「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」2013/09 アンケート集計結果
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」2013/09 アンケート集計結果

on

  • 585 views

日本仮想化技術主催の「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」のアンケート集計結果です。

日本仮想化技術主催の「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」のアンケート集計結果です。

Statistics

Views

Total Views
585
Views on SlideShare
585
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

CC Attribution-ShareAlike LicenseCC Attribution-ShareAlike License

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

    「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」2013/09 アンケート集計結果 「ビジネスユーザ必見!OpenStack最新情報セミナー」2013/09 アンケート集計結果 Presentation Transcript

    • OpenStackビジネスセミナー 2013年9月 アンケート集計結果 日本仮想化技術株式会社 玉置 伸行 ntamaoki@VirtualTech.jp
    • セミナー企画 • 日時:9月25日14:00-16:30 • 場所:渋谷 石山記念ホール • 参加者:60人 • 対象 – OpenStackを使ってクラウド環境の構築を 検討している方 – OpenStackを活用したビジネスを検討され ている方 2
    • セミナーアジェンダ • OpenStackで実現する エンタープライズクラウド • 仮想化専門コンサルタントが教える
 「成功するエンタープライズクラウド 環境構築のポイント」 • ZabbixによるOpenStack監視のご紹介 http://virtualtech.jp/20130925-seminar/ 3
    • セミナー資料 • 下記URLにて公開 http://virtualtech.jp/handout/#20130925seminar 4
    • 2種類のアンケート • 事前アンケート – セミナー申込時にアンケートを実施 • セミナーアンケート – セミナー終了後にアンケートを実施 – ユーザと提案者(ベンダーやSierなど)で集 計 5
    • 事前アンケート① 6 42 5 7 クラウド基盤ソフトウェアの導入状 況 情報収集中 検討中 導入予定 N=54
    • 事前アンケート② 19 11 24 システム検討での立場 社内に提案する 社内にアドバイス お客様に提案する 7 N=54
    • 事前アンケート③ 8 28 42 22 35 32 24 35 31 20 14 14 0 5 10 15 20 25 30 35 40 45 OpenStackの概要 OpenStackの機能詳細 Amazon Web Servicesとの違い OpenStackの活用 事例 OpenStackによるハイブリッドクラウド構築 OpenStack導入時の概要設計 OpenStack導入時のインフラ設計 OpenStack導入時の運用 設計 OpenStackの機能拡張開発 OpenStack導入支援コンサルティングサービス OpenStackサポートサービス OpenStack ビジネスセミナーヘの関心項目 N=54
    • 事前アンケート④ •個々のモジュールのアーキテクチャ •モジュール間の関連アーキテクチャ •機能の詳細レベルでの現状の差異 •将来的に差異は解消されるのかCloudStackとの比較 •構築時に気をつけること •Neutronの仮想ネットワーク管理機能の詳細説明ネットワーク •OpenStackで安心して使えるハイパーバイザは •マルチハイパーバイザの仕組みの解説ハイパーバイザ •BlockStorageでできること/できないこと •ObjectStorageでできること/できないことストレージ •認証の仕組みを詳細解説 •内部APIでAWS互換をサポートするのかその他 OpenStackの機能詳細として聞きたいこと
    • セミナーアンケート① 10 10 4 7 22 Q1.ご自身のお立場を教えてください ユーザとして社内 に提案する ユーザとして提案 を承認する ユーザとして社内 にアドバイスする お客様に提案する N=43
    • セミナーアンケート②−1 11 12 6 3 3 1 1 10 2 4 0 2 4 6 8 10 12 14 クラウドサービス/ホスティングサービス基盤 インターネット向けサービス基盤 ERPなどの業務基幹システム CRMなどのSaaS型業務システム Hadoopなどの並列分散処理 基盤 学術/研究開発基盤 開発環 境・ステージング環 境 DR/遠隔地バックアップ その他 Q2. どのような業務・システムでクラウド技 術を活用 しますか?(ユーザで集計) N=21
    • セミナーアンケート③−1 12 3 10 1 3 1 Q3.クラウドで使用 する仮想インスタンスの 数を教えてください(ユーザで集計) 100台未満 100台以上 500台以上 1,000台以上 5,000台以上 N=21
    • セミナーアンケート④−1 13 7 40 5 4 Q4.クラウドの導入状 況を教えてください (ユーザで集計) 全社的ITインフラとして 導入 特 定のアプリ/システム 単位で導入 今後1年以内に導入予 定 中長期で導入を検討中 特 に予定はない N=21
    • セミナーアンケート⑤−1 14 8 12 8 1 1 9 1 3 1 11 9 3 2 3 1 0 2 4 6 8 10 12 14 導入コスト削減 管理 コスト削減 システムの柔軟性向上 セキュリティ ユーティリティコンピューティング BCP/災害対策 オンデマンドサービス 信頼性向上 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使用率 向上 ホスティング費用 削減 標準化 既存システムの移行 その他 Q5.クラウドに期待するものは何ですか? 3つ選択(ユーザで集計) N=21
    • セミナーアンケート②−2 15 20 8 2 3 3 3 8 7 0 0 5 10 15 20 25 クラウドサービス/ホスティングサービス基盤 インターネット向けサービス基盤 ERPなどの業務基幹システム CRMなどのSaaS型業務システム Hadoopなどの並列分散処理 基盤 学術/研究開発基盤 開発環 境・ステージング環 境 DR/遠隔地バックアップ その他 Q2. どのような業務・システムでクラウド技 術を活用 しますか?(提案者で集計) N=22
    • セミナーアンケート③−2 16 1 121 4 2 Q3.クラウドで使用 する仮想インスタンスの 数を教えてください(提案者で集計) 100台未満 100台以上 500台以上 1,000台以上 5,000台以上 N=22
    • セミナーアンケート④−2 17 3 7 1 6 3 Q4.クラウドの導入状 況を教えてください (提案者で集計) 全社的ITインフラとして 導入 特 定のアプリ/システム 単位で導入 今後1年以内に導入予 定 中長期で導入を検討中 特 に予定はない N=22
    • セミナーアンケート⑤−2 18 5 9 10 4 2 6 7 3 1 11 6 1 5 2 1 0 2 4 6 8 10 12 導入コスト削減 管理 コスト削減 システムの柔軟性向上 セキュリティ ユーティリティコンピューティング BCP/災害対策 オンデマンドサービス 信頼性向上 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使用率 向上 ホスティング費用 削減 標準化 既存システムの移行 その他 Q5.クラウドに期待するものは何ですか? 3つ選択(提案者で集計) N=22
    • セミナーアンケート⑤ ユーザ集計と提案者集計で比 較 19 0 2 4 6 8 10 12 14 導入コスト削減 管理 コスト削減 システムの柔軟性向上 セキュリティ ユーティリティコンピューティング BCP/災害対策 オンデマンドサービス 信頼性向上 性能向上 環 境構築の自動化 資源の使用率 向上 ホスティング費用 削減 標準化 既存システムの移行 その他 Q5.クラウドに期待するものは何ですか?3つ選択 ユーザで集計 提案者で集計 N=43
    • 20