HOTATE (Developers Summit 2012)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

HOTATE (Developers Summit 2012)

on

  • 256 views

 

Statistics

Views

Total Views
256
Views on SlideShare
256
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
0
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

HOTATE (Developers Summit 2012) HOTATE (Developers Summit 2012) Presentation Transcript

  • Developers Summit 2012 原島 法子 株式会社インターネットイニシア ティブ 事業基盤システム部 業務システム課 岩永 義弘 株式会社インターネットイニシア ティブ プロダクト本部 アプリケーション開 B-3 社内ソーシャルメディア開発 トライ&エラー ~俺たちの#4tate~
  • Developers Summit 2012 質問 システムを作れば 会社は変わるの?
  • Developers Summit 2012 システム で は会社は変わらな い。
  • Developers Summit 2012 システムを 通して 会社を変えたい
  • Developers Summit 2012 このお話は  エンジニアが、 ここまで 頑張ってみ た
  • Developers Summit 2012 提供
  • Developers Summit 2012 プロローグ IIJのコミュニケーション課題
  • Developers Summit 2012 人が増えた 0 200 400 600 800 1,000 1,200 1,400 Mar-09 Mar-10 Mar-11 従業員数 2倍
  • Developers Summit 2012 用語や習慣が違う 你好 你是從哪里來的 n passe-temps, c'est le tennis. serais content de pouvoir jouer au tennis avec elqu'un qui a le même passe-temps que moi. Меня зовут Моё имя Пе
  • Developers Summit 2012 使っているツールや文化が違う
  • Developers Summit 2012 つまり問題は・・・
  • Developers Summit 2012 ただし来年3月末までね
  • Developers Summit 2012 2012年3月31日まであと 2011年1月14日 約450日
  • Developers Summit 2012 (上司) 「・・・マジか」 実際の社内資料
  • Developers Summit 2012 プロジェクトが目指すゴール  組織を横断して  スタッフがコラボレーション できる、  社内コミュニケーション基 盤で  イノベーションを起こす
  • Developers Summit 2012 コミュニケーションの システムは流行らない  今までも、社内ではSNSを導入しようと いう前向きな活動はあった。  でも、どうしても一部の人にしか知られ ずに、消えてしまう・・・。
  • Developers Summit 2012 理由は2種類ある 不便 使い方が わからない いつ無くなるか わからない どうせ誰も 使わないでしょ 会ったことも ない人とやりとり するのはなぁ 面倒
  • Developers Summit 2012 システムだけでは解決できない  でも、エンジニアとして システムを提供し て 問題を解決するの が
  • Developers Summit 2012 使う動機にな る実例、実績 も提供しよ う。
  • Developers Summit 2012 プロジェクトが目指すゴール  組織を横断して  スタッフがコラボレーション できる、  社内コミュニケーション基 盤で  イノベーションを起こす
  • Developers Summit 2012 コラボして イノベーション を起こせ! 自分たちがやってみる
  • Developers Summit 2012 メンバー紹介
  • Developers Summit 2012 原島 法子(@noriko_iwai)  事業基盤システム部所属  バリバリの文系  JavaとかC#とか大好き  モットーは広く浅く前向きに☆ #おさけのむとひとがかわるよ
  • Developers Summit 2012 岩永 義弘 主な武器 C++ R Perl JavaScript 趣味 2.2kg steak ・ 代々木公園でジョギング ・ 初任給でワインセラー購入 ・ 統計分析を勉強中 yoshi.iwanaga アプリケーション開発部の戦闘員。 @quake_alert を作りました。
  • Developers Summit 2012 上司2人
  • Developers Summit 2012 どうして私たちなの?  他の開発部署とあまり交流がない。  他の開発部署の文化を知らない。  社内に人脈がない。  ずば抜けた技術はない。 もっとできる人たちが いるんじゃない?
  • Developers Summit 2012 一般的な社員として 1. コミュニケーションの課題を体感す る。 2. プロジェクト内で課題を解決させる。 3. 起きた問題と解決方法をアウトプット する。 4. 想定しているユーザにも意味のある解 決方法になる。
