Your SlideShare is downloading. ×
QGIS2.0の登場とFOSS4Gの新展開
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Saving this for later?

Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime - even offline.

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

QGIS2.0の登場とFOSS4Gの新展開

1,939
views

Published on

近年QGISの利用者,開発者が増加するにつれ多くの機能やアイデアがQGISに集積してきています.Wired誌の昨年のOpen Source Rookie Of the Year awardにはQGISの災害対策用プラグインInaSAFEが選出されました.10月21日には無料版のGoogle Maps …

近年QGISの利用者,開発者が増加するにつれ多くの機能やアイデアがQGISに集積してきています.Wired誌の昨年のOpen Source Rookie Of the Year awardにはQGISの災害対策用プラグインInaSAFEが選出されました.10月21日には無料版のGoogle Maps Engineの発表とともにQGISとの(ESRIもですが)統合がGoogleからアナウンスされGoogle Maps Engine Connector for QGIS Version 1.0がリリースされました.Webやクラウドでは処理できない多種多様な空間データ操作はQGISにまかせてクラウドと統合していこういう動きです.レガシーテクノロジーであるデスクトップGISがなぜかここにきて脚光をあびています.オープンデータの動きが加速化する中で空間データを扱うための高機能プラットフォームとしてQGISが注目を集めているのでしょう.FOSS4G2013開催中の9月20日にリリースされたQGIS2.0は高い性能と豊富な機能、拡張性をそなえFOSS4Gの新たな利用シーンを牽引していくソフトウェアとなっています.本発表ではQGIS2.0のリリースまでの過程とそれを取り巻く新たな利用環境について述べたいです.

