ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)

889 views
852 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
889
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ(後編)

  1. 1. 『ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディングのススメ』 後編 2012年8月1日(水) 情報システム学科 河野義広 高大連携教育プログラム 情報活用力育成講座 ~未来を拓く「情報」を学ぶ~
  2. 2. 本日のメニュー 自己紹介 授業の進め方と到達目標 ソーシャルメディアとは? 自分ブランドについて考えてみよう Twitter、Facebookの概要と魅力 ソーシャルメディアリテラシー パーソナルブランディングによるキャリアデザイン ソーシャルメディア活用事例 2 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  3. 3. 自己紹介 名前:河野 義広(かわの よしひろ) 出身:茨城県行方市 所属:東京情報大学 情報システム学科  職位:助教(2011年4月着任)  2013年度より『システム開発コース』に配属予定 研究テーマ:ソーシャルメディアの社会的影響  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング  各ソーシャルメディアを自ら使い込んで研究  学生のキャリアデザイン支援  Twitter:@yoshi_kawano  Facebook, LinkedIn, foursquare, Google+にも注目 3 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  4. 4. 背景と授業の目的 背景  Twitter, Facebookなどのソーシャルメディアの普及  スマートフォンの普及によるモバイル環境の変化 ⇒ソーシャルメディア活用による社会変革 目的  ソーシャルメディアを使いこなすだけでなく、世の中に目 を向け、今後の時代を生き抜くヒントを探ることを目指す 4 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  5. 5. 授業の進め方 実施内容  ソーシャルメディアの使い方や現状の解説  ソーシャルメディアの活用方法、課題の議論  4,5名のグループで様々な議論、発表を行う 進め方  グループでのディスカッションを重視します  演習の時間を大切にします  質問がある方は遠慮せずにお願いいたします  学生サポートも付いておりますので気軽にお尋ねください 5 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  6. 6. 授業の到達目標(1)1. ソーシャルメディアの基本と情報収集のコツ  ソーシャルメディアの基本的な使い方を学習し、情報収集 の手段として活用する2. ソーシャルメディアリテラシーと情報発信  ソーシャルメディアのリテラシー※1を学習し、適切な情報 公開、情報発信ができる  ※1:ソーシャルメディアをうまく活用できる能力  トラブルに適切に対応できること  情報の公開範囲を管理できること  他者と適切にコミュニケーションが取れること 6 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  7. 7. 授業の到達目標(2)3. パーソナルブランディング※2とキャリアデザイン※3  ソーシャルメディアを活用し、情報収集・情報発信・人脈 作りなど、積極的に社会とのつながりを持つ  ※2:「自分ブランド」を構築していくこと  自分の理想のイメージに近付ける活動、専門性のPR  ※3:自分の仕事人生について考え、組み立てていくこと4. ソーシャルメディアの活用方法  パーソナルブランディングに適したソーシャルメディアの 使い方を見つける 7 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  8. 8. Twitterでの情報発信 リプライ  特定のユーザ向けのツイート リツイート  誰かのツイートの転送 ダイレクトメッセージ  特定の相手に送る秘密のメッセージ ハッシュタグ  特定の話題に関するツイートをまとめる 8 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  9. 9. リプライ(Reply) 「@ユーザ名 」で始まるツイート 9 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  10. 10. リプライの見え方 自分とBさんのTLに表示される 自分とBさんをフォローしている人のTLに表示される 自分のホームを直接見に来た人には閲覧可能 10 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  11. 11. リツイート(Retweet) 発言を自分のフォロワーへ転送する 誰かの発言を広めたい時に使う 11 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  12. 12. 