OpenStackビジネスセミナー
2014年2月
アンケート集計結果
日本仮想化技術株式会社
玉置 伸行
ntamaoki@VirtualTech.jp
セミナー企画
• 日時:2月6日
14:00-17:00(昼の
部)
18:30-20:30(夜の部)
• 場所:渋谷 石山記念ホール
• 参加者:昼の部60名・夜の部60名
• 対象
– OpenStackに興味・関心のある方

2
セミナーアジェンダ
• 昼の部 『OpenStack環境構築入門』
– OpenStack環境構築入門
– 『フルスタックエンジニアを目指す』ため
のOpenStack勉強術

http://virtualtech.jp/20140206-se...
セミナーアジェンダ
• 夜の部 『次世代の超高密度サーバの活
用法とは』
– 今すぐ使えるOpenStackサービス基盤ソ
リューション Metacloudのソリューション
のご紹介
– 新製品発表でさらに適用領域を広げたHP
Moonshot...
セミナー資料
• 下記URLにて公開
http://virtualtech.jp/20140206seminar/#20140206seminar

5
2種類のアンケート
• 事前アンケート
– セミナー申込時にアンケートを実施

• セミナーアンケート
– セミナー終了後にアンケートを実施
– ユーザと提案者(ベンダーやSierなど)で集
計

6
事前アンケート①
クラウド
基盤ソフト アの導入 況
ウェ
状

12
10

情報収集中
検討中
導入予定

77

N=99
7
事前アンケート②
システム検討での立場

22
56

社内に提案する
社内にアド
バイス

21

お客様に提案する

N=99
8
事前アンケート③
OpenStack ビジネスセミ
ナーヘの関心項目
0

10

20

30

40

46

OpenStackの概要
OpenStackの機能詳細
Amazon Web Servicesと
の違い
OpenStackの活...
セミナーアンケート①
Q1.ご自身のお立場を教えてく い
ださ
ユーザと て社内
し
に提案する

12
24

ユーザと て提案
し
を承認する

4

ユーザと て社内
し
にアド
バイスする

15

お客様に提案する

N=50
10
セミナーアンケート②−1
Q2. どのよう
な業務・
システムでクラウド
技
術を活 し
ユーザで集計)
用 ますか?(
0

5

10

15

ERPなどの業務基幹システム
CRMなどのSaaS型業務システム
Hadoopなどの並列分散処...
セミナーアンケート③−1
Q3.クラウド 用 する仮想インスタ
で使
ンスの
数を教えてく い(
ださ ユーザで集計)

3

3

100台未満

12

6

100台以上
500台以上
1,000台以上
5,000台以上

5

N=31...
セミナーアンケート④−1
Q4.クラウド
の導入 況を教えてく い
ださ
状
(
ユーザで集計)
全社的ITインフラと て
し
導入

6

7

/システム
特 定のアプリ
単位で導入
今後1年以内に導入予
定

6

8
4

中長期で導入...
セミナーアンケート⑤−1
Q5.クラウド
に期待するものは何ですか?
3つ選択(
ユーザで集計)
0
導入コ 削減
スト
管 コ 削減
理 スト
システムの柔軟性向上
セキュリ
ティ
ユーティ ティ ンピューティ
リ コ
ング
BCP/災害対策...
セミナーアンケート②−2
Q2. どのよう
な業務・
システムでクラウド
技
術を活 し
提案者で集計)
用 ますか?(
0

2

4

6

8

10

12

13

クラウド
サービス/ホスティ
ングサービス基盤

5

インタ
ーネ...
セミナーアンケート③−2
Q3.クラウド 用 する仮想インスタ
で使
ンスの
数を教えてく い(
ださ 提案者で集計)

4

6

2

100台未満
100台以上
500台以上

4

1,000台以上

5

5,000台以上
N=24
...
セミナーアンケート④−2
Q4.クラウド
の導入 況を教えてく い
ださ
状
(
提案者で集計)
全社的ITインフラと て
し
導入

