Aws glacier

1,160 views

Published on

AWSのGlacierは特徴を理解して使おう

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,160
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
26
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Aws glacier

  1. 1. AWS Glacierを触って、 用途を考えてみる 2012/08 @sawanoboly
  2. 2. http://aws.amazon.com/glacier/• AWSの低コストストレージサービス• 細かい仕様・価格については公式を参照• 2012/08時点のリリース(ver:2012-06-01)を 対象に使い勝手についてコメント – 全機能を詳細に調査したわけではないので注 意
  3. 3. 用途の目安• 感覚はテープデバイス。• 通常の『とりあえず放り込んでおく』の 間隔では取り出すときに苦労しそう。• バックアップなら直近以前の世代を保存 しておきたい時に使おう。• 長期保管が必要だがまず見返すことがな いものなど。
  4. 4. Upload• valutを作成してEndpointに向けarchiveを アップロード• アップロード完了時に“Archive ID”を受け取 る• Vaultに保存されるまで約一日• 状態はAWS SNSで通知 (HTTP, Mail, SQSへ) 【同期】 【非同期】 • データ受信 • データ格納 • ID発行 • インベントリ更 Glacier 新 User Vault Endpoint
  5. 5. Download• Valutから直接ダウンロードはできない• Endpointに準備をリクエスト、3−4時間後 にAWS SNS に準備完了の通知• 準備完了から24時間ダウンロード可能 3−4時間後に通知を受けるなりキューで処理するなり SNS 完了のお知らせ ダウンロー ド Glacier User リクエスト Vault Endpoint 【非同期】 • 準備要請
  6. 6. クライアント• REST-APIが公開されているがアップするコ ンテンツは1MB刻みでsha計算してさらに Shaするなど、ライブラリ必須• 今のところJavaかC#
  7. 7. まとめ• アップ一日、ダウンに半日• AWS SNS と連携必須• クライアントはJava,C#

×