日本のイノベーションを促進    するための法的課題      Legal Issues inPromoting Innovation in Japan                森・濱田松本法律事務所 弁護士              P...
ビックデータの時代The age of Big Data
技術的・ビジネス的には様々なイノベーションの可能性Chance of innovation from theperspective of technology and          business
法的には?How about law?
イノベーションを促進する    法の特徴Key characteristics of law that fosters innovation
方法その1:   ルールが明確でそのルールの遵守コストが低い          Case 1:     Clear rules, andlow costs to follow the rules
方法その2   柔軟な法制度で変化にあわせた法の進化が可能         Case 2:     Flexible rules toaccommodate new changes
日本の法制度は必ずしもイノベーション・フレ   ンドリーではないUnfortunately, Japanese Law is   not so innovation friendly
著作権・個人情報・プライバシ       ーCopyright, Personal Information          and Privacy
著作権は複製・インターネット上の送信につき原則として許諾      が必要Copyright requires permission toreproduce and transmit over the            Internet
著作権リスクを低くし  イノベーションを促す鍵は    例外規定と免責条項 Key features to lower copyrightrisks and allow innovation is the  exemption statutes...
例外規定Exemption statutes
日本は狭い例外規定のセットIn Japan, a set of narrowly    defined exemptions
一定の自由を確実に保障するが   柔軟性に乏しく、 イノベーションに向かないGuaranteed freedom to a certain  extent, but not flexible and    not innovation-frie...
狭い例外規定の範囲以外は黒=「グレーゾーン」が極めて少       ないOutside the scope of these clear-      cut exemptions is illegal = little “gray zone” ...
米国のフェア・ユース規定Fair Use doctrine in the U.S.
予測可能性が低い面はあるが   柔軟性が高く、  挑戦を許す余地がある High flexibility and allow newchallenges, although difficult to predict the outcome in...
ベストなソリューション  Best solution
明確な例外規定に加えて   フェア・ユースClearly defined exemptions           PLUS         Fair Use
日本の知的財産戦略本部による  2008 年 11 月の提言Intellectual Property Strategy   Headquarters proposal      in November 2008
技術の進歩や新たなビジネスモデルの出現に  柔軟に対応できる法制度 To construct a legal system that    can flexibly accommodatetechnological innovation and...
日本版フェア・ユースの導入 To Introduce Japanese equivalent of Fair Use
文化庁での審議      2009 ~ 2011.3 After the discussion in theCopyright Council under the Agency of Cultural Affairs
2012.6  国会で著作権法改正が成立           2012.6   National Diet passed anamendment of the Copyright Act
結果はフェア・ユースとは程遠        い4 つの狭い例外規定が入ったのみOnly 4 narrow exemptions were introduced. Far from Fair Use            doctrine
なぜ、知的財産戦略本部の狙い  は失敗に終わったのか?  Why the aim of IntellectualProperty Strategy Headquarters       failed at the end?
内閣提出法案における議論枠組        み   =何が「立法事実」か?The basic frame of the discussion  in legislation submitted by the              Cabin...
例外規定の必要性を示す    具体的な事実の    列挙が求められたRequired to present concreteexamples of facts that call for  new exemption statutes
イノベーション! Innovation!
イノベーション! Innovation!
結局、挙げられた具体的立法事実に対応する個別規定のみ成立         した(e.g. 技術試験のための利用)Ended up with narrow exceptionsthat correspond to the presented   ...
広範で抽象的な表現規制立法などを防止するに  はよい議論枠組みだが  This discussion framework is     good to prevent abstractlegislation that regulates spe...
この議論枠組みでは イノベーションを許容する 柔軟な例外規定の導入は無理But would not allow introduction of a flexible exemption statutethat creates breathing...
著作権の保護とイノベーションが日本にとって同じくらい価値のあることなら       ばIf innovation is as important as protecting copyright in Japan
確立した著作権保護との    バランスをとるため  In order to strike a balanceagainst established protection of            copyright
イノベーションの支援を立法事実として評価するという政策決       定を 全省庁が共通認識とする必要 All the ministries and agencies    needs to have a common understandin...