2

5

4

/システム
特 定のアプリ
単位で導入
今後1年以内に導入予
定
中長期で導入を検討中

...
セミナーアンケート⑤−2
Q5.クラウド
に期待するものは何ですか?
3つ選択(
提案者で集計)
0
導入コ 削減
スト
管 コ 削減
理 スト
システムの柔軟性向上
セキュリ
ティ
ユーティ ティ ンピューティ
リ コ
ング
BCP/災害対策...
セミナーアンケート⑤
ユーザ集計と提案者集計で比
較
Q5.クラウド
に期待するものは何ですか?3つ選択
0

2

4

6

8

10

12

14

導入コ 削減
スト
管 コ 削減
理 スト
システムの柔軟性向上
セキュリ
ティ
ユ...
20
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「OpenStack最新情報セミナー」2014/2 アンケート集計結果

885 views
742 views

Published on

日本仮想化技術主催の「OpenStack最新情報セミナー」のアンケート集計結果です。

Published in: Technology, Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
885
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
23
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「OpenStack最新情報セミナー」2014/2 アンケート集計結果

  1. 1. OpenStackビジネスセミナー 2014年2月 アンケート集計結果 日本仮想化技術株式会社 玉置 伸行 ntamaoki@VirtualTech.jp
  2. 2. セミナー企画 • 日時:2月6日 14:00-17:00(昼の 部) 18:30-20:30(夜の部) • 場所:渋谷 石山記念ホール • 参加者:昼の部60名・夜の部60名 • 対象 – OpenStackに興味・関心のある方 2
  3. 3. セミナーアジェンダ • 昼の部 『OpenStack環境構築入門』 – OpenStack環境構築入門 – 『フルスタックエンジニアを目指す』ため のOpenStack勉強術 http://virtualtech.jp/20140206-seminar/ 3
  4. 4. セミナーアジェンダ • 夜の部 『次世代の超高密度サーバの活 用法とは』 – 今すぐ使えるOpenStackサービス基盤ソ リューション Metacloudのソリューション のご紹介 – 新製品発表でさらに適用領域を広げたHP Moonshot Systemのご紹介 – 新Opteronプロセッサーによるクラウド製 品戦略と今後 – Moonshot System対応ベアメタルプロビジョ 4 ニングのご紹介
  5. 5. セミナー資料 • 下記URLにて公開 http://virtualtech.jp/20140206seminar/#20140206seminar 5
  6. 6. 2種類のアンケート • 事前アンケート – セミナー申込時にアンケートを実施 • セミナーアンケート – セミナー終了後にアンケートを実施 – ユーザと提案者(ベンダーやSierなど)で集 計 6
  7. 7. 事前アンケート① クラウド 基盤ソフト アの導入 況 ウェ 状 12 10 情報収集中 検討中 導入予定 77 N=99 7
  8. 8. 事前アンケート② システム検討での立場 22 56 社内に提案する 社内にアド バイス 21 お客様に提案する N=99 8
  9. 9. 事前アンケート③ OpenStack ビジネスセミ ナーヘの関心項目 0 10 20 30 40 46 OpenStackの概要 OpenStackの機能詳細 Amazon Web Servicesと の違い OpenStackの活 事例 用 OpenStackによるハイブリ ド ッ クラウド 構築 OpenStack導入時の概要設計 OpenStack導入時のインフラ設計 OpenStack導入時の運 設計 用 OpenStackの機能拡張開発 OpenStack導入支援コ ンサルティ ングサービス OpenStackサポート サービス 36 25 9 60 55 58 57 45 30 50 51 55 56 N=99 70
  10. 10. セミナーアンケート① Q1.ご自身のお立場を教えてく い ださ ユーザと て社内 し に提案する 12 24 ユーザと て提案 し を承認する 4 ユーザと て社内 し にアド バイスする 15 お客様に提案する N=50 10
