Your SlideShare is downloading. ×
0
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
QGISローカライズの現状と課題
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

QGISローカライズの現状と課題

1,447

Published on

QuantumGISのローカライズ現状と課題 GIS学会第21回大会 特別セッションプレゼン

QuantumGISのローカライズ現状と課題 GIS学会第21回大会 特別セッションプレゼン

1 Comment
2 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
1,447
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
1
Likes
2
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. FOSS4G日本語ローカライズの 現状と課題 GIS学会FOSS4G分科会地理情報システム学会第21回学術研究発表大会
  • 2. GIS学会FOSS4G特別セッション2008年 東京大会でブース展示2009年 新潟大会でセッションとブース展示2010年 FOSS4G分科会結成 京都で特別セッション、ブース、ハンズオンセッション2011年 鹿児島 特別セッション、ブース、ハンズオンセッション
  • 3. 今回のGIS学会大会では例年と同じような企画+QGIS入門前日ハンズオンセッションFOSS4G分科会以外でも特別セッションやハンズオンセッションを自主企画としてあがってきている
  • 4. 本セッションの発表QuantumGIS日本語化の現状と課題 嘉山陽一 (朝日航洋 日本語化の現状と課題 日本語化の現状と株式会社)SAGAの日本語ローカライズについて の日本語ローカライズについて の日本語ローカライズに 平松孝晋(アジア航測株式会社)eコミマップのインターナショナライズとローカライズ コミマップのインターナショナライズとローカライズ コミマップのインターナショナライズと 臼田裕一郎 ((独)防災科学技術研究所)FOSS4G製品タイプによるパッケージローカライズケースス 製品タイプによるパッケージローカライズケースス 製品タイプによるタディ 林博文(応用技術株式会社)FOSS4Gの普及・活用に向けた の普及・活用に向けたOSGeo-Liveの開発とローカ の普及・活用に向けた の開発とローカ の開発とライズ 瀬戸寿一 (立命館大学)
  • 5. 司会 @wata909さん
  • 6. QuantumGIS日本語化の現状と課題 OSGeo財団 日本支部 嘉山陽一QGISドキュメント日本語翻訳プロジェクト説明会
  • 7. OSGeo.JP 運営委員 自己紹介OSGeo.org Charter memberGIS 学会(FOSS4G 分科会)会員QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ マニュアル翻訳GIS プログラマ 研究員 朝日航洋株式会社Twitter ID @pokopenCSIS寄附研究部門 協力研究員社会基盤情報流通推進協議会 システムWG
  • 8. デスクトップOpen Source GISの代表QuantumGIS
  • 9. ここのとこQGISの国内利用が増えてると実感個人利用研究利用教育での利用行政や企業の業務での利用の増加講習会、勉強会の増加
  • 10. デスクトップFOSS4GだとuDig や gvSIG の機能はQuantumGISと遜色ないと思うたとえばGPLで開発することがむつかしい場合(企業等でのシステム開発でソース公開するのは困難な場合がある)LGPLが利用できるGeoTools系(uDigとか)での開発は有用なはず
  • 11. それにもかかわらずQuantumGISの国内利用は増えているけれど、uDigの利用例が増えているという情報は私は知りません
  • 12. QGISとuDigの差はローカライズ作業の差がおおきいのでは。uDigでは日本語交じりのデータをほぼ問題なく利用できます。QGISについてはプログラム本体だけでなく各種文書のローカライズによりユーザが増加→QGISに関する日本語情報の流通量の増加→ユーザの増加というルートができかけている
  • 13. QGIS以外にも有用なFOSS4Gはたくさんあります。QGISのローカライズ作業を振り返り、問題点も整理して….国内QGISユーザの増加と、QGIS以外のFOSS4Gユーザ増加のためのヒントをこのセッションでみつけられればいいな…..
  • 14. QuantumGIS リリースの歴史0.0.1-alpha July 2002 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/240.0.3-alpha August 10, 2002 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/250.0.4-alpha August 15, 2002 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/250.0.5-alpha October 5, 2002 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/010.0.6 November 24, 2002 Version 0.5 Bandit 2004/10/020.0.7 November 30, 2002 Version 0.6 Simon 2004/12/190.0.8 December 11, 2002 Version 0.7 ‘Seamus’ 2005/09/010.0.9 January 25, 2003 Version 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/290.0.10 May 13, 2003 