FOSS4Gハンドブック紹介

2,698 views
2,571 views

Published on

20110608 第7回ジオメディアサミット ライトニングトーク

Published in: Technology
0 Comments
4 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
2,698
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
24
Actions
Shares
0
Downloads
46
Comments
0
Likes
4
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

FOSS4Gハンドブック紹介

  1. 1. FOSS4G ハンドブック紹介 OSGeo財団 日本支部 嘉山陽一 第7回ジオメディアサミット 2011/6/8
  2. 2. 自己紹介GIS(Geographic Information System) 地理情報システムのことですOSGeo.JP 運営委員GIS 学会(FOSS4G 分科会)会員QGIS 日本語GUI 翻訳 コーディネータ マニュアル翻訳GIS プログラマ 研究員 朝日航洋株式会社Twitter ID @pokopen
  3. 3. 6月7日発売 FOSS4Gハンドブック
  4. 4. FOSS4Gって???Free and Open Source Software for Geospatial の略地理空間情報に関する オープンソースソフトウェアのことです
  5. 5. 空間情報・地理情報って?コンピュータ上であつかう空間と関連した情報(実体は画像 or 座標列と関連情報)
  6. 6. 空間情報系オープンソース FOSS4G(Free and Open Source Software for Geospatial )たくさんあります おおまかな分類 WEB Mapping 用システム デスクトップGIS 空間情報用ライブラリ メタデータカタログ
  7. 7. WEB Mappingインターネットで地図配信をする仕組み
  8. 8. Desktop Applicationsデスクトップコンピュータ上で 空間データを扱うためのプログラム
  9. 9. Libraries空間情報系プログラム作成用の部品
  10. 10. Metadata Catalog空間データを検索する仕組み
  11. 11. FOSS4Gの世界的コミュニティ OSGeo 財団The OpenSource Geospatial Foundation各種FOSS4Gコミュニティが集まるコミュニティのコミュニティ2006年創立 日本支部も2006年毎年秋にカンファレンス開催 今年は9月にデンバーhttp://www.osgeo.org/
  12. 12. OSGeo財団日本支部 日本のFOSS4Gコミュニティ 2006年創立 毎年東京、大阪でカンファレンス開催 2010年 IPA OSS奨励賞 http://www.osgeo.jp/
  13. 13. またハンドブックに戻りますが
  14. 14. たぶん ジオ系オープンソース全般を解説した日本語書きおろしでは初めての書籍
  15. 15. こういう人たちで分担執筆 監 修 森 亮 企画・編集 植村 哲士 デザイン 古橋 大地 著 者 朝日 孝補 井上 修 岩崎 亘典 植村 哲士 勝部 圭一 嘉山 陽一 林 博文 原田 英夫 古橋 大地 ベンカテッシュ ラガワン 升本 眞二 丸田 哲也 森 亮 山手 規裕 (五十音順) 協 力 OS Geo 財団 (http://www.osgeo.jp/)
  16. 16. 昨日からamazonでも購入可能に
  17. 17. なんと!!!
  18. 18. 別のサイトでは
  19. 19. 在庫僅少仕入れ数量が少なかったからだろうけど出だし品薄状態
  20. 20. 目次です■ 1章 FOSS4G の世界へようこそ 章 世界へようこそ■2章 FOSS4G ツールの紹介 2 ツールの 日本における におけるFOSS4G の現状と■3章 日本における 現状と 今後 地理情報サービス一覧/ サービス一覧■ 4章 地理情報サービス一覧/地図 データ/属性データ データ/属性データ 関係の■ 5章 FOSS4G 関係の企業情報
  21. 21. 各章のもちっと詳しい 目次ですが
  22. 22. 第1章FOSS4G の世界へようこそ 世界へようこそ■1章 FOSS4G の世界へようこそ 世界へようこそ 1.1 FOSS4G とは……12 1.2 FOSS4G の数……13 1.3 FOSS4G を支える人々……15 1.4 OSGeo 財団について……15 1.5 FOSS4G コミュニティはいかにして 創成されたか……16
  23. 23. 第2章 FOSS4G ツールの紹介 ツールの その1 (その1) 2.1 GDAL (Geospatial Data Abstraction Library) 2.2 GeoNetwork Opensource 2.3 Geo Server 2.4 GRASS 2.5 gvSig 2.6 Map Guide Open Source 2.7 Map Server
  24. 24. 第2章 FOSS4G ツールの紹介 ツールの (その2) その2 2.8 Open Layers 2.9 pgRouting 2.10 Post GIS 2.11 PROJ (Cartographic Projectiona Library) 2.12 Quantum GIS (QGIS) 2.13 Spatialite 2.14 uDig
