailInfo> <URL>http://www.hogehoge.com</URL> <id>London_admin_01</id> <AveVal>3.5</AveVal> <UserValFlag>0</UserValFlag> <UserVal>-1</UserVal> </Placemark> ・ ・ ・ ID 地理情報のユニーク なID Val User Flag 評価値の変更の有無 1件分のスポットの 情報 地理情報 評価情報 Ave Val 全ユーザの平均評価値 User Val ユーザの評価値 16/31
  18. 18. 表示システムで取り扱うファイル (2)Map Data ・ファイル形式 Map XML Data ・記述内容 対応するPlace Dataのメタデータ メタ データ ・国名 ・都市名 ・作成日 ・ 作者名 ・Place Dataのファイルパス ⇒UGMの読み込み量の軽減 etc... 17/31
  19. 19. • 表示システムで取り扱うファイ ル Dataの例 Map <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?> <taglib version="2.0" xmlns=http://java.sun.com/xml/ns/j2ee> <tag> <Country>UK</Country> <City>London</City> <CreateAt>2013_08_20</CreateAt> <CreateBy>Takuya Kanehira</CreateBy> <KMLPath>London_admin.kml</KMLPath> <Point>-0.119799,51.51123</Point> </tag> </taglib> 対応するPlace Data のメタデータ KML Path 対応するPlace Dataのファイルパス 18/31
  20. 20. 表示システムで取り扱うファイル 所定のディレク トリ P M A-Map B-Map 選択できる UGMが増える ・ ・ ・ X-Map 19/31
  21. 21. 表示システムの画面レイアウト 地図表示エリ ア 選択エリア 詳細情報表示エリア 20/31
  22. 22. 各エリアの主な機能 選択エリア – マップ、スポットのソート方法、スポットの 選択 地図表示エリ ア – スポットの位置、情報ウィンドウを表示 詳細情報表示エリ ア – スポットの評価値、詳細情報を表示 21/31
  23. 23. 動作説明 • システムを起動したとき マップ選 択 部分 選択項目を Map Data群か ら読み込む 22/31
  24. 24. 動作説明 • マップを選択したとき スポット周辺にズー ム Place Dataから 情報を読み込 む スポット名 称、 平均評価値を 表示 各スポットの位置にマーカーを表 示 23/31
  25. 25. 動作説明 • スポットのソートについて オリジナ ル UGM 作成時の順 ユーザ平均評価 均評価が高い順 マーカーの番号が変化 スポットの順 番が変化 平 24/31
  26. 26. 動作説明 • スポットを選択したとき 選択したスポットにズーム 詳細情報表示 エリアを表示 25/31
  27. 27. 動作説明 • 地理情報の評価について 評価ウィンド ウを表示 10段階で評価 評価更新プロセスを実行 26/31
  28. 28. 動作説明 • 評価更新プロセスについて Place Data User ID Val -1 5.0 Spot_01 Spot_02 ・・ ・ User Val Flag 0 1 Ave Val 3.2 4.0 -1 2.0 1 0 4.0 3.5 ・・ ・ 通信可能 通信不可能 ・・ ・ Ave Val ・・ ・ MAC Address ID User Val Flagが全て0になるまで繰 評価値のみUIに反 り返す 評価集計サー User Val 評価値と平均評価値をUIに反 映 バ 27/31
  29. 29. 動作説明 • Place Dataに評価値の書き込みが完了したと き 28/31
  30. 30. 動作説明 • 評価集計サーバへ評価値の送信が完了したと き 29/31
  31. 31. まとめ • 評価機能付き地理情報表示システムの提案と実 装 • 実装したシステムは・・・ – Androidのネイティブアプリとして動作 現存プラットフォームよりUGMの高速表示 が可能 – Place DataからUGMの情報を読み取る オフライン表示が 可能 – 地理情報に対して評価機能を実装 数多くのユーザから評価値の集積が可能 集積した評価から平均評価値の提供が可能 30/31
  32. 32. 今後の課題 • UGMを作成・編集するシステムの提案と実装 • UGMを共有するシステムの提案と実装 • 上記2つのシステムを表示システムに追加実装 • 表示システムの最適化 31/31

×