Your SlideShare is downloading. ×
第7回 情報教育研究フォーラム20131221
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

第7回 情報教育研究フォーラム20131221

177
views

Published on

Published in: Education

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
177
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 『高校生のためのソーシャルメディア 活用と情報リテラシー』 2013年12月21日(土) 東京情報大学 総合情報学科 システム開発コース 助教 河野義広 第7回 情報教育研究フォーラム
  • 2. 自己紹介    名前:河野 義広(かわの よしひろ) 所属:システム開発コース 助教 専門:情報工学、社会情報学   社会的課題をシステムで解決する! 研究テーマ:ソーシャルメディアの社会的影響  ソーシャルメディア活用&パーソナルブランディング      ソーシャルメディアを「いかに人生に活かすか!」がテーマ 各ソーシャルメディアを自ら使い込んで実践研究 学生のキャリアデザイン支援、教育現場における情報教育 個人ブログ:「穏やかに楽しく生きる」研究者のブログ ITmediaでのブログ連載:アカデミックが見た社会 2 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 3. 個人ブログの紹介 3 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 4. ITmediaでのブログ連載 4 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 5. 本日のテーマ  ソーシャルメディア活用と情報リテラシー    ソーシャルメディア活用は社会的課題解決の必須スキル 情報リテラシー教育は極めて重要な教育課題 学生の主体的行動の促進が目的   ソーシャルメディアは自己を顧みるきっかけとなるツール 情報収集や情報発信だけでなく、内省支援にも活用可能   ※内省:自分自身を振り返ることで、『気付き』を得る 『自分で未来を設計し、人生を切り拓く力』の醸成 5 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 6. ソーシャルメディアの特徴  マスメディアの特徴     例:新聞、テレビ、雑誌、ラジオなど 新聞社、放送局などから大衆に向けた一方的な情報発信 一部のプロのみが情報発信する ソーシャルメディアの特徴     例:ブログ、Twitter、Facebookなど 誰もが参加・発言できる 双方向でのやり取り 情報の拡散(リツイート、いいね!) 一人ひとりが主役、個人が活躍する時代 6 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 7. ソーシャルメディアの具体例 7 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 8. ソーシャルメディア活用と情報リテラシー  社会的背景  ソーシャルメディアの急速な普及    社会的課題解決の必須スキル  世の中にあるほとんどの課題は、一人では解決できない    Twitter、Facebook、LinkedInなど 様々な情報(人々の考え方、価値観)の流通や人脈形成 それぞれの人の考え方や価値観が異なるため ソーシャルメディア活用は社会的課題解決の必須スキル 情報リテラシーの重要性  時間的・空間的な制約を受けず情報交換できるツール  8 “情報”の扱い方に関する適切な知識=『情報リテラシー』 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 9. 今後求められる人材  要求される3つの能力  高い専門性  自分の核となる専門性を有している   例)エンジニア:自分で一からサービスを作り上げるスキル ソーシャルである  これからの人々が解決していくのは社会的課題  例)コードが書けるだけでなく、社会性のあるエンジニア 世界中の人と協働・共創しながら社会的課題を解決していく ⇒ソーシャルメディアを使いこなすスキルは課題解決に必須   強みを活かすこと  自分の強みを発信し、自分のことを知ってもらう  パーソナルブランディング 9 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 10. 東京情報大学の新たな教育  東京情報大学  千葉市に本拠を置く情報系の私立大学    経営母体は東京農業大学(1988年設置) 2013年 1学部1学科12コース制に改組(総合情報学科の設置) 12コース制の特徴  3年次からのコース配属   “情報学”+コース別の専門性=ダブルエキスパート プロジェクト研究  コース間で連携するプロジェクトベースの研究活動 10 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 11. 現在の取り組み  情報リテラシー教育  高大連携授業   教員免許状更新講習   ソーシャルメディアとクラウドサービスの活用 花見川どっとcom!   中高生に対するソーシャルメディアリテラシー教育 情報リテラシーⅡ(本学1年次必修科目)   ソーシャルメディアリテラシー、パーソナルブランディング 花見川区の魅力発信プロジェクト、犢橋高校との連携 活動はシステム開発コースFBページで随時発信中!  https://www.facebook.com/tuis.system 11 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 12. システム開発コースFBページ 12 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 13. 