  • Developers Summit 2012 やるからには効率よく!  何かしらの確立した手法を使う。
  • Developers Summit 2012 利用した手法
  • Developers Summit 2012 議論する 2011年5月~2011年9月 アジャイル UX 残り330日
  • Developers Summit 2012 議論しながら仕様を詰めたいけ ど  メンバーの時間が合わない。  皆の意識がそろっていない。  ベースになる背景が違う。 時間が 足りない
  • Developers Summit 2012 ファシリテーションの定義  中立な立場で  チームのプロセスを管理し  チームワークを引き出し  そのチームの成果が最大となるように支 援する おすすめ
  • Developers Summit 2012 各工程でファシリテーション 1. 課題を共有する 2. 課題を分類する 3. イメージを元に機能を抽出する 4. 機能の優先度をつける
  • Developers Summit 2012 1.課題を共有する 付箋を使って、各々に課題を 書いてもらい、共有した。 2011年5月26日 1時間
  • Developers Summit 2012 2.課題を分類する 皆で立って話しなが ら、 付箋を分類する。 2011年5月26日 1時間
  • Developers Summit 2012  課題を解決するシステムの イメージを描いて きてもらう。  イメージの中から、機能を抽出する。 3.イメージを元に機能を抽出 する 2011年6月17日 2時間
  • Developers Summit 2012 4.機能の優先度をつける ここから 手をつける 2011年6月23日 2時間
  • Developers Summit 2012 結構あっさり決まったね ・・・。
  • Developers Summit 2012 これが システムになると 良いんじゃね!?
  • Developers Summit 2012 当時の完成イメージ図
  • Developers Summit 2012 開発する 2011年10月~2012年1月 ファシリテーション UX 残り180日
  • Developers Summit 2012 問題発生!  開発チームは2人  経験がまるで違う。  お互いのスキルは未知数。 先が 読めない
  • Developers Summit 2012 アジャイルの定義  プロセスやツールより人と人同士の相互 作用を重視する。  包括的なドキュメントより動作するソフ トウェアを重視する。  契約上の交渉よりも顧客との協調を重視 する。  計画に従うことよりも変化に対応するこ とを重視する。 「アジャイルソフトウェア開発宣言」よ おすすめ
  • Developers Summit 2012 やってみた お試し期間 メンバー :4人(内開発2人) 期間 :3週間(内38時間)
  • Developers Summit 2012 役割分担して開発 目的は、2人それぞれが何かの エキスパートになって あとでお互い教え合うこと!
  • Developers Summit 2012 1週目のレビュー ◆見せた成果物 ・チャット機能 ・文字列出力 ・付箋UI ・付箋追加・移動 ・サイズ変更・文字入力 付箋 付箋
  • Developers Summit 2012 2週目のレビュー ◆見せた成果物 ・チャット機能 ・登録・読込ができる(MySQL使用) ・クライアントとサーバとの連携 ・付箋UI ・編集・削除 付箋
  • Developers Summit 2012 3週目のレビュー ◆見せた成果物 ・チャット機能 ・MySQL→MongoDB ・付箋UI ・付箋の変更を伝播 付箋
  • Developers Summit 2012 実績を元に見積もり
  • Developers Summit 2012 振り返り(Keep) 見えるモノがあったおかげ で すんなり進んだ。 役割分担で、うまく回せた。 フィードバックがモチ ベーションアップにつながった。
  • Developers Summit 2012 振り返り(Problem)  同じ場所で作業しないと不便。  連絡がないと無駄が発生 しやすい。
  • Developers Summit 2012 本格的にやってみた 実装開始から 実装完了まで メンバー :4人(内開発2人) 期間 :3ヶ月
  • Developers Summit 2012 振り返りからのTry その1  細切れ時間で一緒に作業する!
  • Developers Summit 2012 振り返りからのTry その2  とにかく連絡する!
  • Developers Summit 2012 振り返りからのTry その3  やることとやらないことを、きっちり分 ける。  やることはやる! テストコード コーディング規約 朝ミーティング 振り返り 連絡・相談 スコープ外作業 無理な時間合わせ 手段にこだわる 資料作成に時間をかける 不確定な約束
  • Developers Summit 2012 3ヶ月後、必須機能が実装完了 ここで一旦 一部に公開することに 2012年1月25日
  • Developers Summit 2012 プロジェクトが目指すゴール  組織を横断して  スタッフがコラボレーション できる、  社内コミュニケーション基 盤で  イノベーションを起こす
  • Developers Summit 2012 開発チーム2人でやるのは お勧めしない ・・・正直しんどかった
  • Developers Summit 2012 バトンタッ チ