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/260.0.11 June 10, 2003 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/250.0.12 June 10, 2003 Version 0.11 Metis 2008/07/220.0.13 December 8, 2003 Version 1.0 Kore 2009/01/240.1pre1 February 14, 2004 Version 1.1 Pan 2009/05/13 Version 1.2 Daphnis 2009/09/03 Version 1.3 Mimas 2009/09/20 Version 1.4 Enceladus 2010/01/11 Version 1.5 ‘Tethys 2010/08/01 Version 1.6 ‘Copiapó 2010/11/28 Version 1.7 ‘Wroclaw 2011/06/19
  • 15. 私はこのバージョンのころ初めて利用0.0.1-alpha July 2002 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/240.0.3-alpha August 10, 2002 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/250.0.4-alpha August 15, 2002 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/250.0.5-alpha October 5, 2002 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/010.0.6 November 24, 2002 Version 0.5 Bandit 2004/10/020.0.7 November 30, 2002 Version 0.6 Simon 2004/12/190.0.8 December 11, 2002 Version 0.7 ‘Seamus’ 2005/09/010.0.9 January 25, 2003 Version 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/290.0.10 May 13, 2003 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/260.0.11 June 10, 2003 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/250.0.12 June 10, 2003 Version 0.11 Metis 2008/07/220.0.13 December 8, 2003 Version 1.0 Kore 2009/01/240.1pre1 February 14, 2004 Version 1.1 Pan 2009/05/13 Version 1.2 Daphnis 2009/09/03 Version 1.3 Mimas 2009/09/20 Version 1.4 Enceladus 2010/01/11 Version 1.5 ‘Tethys 2010/08/01 Version 1.6 ‘Copiapó 2010/11/28 Version 1.7 ‘Wroclaw 2011/06/19
  • 16. 半分ぐらいのメニューが日本語に なっていた0.0.1-alpha July 2002 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/240.0.3-alpha August 10, 2002 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/250.0.4-alpha August 15, 2002 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/250.0.5-alpha October 5, 2002 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/010.0.6 November 24, 2002 Version 0.5 Bandit 2004/10/020.0.7 November 30, 2002 Version 0.6 Simon 2004/12/190.0.8 December 11, 2002 Version 0.7 ‘Seamus’ 2005/09/010.0.9 January 25, 2003 Version 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/290.0.10 May 13, 2003 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/260.0.11 June 10, 2003 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/250.0.12 June 10, 2003 Version 0.11 Metis 2008/07/220.0.13 December 8, 2003 Version 1.0 Kore 2009/01/240.1pre1 February 14, 2004 Version 1.1 Pan 2009/05/13 Version 1.2 Daphnis 2009/09/03 Version 1.3 Mimas 2009/09/20 Version 1.4 Enceladus 2010/01/11 Version 1.5 ‘Tethys 2010/08/01 Version 1.6 ‘Copiapó 2010/11/28 Version 1.7 ‘Wroclaw 2011/06/19
  • 17. この方が最初にQGISメニューの 日本語化に着手されてましたQGIS日本語GUI当初の作成者Finkパッケージのメンテナ(QGIS,その他も含む)名古屋御出身とのことです