  25. 25. 3章 日本における 日本における におけるFOSS4G の現状と 現状と今後(その1今後(その1)3.1 フリーオープンソースGIS ソフトウェア(FOSS4G)の導入状況3.1.1 オープンソースGIS の導入事例3.1.2 オープンソースGIS の導入の利点と課題3.1.3 課題解消に向けた動き3.1.4 期待されるFOSS4G の普及
  26. 26. 3章 日本における 日本における におけるFOSS4G の現状と 現状と今後 (その2) その2 その 3.2 10 兆円を目指す「G 空間」市場の展望と 課題 「地理空間情報」のオープンデータ化に 向けて 3.2.1「 イチゲー」「AR」…そして「G」という新し い市場の登場 3.2.2 G 空間という言葉はどこから現れたのか 3.2.3 10 兆円市場を目指すG 空間市場 3.2.4 地理空間情報を支えるソフトウェアのオ ープンソース化 3.2.5「 地図は本当に無料」なのか─オープン データに向けての課題
  27. 27. 4章 地理情報サービス一覧/地図デ 地理情報サービス一覧/地図デ サービス一覧ータ/属性データータ/属性データ4.1 地理情報サービス一覧4.2 地図データ4.3 属性データ
  28. 28. 5章 FOSS4G 関係の企業情報 関係の5.1 FOSS4G 関係の企業・研究室・団体・機関の情報 あとがき
  29. 29. もうちょっと 各ページをのぞいてみます
  30. 30. コミュニティの成立過程裏話
  31. 31. データ加工コマンドGDALの 利用方法とか
  32. 32. メタデータのカタログサーバ GeoNetwork
  33. 33. 高機能ジオWEBサーバ GeoServer
  34. 34. 老舗の空間解析ソフトウェア GRASS
  35. 35. gvSIGはスペイン産の強力GIS
  36. 36. AutoDesk社のOSSシステム MapGuide OpenSource
  37. 37. WEB地図といったら MapServer
  38. 38. OpenLayersは強力な JavaScriptライブラリ
  39. 39. 経路検索にはpgRouting
  40. 40. 空間DBといえばPostGIS
  41. 41. 座標変換、投影変換の定番PROJ
  42. 42. 最近流行しているQuantumGIS
  43. 43. 軽量空間DB Spatialite
  44. 44. WEBサービスと親和性が高い uDig
  45. 45. 3章はFOSS4Gの現状と展望
  46. 46. 最初は国内での利用状況
  47. 47. 次の節のタイトルはえらくでかい話
  48. 48. ここは原典の論文があるみたいで
  49. 49. 野村総研のWEBページに….. この部分はここで原典がPDFで読めます
  50. 50. 4章はジオでなんかしたい場合の データとかを探すためのガイド
  51. 51. ジオ系サービスやデータとか 探せます
  52. 52. 5章はFOSS4G関係団体紹介
  53. 53. というような具合に構成されています
  54. 54. この本を読むと
  55. 55. ジオ関係でできることの範囲が 大幅に広がります
  56. 56. 東日本大震災の時は
  57. 57. 地震発生直後からありとあらゆるジオデータがネットを飛び交ってた
  58. 58. 整理されていない空間データ衛星画像、航空写真、レーザ計測、水中 探査、GPSのログ、テキストデータのジオ コーディング、プローブデータ ジオリファレンスされていない画像座標や投影も様々そもそも基準点が動いちゃってるし
  59. 59. 阪神の震災の時と比べてネットを使った震災支援のジオ系ボランティア活動がたくさんできたネットを使っているので国内、国外関係なく分業できたちゃんと整理されてない、いろいろなデータ -> 使えるように加工するためにはFOSS4Gのいろんなツールが活躍
  60. 60. QGISジオリファレンサ プラグイン画像と地図の対応点を入力 座標値にあわせて画像を変形してGISで利用できるようにする
  61. 61. うちの会社の災害情報 WEBページなども
  62. 62. 当初は震災情報WEBページが あまりにも簡素
  63. 63. 同業他社のWEBページと 内容に大きな格差が
  64. 64. オープンソースや外部連携できる 素材と自社素材を組み合わせて 災害情報ページを作成
  65. 65. 衛星画像と斜め写真の対応
  66. 66. 衛星画像解析結果
  67. 67. WEB地図による 斜め写真撮影位置表示
  68. 68. 災害情報ファインダー住所検索をしてみます
  69. 69. タブを切り替えるとその近隣の斜め写真リストが表示されます
  70. 70. タブ切り替えるとその近辺に関するWEB検索結果一覧が表示
  71. 71. さらにタブ切替でその近辺の動画があればリスト表示
  72. 72. Sinsai.info から該当地域の 情報検索
  73. 73. 被災自治体にFOSS4G利用提案被災状況の集計
  74. 74. 調査写真をGPS位置付きで整理
  75. 75. 電子コンパス付きデジカメを利用すると撮影方向も記録可能
  76. 76. オープンソースを使わなければこのようなWEBページを作るためにはえらく時間(工数や費用捻出のための社内手続き)がかかったはず。FOSS4Gの使い方を知っているとジオを扱う場合の能力が拡大します。
  77. 77. この本を読むとジオ能力が拡大!
  78. 78. ご清聴ありがとうございました

×