• Save
AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays

on

  • 3,132 views

 

Statistics

Views

Total Views
3,132
Views on SlideShare
523
Embed Views
2,609

Actions

Likes
4
Downloads
0
Comments
0

11 Embeds 2,609

http://yoshidashingo.hatenablog.com 1589
http://blog.cloudpack.jp 583
http://dots.nt-dev.info 374
http://ec2-54-199-217-150.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com 19
http://ec2-54-238-223-241.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com 19
http://feedly.com 18
https://reader.aol.com 2
http://news.google.com 2
http://digg.com 1
http://ec2-54-178-143-98.ap-northeast-1.compute.amazonaws.com 1
http://webcache.googleusercontent.com 1
More...

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays AWSサムライハンズオン CDPから始めよう #jawsdays Presentation Transcript

  • AWSクラウドデザインパターン から始めよう 2014.3.15 吉田 真吾 JAWS DAYS 2014 SAMURAIハンズオン
  • 自己紹介 吉田 真吾(よしだ しんご) エバンジェリスト、ソリューションアーキテクト AWSサムライ2014(Japan AWS UserGroup) AWS Certified SA, SysOps ‒ Associate バックグラウンド 通信キャリア:基地局制御、GISサービス 開発 SIer:証券システム基盤 開発 • DBA、スペシャリストとしてDBチューニングや新規システム構築を推進
  • AWSクラウドデザインパターンとは AWSクラウドを使ったシステムアー キテクチャ設計を行う際に発生す る、典型的な問題とそれに対する 解決策・設計方法を、分かりやす く分類して、ノウハウとして利用 できるように整理したものである。
  • AWSクラウドデザインパターンとは
  • 今日やること AWSアカウントの作成 Direct Hosting パターン Scale Out パターン with Auto Scaling
  • AWSアカウントの作成
  • Direct Hosting パターン フルマネージドなオブジェクトストレージ 「Amazon S3」を利用して静的なファイル をWeb配信する PVの増減に合わせたサーバー台数の拡張・ 縮退を考慮する必要がない S3は SLA:99.9% 可用性:99.99% 耐障害性:99.999999999%
  • Direct Hosting パターン
  • Create Bucket をクリック S3 Manegement Console
  • 独自ドメインのFQDN Tokyo
  • ・Zone APEX ドメイン ・www付きFQDN
  • Zone APEX ドメインのバケット →Permission→Add Bucket Policy
  • { "Version": "2008-10-17", "Statement": [ { "Sid": "PublicReadForGetBucketObjects", "Effect": "Allow", "Principal": { "AWS": "*" }, "Action": "s3:GetObject", "Resource": "arn:aws:s3:::awsultraquiz.com/*" } ] } バケット名
  • Static Website Hosting →Enable Website Hosting →Indexと404のファイル名
  • Zone APEX ドメインのバケッ ト→Upload→Add File →Indexファイル
  • Static Website Hosting →Endpoint →アクセスしてみる
  • 表示されましたか?
  • www付きのバケット →Static Website Hosting →Redirect∼(Zone APEXのバケット)
  • Create Hosted Zone Route 53 Manegement Console
  • ドメイン名
  • ドメイン名 →Go to Record Set
  • Create Record Set → Aレコード →Alias[Yes] →S3のバケット[Zone APEX]
  • Create Record Set → CNAME→Alias[No] →Value[S3のバケット(Zone APEX)のEndpoint]  ※http:// はつけない
  • NSレコード →ネームサーバーが4つ払い出されている
  • レジストラにネームサーバーを設定する
  • Scale Out パターン 同じようなスペックのサーバーを複数台 並べ、高トラフィックのリクエスト(高 ワークロード)を処理するアプローチ ロードバランサ―サービス「ELB」、モ ニタリングツール「CloudWatch」、そ して自動でスケールアウトする「Auto Scaling」の三つのサービスを組み合わ せることで、負荷に応じて自動でスケー ルアウトするシステムを容易に構築する こともできる。
  • Scale Out パターン
  • Stack Deployment パターン サーバー群の立ち上げに関するテ ンプレートを用意し、それに従い 一気に自動で起動する方法を利用 する。構築したい環境で必要なク ラウドコンポーネントをテンプレー トに記載しておき、そのテンプレー トに従い環境構築を行うことで、 複雑なシステムをミスなく容易に 準備することが可能となる。   つ い で に  
  • Stack Deployment パターン   つ い で に  
  • Stack Deployment パターン http://aws.amazon.com/jp/ cloudformation/aws- cloudformation-templates/ auto_scaling_with_instance_profile.template
  • その他のCDP Multi-Server パターン この後、石田さんの SAMURAI ハン ズオンで!
  • http://www.cloudpack.jp/ suuport@cloudpack.jp @cloudpack_jp