公式リツイートと非公式リツイート 公式リツイート  Twitter画面の「リツイート」ボタンを使ったリツイート 非公式リツイート  コメントをつけたリツイート  形式:「コメント RT @aaa: ツイート内容」  他人のツイート内容を編集できてしまう2012/7/31 12 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  13. 13. ダイレクトメッセージ(DM) 個人的に送るメッセージ フォロワーに対してのみ送信可能 第三者には公開されない 13 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  14. 14. ハッシュタグ 特定の話題に関するツイートを検索できるようにする 形式:「#キーワード(英数字)」 例:#tenki、#NewTwitter、#nhk 使い方:ツイートの中に入れる  「今日の天気は雨です #tenki」 自分で作ることができる ツイート内に書き込むだけで作成完了2012/7/31 14 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  15. 15. ソーシャルメディアリテラシー ソーシャルメディア上での発言の仕方を考えていきましょう 15 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  16. 16. ソーシャルメディアリテラシーとは ソーシャルメディアを使った人付き合い  基本は普段のコミュニケーションと一緒  単にいろんな人が見ているだけ(インターネット上で)  ツールは単なる手段であり、本質は道徳の授業と通じる  相手のことを考えて発言する  相手が言って欲しくないこと、相手を傷付ける発言はしない  当たり前のことができれば、特に恐れることはない 一歩先の情報発信  個人がメディアとしての性質を帯びる  多くの人が見ているため、あまり意味のない独り言は控える  キュレーション(情報を選別し発信していくこと)  有益な情報を発信できれば注目されやすい 16 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  17. 17. 考えてみましょう 次の事例を各班で1題担当し、回答しましょう グループで考えてみましょう  グループでの議論:5分 各グループの代表者1名が発表しましょう  各自の発表時間:2分 17 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  18. 18. 考えてみましょう(1) 例題  あなたは会社の同僚と飲みに行き、その時の様子と写真を 同僚の了解を得ずにTwitterで公開しました  その同僚は、会社の上司には取引先との打ち合わせ、家で 待つ奥さんには仕事で遅くなると言い、飲みに行きました  上司も奥さんもTwitterを見ています 考えてみましょう  この後の同僚の運命は?  あなただったらどうしますか? 18 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  19. 19. 考えてみましょう(2) 例題  あなたの発言に対して、否定的なコメントがありました  あなた「Twitterを使うようになって、様々な情報が入るようになり 自分の世界が広がった!」「Twitterは実名で活動すると、いろいろ な人に注目されやすいし、自分の人脈も広がる可能性がある!」  コメント「今まで世界が狭かったんだね」「Twitterで名前出すなん てどうかしてる。何かあったら晒されるし、デメリットが大き過ぎ るでしょ?」 考えてみましょう  あなただったらどうしますか(反論 or 無視)? 19 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  20. 20. 考えてみましょう(3) 例題  あなたがフォローするユーザ「aaa」は、あなたの知らない ユーザとのやり取りをコメント付きRTで行っています  aaa「おはよう! RT@xxx: @aaa おはよう。」  aaa「今は渋谷だよww RT@yyy: @aaa いまどこ?」 考えてみましょう  あなたはこのユーザについて、どう思いますか?  あなただったらどうしますか?  ヒント:リプライでのやり取りは他の人には見えません 20 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  21. 21. 考えてみましょう(4) 例題  待ち合わせ中の友達からTwitterで「現地に着いたら電話す るので、電話番号を教えて!」と言われました  あなたは友達は電話番号もメールアドレスも知りません。 Twitterでつながっているだけです 考えてみましょう  あなただったらどうしますか?  リプライで電話番号を教える  DMで電話番号を教える  電話番号は教えない(Twitterでなんとかやり取りする) 21 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  22. 22. 考えてみましょう(5) 例題  あなたは興味のあるユーザを発見しフォローしました  そのユーザはIT関係のエンジニアで、プロフィールにはWeb 技術、Androidアプリについて発言と書いてあります  しかし、発言内容の多くは、今いる場所、食事の内容など、 あなたにとって有益な情報はほとんどありません 考えてみましょう  あなたはこのユーザをフォローし続けますか?  それはなぜですか? 