Your SlideShare is downloading. ×
0
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

ブロードバンドタワー様講演 OpenStack最新情報セミナー 2014年4月

8,866

Published on

講師:ブロードバンドタワー社 西野様 …

講師:ブロードバンドタワー社 西野様
日時:2014/04/10
タイトル:SDNなう 〜ユーザ側から見たSDN〜
概要:
- SDN IXを目指す理由
- OpenStackに期待すること
- SDNプロダクト紹介
- 予告

Published in: Technology
0 Comments
14 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
8,866
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
13
Actions
Shares
0
Downloads
198
Comments
0
Likes
14
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. OpenStack最新情報セミナー 『ネットワーク仮想化最新動向』 ~ SDI をめざして~ SDNなう ~ユーザ側から見たSDN~ 株式会社ブロードバンドタワー Cloud&SDN研究所 西野大 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 1
  • 2. ご注意(Disclamer) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 2 当プレゼンテーションに含まれる内容などは、 「個人的な見解」も 多分に含まれており、 登場する各組織などの見解とは 異なる可能性があります。 とくに、プロダクトについては、原点にあたるようにお願いいたし ます。
  • 3. もくじ  自己紹介 & 会社紹介 & 研究所紹介  SDN IX を目指す理由  OpenStackに期待すること  SDIプロダクト紹介  予告 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 3
  • 4. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 4
  • 5. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 5 この20年くらい やってきたこと
  • 6. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 6 日本の商用インターネットの 黎明期からいろいろと ※黎明期:1994年ごろ
  • 7. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 7 1994年 日本初の 個人向け商用ISPの 起ち上げ ※ISP:インターネットサービスプロバイダ
  • 8. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 8 1996年 弊社の親会社の インターネット総合研究所の 起ち上げ ※厳密には「親会社だった」 東証マザーズ上場 第一号 (2000年)
  • 9. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 9 1997年 日本初の 商用インターネットエクスチェンジ の 起ち上げ
  • 10. 自己紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 10 なう 株式会社ブロードバンドタワー Cloud&SDN研究所 所長 執行役員 ITチーム統括
  • 11. 自己紹介 にしのだい(西野大) 1967年6月1日生まれ(46歳) 1994年:個人向けISP「リムネット」 の起ち上げ ↓ 1996年:(株)インターネット総合研究所 の起ち上げ ↓ 1997年:日本インターネットエクスチェンジ(株) の起ち上げ・日 本初の商用IX ↓ (中略) ↓ 現在: (株)ブロードバンドタワー Cloud&SDN研究所 所長(現職) 日本インターネットエクスチェンジ(株) 取締役 (現職) @DaiNishino OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新11 Apr 2014 11
  • 12. 弊社 紹介 Cloud&SDN研究所 紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 12
  • 13. 会社概要 会 社 名 設 立 所 在 地 資 本 金 事 業 内 容 代 表 者 売 上 高 株式 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 13
  • 14. 事業内容 コンピュータプラットフォーム 事業 コロケーションサービス 大規模地震に備えた耐震建物に、 安定した電源供給設備や運用・ 監視システムを設置し、安全で 快適なサーバの運用環境を提供 ネットワークサービス 大容量、高速かつ安定した インターネット接続を提供 クラウドサービス ITリソースを、必要な時に必 要な分だけ利用可能なクラウド サービスを提供 プロダクトサービス EMC社Isilonストレージの製品販 売 およびサポート・サービスを提供 Eコマースプラットフォーム事 業 ECサイト構築・運用サービ ス ECシステムの構築、決済から物 流まで、ECサイトの運営に必要 な機能・サービスをワンストップ で提供 ファッションECサイト運営 取扱いブランド80以上、月間平均 40万PV以上を誇る自社サイト運 営 ブロードバンド配信サービス 高性能な配信システムを用い、映 像や音楽コンテンツの配信サービ スを提供 (連結子会社ビービーエフ) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 14
  • 15. 所属組織概要 Cloud&SDN研究所  2014年09月20日設立  株式会社ブロードバンドタワーの内部組織  代表取締役CEO社長兼会長の直轄  研究所所長 : 西野大  ユーザの立場でクラウドとSDNのユースケースを研 究 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 15
  • 16. OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 当研究所では・・・、 を作ろうと考えています。 IX = Internet eXchange 11 Apr 2014 16
  • 17. WIDEプロジェクトとの協同研究 WIDEプロジェクト DIX−IE チームと連携し、 SDN IXに関する研究開発を推進  中村 修 先生 • 慶應義塾大学 教授 • IRI取締役 • NSPIXPの起ち上げ  関谷 勇司 先生 • 東京大学 情報基盤センター准教授 • CloudおよびSDN技術の研究者 • DIX-IE運用担当  門林 雄基 先生 • 奈良先端科学技術大学大学院 准教授 • NECOMAプロジェクト日本代表 ITU-T セキュリティSGラポータ(議長) • サイバーセキュリティ研究者 • SDN-IX用プログラム開発:研究スタッフをアサイン 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 17
  • 18. 2014年2月のプレスりリース OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 DIX-IEのBBTower拠点を 開設 11 Apr 2014 18
  • 19. DIX-IEとは? DIX-IE=Distributed Internet Exchange In Edo WIDEプロジェクトが行っているIXの実証実験 – 1994年〜 商用ISPと実証実験を開始 – 2003年〜 DC間をDFで接続=分散IXの実証実験 JPIXは、この成果を商用化 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 19 WIDE KDDI 大手町 NTT- COM 大手町 MIND 西大井 丸紅 人形町 @Tokyo 豊洲
  • 20. SDN IX をめざす理由 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 20
  • 21. なぜIXでSDN? 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 21 動機その1