Cf. 違法私的ダウンロード刑罰化         は        議員立法 Cf. Criminalization of illegal personal downloading was    legislation submitted  ...
議員立法は  内閣提出法案ほど厳密に   立法事実を審査しないMuch less scrutiny regardinglegislative facts in legislation submitted by diet members
ロビイング力の高い著作権者は 今後、議員立法を活用する      可能性  Copyright holders that havelobbying powers may resort tolegislation by Diet members ...
日本におけるIT 産業、イノベーション、ユー        ザーを代弁するロビー力の強化が急務Important to have a solid lobbying force that represents IT industry,  inno...
/例外規定/ Exemption statute
免責条項Safe Harbor provisions
日本におけるプロバイダの    責任制限 Safe harbor provisions forInternet Providers in Japan
米国と比べ     プロバイダにとって      コストが高い構造High costs on Internet providerscompared to the U.S. equivalent
米国の免責条項17 U.S.C. 512(c)US Safe Harbor17 U.S.C. 512(c)
侵害の事実を知らず、かつ侵害が明白な事実・状況を認識して      いないNo actual knowledge of infringing  or no awareness of facts or   circumstances from w...
ここでいう認識は   特定かつ個別のコンテンツ   についての具体的な認識  Here, the actual knowledge isabout the specific and identifiable    infringement of...
ライセンス?Licensed?
ノーティス&テイクダウン (通知がくれば取り下げる)プロバイダーの実質判断は不要      Notice and takedown:no substantial judgment required     by Internet providers
日本のプロバイダ責任制限法とその前提となるプロバイダの責任はよりプロバイダに負担を課すも        のJapanese safe harbor provisionsand underlying rules of secondary liab...
ユーザの侵害行為についてのプロバイダの間接責任を定める   ルールが不明確で広いSecondary liability rule is unclear and may be broader than in the             U.S.
一定以上の割合で侵害コンテンツが存在するサービスは、抽象的な侵害の認識で違法となる可      能性A service with infringing contentabove a certain amount can be   held li...
通知の窓口の指定がなく、誰が通知を受領してもプロバイダに 「認識」があることとなるNo system of designated agent –any notice to any department can create knowledge ...
プロバイダの免責基準は「侵害を知ることができたと認め  るに足りる相当の理由」   ( Cf. 米国「明白」)Providers are liable when “there is a reasonable ground to find tha...
プロバイダに負担が大きく、サービスへの萎縮効果が大きい Higher burden on providers,more chilling effects on services
 /免責条項/ Safe Harbor provisions
要するに、米国は   ・強い著作権保護・同時に強い IT 産業やプロバイ    ダーへの保護       In sum, in the U.S.,stronger protection on copyright,  and stronger p...
日本も、より意識的に  バランスをとった立法を実現するための行動をとるべき Japan needs clearer intention totake steps to achieve the balance         in legisla...
 オープン・ガバメント・デ      ータ Open Government Data
 欧米では広く普及税金で作られたものは国民に還       元Widely accepted in U.S. and EU Data created by tax should be      returned to citizens
 米国 :   2009 年 5 月  Data.gov             で 政府データを利用可能な形で公開2009 年 12 月 オープン・ガバメン           ト指令         U.S.: May 2009  Gove...
  2005 年  NIH オープン・ア      クセス・ポリシー2007 年  NIH オープン・アクセ           ス法 2005 NIH Open Access Policy   2007   NIH Open Access  ...
  EU:   2003 年 11 月    PSI 再利用に関するEU指令        EU: November 2003The Directive on the re-use of public        sector informa...
  EU:2012 年 7 月   Horizon 2020 における  EU 資金による研究成果の  オープンアクセスポリシー          EU: July 2012,Open Access Policy in researchresu...