22 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  23. 23. 考えてみましょう(6) 例題  あなたは電車に乗って移動中です。車内で奇抜なファッ ション(アニメのコスプレ、女装など)の人を見かけ、非 常に面白かったので携帯電話で写真を撮りました。  友達にも見せたかったので、Twitterで写真を投稿しました。  あなたはTwitterに自分の本名を登録しています。 考えてみましょう  上記の行動について、どこかに問題はありますか?  電車内で他人の写真を勝手に撮ったこと?  その写真をTwitterで投稿したこと?  Twitterに本名を登録していること? 23 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  24. 24. 情報発信のまとめ まとめ  ソーシャルメディアを使った人付き合いは現実と同じ  相手のことを考えて発言する  相手が言って欲しくないこともある  他人に関係ないことはリプライで、個人的なことはDMで!  自分のプロフィールに沿った内容を発言する  実際に使ってみないと分からない部分も多いので、 これから実際に使って発言していきましょう 24 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  25. 25. パーソナルブランディングパーソナルブランディング 25 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  26. 26. パーソナルブランディングとは? 目的  ソーシャルメディアを活用した自己PR  Web上に自分の活動記録を残す  インフルエンサー(大きな影響力を持つ人)になること ポイント  明確な目的を持ってソーシャルメディアを使いこなす  ソーシャルメディア上での専門性の確かな発信  自分がどういう「価値」を提供できるか  是非、実名で活動しましょう!  匿名だとあまり効果がありません  ソーシャルメディアリテラシーが重要 26 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  27. 27. パーソナルブランディングの意義 実現できること  就職・転職で有利になる(自己PR)  人脈が広がる(様々な人と出会うきっかけ)  自分の強みを発揮する機会を手に入れる(機会の獲得)  自分のなすべきことをブランドに基づき判断できる(行動 の指針) 実現できないこと  本物の有名人にはなれない  能力不足は補ってくれない ※ソーシャルメディア実践の書より一部抜粋 27 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  28. 28. ブランディング活動のステップ(1) ステップ0. 無名の一般人  友人、知人との交流  ソーシャルメディアは情報収集の道具 ステップ1. 認知度の向上  何かを頼みたい時に、あなたの顔が浮かぶようになる  単なる「知人」で、選ばれるかどうかは運次第 ステップ2. 信頼性の向上  重要な仕事を頼みたい存在になる  自分の専門分野で積極的な情報発信、誠実な対応を続ける  「説得」のための時間が短縮される 28 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  29. 29. ブランディング活動のステップ(2) ステップ3. 影響力が向上する(インフルエンサー)  耳を傾ける存在になる  信頼感が長期に持続すると、「尊敬」に変わる  「説得」が不要になる ステップ4. 人脈が広がる  重要な人物を紹介してもらえるようになる  組織の枠を越えてミッションをこなせるようになる ステップ5. マイクロセレブになる  特定の分野で一目置かれる存在になる  多数のアイデアを瞬時に収集できるようになる 29 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  30. 30. Twitterでのパーソナルブランディングアイコン フォロワー 発言内容プロフィール 30 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  31. 31. フォローに影響を与える要素(1) あなたのホーム画面を見てフォローを開始します プロフィール  自分が何者であるかが伝わること  自分の専門性が伝わること  他者との差別化要素が伝わること  リーチしたい業界に響く内容になっていること フォロー・フォロワー  どんな人にフォローされているか  フォロワー数に対してフォロー数が多過ぎないか 31 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  32. 32. フォローに影響を与える要素(2) 発言内容  プロフィールに関連する内容になっているか  自分の専門性をアピールできる内容か  関係のない発言が多過ぎないか  信頼できる正確な情報を発信しているか  事実に基づいている、かつ直接得た情報であるか  また聞きした情報は、ソースを確認してから発信する  受信者から人望を集められるか  相手の主張に耳を傾け、自分の主張を伝える  自分の主張だけを一方的に伝えるのはあまり好ましくない  継続は力なり!  何よりも続けることが大切 32 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  33. 