第2回『ソーシャルメディアを
活用したまちづくり』
2014年2月25日(火)
総合情報学科システム開発コース
助教 河野義広

ふさの国商い倶楽部
本日の流れ








前回の復習
ふさの国商い倶楽部Facebookページ経過観察
Facebookページ運用上の課題と改善策
運用方針のディスカッション
記事投稿の練習

2

TOKYO UNIVERSITY OF ITOK...
ソーシャルメディアの特徴


マスメディアの特徴






例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど
新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信
一部のプロのみが情報発信する

ソーシャルメディアの特徴






例:ブ...
ソーシャルメディアの具体例

4

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
Facebookの基本概念


特徴




ソーシャルグラフ(人間関係)でつながる
個人と結び付くため、原則1アカウント
実名登録制。偽名での登録はアカウント停止の可能性

5

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO ...
「いいね!」ボタン






Webの記事、Webページに付けられるボタン
クリックすることで、友達におすすめできる
Facebook上の友達のおすすめがわかる
Web上に自分の足跡を残すことができる

いいね!ボタン

6

TOK...
Facebookの魅力


いいね!の力





WebページがLinkだけでなくLikeでつながる
友達が勧めるなら見てみよう
情報の伝播
Facebookから外部コンテンツへ

いいね!で世界がつながる


イベント情報の収集...
利用スタンスについて(1)


ソーシャルメディアの利用目的


あそび





情報収集





気になる情報の収集、自分の興味を追う
仮名と実名と両方ある

ブランディング






チャット感覚、“つぶやき”、...
利用スタンスについて(2)


利用スタンスのバランス


利用目的を組み合わせて考える




人によって複数の目的がある

利用スタンスの様々なタイプ


重視するポイントは人それぞれ

利用スタンス

9

TOKYO UNIV...
Facebookの留意点


登録後、まず最初にやること


プライバシー設定




経歴、好きなもの、活動などの登録




ネット上のアイデンティティの形成

友達の承認は慎重に




情報の公開範囲の設定

スパムアカ...
プライバシー設定


できること






情報の公開範囲の設定
投稿、写真、経歴、生年月日など細かく設定可能
デフォルトの設定のみで、投稿毎に別途指定可能

おすすめの設定


投稿は友達の友達までがオススメ




心配な...
Facebookページ


Facebookページとは?





Facebook上のホームページのようなもの
タイムラインでの情報発信、いいね!やコメントでの交流

メリット


閲覧者





アカウントなしでも閲覧可
...
Facebookページの作成


作成方法


Facebookページから「Facebookページを作成」を選択




https://www.facebook.com/pages/create.php

必須項目




カテ...
Facebookページの作成画面

14

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
ふさの国商い倶楽部のFBページ

15

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
Facebookページの機能紹介


イベント機能





インサイト(統計)





Facebookページの公式イベントとして利用可
イベントの集客・管理が可能

いいね!をしている利用者、記事の閲覧状況が確認可能
30以...
イベント機能

17

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
インサイトページ

18

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
振り返り&議論の時間


これまで運用してみて






改善策





Facebookページの更新状況はどうだったか?
あまり投稿がなかったのは何故か?
そもそもこのページの目的は何だったのか?

課題は何か?どう改善で...
運用方針のディスカッション


目的


Facebookページの目的とは?






運用方針





卒業生の各地の達人をつなぎ合わせること
各地で動いているタイムリーなまちづくり情報
個別のビジネスの情報発信

どう...
ディスカッションまとめ


ソーシャルメディア活用のメリット


メンバーのメリット






外部を巻き込んでコラボ




FBページは公式情報、グループは議論・情報共有
グループを1つ作成し、メンバーの情報共有
MLでも...
運用方針の参考


花見川どっとcom!FBページ運用方針

22

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
記事の書き方について


この記事の印象はどうでしょうか?