 日本: 2012 年 6 月電子行政オープンデータ戦略     Japan: June 2012 E-government Open Data         Strategy
 具体的な方法について    これから具体的に検討Methods for Open GovernmentData will be discussed from now
公的資金に基づく研究成果の   オープン・アクセスも  長らく“議論し取り組み中” Open Access to Public Funded  Research Results have beenlong “discussed and work...
個人情報保護・プライバシーPersonal Information, Privacy
日本は現在、個人識別性のある個人情報のみ     法律で規制   Japan has legislation thatregulates handling of personally  identifiable information (PII)
現在、被個人識別情報に関する    法規制はないNo legal regulation regarding non-personally identifiable    information (Non-PII)
ビックデータの時代には個人を識別できない情報の収集・利用もプライバシー侵害とな      る危険In the age of Big Data, collection  and use of Non-PII can create     infr...
米国、欧州は非個人識別情報も含め、一定の法的強制力のある保護に向けて     動き出したU.S. and EU has taken a step togive certain protection with legal enforcement ...
欧州: 2012 年 1 月に EU データ  保護規制の案を発表し    欧州議会で議論中 EU: Proposed a draft General Data Protection Regulation in January 2012 and...
オプト・イン原則EU 規則として、国内法化なしに    直接各国に適用される            Opt-in policy Will be directly applied as an EURegulation to each member...
米国: 2012 年2月にオバマ大統領が消費者プライバシー権利章 典を発表 , 今後の制度作りの   ロードマップを示した   U.S.: Released ConsumerPrivacy Bill of Rights in February2...
オプト・アウトの原則  民間の自主規制に対して  FTC が法的執行力を持つ 共同規制方式に加え、立法も         Opt-out policyIndustries’ voluntary regulationssupported by F...
日本: 2012 年 8 月にスマートフォン プライバシー イニシア        ティブを      総務省が発表Japan: Ministry of Internal Affairs  and Communication released ...
オプト・アウト原則一部情報についてオプト・イン原       則 法的強制メカニズムはない     Opt-out policy in principle For some sensitive information,           Op...
日本: 2010 年5月  ICT サービ          ス 研究会第2次提案の「配慮原          則」      総務省が発表Japan: Ministry of Internal Affairs  and Communicati...
日本は一見、事業者にフレンド      リーAt a glance, Japanese approach appears to be industry friendly
実効性が担保できるかが鍵できなければ、利用者不安を募り       、 不正取得データの混入が起こり 長い目で見て産業に不利では? Key is to secure effectiveness.    If not, consumer anxi...
国際動向を見据えたInnovation の環境づくりに向けた  政府の今後の取り組みを期待Expect further government effortsto create more innovation friendly      envi...
Thank you!yuko.noguchi@mhmjapan.com
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

日本のイノベーションを促進するための法的課題/Legal Issues in Promoting Innovation in Japan

1,905 views
1,835 views

Published on

Presentation given on Oct. 11, 2012. Discussing legal issues in the age of Big Data which may slow down innovation in Japan. 
2012年10月11日プレゼン。日本におけるイノベーションを活性化するための著作権・プライバシー上の課題と政府に期待したいこと。

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,905
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

日本のイノベーションを促進するための法的課題/Legal Issues in Promoting Innovation in Japan

  1. 1. 日本のイノベーションを促進 するための法的課題 Legal Issues inPromoting Innovation in Japan 森・濱田松本法律事務所 弁護士 Partner, Mori Hamada & Matsumoto 国立情報学研究所 客員准教授 Visiting Assistant Professor, National Institute of Informatics 野口 祐子 Yuko Noguchi, JSD CC BY JP v2.1
  2. 2. ビックデータの時代The age of Big Data
  3. 3. 技術的・ビジネス的には様々なイノベーションの可能性Chance of innovation from theperspective of technology and business
  4. 4. 法的には?How about law?