  • Developers Summit 2012 ようやく完成! まずは、顔見知りに使ってもら う。 * + 巛 ヽ 〒 ! + 。 + 。 + 。 | | * + / / イヤッッホォォォオオォオウ! ∧_∧ / / (´∀` / / + 。 + 。 * ,- f / ュヘ | * + 。 + 。 + 〈_} ) | / ! + 。 + + * ./ ,ヘ | ガタン ||| j / | | ||| ――――――――――――
  • Developers Summit 2012 約50人でαテスト 手応えのある滑り出し! うはw なんか面白いwww WebSocket ktkr 時報うぜ ウェブアプリか これで次の飲み会の場所でも決めよう 今度の勉強会 /hidden
  • Developers Summit 2012 2週間後 アクティブユーザ 人
  • Developers Summit 2012 いいとも だったら… 大歓声♪
  • Developers Summit 2012 ___ / \ /ノ \ u. \ !? / (●) (●) \ | (__人__) u. | \ u.` ⌒´ / ノ \ /´ ヽ ____ / \!?? / u ノ \ / u (●) \ | (__人__)| \ u .` ⌒/ ノ \ /´ ヽ
  • Developers Summit 2012 利用者のフィードバック  「絵を描けたらいいな」  「付箋同士を線で繋げたい」  「アニメーションで再生できるといい ね」  「バックは黒が好み」  「付箋の自動整列」  「i18n対応に!」
  • Developers Summit 2012 フィードバックを取り入れてい けば ユーザは増える? NO!!
  • Developers Summit 2012 どうしてこうなっ た?  馴染みの無いコンセプト  ぱっと見で使い方、魅力が理解されない  機能の見せ方  あったら便利だが、邪魔。  せっかく作ったのに、使われない ___ / || ̄ ̄|| ∧_∧ |.....||__|| ( ) | ̄ ̄\三⊂/ ̄ ̄ ̄/ | | ( ./ /
  • Developers Summit 2012 ユーザ エクスペリエンス 一言でまとめると、 の視点が欠けている。
  • Developers Summit 2012 上司 UXのプロを探しなよ。 予算ならなんとかするから! ※ 社内にUXのプロがいないのです。
  • Developers Summit 2012 プロの力を借りて、UX強化 ファシリテーション アジャイル 2012年 3月〜6月
  • Developers Summit 2012 UX強化の道のり 1. いつ、どのように使われるのか知る 2. プロトタイプテスト 3. 実システムでテスト デザイン修正 デザイン微修正、実装
  • Developers Summit 2012 1. いつ、どのように使われるか  質問内容 1. コミュニケーションの手段と内容、人数は?  企画立案、開発、運用  IRC、ML、Wiki 2. そのコミュニケーションがどうなったら嬉し い?  たくさんの人から反応がある  アドバイスがもらえたとき
  • Developers Summit 2012 Step. 1 の後のUIデザイン トップ画面 before Step.1 後
  • Developers Summit 2012 この時のUIデザイン ディスカッションスペース
  • Developers Summit 2012 2. ペーパープロトタイプテスト
  • Developers Summit 2012 プロトタイプテスト後のUIデザ イン トップ画面
  • Developers Summit 2012 次は、実システムでのテスト 画面デザイン決定! 実装完了!
  • Developers Summit 2012 3. 実システムでテスト 今回は、リアルな操作デバイスで。 • ショートカットキー • delete キー、esc キー • 右クリック 操作デバイスの違いをここで吸収
  • Developers Summit 2012 更に修正を加え、 UXのブラッシュアップも完了。 その出来映えは...!!
  • Developers Summit 2012
  • Developers Summit 2012 効果てきめん! 開発項目の決定 プロジェクトの課題整理 50人中 1人 → 30人 タスク管理
  • Developers Summit 2012 SPECIAL THANKS AQ株式会社
  • Developers Summit 2012 開発完了 今月初旬
  • Developers Summit 2012 この開発の旅で得たもの  システムを「面白い!!」と言ってもらえた  同じ志を持つ仲間に出会えた!  ファシリテーション、アジャイル開発、 への挑戦が、実績として注目された!
  • Developers Summit 2012 おれたちの #4tate システムを通して 会社を変えられる か!?
  • Developers Summit 2012 答え 変えられる!! ・・・といいな
  • Developers Summit 2012 最後に and one more thing… ∧∧ ヽ(・ω・)/ \(.\ ノ 、ハ,,、  ̄  ̄ ズコー
  • Developers Summit 2012 エンジニア絶賛募集中! 是非 IIJ へ! 詳しくは、お手元の資料を! 変わった人と言われるアナタ! 新しいことに挑戦するのが好きなアナタ! UXのプロとか! 中途採用説明会: 8/25(土)
  • Developers Summit 2012 ご清聴ありがとうございました アンケートにご協力ください