33. 発言内容のバランス 発言内容のバランスについて考えてみましょう 33 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  34. 34. 考えてみましょう 次の3人の中でフォローするなら誰?  発言内容を参考に選んだ理由を考えてみましょう  3人それぞれの印象を書いてみましょう  3人の利用スタンスを予想してみましょう  パーソナルブランディングを意識していそうなのは誰? グループで考えてみましょう  グループでの議論:5分 各グループの代表者1名が発表しましょう  各自の発表時間:1分 34 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  35. 35. Aさんの発言内容 発言内容  雑談、友達との会話:8  記事の紹介:1  リツイート:1 A:今日もお疲れ様。おやすみなさいzzz A:RT @xyz 最新ニュース http://xxx/ A:じゃあ、今からそっちに行くよ。RT @ccc: 渋谷で買い物中 A:@ccc いま何してる? A:今日のランチは久しぶりにオムライス! A:@bbb こんにちは。 A:そろそろお昼かな? A:この取り組みは面白いね! http://abc/ A:@bbb おはよう。今日も元気かな? A:@aaa おはよう! 35 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  36. 36. Bさんの発言内容 発言内容  雑談、友達との会話:2  自分の意見:1  リツイート:7 B:RT @xyz 最新ニュース http://xxx/ B:RT @mno 今月の新作映画 http://mno/ B:RT @jkl 世界の出来事まとめ http://jkf/ B:@ccc あの写真、面白かったよね? B:RT @ghi 面白い写真が沢山2! http://ghi2/ B:Twitterは世の中の最新情報を得るのに便利だね。 B:RT @ghi 面白い写真が沢山! http://ghi/ B:@bbb 昨日はお疲れ様でした。 B:RT @def 【RT希望】Twitter利用アンケート http://def/ B:RT @abc 新作のiPhoneアプリ紹介 http://abc/ 36 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  37. 37. Cさんの発言内容 発言内容  雑談、友達との会話:2  自分の意見:4、記事の紹介:2  リツイート:2 C:今日も新たな出会いがあり、有意義な一日だった。 C:@xyz ありがとうございます!またやりましょう。 C:素晴らしいサービス!注目ですね。 http://fgh/ C:RT @gyu この流れが増えてくるとうれしいですね。 C:@bnm 非常に有意義なディスカッションができました。 C:ソーシャルメディアを教育に活かしたい! C:【お知らせ】 12/22に勉強会を開催します。 http://gtr/ C:オススメの書籍 http://asd/ C:ソーシャルメディア最新動向 http://def/ C:RT @abc 新作のiPhoneアプリ紹介 http://abc/ 37 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  38. 38. ディスカッション(3) 高校生でもブランディングはできるでしょうか?  Twitter,Facebookを上手に使えばできるのか?  高校生が使うメリットは?  特に気を付けなければいけないことは? グループで考えてみましょう  各自作業:5分  グループでの議論・共有:15分 各グループの代表者1名が発表しましょう  各自の発表時間:3分 38 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  39. 39. ブランディング実践ユーザの紹介(1) 大元隆志氏(@takashi_ohmot)  「ソーシャルメディア実践の書」著者 高川直樹氏(@naokitakagawa)  Social Leaders発起人、情報大OB 谷口正樹氏(@taniyang)  「LinkedInをビジネスに使う本」著者 三石原士氏(@m_mitsuishi )  ソーシャルリクルーティングの専門家 39 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  40. 40. ブランディング実践ユーザの紹介(2) イケダハヤト氏(@IHayato)  テック系ブロガー、86世代  ソーシャルメディアで転職 斉藤徹氏(@toru_saito)  ループス・コミュニケーションズCEO  「ソーシャルシフト」著者 加藤たけし氏(@takeshi_kato)  ループス・コミュニケーションズ在籍  ひとりじゃできないこと、みんなでやる ※上記の方々はTwitterだけではなく、ブログや執筆活動なども行っている。 40 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  41. 41. ブランディング実践ユーザの紹介(3) 古屋直樹君(@naoki_furuya)  情報大の学生(河野ゼミの3年生)  ソーシャルメディアを始めたきっかけは?  使う目的は?  何を実現したいか?  実際に本人から話を聞いてみましょう 質問があれば遠慮なく聞いてください 41 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  42. 