AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays

7,661 views
8,319 views

Published on

Published in: Technology

AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays

  1. 1. AWSクラウドデザインパターン から始めよう 2014.3.15 吉田 真吾 JAWS DAYS 2014 SAMURAIハンズオン
  2. 2. 自己紹介 吉田 真吾(よしだ しんご) エバンジェリスト、ソリューションアーキテクト AWSサムライ2014(Japan AWS UserGroup) AWS Certified SA, SysOps ‒ Associate バックグラウンド 通信キャリア:基地局制御、GISサービス 開発 SIer:証券システム基盤 開発 • DBA、スペシャリストとしてDBチューニングや新規システム構築を推進
  3. 3. AWSクラウドデザインパターンとは AWSクラウドを使ったシステムアー キテクチャ設計を行う際に発生す る、典型的な問題とそれに対する 解決策・設計方法を、分かりやす く分類して、ノウハウとして利用 できるように整理したものである。
  4. 4. AWSクラウドデザインパターンとは
  5. 5. 今日やること AWSアカウントの作成 Direct Hosting パターン Scale Out パターン with Auto Scaling
  6. 6. AWSアカウントの作成
  7. 7. Direct Hosting パターン フルマネージドなオブジェクトストレージ 「Amazon S3」を利用して静的なファイル をWeb配信する PVの増減に合わせたサーバー台数の拡張・ 縮退を考慮する必要がない S3は SLA:99.9% 可用性:99.99% 耐障害性:99.999999999%
  8. 8. Direct Hosting パターン
  9. 9. Create Bucket をクリック S3 Manegement Console
  10. 10. 独自ドメインのFQDN Tokyo
  11. 11. ・Zone APEX ドメイン ・www付きFQDN
  12. 12. Zone APEX ドメインのバケット →Permission→Add Bucket Policy
  13. 13. { "Version": "2008-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadForGetBucketObjects", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": "*" }, "Action": "s3:GetObject", "Resource": "arn:aws:s3:::awsultraquiz.com/*" } ] } バケット名
  14. 14. Static Website Hosting →Enable Website Hosting →Indexと404のファイル名
  15. 15. Zone APEX ドメインのバケッ ト→Upload→Add File →Indexファイル
  16. 16. Static Website Hosting →Endpoint →アクセスしてみる
  17. 17. 表示されましたか?
  18. 18. www付きのバケット →Static Website Hosting →Redirect∼(Zone APEXのバケット)
  19. 19. Create Hosted Zone Route 53 Manegement Console
  20. 20. ドメイン名
  21. 21. ドメイン名 →Go to Record Set
  22. 22. Create Record Set → Aレコード →Alias[Yes] →S3のバケット[Zone APEX]
  23. 23. Create Record Set → CNAME→Alias[No] →Value[S3のバケット(Zone APEX)のEndpoint]  ※http:// はつけない
  24. 24. NSレコード →ネームサーバーが4つ払い出されている
  25. 25. レジストラにネームサーバーを設定する
  26. 26. Scale Out パターン 同じようなスペックのサーバーを複数台 並べ、高トラフィックのリクエスト(高 ワークロード)を処理するアプローチ ロードバランサ―サービス「ELB」、モ ニタリングツール「CloudWatch」、そ して自動でスケールアウトする「Auto Scaling」の三つのサービスを組み合わ せることで、負荷に応じて自動でスケー ルアウトするシステムを容易に構築する こともできる。
  27. 27. Scale Out パターン
  28. 28. Stack Deployment パターン サーバー群の立ち上げに関するテ ンプレートを用意し、それに従い 一気に自動で起動する方法を利用 する。構築したい環境で必要なク ラウドコンポーネントをテンプレー トに記載しておき、そのテンプレー トに従い環境構築を行うことで、 複雑なシステムをミスなく容易に 準備することが可能となる。   つ い で に  
  29. 29. Stack Deployment パターン   つ い で に  
  30. 30. Stack Deployment パターン http://aws.amazon.com/jp/ cloudformation/aws- cloudformation-templates/ auto_scaling_with_instance_profile.template
  31. 31. その他のCDP Multi-Server パターン この後、石田さんの SAMURAI ハン ズオンで!
  32. 32. http://www.cloudpack.jp/ suuport@cloudpack.jp @cloudpack_jp

×