自己組織化
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

自己組織化

on

  • 1,044 views

スクラムの鍵であるチームの自己組織化の基礎

スクラムの鍵であるチームの自己組織化の基礎

Statistics

Views

Total Views
1,044
Views on SlideShare
823
Embed Views
221

Actions

Likes
3
Downloads
2
Comments
0

6 Embeds 221

http://yokomark.net 134
http://yokomark.blogspot.jp 81
http://yokomark.blogspot.com 2
http://192.168.11.100 2
http://yokomark.blogspot.sg 1
http://yokomark.ddo.jp 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Apple Keynote

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n
  • \n

自己組織化 自己組織化 Presentation Transcript

  • 俺たちの嫁だろ早く何とかしよう Keishin Yokomaku
  • he me ay ’s TTod SCRUMのプロセスを より良く回すには http://www.flickr.com/photos/jazza2/3797614608/
  • SCRUMhttp://www.flickr.com/photos/john_scone/493915787/
  • Framework PO m m Tea Tea プロダクト スプリント バーンダウン バックログ バックログ チャート 生成物 Scrum 会議 役割 PO m SM Tea プロダクト スクラム チーム オーナー マスター m PO m PO m m PO Tea Tea Tea Tea  PBL  スプリント計画 デイリー スプリント リファインメント #1・#2 スクラム レビュー・振返り SM SM SM SM
  • Product Owner http://www.flickr.com/photos/cogloglab/6216048568/
  • •プロダクトバックログの責任者たち• プロダクトバックログ • 「(人)にとって(機能)は(価値)だから重要だ。」を沢山集めたやつ• 優先順位を決める • チームとの対話の上で、最終的に優先順位を決める人• リリースしていいかどうか決める • スプリントが終わったときに、チームの出した成果が「完了」しているか見る• えらい人と折り合いを付ける Product Owner • プロダクトについて、お客様やビジネスといった視点でも考える人 http://www.flickr.com/photos/cogloglab/6216048568/
  • http://www.flickr.com/photos/ribbitvoice/2339357306/ Team
  • •プロダクトとプロセスの責任者たち • スプリントバックログ • 見積り可能、単体でリリース可能な単位でプロダクトバックログを分解したもの • 成果物を出す • 優先順位に則り、「完了」の定義を満たす成果物を出す • 特定の役割のみを担うことがない • 全員がプロダクトについて責任を持つ • オールラウンダーである必要はない。助け合いこそが本質 Team • やり方も自分たちで決める • プロセスの管理すらも自分たちで決めて自分たちでやるhttp://www.flickr.com/photos/ribbitvoice/2339357306/
  • Scrum Master http://www.flickr.com/photos/nikopol_to/5997010832/
  • •スクラムのプロセスを軌道に乗せる人たち• ファシリテーション • 対話と合意のプロセスをスムーズに進められるようにする• チームが直面するであろう障害を取り払う • チームのプロセスが健全であることを守る • 外部干渉からチームを守る Scrum Master http://www.flickr.com/photos/nikopol_to/5997010832/
  • Framework PO m m Tea Tea プロダクト スプリント バーンダウン バックログ バックログ チャート 生成物 Scrum 会議 役割 PO m SM Tea プロダクト スクラム チーム オーナー マスター m PO m PO m m PO Tea Tea Tea Tea  PBL  スプリント計画 デイリー スプリント リファインメント #1・#2 スクラム レビュー・振返り SM SM SM SM
  • ムFramework チ ー PO m m Tea Tea プロダクト スプリント バーンダウン バックログ バックログ チャート 生成物 Scrum 会議 役割 要 PO m SM Tea プロダクト スクラム チーム オーナー マスター m PO m PO m m PO Tea Tea Tea Tea  PBL  スプリント計画 デイリー スプリント リファインメント #1・#2 スクラム レビュー・振返り SM SM SM SM
  • 全ては移ろい行く 怠りなく精進せよ出典:マハ−パリニルヴァ−ナス−トラ
  • Self-Organized http://www.flickr.com/photos/alandd/3952834720/
  • 自 己 織 化Self-Organized http://www.flickr.com/photos/alandd/3952834720/
  • どうやって? http://www.flickr.com/photos/eleaf/2536358399/
  • 2 Events