23

TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES
NFORMATION NIVERSITY
書き方の見本
文頭にタイトルを書く
意味のまとまり毎に分けて書く

【お知らせ】『第二回ソーシャルメディアでまちづくり講座』
ふさの国商い倶楽部が主催する研究会のお知らせです。今回も東京情
報大学の協力のもと河野先生にアドバイスを頂きながら、ソ...
アドバイス


書き方について





できるだけ簡潔に書く!
意味のまとまり毎に改行や段落分けをする

見せ方について




パッと見で目を引くようにする
記事だけでなく、写真やリンクを付けるとよい
他の記事のシェアもよい方...
演習の時間


記事投稿の練習


各自、FBページへの投稿記事を書く練習




アドバイスを参考に目を引く文章を書く






適宜、画像やリンクなども使ってみる

文量は100~200文字程度

ライティングスキルの向上を...
まとめ


今回の内容





Facebookページ運用の課題
今後の課題に関する議論

今後のテーマ





Facebookページ経過観察
ソーシャルメディアリテラシー
パーソナルブランディング

27

TOKYO U...
おわり



ご清聴ありがとうございました
ご質問・コメント等ありましたらお願いします

興味のある方はFacebook、Twitterでご連絡ください。

東京情報大学 総合情報学科
システム開発コース
河野 義広
Twitter:@yo...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第2回 ふさの国商い倶楽部研修会20140225

324 views
283 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
324
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第2回 ふさの国商い倶楽部研修会20140225