情報大12コースFacebookページ 13 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 14. コース別Facebookページ  背景    平成25年度の改組で1学部1学科12コース制 コース別Facebookページを運用し広報活動 目的  情報大の魅力を広くPR    所属教員からのメッセージ、研究紹介 学生の生き生きしている様子を伝える 学内外での円滑な情報交換   プロジェクト研究、コラボレーション 教員の想いを学生に伝える ⇒地域に開かれた大学にしたい! 14 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 15. ソーシャルメディアリテラシーとは  ソーシャルメディアをうまく活用できる能力     トラブルに適切に対応できること 情報の公開範囲を管理できること 他者と適切にコミュニケーションが取れること ソーシャルメディアを使った人付き合い  基本は普段のコミュニケーションと一緒    単にいろんな人が見ているだけ(インターネット上で) ツールは単なる手段であり、本質は道徳と通じる 相手のことを考えて発言する   相手が言って欲しくないこと、相手を傷付ける発言はしない 当たり前のことができれば、特に恐れることはない 15 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 16. 透明性の時代へ  個人の発言がネットを通じて容易に拡散  意図せず個人の情報が露出してしまう可能性 →例え自分が気を付けていても、他者によって自分の情報が 勝手に発信されてしまう可能性がある →好むと好まざるとに関わらず、常にソーシャルな世界にいる  個人・企業による悪事は隠し通せない →以前は発言の統制、口封じが可能 →ソーシャルメディア上の発言はコントロールできない →個人・企業ともに真摯な対応、誠実さが求められる 透明性の時代 16 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 17. 情報発信のまとめ  まとめ  ソーシャルメディアを使った人付き合いは現実と同じ   相手のことを考えて発言する     インターネット上に公開されている意識を持つ 相手が言って欲しくないこともある 友達ポリシーは実際の人間関係と合わせて考える 透明性の時代には真摯な対応が求められる 実際に使ってみないと分からない部分も多いので、 実際に使って発言していくことが重要 17 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 18. 高大連携授業  概要    ソーシャルメディア活用によるパーソナルブランディング のススメ 日程:2013年7月31日(水) 講義内容    ソーシャルメディアリテラシー パーソナルブランディング 資料  http://www.slideshare.net/YoshihiroKawano/social-mediapersonalbranding201308081 18 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 19. 教員免許状更新講習  概要    ソーシャルメディア活用術とパーソナルブランディング 日程:2013年8月8日(木) 講義内容    中高生のためのソーシャルメディアリテラシー パーソナルブランディング 資料  http://www.slideshare.net/YoshihiroKawano/social-mediapersonalbranding201307311 19 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 20. 情報リテラシーⅡの授業概要  概要   総合情報学科 1年次必修科目 ソーシャルメディアとクラウドサービスの活用   学生一人ひとりが自らの目的に応じた使い方を考えられること 主要トピック  ソーシャルメディア     各種ソーシャルメディアの特徴と機能 モラルやマナー、セキュリティ意識などのリテラシー パーソナルブランディングとキャリアデザイン クラウドサービス   各種クラウドサービスの現状、活用方法 ブログ作成演習 20 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 21. ワークショップを活用したリテラシー教材作成 ITmedia マーケター通信|アカデミックが見た社会より http://blog.marketing.itmedia.co.jp/yoshi_kawano/entry/404.html 21 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 22. 花見川どっとcom!  目的   若者視点での新たな花見川区の魅力の再発見・情報発信 活動  学生主体による区の魅力発信プロジェクトチームの編成   区内の高校生対象のソーシャルメディアリテラシー教育   学生グループによる区内資源の発信(自然、文化、商業、施設等) 高校生から情報収集 現状  花見川どっとcom!のFacebookページ運用開始  https://www.facebook.com/hanamigawacom 22 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 23. 花見川どっとcom!FBページ 23 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 24. ソーシャルメディアの贈り物 ソーシャルメディアでつながった出会い 24 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 25. 考えたことはありますか?  皆さんの『自分ブランド』は何でしょうか?  そもそもブランドって?   あなたの強みは何ですか?   他と差別化するための概念、他人が抱くイメージ・評判 地元の地理に詳しい、協力してくれる仲間がいる、など 『自分ブランド』構築のメリットは何でしょうか? 自分のことを知ってもらう⇒人脈が広がるきっかけ  自分のなすべきことを判断できる⇒行動の指針 ⇒パーソナルブランディング   是非、『自分ブランド』を考えてみてください! 