  • 18. でもプログラムの動作は不安定0.0.1-alpha July 2002 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/240.0.3-alpha August 10, 2002 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/250.0.4-alpha August 15, 2002 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/250.0.5-alpha October 5, 2002 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/010.0.6 November 24, 2002 Version 0.5 Bandit 2004/10/020.0.7 November 30, 2002 Version 0.6 Simon 2004/12/190.0.8 December 11, 2002 Version 0.7 ‘Seamus’ 2005/09/010.0.9 January 25, 2003 Version 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/290.0.10 May 13, 2003 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/260.0.11 June 10, 2003 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/250.0.12 June 10, 2003 Version 0.11 Metis 2008/07/220.0.13 December 8, 2003 Version 1.0 Kore 2009/01/240.1pre1 February 14, 2004 Version 1.1 Pan 2009/05/13 Version 1.2 Daphnis 2009/09/03 Version 1.3 Mimas 2009/09/20 Version 1.4 Enceladus 2010/01/11 Version 1.5 ‘Tethys 2010/08/01 Version 1.6 ‘Copiapó 2010/11/28 Version 1.7 ‘Wroclaw 2011/06/19
  • 19. このあたりのバージョンは 複雑な操作すると結構落ちますVersion 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/29 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/26 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/25 Version 0.11 Metis 2008/07/2
  • 20. 1.0は結構安定0.0.1-alpha July 2002 Version 0.1 ‘Moroz’ 2004/02/240.0.3-alpha August 10, 2002 Version 0.2 ‘Pumpkin’ 2004/04/250.0.4-alpha August 15, 2002 Version 0.3 ‘Madison’ 2004/05/250.0.5-alpha October 5, 2002 Version 0.4 ‘Baby’ 2004/07/010.0.6 November 24, 2002 Version 0.5 Bandit 2004/10/020.0.7 November 30, 2002 Version 0.6 Simon 2004/12/190.0.8 December 11, 2002 Version 0.7 ‘Seamus’ 2005/09/010.0.9 January 25, 2003 Version 0.8 ‘Joesephine’ 2006/12/290.0.10 May 13, 2003 Version 0.9 ‘Ganymede’ 2007/10/260.0.11 June 10, 2003 Version 0.10 ‘Io’ 2008/04/250.0.12 June 10, 2003 Version 0.11 Metis 2008/07/220.0.13 December 8, 2003 Version 1.0 Kore 2009/01/240.1pre1 February 14, 2004 Version 1.1 Pan 2009/05/13 Version 1.2 Daphnis 2009/09/03 Version 1.3 Mimas 2009/09/20 Version 1.4 Enceladus 2010/01/11 Version 1.5 ‘Tethys 2010/08/01 Version 1.6 ‘Copiapó 2010/11/28 Version 1.7 ‘Wroclaw 2011/06/19
  • 21. これはもしかすると 使えるかもしれない
  • 22. メニューが英語の部分 なんとか日本語に できませんかね?
  • 23. まずはプログラムの国際化の仕組みを調査
  • 24. QGISのQはQt(キュート)の Q
  • 25. QGISはQtという基盤の上で作られています
  • 26. Qtはクロスプラットフォームのプログラム作成フレームワーク
  • 27. QGISの国際化はQtの国際化機能を利用しています
  • 28. 英語メッセージと日本語メッセージの対応が書かれたXML
  • 29. Qt Linguest (メッセージローカライズ支援ツール)
  • 30. Qt利用アプリはこんな感じで各国語別リソースを作成する
  • 31. 2008年の夏QGIS日本語化着手
  • 32. 2009年から文科省宇宙利用研究費用で作業
  • 33. Ver1.4から翻訳結果をQGIS本体にコントリビュート
  • 34. QGIS Android版でも 日本語メニュー表示