  11. 11. セミナーアンケート②−1 Q2. どのよう な業務・ システムでクラウド 技 術を活 し ユーザで集計) 用 ますか?( 0 5 10 15 ERPなどの業務基幹システム CRMなどのSaaS型業務システム Hadoopなどの並列分散処 基盤 理 1 0 6 学術/研究開発基盤 5 開発 境・ ステージング 境 環 環 DR/遠隔地バッ クアッ プ その他 1 4 25 20 クラウド サービス/ホスティ ングサービス基盤 インタ ーネッ 向けサービス基盤 ト 20 10 11 N=31 11
  12. 12. セミナーアンケート③−1 Q3.クラウド 用 する仮想インスタ で使 ンスの 数を教えてく い( ださ ユーザで集計) 3 3 100台未満 12 6 100台以上 500台以上 1,000台以上 5,000台以上 5 N=31 12
  13. 13. セミナーアンケート④−1 Q4.クラウド の導入 況を教えてく い ださ 状 ( ユーザで集計) 全社的ITインフラと て し 導入 6 7 /システム 特 定のアプリ 単位で導入 今後1年以内に導入予 定 6 8 4 中長期で導入を検討中 特 に予定はない N=31 13
  14. 14. セミナーアンケート⑤−1 Q5.クラウド に期待するものは何ですか? 3つ選択( ユーザで集計) 0 導入コ 削減 スト 管 コ 削減 理 スト システムの柔軟性向上 セキュリ ティ ユーティ ティ ンピューティ リ コ ング BCP/災害対策 オンデマンド サービス 信頼性向上 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使 用率 向上 ホスティ ング費 削減 用 標準化 既存システムの移行 その他 2 4 6 8 10 9 2 1 3 4 4 14 16 18 16 17 9 9 1 0 12 17 6 2 N=31 14
  15. 15. セミナーアンケート②−2 Q2. どのよう な業務・ システムでクラウド 技 術を活 し 提案者で集計) 用 ますか?( 0 2 4 6 8 10 12 13 クラウド サービス/ホスティ ングサービス基盤 5 インタ ーネッ 向けサービス基盤 ト ERPなどの業務基幹システム CRMなどのSaaS型業務システム Hadoopなどの並列分散処 基盤 理 0 2 3 3 学術/研究開発基盤 開発 境・ ステージング 境 環 環 DR/遠隔地バッ クアッ プ その他 2 3 15 14 10 N=24
  16. 16. セミナーアンケート③−2 Q3.クラウド 用 する仮想インスタ で使 ンスの 数を教えてく い( ださ 提案者で集計) 4 6 2 100台未満 100台以上 500台以上 4 1,000台以上 5 5,000台以上 N=24 16
  17. 17. セミナーアンケート④−2 Q4.クラウド の導入 況を教えてく い ださ 状 ( 提案者で集計) 全社的ITインフラと て し 導入 2 5 4 /システム 特 定のアプリ 単位で導入 今後1年以内に導入予 定 中長期で導入を検討中 6 2 特 に予定はない N=24 17
  18. 18. セミナーアンケート⑤−2 Q5.クラウド に期待するものは何ですか? 3つ選択( 提案者で集計) 0 導入コ 削減 スト 管 コ 削減 理 スト システムの柔軟性向上 セキュリ ティ ユーティ ティ ンピューティ リ コ ング BCP/災害対策 オンデマンド サービス 信頼性向上 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使 用率 向上 ホスティ ング費 削減 用 標準化 既存システムの移行 その他 2 1 4 8 10 12 9 9 2 2 2 14 16 14 10 3 1 1 0 6 5 5 8 N=24 18
  19. 19. セミナーアンケート⑤ ユーザ集計と提案者集計で比 較 Q5.クラウド に期待するものは何ですか?3つ選択 0 2 4 6 8 10 12 14 導入コ 削減 スト 管 コ 削減 理 スト システムの柔軟性向上 セキュリ ティ ユーティ ティ ンピューティ リ コ ング BCP/災害対策 オンデマンド サービス ユーザで集計 信頼性向上 提案者で集計 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使 用率 向上 ホスティ ング費 削減 用 標準化 既存システムの移行 その他 N=50 19
  20. 20. 20

×