研修成果プレゼン資料

1,216 views

Published on

研修成果発表資料

Published in: Engineering
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,216
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1,087
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 山浦航
    宮地健太
  • 山浦航
    宮地健太
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • http://k-shogo.github.io/article/2013/09/23/rails-devise/

    http://qiita.com/wadako111/items/03bc00d914e62243a511
  • 研修成果プレゼン資料

    1. 1. Speee 16卒エンジニア研修
    2. 2. 研修の流れ TECH::MASTERを進める (1週間)前半 課題アプリの作成 (6週間 ※GW込み) 【課題】:Slackのクローン作成 【アプリ名】:Spelack ※Speee + Slack = Spelack 後半
    3. 3. プロジェクト体制 メンターさん  認証周りの実装 (Google認証を含む)  デザインの実装 omi  Channel機能実装  インフラ整備 wataru リアルタイムチャットの実装 MKenta
    4. 4. プロジェクトの進め方 Trelloでタスク管理 Pull Request 駆動開発 • 朝会・夜会の実施 • 週1でメンターとMTG
    5. 5. omi レポート Rubyを1行も書いたことがなかった新卒エンジニアが 開発言語Ruby中心の会社で働くまでの話
    6. 6. ※はじめに※ Rubyを用いた開発における 本当に基礎的なことを学んだため 私の発表では 最先端な話はあまり出てきませんが 何卒よろしくお願いいたします 🙇
    7. 7. 研修で学んだことの概要 • Ruby • 基本的な文法 • Ruby on Rails • 基本的な仕組み • Deviseを使った認証機能の実装 • omniauth-google-oauth2使った認証機能の実装 • テンプレートエンジンslimを使ったviewの実装 • テスト • Rspec • Capybara • CircleCI
    8. 8. 研修で学んだことの概要 • その他 • GitHub • Pull Request 駆動開発  認証周りの実装 (Google認証を含む)  デザインの実装 Spelackの開発で担当した部分
    9. 9. 研修でつまずいたところ • メール認証機能の有効化 (Devise Confirmable) • メール認証機能開発後の動作確認 • Letter Opener を使う • フィーチャテストの際にログインがコケる • userモデル用のFactoryGirlにconfirmed_atが入っていない
    10. 10. 研修でつまずいたところ • サーバにあげた際に画像などが表示されな • Rails4からは assets:precompile した際にdigest無しのjs, css, image は作成しない仕様になった
    11. 11. 研修でつまずいたところ • Google認証でログインできない • 新userをcreateする際にconfirmed_atが入っていない
    12. 12. 研修全体の良かった点 • Railsを用いた基本的な開発手法を学べた • Pull Request 駆動開発及びチーム開発に慣れた • テスト駆動開発の感覚をつかめた
    13. 13. 研修全体の反省点 • しょうもないところでつまずき、時間をロスした • 基礎力の欠如 • つまずいた時の対応とデバックスキル • 連携スキル • 他のメンバーが扱っている技術の習得 • 体調管理
    14. 14. wataru 研修レポート Server編
    15. 15. 私の話すこと • サーバー周りのこと • インフラ構成 • 環境設定自動化 • デプロイ • 研修中に得た教訓
    16. 16. インフラ構成
    17. 17. インフラ構成 • Nginx • Puma • Rails main • Action Cable • RDS-mysql • ElastiCache(redis)
    18. 18. 環境設定自動化 •Itamae • 必要なpackageのインストール • Nginx設定 • node環境構築 • Redis設定 • ruby環境構築 • yum update
    19. 19. デプロイ •Capistrano3を使用 • gulpコマンドを叩くタスク • DBをresetするタスク • Pumaをデーモンで起動するタスク
    20. 20. 教訓 出典:http://qiita.com/jabba/items/b0a0f8c310e164b4db2b
    21. 21. MKenta研修レポート Frontend編
    22. 22. 研修について • 今回話すこと • RailsでのReact使用方法 • 環境開発選定で気をつけたこと • 研修全体の技術的反省点 • 今回話さないこと • Reactの実装について(GitHub参照) • Flux,Reduxのこと
    23. 23. 開発環境選定 • 前提 • Rails4系である • リアルタイムチャットができる • 候補 • Websokect-rails,ActionCable… • Javascript(react,vue…) • モジュール管理?パッケージ管理?
    24. 24. 選定開発環境 • ActionCable(Rails5系で正式採用のため) • React.js(Flux及びReduxは使用しない) • パッケージマネージャとしてnpmを使用 • 故にreact-railsは使用しない • Webpackでモジュール管理 • Gulpと併用して効率化
    25. 25. 開発環境選定 • なるべくモダンな開発手法を取り入れる • Ex)coffee -> ES2015 • React-rails? • Webpack or Browserify? • npm or bower?
    26. 26. Webpack or Browserify • 本プロジェクトではWebpackを採用 • 理由は • Plugin拡張性 • ビルドが早い • Configが書きやすい • 新しいドキュメント多い
    27. 27. RailsでのReact使用方法 • リアルタイムチャットの実装に使用 • チャットの送信(Post)のみActionCableを使用 • 表示,編集,削除はReact側でRailsのActionを叩く
    28. 28. 研修全体の良かった点 • フロントエンドのモダンな開発手法について学べた (Babel,react,webpack,npm…) • Reactを大分さわれる用になった • Javascriptライブラリさわれるようになった • チーム開発にかなり慣れた • Railsにも慣れた
    29. 29. 研修全体の反省点 • 技術選定が雑だった。調査不足。 • 主にActionCableとreactの実装にすごい時間取られた • 最初はreact-rails使ってたりボロボロ • 正しい使い方を出来ていない • Smart and Dumb Componentsの徹底 • Gulp有効活用 • 現状だとAPIを叩いたりActionを叩いたりバラバラ • 一つのタスクの必要機能を洗い出せていなかった • Reactとデザインの連携が全くダメ • テスト書ききれてない

    ×