  • 35. QGIS利用で必要な日本語化1.プログラムの日本語化 メニュー メッセージ オンラインヘルプ 動作2.文書の日本語化 ユーザガイド 開発系文書 etc3.WEBページの日本語化
  • 36. プログラム日本語化 メニュー、メッセージの日本語化 ソースコードリポジトリのファイル /qgis/i18n/qgis_ja.ts を日本語にして本 家管理者にメールすれば良い。一応GUI日本語翻訳は私が取りまとめ役 になっているので、翻訳結果を私まで いただければ私がマージして本家に送 ります。
  • 37. プログラム日本語化オンラインヘルプの日本語化
  • 38. プログラム日本語化 オンラインヘルプの日本語化ソースコードリポジトリに /qgis/resources/context_help各国語別、項目別のヘルプがHTMLで記 述されたファイルがある。英語版のフ ァイルをみつけて対応する日本語ファ イルを作成する。これも私がとりまとめやっています
  • 39. プログラム日本語化 動作の日本語化 QGISには時々ある。日本語環境だとうまく動かない機能がファイル名、パス名に日本語がはいる 場合データに日本語がはいる場合データ読み込みの時に文字エンコーデ ィングオプションの指定ができない場 合等
  • 40. プログラム日本語化日本語だけではなく、他の言語でも同 じ問題がある可能性がある。プログラムリリース時に英語以外のテ ストが十分なされていないであろう。日本語で環境で発生している障害が開 発者に伝わっていないー>バグがその ままになる ->国内でのソフトウェ アの信頼性が落ちる
  • 41. 日本語環境で発生する障害日本語環境で発生する障害をQGIS開発コミュニティに伝える必要がある
  • 42. 障害はどこにどうやって報告すればいいのでしょうか?
  • 43. 11月14日OSGeoMLでのメール
  • 44. そのメールへの回答
  • 45. どういうページかというと
  • 46. こういう具合です
  • 47. 報告用アカウントはここで作れます
  • 48. 続いて文書の日本語化ですが
  • 49. いろんな種類のドキュメントが あります
  • 50. User_guideとかはLaTexで 書いてあります
  • 51. WEBページからはPDFの ユーザガイドが落とせます
  • 52. LaTexのファイルをコンパイル するとPDFができます
  • 53. LaTexファイルのメッセージ 部分を日本語に置き換えてフォントを調整す ればUser_guide日本語化ができるので はという甘い期待
  • 54. 単純ではなかったLaTexファイルの中では目次や索引をつくるようなプログラムが利用されている。日本語を利用した場合、それらがうまく動かない.
  • 55. いろいろ調べたけど行き詰ったので別の方法でuser_guide日本語化
  • 56. http://www.osgeo.jp/user_guide/user_guide.html
  • 57. 日本語版はHTMLで作成
  • 58. でもLaTexのほうがいいバージョンアップへの対応印刷 etc..etc日本語のLaTexは処理系や文字コードが複数あって、何を選択してどう問題解決に向かえばいいのかが????
  • 59. 名古屋勉強会主催者縫村さんQGISユーザガイドLaTex日本語入りコンパイル成功!!
  • 60. 日本語PDFが作れます
  • 61. プログラマ用マニュアルを LaTexで翻訳できました
  • 62. ユーザガイドは日本語版1.8はまだ未着手
  • 63. 今年になって大変化がリポジトリがSubversionからGitに変更されたドキュメントの記述がLaTexからSphinxに変更中
  • 64. リポジトリって???ソースコード、ファイル等の格納場所複数の人でファイルを共同で編集する場合に利用する編集の履歴やブランチ(別バージョン作成)発行の管理を行う複数の人が同一ファイルを同時に編集した場合のコンフリクトを解決するためのツールも備えている
  • 65. Subversion → Git
  • 66. 最後にWEBページの 日本語化ですが
  • 67. ドイツ語版
  • 68. フランス語版
  • 69. Joomlaの機能で多国語ページが作成されているようです
  • 70. Web Translation teamに加入してJoomlaアカウントを作ると翻訳作業ができるようです
  • 71. QGIS WEBページの日本語化は まだ未踏の領域です
  • 72. まとめQGIS国内利用は増えている。さらなる普及には様々な部分での日本語化作業が必要QGISの世界的コミュニティと一緒に作業する必要OSSの発展はコミュニティの力に依存。名古屋勉強会,FOSS4G HOKKAIDOはFOSS利用の地域コミュニティを作るための重要は試み地域、国内、世界…様々なレベルのコミュOSSの利用環境を向上させましょう。ニティを連携させてQGISをはじめとする
  • 73. ご清聴ありがとうございました関連情報WEBページOSGeo財団 http://www.osgeo.org/OSGeo財団日本支部 http://www.osgeo.jp/QuantumGIS http://www.qgis.org/QuantumGIS 日本語情報作成 http://www.osgeo.jp/qgiswiki/GIS学会 FOSS4G分科会 http://sites.google.com/site/foss4gsig/OSGeo4W (QGISが含まれるWindows用FOSS4G統合環境) http://trac.osgeo.org/osgeo4w/wiki/OSGeo4W_jp月の杜工房 QGIS豆知識http://mf-atelier.sakura.ne.jp/mf-atelier/modules/tips/index.php/software/qgis/ QGIS、PostGISについての日本語での質問、ご相談はOSGeo.jpのメーリングリスト http://lists.osgeo.org/mailman/listinfo/osgeojapan-discuss にお願いいたします。

×