  1. 1. 第2回『ソーシャルメディアを 活用したまちづくり』 2014年2月25日(火) 総合情報学科システム開発コース 助教 河野義広 ふさの国商い倶楽部
  2. 2. 本日の流れ      前回の復習 ふさの国商い倶楽部Facebookページ経過観察 Facebookページ運用上の課題と改善策 運用方針のディスカッション 記事投稿の練習 2 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  3. 3. ソーシャルメディアの特徴  マスメディアの特徴     例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど 新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信 一部のプロのみが情報発信する ソーシャルメディアの特徴     例:ブログ、Twitter、Facebookなど 誰もが参加・発言できる 双方向でのやり取り 情報の拡散(リツイート、いいね!) 一人ひとりが主役、個人が活躍する時代 3 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  4. 4. ソーシャルメディアの具体例 4 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  5. 5. Facebookの基本概念  特徴    ソーシャルグラフ(人間関係)でつながる 個人と結び付くため、原則1アカウント 実名登録制。偽名での登録はアカウント停止の可能性 5 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  6. 6. 「いいね!」ボタン     Webの記事、Webページに付けられるボタン クリックすることで、友達におすすめできる Facebook上の友達のおすすめがわかる Web上に自分の足跡を残すことができる いいね!ボタン 6 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  7. 7. Facebookの魅力  いいね!の力     WebページがLinkだけでなくLikeでつながる 友達が勧めるなら見てみよう 情報の伝播 Facebookから外部コンテンツへ いいね!で世界がつながる  イベント情報の収集&参加表明  これまで知ることのなかったイベントの参加機会   友達のイベント情報を見て、自分が参加することも可能 イベントの作成・集客が容易 7 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  8. 8. 利用スタンスについて(1)  ソーシャルメディアの利用目的  あそび    情報収集    気になる情報の収集、自分の興味を追う 仮名と実名と両方ある ブランディング    チャット感覚、“つぶやき”、~なう、誰か見ててくれるかな 発言数が多い、仮名(ハンドル名)が多い 情報発信・人脈作り、テーマに沿った発言 実名の利用が多い 自分の目的に応じた利用スタンスを考えることが重要 8 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  9. 9. 利用スタンスについて(2)  利用スタンスのバランス  利用目的を組み合わせて考える   人によって複数の目的がある 利用スタンスの様々なタイプ  重視するポイントは人それぞれ 利用スタンス 9 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  10. 10. Facebookの留意点  登録後、まず最初にやること  プライバシー設定   経歴、好きなもの、活動などの登録   ネット上のアイデンティティの形成 友達の承認は慎重に   情報の公開範囲の設定 スパムアカウントによる友達リクエストの流行 アプリにも注意が必要   Badoo、YouLikeなどのスパムアプリの存在 ゲームアプリの利用も慎重に 10 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  11. 11. プライバシー設定  できること     情報の公開範囲の設定 投稿、写真、経歴、生年月日など細かく設定可能 デフォルトの設定のみで、投稿毎に別途指定可能 おすすめの設定  投稿は友達の友達までがオススメ   心配な場合は友達まで 経歴等は全体に公開  知り合いが見つけやすいように 11 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  12. 12. Facebookページ  Facebookページとは?    Facebook上のホームページのようなもの タイムラインでの情報発信、いいね!やコメントでの交流 メリット  閲覧者    アカウントなしでも閲覧可 アカウントがあれば、いいね!コメントで交流可能 運営側    運用コストが低い(サーバ管理、アクセス解析) FBプラットフォームを利用した宣伝・広告 いいね!の数で人気度が分かる 12 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  13. 13. Facebookページの作成  作成方法  Facebookページから「Facebookページを作成」を選択   https://www.facebook.com/pages/create.php 必須項目    カテゴリ(会社名、コミュニティ、個人) ページ名 カバー画像 13 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  14. 14. Facebookページの作成画面 14 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  15. 15. ふさの国商い倶楽部のFBページ 15 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  16. 16. Facebookページの機能紹介  イベント機能    インサイト(統計)    Facebookページの公式イベントとして利用可 イベントの集客・管理が可能 いいね!をしている利用者、記事の閲覧状況が確認可能 30以上のいいね!が集まると利用可 広告機能   有料でFBページやイベントの広告が可能 対象者を絞った告知(居住地、年齢、性別など) 16 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  17. 17. イベント機能 17 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  18. 18. インサイトページ 18 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  19. 19. 振り返り&議論の時間  これまで運用してみて     改善策    Facebookページの更新状況はどうだったか? あまり投稿がなかったのは何故か? そもそもこのページの目的は何だったのか? 課題は何か?どう改善できるか? 時間:20分 休憩:10分 19 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  20. 20. 運用方針のディスカッション  目的  Facebookページの目的とは?     運用方針    卒業生の各地の達人をつなぎ合わせること 各地で動いているタイムリーなまちづくり情報 個別のビジネスの情報発信 どういう使い方が考えられるか? 無理なく使っていけるためには? 時間:20分 20 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  21. 21. ディスカッションまとめ  ソーシャルメディア活用のメリット  メンバーのメリット     外部を巻き込んでコラボ   FBページは公式情報、グループは議論・情報共有 グループを1つ作成し、メンバーの情報共有 MLでもFBページ、グループの紹介・宣伝、当面の運用 県内外でまちづくりに関わっている人達とつながる ビジネスとしての利用価値  ふさの国のメンバーだからこその活用方法     県内全域でざっくばらんに相談 まちづくりの観点で相談できるメンバーがいる(価値観共有) 仲間のつながりを利用したビジネス展開 メンバー以外にも仕掛けていく  外とのつながりを広げていく 21 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  22. 22. 運用方針の参考  花見川どっとcom!FBページ運用方針 22 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  23. 23. 記事の書き方について  この記事の印象はどうでしょうか? 23 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  24. 24. 書き方の見本 文頭にタイトルを書く 意味のまとまり毎に分けて書く 【お知らせ】『第二回ソーシャルメディアでまちづくり講座』 ふさの国商い倶楽部が主催する研究会のお知らせです。今回も東京情 報大学の協力のもと河野先生にアドバイスを頂きながら、ソーシャル メディアをまちづくりに活かす方法や、商い倶楽部メンバーの連携を 強化する方法を探ります。 商い倶楽部メンバー以外のまちづくり仲間も誘って頂いてOKですの で、是非ご参加ください。 できるだけ簡潔に! 日時:2月25日(火)18:30~21:00 会場:東京情報大学千葉ステーションキャンパス 参加費:無料 ※講座終了後は、希望者で懇親会も予定しております。 24 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  25. 25. アドバイス  書き方について    できるだけ簡潔に書く! 意味のまとまり毎に改行や段落分けをする 見せ方について    パッと見で目を引くようにする 記事だけでなく、写真やリンクを付けるとよい 他の記事のシェアもよい方法 25 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  26. 26. 演習の時間  記事投稿の練習  各自、FBページへの投稿記事を書く練習   アドバイスを参考に目を引く文章を書く    適宜、画像やリンクなども使ってみる 文量は100~200文字程度 ライティングスキルの向上を目指して    テーマ:ふさの国商い倶楽部の活動について Webの文章にはコツがある パッと見で分かるように 時間:20分 26 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  27. 27. まとめ  今回の内容    Facebookページ運用の課題 今後の課題に関する議論 今後のテーマ    Facebookページ経過観察 ソーシャルメディアリテラシー パーソナルブランディング 27 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  28. 28. おわり   ご清聴ありがとうございました ご質問・コメント等ありましたらお願いします 興味のある方はFacebook、Twitterでご連絡ください。 東京情報大学 総合情報学科 システム開発コース 河野 義広 Twitter:@yoshi_kawano Facebook:河野 義広 28 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY

×