  5. 5. イノベーションを促進する 法の特徴Key characteristics of law that fosters innovation
  6. 6. 方法その1: ルールが明確でそのルールの遵守コストが低い Case 1: Clear rules, andlow costs to follow the rules
  7. 7. 方法その2 柔軟な法制度で変化にあわせた法の進化が可能 Case 2: Flexible rules toaccommodate new changes
  8. 8. 日本の法制度は必ずしもイノベーション・フレ ンドリーではないUnfortunately, Japanese Law is not so innovation friendly
  9. 9. 著作権・個人情報・プライバシ ーCopyright, Personal Information   and Privacy
  10. 10. 著作権は複製・インターネット上の送信につき原則として許諾 が必要Copyright requires permission toreproduce and transmit over the Internet
  11. 11. 著作権リスクを低くし イノベーションを促す鍵は 例外規定と免責条項 Key features to lower copyrightrisks and allow innovation is the exemption statutes and safe harbor provisions
  12. 12. 例外規定Exemption statutes
  13. 13. 日本は狭い例外規定のセットIn Japan, a set of narrowly defined exemptions
  14. 14. 一定の自由を確実に保障するが 柔軟性に乏しく、 イノベーションに向かないGuaranteed freedom to a certain extent, but not flexible and not innovation-friendly
  15. 15. 狭い例外規定の範囲以外は黒=「グレーゾーン」が極めて少 ないOutside the scope of these clear- cut exemptions is illegal = little “gray zone” or breathing room
  16. 16. 米国のフェア・ユース規定Fair Use doctrine in the U.S.
  17. 17. 予測可能性が低い面はあるが 柔軟性が高く、 挑戦を許す余地がある High flexibility and allow newchallenges, although difficult to predict the outcome in courts
  18. 18. ベストなソリューション Best solution
  19. 19. 明確な例外規定に加えて フェア・ユースClearly defined exemptions PLUS Fair Use
  20. 20. 日本の知的財産戦略本部による 2008 年 11 月の提言Intellectual Property Strategy Headquarters proposal in November 2008
  21. 21. 技術の進歩や新たなビジネスモデルの出現に 柔軟に対応できる法制度 To construct a legal system that can flexibly accommodatetechnological innovation and new business models
  22. 22. 日本版フェア・ユースの導入 To Introduce Japanese equivalent of Fair Use
  23. 23. 文化庁での審議 2009 ~ 2011.3 After the discussion in theCopyright Council under the Agency of Cultural Affairs
  24. 24. 2012.6 国会で著作権法改正が成立 2012.6 National Diet passed anamendment of the Copyright Act
  25. 25. 結果はフェア・ユースとは程遠 い4 つの狭い例外規定が入ったのみOnly 4 narrow exemptions were introduced. Far from Fair Use doctrine
  26. 26. なぜ、知的財産戦略本部の狙い は失敗に終わったのか? Why the aim of IntellectualProperty Strategy Headquarters failed at the end?
  27. 27. 内閣提出法案における議論枠組 み =何が「立法事実」か?The basic frame of the discussion in legislation submitted by the Cabinet = What is the “Legislative fact”?
  28. 28. 例外規定の必要性を示す 具体的な事実の 列挙が求められたRequired to present concreteexamples of facts that call for new exemption statutes
  29. 29. イノベーション! Innovation!
  30. 30. イノベーション! Innovation!
