MyInceptionDeck

5,024 views

Published on

Published in: Business, Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
5,024
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,200
Actions
Shares
0
Downloads
11
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

MyInceptionDeck

  1. 1. MyInception Deck Agile Samurai#2 中村 洋
  2. 2. 自己紹介■名前:中村 洋 『大泉洋』と同じ『よう』です。■ブログ サウスポーなSEの独り言■TwitterID @yohhatu
  3. 3. 自己紹介の続き■スキ/キライ スキ:ファシリテーション、アジャイル開発、価値の提供 キライ:空中戦な会議■仕事:社内向け開発基盤Xの開発やらなにやら
  4. 4. そもそも…インセプションデッキ とは? http://www.flickr.com/photos/oberazzi/318947873/
  5. 5. 以上、1回目の@mah_labさんの 資料から、ぱく(ry
  6. 6. 【本題】 MyInception Deck
  7. 7. 『部門』のでも、 『グループ』のでも 『チーム』のでも ないです。あくまで個人の想いです
  8. 8. My Inception Deck-1(Why)(1)我々は何故ここにいるのか?(2)エレベータピッチ(3)パッケージデザイン(4)やらないことリストを作る(5)「ご近所さん」を探せ
  9. 9. My Inception Deck-2(How)(6)技術的な解決案を描く(7)リスクを検討する(8)プロジェクトの期間を見極める(9)諦めるべきものをはっきりさせる(10)プロジェクトに何がどれだけ必要なのかスポンサーに提示する
  10. 10. http://www.flickr.com/photos/freakygoldie/5044175060/MyInception Deck-1 (Why)
  11. 11. (1)我々は何故ここにいるのか?現場がシステム開発時により利益を多く出せる Xを作るため
  12. 12. (2)エレベータピッチ[PJの利益をより多く]したい、[現場部門]向けの[X]というプロダクトは、[FWを含めた開発基盤]です。これは[システム開発を早く、確実に行うこと]ができ、[各PJ独自でやっていた時]とは違って、[すでにあるものを利用できる特徴]が備わっている。
  13. 13. (3)パッケージデザイン「Xはあなたの願いを叶えます!」 パッケージデザインは削除・もっとお客様に価値を提供できます・すぐに使えます・無料です
  14. 14. (4)やらないことリストを作る・やる! ・やらない! 帳票 社内標準との統 UI強化 合 全社完全公開 外販・後で決める!翻訳他のFWとの統合
  15. 15. (5)「ご近所さん」を探せ・現場部門の部長、アーキテクト、PM/PL、メンバー・法務、広報・テスト自動化チーム、VPJRチーム・情報システム部門・部長
  16. 16. MyInception Deck-2(How)
  17. 17. (6)技術的な解決案を描く 割愛
  18. 18. (7)リスクを検討する・組織(会社・部門・チーム)がつぶれる・自分が情熱を失う・キープレイヤーがいなくなる(辞める/他のチーム・部門に行く)・開発拠点がこれ以上増えてスピード感が落ちる・現場から「No!」と言われる
  19. 19. (8)プロジェクトの期間を見極める・リリース時期3ヶ月毎にリリースします。特に2012年4月のリリースは全社一般公開と位置づけています。
  20. 20. (9)諦めるべきものをはっきりさせる トレードオフスライダーMAX MIN スコープMAX MIN 予算MAX MIN 時間MAX MIN 品質MAX MIN 使い勝手MAX MIN 効用
  21. 21. (10)プロジェクトに何がどれだけ必要 なのかスポンサーに提示する 割愛 すいません・・・ http://www.flickr.com/photos/57253910@N05/5278369014/
  22. 22. 以上がMy Inception Deckです

×