42. Twitterによるブランディング(1) 利点  手軽に利用できる  インターネットに公開され、誰にでも見られる  ちょっとしたきっかけ(フォロー、RT)で注目される  多くの人と出会うきっかけになる(人脈を広げやすい) 欠点  140文字だけで他人を魅了するのは困難  ブログや書籍、画像や動画などの他のコンテンツとの併用  コンテンツの賞味期限が短い  Twitterの情報はどんどん流れていく  数日前の情報の多くは見向きもされない 42 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  43. 43. Twitterによるブランディング(2) 効果  手軽に始められる反面、ブランディングの効果は限定的  現実社会で知名度があれば手軽にブランディングを維持  ソーシャルメディア初心者はここを起点に展開  Twitterで人との交流を体験し、他の利用法を考えていく 他のメディアとの併用  ブログへの導線としてTwitterを利用  Twitterは導線、ブログでコンテンツのストック  Facebookページでファンとの交流  Twitterは導線、Facebookページで「いいね!」「コメント」 43 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  44. 44. キャリアデザインとの関連 キャリアデザインについて  自分が何をしたいか、どう生きたいか  キャリアは一生モノ(就職して終わりではない)  結果が出るまで時間が掛かるので早い段階から取り組む ソーシャルメディアは単なるきっかけ  リアルでの交流が一番大切!  勉強会、イベントに積極的に参加する(人脈、見識を広げる)  実際の活動があって初めて意味を持つ  勉強での気付き、ボランティア活動、インターンなど  ソーシャルメディアは活動をアピールする場 44 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  45. 45. ディスカッション(4) もう一度『自分ブランド』について考えてみましょう  あなたの強みは何ですか?  そのためにソーシャルメディアは活用できるでしょうか? グループで考えてみましょう  各自作業:5分  グループでの議論・共有:15分 各グループの代表者1名が発表しましょう  各自の発表時間:3分 45 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  46. 46. ソーシャルメディアの実践ソーシャルメディアでつながった出会い 46 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  47. 47. 谷口正樹さんとの出会い Twitterで知った勉強会がきっかけ 2011年5月10日にLinkedIn勉強会に参加  主催:谷口正樹さん(@taniyang)  初めて参加した勉強会  着任後、東京に出やすくなった 谷口さん、他の参加者の方々とFacebookでつながる  新しい情報が入ってくるようになった  ここから人脈が広がっていった! 47 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  48. 48. きっかけとなった谷口さんのツイート 48 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  49. 49. 勉強会のイベントページ(Facebook) 49 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  50. 50. その後の交流のきっかけ 様々な勉強会・イベントに参加し人脈を広げる 50 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  51. 51. 着任後ずっと考えていたこと この環境でどう研究していくのがよいか  研究のための研究ではなく、学生や大学に貢献できるもの 51 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  52. 52. 大元隆志さんとの出会い Twitterからブログに共感(まだ会っていない頃) 52 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  53. 53. 大元さんの著書を読んで 読んだ瞬間に「これだ!」と思った 53 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  54. 54. ソーシャルメディア実践の書 おすすめの参考書  ソーシャルメディア実践の書  著者:大元隆志  教科書にも最適  パーソナルブランディング  ソーシャルメディアリテラシー  高校生から知っておくことが大事 54 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  55. 55. 大元さんの書籍を教科書に採用 55 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  56. 56. 