福岡DDD勉強会vol.1

1,081 views
1,036 views

Published on

Published in: Technology

福岡DDD勉強会vol.1

  1. 1. 福岡DDD勉強会 vol.1
  2. 2. スケジュール 19:30-19:40 自己紹介 19:40-20:00 DDD概略(@yuuto) 20:00-22:00 未定!
  3. 3. スケジュール 19:30-19:40 自己紹介 19:40-20:00 DDD概略(@yuuto) 20:00-22:00 未定!
  4. 4. 自己紹介 ・名前 ・普段やってること ・今日何を期待してきたか ・DDDについてひとこと
  5. 5. スケジュール 19:30-19:40 自己紹介 19:40-20:00 DDD概略(@yuuto) 20:00-22:00 未定!
  6. 6. DDD? ドメイン駆動設計 (Domain Driven Design) http://www.amazon.co.jp/dp/4798121967
  7. 7. DDD? ドメイン駆動設計 (Domain Driven Design) 複雑なシステムは ドメインモデルベースで 設計するべき http://www.amazon.co.jp/dp/4798121967
  8. 8. ドメイン? ・ソフトウェアが対象とする業務や業態 ・現実世界そのもの ・ドメインを抽象化 →ドメインモデル ・抽象化=モデリング
  9. 9. ソフトウェアが対象とするビジネス業態を適 切に抽象化したドメインモデルをベースに会 議・設計・開発・運用を行う DDDをざっくり言うと・・・
  10. 10. 設計(モデリング) • モデル o 図ではない。概念。 • 代表的な表現は2つ o 図  空間的、視覚的  UML, フローチャートetc o 文章  文法、意味
  11. 11. 設計(モデリング) • モデル o 図ではない。概念。 • 代表的な表現は2つ o 図  空間的、視覚的  UML, フローチャートetc o 文章  文法、意味
  12. 12. プロジェクトの理想 ・ドメインモデルが全く過不足無く、適切な 抽象度で設計されている。 ・ドメインエキスパート、アナリスト、開発 者間でソフトウェアの設計、概念(モデル) が完全に共有されている。
  13. 13. プロジェクトの理想 ・ドメインモデルが全く過不足無く、適切な 抽象度で設計されている。 →全ての基板、土台、安定性の要 ・ドメインエキスパート、アナリスト、開発 者間でソフトウェアの設計、概念(モデル) が完全に共有されている。
  14. 14. プロジェクトの理想 ・ドメインモデルが全く過不足無く、適切な 抽象度で設計されている。 →全ての基板、土台、安定性の要 ・ドメインエキスパート、アナリスト、開発 者間でソフトウェアの設計、概念(モデル) が完全に共有されている。 →agile(機敏さ)、ビジネスの変化への追随
  15. 15. 共有の難しさ ・ドメインエキスパート、アナリスト、開発 者 ・興味対象の範囲、レイヤが異なる →使用する用語がマッチしない →共有しにくい ・ウォーターフォールの場合は一方通行 ドメインエキスパート→アナリスト→開
  16. 16. 共有の難しさ 3つの障壁 ・個人言語(人と人、人とドキュメント) ・現実(具象)と言葉(抽象) ・人とコード
  17. 17. 共有の難しさ 共有できてないと・・・ ・コミュニケーションロス ・仕様漏れ ・バグ ・デグレ ・デスマ
  18. 18. ユビキタス言語 ・プロジェクトメンバ全員が共有する言語を 作る ・ユビキタス言語とドメインモデルは同調さ せる
  19. 19. DDDの肝 ・ドメインモデル ・ユビキタス言語
  20. 20. DDDの肝 ・ドメインモデル →人とコード ・ユビキタス言語 →人と人 ドメインに対する知識の共有・学習の効率化
  21. 21. おわり
  22. 22. スケジュール 19:30-19:40 自己紹介 19:40-20:00 DDD概略(@yuuto) 20:00-22:00 未定!

×