  • DAILY SCRUM MTGhttp://www.flickr.com/photos/tomnatt/3389066169/
  • •朝会とか言うヤツ Tea m SM • 約束の場 • 昨日どこまで「完了」したのか • 今日どこまで「完了」するのか • 会話の場 • 「完了」の約束を妨げるモノはないか • MTG大杉ワロエナイとか、持病の癪がとか、最近右手が き始めてとか • ダラダラやらない(15分以内でサッと終わる)DAILY SCRUM MTGhttp://www.flickr.com/photos/tomnatt/3389066169/
  • •朝会とか言うヤツ Tea m SM • タスクは「自分で取りに行く」 • 誰かに「やってくれ」とは言わない • 自分で「やります」と言う • 残りどの位時間がかかりそうか伝える • それまでに消費した時間数ではない • 予測なので、増えることもあるし、大幅に減ることもあるDAILY SCRUM MTGhttp://www.flickr.com/photos/tomnatt/3389066169/
  • RETROSPECTIVEShttp://www.flickr.com/photos/demos/507625001/
  • •振り返り Tea m PO SM • プロダクトの振り返り • ちゃんと優先順位順に「完了」した成果物ができているか • リリースしていいか • プロダクトオーナーが決める • いろんな人に見てもらう • ステークホルダー、偉い人、直接関係していない人… • ここは製品のお披露目会RETROSPECTIVEShttp://www.flickr.com/photos/demos/507625001/
  • 完了とは完了のことだ 完了してないものは未着手と同じ出典:アジャイルサムライ
  • •振り返り Tea m PO SM • プロセスの振り返り • ちゃんとスクラムが機能していたか • 計画、朝会、その他もろもろのイベント毎に目的を達成できたか • よかったこと、不安だったこと、次の計画にいれたいこと(KPT) • 何事も出来ることから、効果的なところから改善していく • TRYを増やしすぎないよう気をつける • 特定の誰かを非難しない、評価に結び付けない • チームをより良くするための規律を作り、自律していくRETROSPECTIVEShttp://www.flickr.com/photos/demos/507625001/
  • 2 Tools
  • KANBANhttp://www.flickr.com/photos/blambar/5392387797/
  • •タスクの動きを見える化 • これからやる(ω) • 担当者はまだ決めない • やりたい人が順次取りに行く • いまやっている( *`ω´) • 長期滞在しているタスクは問題あり • 一人でいくつも抱えない(DOINGに置いていい数の上限を決めておく) • オワタ\(^o^)/ • 「完了」したんだぜ(ドヤッKANBAN • スプリントレビューへ行ってらっしゃいhttp://www.flickr.com/photos/blambar/5392387797/
  • BURN DOWN CHARThttp://www.flickr.com/photos/kakutani/2761992149/
  • •プロセスの健全度を見える化 • ちゃんとチームが動いているか • 最初に動きが鈍いのはしょうがない • どこかでこぶが出来るのはよくあること • 長期間下がらない、あるいは上ったまま戻ってこない、は問題 • グラフの形にはいくつかのパターンが存在する • 遅いからって怒られるものじゃない • あくまで、自分たちがちゃんと「完了」に向かっているかを示すだけのもの • すべては、「完了」という結果が出せるかどうかBURN DOWN CHARThttp://www.flickr.com/photos/kakutani/2761992149/
  • Check-Point
  • http://www.flickr.com/photos/audio-technica/6008249896/ Team
  • •チームとして • 何にコミットするのか決める • 全員でそのコミットを達成することを約束する • 全員がそのコミットを達成するために働きかける • 完了について合意する • 何ができたら「完了」なのか • テスト通った?とか、レビュー済?とか、QA済?とか • 「完了」が決まれば、プロセスは見える化できるhttp://www.flickr.com/photos/audio-technica/6008249896/ Team
  • •チームとして • 改善は出来ることから始める • “You ain’t gonna need it!”, “Keep it short and simple!” を肝に銘じる • やり過ぎず、放置しすぎず。ここに効く!を明確に • 個人を尊重する • A「私の得意は〇〇です」B「ちょっと手伝ってほしいな」 • C「私の苦手は△△です」D「ならば私が手伝おう」 • 逆に言えば、それはお前の仕事だろ、みたいなことをしない • 近くに居るんだから気軽に聞こうhttp://www.flickr.com/photos/audio-technica/6008249896/ Team
  • •チームとして • 自分たちのことは自分たちでする • プロダクトへの責務はもちろん、プロセスについても同様 • 居なくなったら困る人は居ませんか? • 新しい人が入ってきて、その人が困ることはありませんか? • 最近みんなが同じように悩んだことはありませんか? • 「俺たちの嫁(プロダクト)だろ、早く何とかしよう」http://www.flickr.com/photos/audio-technica/6008249896/ Team
  • Self-Organizedhttp://www.flickr.com/photos/windsordi/5314528332/
  • 自 己 長 力 Self-Organizedhttp://www.flickr.com/photos/windsordi/5314528332/
  • おわり