大元さんとの交流 その後、実際にお会いして情報交換  実際にお会いした後はFacebookでも交流 2012年度 科研費(科学研究費補助金)に申請  大元さんの書籍からヒントを得て構想  タイトル:ソーシャル時代のパーソナルブランディングに 基づく実践的キャリアデザイン ソーシャルメディア実践の書を教科書として購入  年末には「読者の会」という名の忘年会にも出席 56 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  57. 57. 高川直樹さんとの出会い Social Leadersというサイトに登録したのがきっかけ  ソーシャルメディア上で影響度が高い人々の集団 57 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  58. 58. 高川さんとのやり取り 高川さんは情報大のOBで、ご協力頂けることに! 58 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  59. 59. 高川さんとのやり取り 実際にお会いして情報交換 59 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  60. 60. 出会いを通じて感じたこと 自分にとってよい人脈がやってくることがある  情報発信していくことが大切  誰かに気付いてもらえるきっかけになる  特にTwitterは思いがけない人と知り合うきっかけ 実際に使ってみないと分からない  「自分のこと」として実感が伴わないと理解できない ソーシャルメディアは単なるきっかけの1つ  実際に会って、話をして、その後の交流が大切 60 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  61. 61. ソーシャルメディア最前線ソーシャルメディアの最新動向 61 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  62. 62. ソーシャルメディアの利点 情報収集・発信  人を介した情報収集  キーワード検索ではなく、興味のある人をフォロー  例:大学・企業内の人の意見を直に聞くことができる  情報発信  インターネット上での情報発信が容易に可能 人間関係  組織の枠を越えた人脈の形成  パーソナルブランディング  自分の価値を高める・アピールする場 世界中の人に自分を知ってもらおう! 62 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  63. 63. ソーシャルメディアの欠点 情報発信のリスク  情報発信に気を付けないと問題が発生する可能性あり 何でもできる魔法の杖ではない  結局はつながるきっかけの1つでしかない  現実世界が大事  自分を磨く努力は必要 63 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  64. 64. ソーシャルメディア最前線 現状  様々なソーシャルメディアが登場  凄まじい速度での技術革新、社会変革  ソーシャルメディアの使い分けが大切  それぞれに特徴があり、どれが一番とかはない  自分に合った使い方を考え、実践する必要がある 今後  ソーシャルメディアリテラシー  情報発信のメリット・デメリットの理解 ⇒ 実名がポイント  ソーシャルメディアデバイド  使いこなす人とそうでない人の間の格差(情報・知識・機会の差) 64 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  65. 65. ソーシャルメディアデバイド ソーシャルメディアデバイドとは?  ソーシャルメディアを使いこなせる人とそうでない人 との間に生じる格差(=デバイド) 使いこなせる人  得られる情報の質・量・入手速度  構築できる人脈  到達可能な知識(Web上の知識にアクセスできる鍵) ⇒格差が拡がることが予想される 是非、活用して未来を切り開いてください! 65 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  66. 66. パーソナルブランディングの実践 「実践する」ことが大切  ソーシャルメディアは実際に使ってみないと分からない ソーシャルメディアは「人と会うきっかけ」  一番大事なのは人と会って話すこと(リアルでの交流)  よりよい人脈の形成が大切 何よりも「継続」が大切  無理なく使っていけることが大切  そのためのモチベーション(使う動機)が重要 66 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  67. 67. 参考文献 ツイッタ入門講座(名古屋大学 横井茂樹教授)  http://www.mdg.ss.is.nagoya- u.ac.jp/~yokoi/?page_id=46 SNS講座 in 常陸太田(茨城大学 米倉研究室)  http://yard.cis.ibaraki.ac.jp/~yuka/contents/SNS_koza .html ソーシャルメディア実践の書  大元隆志著 67 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  68. 68. おわり ご清聴ありがとうございました ご質問・コメント等ありましたらお願いします 東京情報大学 情報システム学科 先端システム研究室 河野義広 Twitter:@yoshi_kawano 68 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY

×