25 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 26. パーソナルブランディング  ソーシャルメディアの時代は個人が活躍する時代  パーソナルブランディングで強みを活かす    内面のブランディング=なりたい自分を決め、強みを明確にする 外面のブランディング=自分のことを発信し、強みを知ってもらう 研究としての取り組み  ソーシャルメディアリテラシーの教育   情報発信や人脈作りに活用するための知識・考え方の修得 パーソナルブランディングによる自己実現支援   ソーシャルメディア上での積極的な情報発信と人脈形成 『自分で未来を設計し、人生を切り拓く力』の醸成 26 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 27. キャリアデザインとの関連  キャリアデザインについて     自分が何をしたいか、どう生きたいか キャリアは一生モノ(就職して終わりではない) 結果が出るまで時間が掛かるので早い段階から取り組む ソーシャルメディアは単なるきっかけ  実際の交流が一番大切!   勉強会、イベントに積極的に参加する(人脈、見識を広げる) 実際の活動があって初めて意味を持つ   勉強での気付き、ボランティア活動、インターンなど ソーシャルメディアは活動をアピールする場 27 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 28. 出会いを通じて感じたこと  自分にとって「よい人脈がやってくる」ことがある    「実践する」ことが大切    情報発信を続けることで誰かに気付いてもらえる 特にTwitterは思いがけない人と知り合うきっかけ ソーシャルメディアは実際に使ってみないと分からない 「自分の事」として実感が伴わないと理解できない 何よりも「継続」が大切   無理なく使っていけることが大切 そのためのモチベーション(使う動機)が重要 28 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 29. メンターの重要性  皆さんにとってメンターはいますか?    自己実現のための気付きを与える ロールモデルとなる人物 人生哲学を伝える    何か活動していく際はメンターの存在が重要   マインドセット、問題意識、価値観、ライフスタイルの共有 例:両親、先生、社会人の友達、歴史上の人物や本でもOK 困ったときの助けになる メンターを探してみましょう  ソーシャルメディアを活用しメンターを探す! 29 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 30. 自己実現支援サービスの開発  自己実現支援サービス“Mentors”  誰しもメンターとメンティー双方の側面を持っている   他者との切磋琢磨による自己実現 概要  人生設計における自己分析の3つの要素  バリュー:人生に対し最も価値を感じること   ミッション:本当に成し遂げたいと願う目標   例:人の役に立つ、人生を楽しむ 例:天職を見付ける、切磋琢磨できる仲間と出会う ストラテジー:バリュー、ミッションを実現するTODOリスト  例: IT系資格を取得する、多くの勉強会に参加する 30 ※参考:坪田一男著『理系のための人生設計ガイド』 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 31. 自己実現のための主体的行動サイクル  主体的行動サイクル    内省:自分の保有するスキルや人脈を確認する 目標設定:成し遂げたいことを決める 行動:主体的にアクションする! 内省 バリューの確認 行動 ストラテジーの実行 目標設定 ミッションの設定 31 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 32. Mentorsの実行画面 バリュー:穏やかに楽しく生きる ミッション1:学生指導 ミッション2:研究成果 32 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 33. まとめ  ソーシャルメディア活用と情報リテラシー教育     ソーシャルメディア活用は社会的課題解決の必須スキル 情報収集や情報発信だけでなく、内省支援にも活用可能 主体的行動促進のきっかけ 今後の課題   学生の主体性を醸成するための教育手法の構築 情報リテラシー教育の充実と評価 33 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 34. 参考書籍(1)  ワーク・シフト 孤独と貧困から自由になる働き方 の未来図〈2025〉  著者:リンダ・グラットン  2012年7月出版  働き方を変える! 〈3つのシフト〉    ゼネラリスト→連続スペシャリスト 孤独な競争→みんなでイノベーション 金儲けと消費→価値ある経験 34 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 35. 参考書籍(2)  ソーシャルシフト これからの企業にとって一番大切なこと  著者:斉藤徹  2011年11月出版  ソーシャルシフトへのステップ  透明性の時代に大切なこと 35 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 36. 参考書籍(3)  BEソーシャル! 社員と顧客に愛される5つのシフト  著者:斉藤徹  2012年11月出版  DOソーシャルからBEソーシャル   人々に愛され100年続く企業へ 透明さ・誠実さを維持する企業の 価値がより高まる時代 36 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY
  • 37. おわり   ご清聴ありがとうございました ご質問・コメント等ありましたらお願いします ご興味のある方はご連絡ください 東京情報大学 総合情報学科 システム開発コース 河野 義広 Twitter:@yoshi_kawano Facebook:河野 義広 37 TOKYO UNIVERSITY OF ITOKYO JOHO USCIENCES NFORMATION NIVERSITY