Published in: Technology

0 Comments
10 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,939
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
33
Comments
0
Likes
10
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. QGIS2.0の登場と FOSS4Gの新展開 OSGeo財団 日本支部 嘉山陽一 FOSS4G2013 OSAKA 1
  • 2. 自己紹介 •OSGeo.JP 運営委員 •OSGeo.org Charter member •GIS 学会(FOSS4G 分科会)会員 •QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ マニュアル翻訳 •GIS プログラマ 研究員 朝日航洋株式会社 •Twitter ID @pokopen •CSIS寄附研究部門 協力研究員 •社会基盤情報流通推進協議会 システムWG • 2
  • 3. 2013.9.20 QGIS2.0 リリース 3
  • 4. 4
  • 5. 1年3ヶ月ぶりのバージョンアップ 0.0.1-alpha 0.0.3-alpha 0.0.4-alpha 0.0.5-alpha 0.0.6 0.0.7 0.0.8 0.0.9 0.0.10 0.0.11 0.0.12 0.0.13 0.1pre1 July 2002 August 10, 2002 August 15, 2002 October 5, 2002 November 24, 2002 November 30, 2002 December 11, 2002 January 25, 2003 May 13, 2003 June 10, 2003 June 10, 2003 December 8, 2003 February 14, 2004 Version 0.1 ‘Moroz’ Version 0.2 ‘Pumpkin’ Version 0.3 ‘Madison’ Version 0.4 ‘Baby’ Version 0.5 'Bandit' Version 0.6 'Simon' Version 0.7 ‘Seamus’ Version 0.8 ‘Joesephine’ Version 0.9 ‘Ganymede’ Version 0.10 ‘Io’ Version 0.11 'Metis' Version 1.0 'Kore' Version 1.1 'Pan' Version 1.2 'Daphnis' Version 1.3 'Mimas' Version 1.4 'Enceladus' Version 1.5 ‘Tethys' Version 1.6 ‘Copiapó' Version 1.7 ‘Wroclaw' Version 1.8 ‘Lisboa’ Version2.0 ‘Dufour’ 2004/02/24 2004/04/25 2004/05/25 2004/07/01 2004/10/02 2004/12/19 2005/09/01 2006/12/29 2007/10/26 2008/04/25 2008/07/22 2009/01/24 2009/05/13 2009/09/03 2009/09/20 2010/01/11 2010/08/01 2010/11/28 2011/06/19 2012/06/21 5 2013/09/20
  • 6. 2009年以来のメジャーバージョンアップ 0.0.1-alpha 0.0.3-alpha 0.0.4-alpha 0.0.5-alpha 0.0.6 0.0.7 0.0.8 0.0.9 0.0.10 0.0.11 0.0.12 0.0.13 0.1pre1 July 2002 August 10, 2002 August 15, 2002 October 5, 2002 November 24, 2002 November 30, 2002 December 11, 2002 January 25, 2003 May 13, 2003 June 10, 2003 June 10, 2003 December 8, 2003 February 14, 2004 Version 0.1 ‘Moroz’ Version 0.2 ‘Pumpkin’ Version 0.3 ‘Madison’ Version 0.4 ‘Baby’ Version 0.5 'Bandit' Version 0.6 'Simon' Version 0.7 ‘Seamus’ Version 0.8 ‘Joesephine’ Version 0.9 ‘Ganymede’ Version 0.10 ‘Io’ Version 0.11 'Metis' Version 1.0 'Kore' Version 1.1 'Pan' Version 1.2 'Daphnis' Version 1.3 'Mimas' Version 1.4 'Enceladus' Version 1.5 ‘Tethys' Version 1.6 ‘Copiapó' Version 1.7 ‘Wroclaw' Version 1.8 ‘Lisboa’ Version2.0 ‘Dufour’ 2004/02/24 2004/04/25 2004/05/25 2004/07/01 2004/10/02 2004/12/19 2005/09/01 2006/12/29 2007/10/26 2008/04/25 2008/07/22 2009/01/24 2009/05/13 2009/09/03 2009/09/20 2010/01/11 2010/08/01 2010/11/28 2011/06/19 2012/06/21 6 2013/09/20
  • 7. QGIS関連 最近の動向
  • 8. 8
  • 9. Wired 2012 Open Source ‘Rookies of the Year’ 9
  • 10. 10
  • 11. 11
  • 12. 12
  • 13. 13
  • 14. 14
  • 15. 2013.10.21 Google Maps Engine とQGISの 統合がアナウンス 15
  • 16. 16
  • 17. 17
  • 18. 18
  • 19. 19
  • 20. QGISCloudの リリース 20
  • 21. 21
  • 22. 22
  • 23. 23
  • 24. Boundless (旧OpenGeo)が QGIS サポートを表明 24
  • 25. 25
  • 26. 26
  • 27. QGISコントリビュータは ヨーロッパ勢が多い 27
  • 28. Bounderlessは 米国を中心とした FOSS4Gの有力企業 28
  • 29. 29
  • 30. しかも OpenGeo Suite (GeoServer,PostGIS, OpenLayers..)とか WebでEnterPriseな FOSS4Gの本山 30
  • 31. そもそも 技術的な親和性なら 彼らが使う デスクトップGISなら uDigでしょう 31
  • 32. 32
  • 33. 33
  • 34. この会社が 自社製品の フロントエンドの 1つとして QGISをいれたことは 結構重要です 34
  • 35. デスクトップGISは どちらかというと レガシー技術です (Web技術とかに比べて) 35
  • 36. 従来のFOSS4Gでも 注目の中心は どちらかというと WEB技術 36
  • 37. Bounderlessの EnterPriseツールの フロントエンドに QGISが… 37
  • 38. 38
  • 39. Bounderlessの GeoGitと QGISが統合!! 39
  • 40. そもそも QGISは FOSS4Gの世界で 本流ではなかった 40
  • 41. 41
  • 42. Introduction of flood evacuation route search system using QGIS, PostGIS, GRASS and pgRouting Yoichi Kayama 42
  • 43. ヨーロッパでの 開催だから QGISコミュニティの 人とたくさん 会えるのでは という期待 43
  • 44. 44
  • 45. レギュラーの プレゼン枠で QGIS関連発表は 私のを含めて たった2本 45
  • 46. ワークショップも 1本企画されていましたが 46
  • 47. 途中で 企画者と連絡が とれなくなって QGISのやつは 当日キャンセル 47
  • 48. というように FOSS4G内でも QGISは 主役じゃ なかったし 48
  • 49. Workshopの 当日キャンセル (しかも有料、 別料金) というひどさ 49
  • 50. 50
  • 51. ところが 今年の9月 FOSS4G2013 では 51
  • 52. 52
  • 53. プレゼン 8本 基調講演 1本 有料WS 4本 無料WS 1本 53
  • 54. KeyNote Speech by Tim Sutton 54
  • 55. Standing Ovation !!!!!! 55
  • 56. 3年前は 傍流だった QGIS 56
  • 57. 今年は カンファレンスの 主役 57
  • 58. FOSS4G カンファレンスの 前の週 58
  • 59. イギリス南部の 観光地 Brighton 59
  • 60. 世界中から QGIS Hacker 集結 60
  • 61. 61
  • 62. 62
  • 63. 63
  • 64. 事前合宿後 集団で FOSS4G カンファレンス に乗り込む 64
  • 65. カンファレンス の主役に なる準備は されていた わけです 65
  • 66. そろそろ まとめ 66
  • 67. FOSS4G TOKYOの 森さんの スライドから 67
  • 68. 68
  • 69. 69
  • 70. 70
  • 71. 71
  • 72. 72
  • 73. オープンデータ 徹底的にいじる QGIS!!!! 73
  • 74. いよいよ 空間に関する データを徹底的に いじりまくる時代 到来 74
  • 75. 75
  • 76. 素晴らしい データが公開 でも どうやって いじる? 76
  • 77. 現状の WEBや CLOUDでは すぐには できません 77
  • 78. QGISならすぐ読んで加工、編集が可能 78
  • 79. WEBや CLOUDと 連動して QGISを利用!! 79
  • 80. 80
  • 81. QGIS 利用のための 環境整備が 重要 81
  • 82. 82
  • 83. 83
  • 84. だれかが やってくれるわけ ではなく やらなければ よくはならない 84
  • 85. QGIS 利用環境向上の ための 作業はたくさん 85
  • 86. まとめ QGIS2.0リリース QGISがFOSS4G内でクローズ アップ.WEB,クラウドとデスクトップを融合したジオ データ操作環境のキープロダクト 世界的オープンデータ、オープンガバメントの動きの 中でQGISに代表されるFOSS4Gが必要とされる場面 が増える……GISを必要とするユーザが地理が好きな 特殊ユーザから一般ユーザに広がっていく QGISが必要とされるケースがいままでより広がる。 QGISの利用しやすい環境つくり(翻訳とかデバッグ とか…)が今まで以上に必要,重要になる. 86
  • 87. いろいろ やばいから 皆様の助力を!! 87