  31. 31. 結局、挙げられた具体的立法事実に対応する個別規定のみ成立 した(e.g. 技術試験のための利用)Ended up with narrow exceptionsthat correspond to the presented concrete legislative facts(e.g., testing for the development or practical implementation of technology )
  32. 32. 広範で抽象的な表現規制立法などを防止するに はよい議論枠組みだが This discussion framework is good to prevent abstractlegislation that regulates speech, for example
  33. 33. この議論枠組みでは イノベーションを許容する 柔軟な例外規定の導入は無理But would not allow introduction of a flexible exemption statutethat creates breathing rooms to fosters innovation
  34. 34. 著作権の保護とイノベーションが日本にとって同じくらい価値のあることなら ばIf innovation is as important as protecting copyright in Japan
  35. 35. 確立した著作権保護との バランスをとるため In order to strike a balanceagainst established protection of copyright
  36. 36. イノベーションの支援を立法事実として評価するという政策決 定を 全省庁が共通認識とする必要 All the ministries and agencies needs to have a common understanding that supportinginnovation should be treated as “legislative facts”
  37. 37. Cf. 違法私的ダウンロード刑罰化 は 議員立法 Cf. Criminalization of illegal personal downloading was   legislation submitted by Diet members
  38. 38. 議員立法は 内閣提出法案ほど厳密に 立法事実を審査しないMuch less scrutiny regardinglegislative facts in legislation submitted by diet members
  39. 39. ロビイング力の高い著作権者は 今後、議員立法を活用する 可能性 Copyright holders that havelobbying powers may resort tolegislation by Diet members in the future
  40. 40. 日本におけるIT 産業、イノベーション、ユー ザーを代弁するロビー力の強化が急務Important to have a solid lobbying force that represents IT industry, innovation and the interests of users.
  41. 41. /例外規定/ Exemption statute
  42. 42. 免責条項Safe Harbor provisions
  43. 43. 日本におけるプロバイダの 責任制限 Safe harbor provisions forInternet Providers in Japan
  44. 44. 米国と比べ プロバイダにとって コストが高い構造High costs on Internet providerscompared to the U.S. equivalent
  45. 45. 米国の免責条項17 U.S.C. 512(c)US Safe Harbor17 U.S.C. 512(c)
  46. 46. 侵害の事実を知らず、かつ侵害が明白な事実・状況を認識して いないNo actual knowledge of infringing or no awareness of facts or circumstances from which infringing is apparent
  47. 47. ここでいう認識は 特定かつ個別のコンテンツ についての具体的な認識 Here, the actual knowledge isabout the specific and identifiable infringement of particular individual items.
  48. 48. ライセンス?Licensed?
  49. 49. ノーティス&テイクダウン (通知がくれば取り下げる)プロバイダーの実質判断は不要 Notice and takedown:no substantial judgment required by Internet providers
  50. 50. 日本のプロバイダ責任制限法とその前提となるプロバイダの責任はよりプロバイダに負担を課すも のJapanese safe harbor provisionsand underlying rules of secondary liability places more burden on internet providers
  51. 51. ユーザの侵害行為についてのプロバイダの間接責任を定める ルールが不明確で広いSecondary liability rule is unclear and may be broader than in the U.S.
  52. 52. 一定以上の割合で侵害コンテンツが存在するサービスは、抽象的な侵害の認識で違法となる可 能性A service with infringing contentabove a certain amount can be held liable with a general awareness of infringement
  53. 53. 通知の窓口の指定がなく、誰が通知を受領してもプロバイダに 「認識」があることとなるNo system of designated agent –any notice to any department can create knowledge or awareness of the provider
  54. 54. プロバイダの免責基準は「侵害を知ることができたと認め るに足りる相当の理由」 ( Cf. 米国「明白」)Providers are liable when “there is a reasonable ground to find that said provider could know the infringement of the rights” (Cf. U.S.: “apparent”)
  55. 55. プロバイダに負担が大きく、サービスへの萎縮効果が大きい Higher burden on providers,more chilling effects on services
  56. 56.  /免責条項/ Safe Harbor provisions
  57. 57. 要するに、米国は ・強い著作権保護・同時に強い IT 産業やプロバイ ダーへの保護 In sum, in the U.S.,stronger protection on copyright, and stronger protection on ITindustries and Internet providers
