Nas4 freeへzabbix agentを導入してみた

9,072 views

Published on

Published in: Self Improvement
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
9,072
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
5,635
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Nas4 freeへzabbix agentを導入してみた

  1. 1. NAS4FreeにZabbix Agentを 導入してみた。 kometchtech
  2. 2. Agenda ・NAS4Freeとは ・Zabbix Agentの導入手順 ・FAQ
  3. 3. NAS4Freeとは FreeBSD9系をベースとしたNASアプライアンスソフ トウェア。元はFreeNASというソフトウェアだったが、 FreeBSD8系と9系に別れて、フォークしたのが NAS4Freeです。 http://www.nas4free.org/
  4. 4. なにができるの? GEOMでソフトウェアRAIDを組んだり、ZFSを使用 したファイルサーバを構築したり、Webサーバを載 せたりすることも出来ます。
  5. 5. 監視はどうする? とりあえず標準でSNMPが使用できます。が、ZFS に関してはFreeBSD系のバグ?の関係で容量の 取得等がうまくいきません。
  6. 6. これじゃあZabbixから 監視するのも楽しくないよ ね?
  7. 7. というわけで・・・
  8. 8. Zabbix Agentを導入できるか実践してみ ることにしました。
  9. 9. 導入環境 hp Microserver N36L Mem: 8GB USB boot HDD: 1TB *4
  10. 10. Zabbix Agentの導入 # wget http://downloads.sourceforge. net/project/zabbix/ZABBIX%20Latest%20Stable/2.0.7 /zabbix-2.0.7.tar.gz wget: Command not found. なら、wgetを導入すればということでやってみたところ・・・ /: write failed, filesystem is full
  11. 11. orz (もしかしたらHDDインストールの場合は状況が違 うかもしれません)
  12. 12. というわけで直接Zabbix Agentのインストールを実 施。 # pkg_add -r zabbix2-agent Fetching ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.1- release/Latest/zabbix2-agent.tbz... Done. Fetching ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/ports/amd64/packages-9.1- release/All/libiconv-1.14.tbz... Done. ===> Creating users and/or groups. Creating group 'zabbix' with gid '122'. Creating user 'zabbix' with uid '122'. 今度は成功。
  13. 13. configファイル自体は/usr/local/etc/zabbix2/配 下に配置されるので、通常通り設定を編集する。 # ls -l /usr/local/etc/zabbix2/ total 8 -rw-r--r-- 1 root wheel 1605 Apr 10 20:08 zabbix_agent. conf.sample -rw-r--r-- 1 root wheel 5718 Apr 10 20:08 zabbix_agentd. conf.sample
  14. 14. あとはZabbix Server側にホストを追加してあげて、 ちゃんと監視が始まったことを確認します。 ※テンプレートはFreeBSDのものが使えると思いま す。
  15. 15. しかし、 ここで一つ問題が!
  16. 16. 再起動すると、導入したはずのZabbixパッケージ から、configファイルまで綺麗サッパリ消えてしまい ましたとさ。 たぶんこれはUSB Bootのせいだと思いますが、 ちゃんと検証していません。
  17. 17. ならば、NAS4Free側からスクリプトが呼び出せるの で、強引に導入するスクリプトを書けばいいんだ。
  18. 18. というわけで書いてみた。
  19. 19. #!/bin/sh # Valiable ZBX_CONF=/usr/local/etc/zabbix2/zabbix_agentd.conf ZBX_RC=/usr/local/etc/rc.d ZABBIX_SERVER_IP="" SERVER_NAME="" # add Zabbix-agent /usr/sbin/pkg_add -r zabbix2-agent # copy configure /bin/cp ${ZBX_CONF}.sample ${ZBX_CONF} # Value reWritable sed -i '' -e 's/Server=127.0.0.1/Server='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF} sed -i '' -e 's/ServerActive=127.0.0.1/ServerActive='${ZABBIX_SERVER_IP}'/' ${ZBX_CONF} sed -i '' -e 's/Hostname=Zabbix server/Hostname='${SERVER_NAME}'/' ${ZBX_CONF} sed -i '' -e 's/# EnableRemoteCommands=0/EnableRemoteCommands=1/' ${ZBX_CONF} # auto start config echo "zabbix_agentd_enable="YES"" >> /etc/rc.conf # Zabbix agent start ${ZBX_RC}/zabbix_agentd start
  20. 20. 大まかな流れとしては・・・ 1. zabbix-agentの導入 2. configファイルの書き換え 3. zabbix-agentdの開始 4. 作成したzpoolなどにスクリプトを配置し、 NAS4Free側のスクリプトに、作成したスクリプトを登 録してあげる。 詳細は、以下のところにあります。 https://github. com/kometchtech/zabbix_nas4free
  21. 21. こんな感じで監視ができるようになりました。 これでsystem.runと合わせて監視したいことができ るようになりました。
  22. 22. 以上でNAS4FreeへのZabbix Agentの導入方法 についての発表を終わります。 ご清聴ありがとうございました。

×