  58. 58. 日本も、より意識的に バランスをとった立法を実現するための行動をとるべき Japan needs clearer intention totake steps to achieve the balance in legislations
  59. 59.  オープン・ガバメント・デ ータ Open Government Data
  60. 60.  欧米では広く普及税金で作られたものは国民に還 元Widely accepted in U.S. and EU Data created by tax should be returned to citizens
  61. 61.  米国 :   2009 年 5 月  Data.gov で 政府データを利用可能な形で公開2009 年 12 月 オープン・ガバメン ト指令 U.S.: May 2009 Government data released in reusable format on Data.govDecember 2009, Open Government Directive
  62. 62.   2005 年  NIH オープン・ア クセス・ポリシー2007 年  NIH オープン・アクセ ス法 2005 NIH Open Access Policy 2007   NIH Open Access Legislation
  63. 63.   EU:   2003 年 11 月  PSI 再利用に関するEU指令 EU: November 2003The Directive on the re-use of public sector information
  64. 64.   EU:2012 年 7 月 Horizon 2020 における EU 資金による研究成果の オープンアクセスポリシー EU: July 2012,Open Access Policy in researchresults created by EU funding in Horizon 2020
  65. 65.  日本: 2012 年 6 月電子行政オープンデータ戦略 Japan: June 2012 E-government Open Data Strategy
  66. 66.  具体的な方法について これから具体的に検討Methods for Open GovernmentData will be discussed from now
  67. 67. 公的資金に基づく研究成果の オープン・アクセスも 長らく“議論し取り組み中” Open Access to Public Funded Research Results have beenlong “discussed and worked on”
  68. 68. 個人情報保護・プライバシーPersonal Information, Privacy
  69. 69. 日本は現在、個人識別性のある個人情報のみ 法律で規制 Japan has legislation thatregulates handling of personally identifiable information (PII)
  70. 70. 現在、被個人識別情報に関する 法規制はないNo legal regulation regarding non-personally identifiable information (Non-PII)
  71. 71. ビックデータの時代には個人を識別できない情報の収集・利用もプライバシー侵害とな る危険In the age of Big Data, collection and use of Non-PII can create infringement of privacy
  72. 72. 米国、欧州は非個人識別情報も含め、一定の法的強制力のある保護に向けて 動き出したU.S. and EU has taken a step togive certain protection with legal enforcement over both PII and non-PII
  73. 73. 欧州: 2012 年 1 月に EU データ 保護規制の案を発表し 欧州議会で議論中 EU: Proposed a draft General Data Protection Regulation in January 2012 and now under discussion before the EU Parliament
  74. 74. オプト・イン原則EU 規則として、国内法化なしに 直接各国に適用される Opt-in policy Will be directly applied as an EURegulation to each member states
  75. 75. 米国: 2012 年2月にオバマ大統領が消費者プライバシー権利章 典を発表 , 今後の制度作りの ロードマップを示した U.S.: Released ConsumerPrivacy Bill of Rights in February2012 and unveiled a blueprint to protect online privacy
  76. 76. オプト・アウトの原則 民間の自主規制に対して FTC が法的執行力を持つ 共同規制方式に加え、立法も Opt-out policyIndustries’ voluntary regulationssupported by FTC enforcement, plus efforts for legislation
  77. 77. 日本: 2012 年 8 月にスマートフォン プライバシー イニシア ティブを 総務省が発表Japan: Ministry of Internal Affairs and Communication released Smartphone Privacy Initiative in August 2012
  78. 78. オプト・アウト原則一部情報についてオプト・イン原 則 法的強制メカニズムはない Opt-out policy in principle For some sensitive information, Opt-in policyNo legal enforcement mechanisms
  79. 79. 日本: 2010 年5月  ICT サービ ス 研究会第2次提案の「配慮原 則」 総務省が発表Japan: Ministry of Internal Affairs and Communication released“privacy respecting principles” in May 2010
  80. 80. 日本は一見、事業者にフレンド リーAt a glance, Japanese approach appears to be industry friendly
  81. 81. 実効性が担保できるかが鍵できなければ、利用者不安を募り 、 不正取得データの混入が起こり 長い目で見て産業に不利では? Key is to secure effectiveness. If not, consumer anxiety and contamination of infringing datawill hinder industries’ growth in the long run
  82. 82. 国際動向を見据えたInnovation の環境づくりに向けた 政府の今後の取り組みを期待Expect further government effortsto create more innovation friendly environment in Japan
  83. 83. Thank you!yuko.noguchi@mhmjapan.com

×