  • 22. ところで、御存知でしょうか? 先月(2/10)、非常に激しい DDoS攻撃が発生した模様 過去最大級のDDoS NTP 増幅攻撃 ITmediaより http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1402/13/news043.html#l_dds01.jpg OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新11 Apr 2014 22
  • 23. ISP IXにおけるDDoS攻撃流入 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 ISP ISP ISP ISP ISP IX 複数ISPからIXを経由して攻撃トラフィックが流入 ↓ ISPが輻輳(帯域を圧迫) 「ISP一社ごとでは 防ぎきれないトラフィック量」 ・・・某DC担当者 談 ↓ ISPへの流入前の IXレベルでの防御が必要 ↓ – 既存のIXでは、 ホスト単位の経路制御的 11 Apr 2014 23
  • 24. OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 IXのコアスイッチで SDN(OpenFlowを用いて DDoS対策 11 Apr 2014 24
  • 25. なぜIXでSDN? 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 25 動機その2
  • 26. IXP 新規 xSP IX接続に必要なリソースを考えてみる 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 26 xSP Internet 上流ISP xSP xSP IX switch BGPエンジニ ア BGPルータ IX接続用回線 BGPルータ IX用コロケーショ ン IPアドレス AS番号 IXへの接続例高 い! 高 い! 高 い! 高 い! 稀少種? 入手困難 ピアリン グ への不 安? かなりの投資! 必要なモノが多す ぎ!?
  • 27. さらなる「悩み」・・・ IX接続によるコストダウン効果・・・ 「IX接続でのトラフィッ ク」は、 実際につなげてみなければ わからない 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 27 「大変な割には、投資効果 が 事前にわかりにくい」
  • 28. IXにクラウドを直結し仮想ルータを使 う 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 28 xSP IX switch IXP仮想ルータホスティ ング xSP xSP xSP 仮想経路サーバ IXP-AS ルータ xSP xSP xSP 仮想BGPルータ IX接続の 投資コストを下げるために 仮想ルータを使用
  • 29. 新規 xSP オーバレイによるIXへの接続 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 29 xSP Internet 上流ISP xSP xSP IX switch IPアドレス AS番号 仮想BGPルータ 仮想トンネルルー タ IXP-AS トンネル接 続 IXP仮想ルータホスティ ング IX接続を 段階的に行うために オーバーレイを使用
  • 30. サマリ:IXにおけるSDNへの期待 「IX」を変えたい・・・ 1. 「新しい機能(DDoS対策など)」を導入した い 2. 「もっと簡単に」接続にしたい 3. 「とりあえず試しに」接続したい 4. 「REST API」で動作するIXはかわいい (?) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 30 IX接続のカジュアル化 を SDNで実現する (予 定)
  • 31. OpenStackに 期待すること 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 31
  • 32. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 32 みなさん、なぜ? OpenStack なのですか?
  • 33. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 33 ・・・というのも、私が ユーザ VMware ユーザ だからなのですが・・・。
  • 34. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 34 「お前は敵だ!帰れ!」 ・・・とか言って、石を投げないで下さいね。
  • 35. Vmware の使い方 – 研究所で使う諸々のシステムのプラットフォーム – 諸々のソフトウエアの評価 – OpenStackの評価にも・・・ 一人のユーザとして実践的に幸せになるか、 常に確かめています。 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 35
  • 36. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 36 当研究所での社内インフラ vSphere上で動作 仮想ルータが20台以上
  • 37. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 37 Nested VM in VMware ・・・ 重宝しますね ※ Promiscuous Modeの罠には気をつけて 当研究所での評価環境
  • 38. Vmware の使い方  研究所で使う諸々のシステムのプラットフォーム  諸々のソフトウエアの評価  OpenStackの評価にも、もちろん! 研究所では、一人のユーザとして幸せになれる か、 実践的に確かめながら日々暮らしています。11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 38
  • 39. AWS を使っていて嬉しいこと 1. ぐぐると何でも情報がでてくる → 集合知だね! 2. エバンジェリストがいろいろと教えてくれる 3. 「この機能が足りないなあ」と思っていると、 いつも応えてくれる(AWSはドラえもん?) 4. いつでも撤退可能と思うと気が楽なインフラ (ハードのメンテも飽きてきたし・・・) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 39
  • 40. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 40
  • 41. AWSを使っていて悲しいこと 1. 課金が毎月ドキドキ 1. インフラ屋からすると、この月々のランニング だったら、 「あのサーバを買えるなあ」と考えてしまう 2. もうちょっとネットワークで融通がきくといいの に (VPCとか、ルーティングとか、IPv6とか) 3. 「セキュリティが何となく気になる」と社内で言11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 41
  • 42. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 42 と は便利だし、好きです し、 素晴らしいと思いますが・・・。 同じようなものを手元に欲し い ・・・と思うのは人情 手元にあったら(タダで)あんなことやこんな ことをー
  • 43. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 43 オープン プロプライタリ パブリックプライベート
  • 44. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 44 第三軸としての OpenStack
  • 45. SDIプロダクト紹介 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 45
  • 46. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 46 なぜ? SDNではなくて・・ SDIなんですか? SDI = Software Defined Infrastructure
  • 47. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 47 教科書に出てくるような時代:「電子計算機」 の場合 計算機の基本構成要素 演算・制御記憶 入力・出力
  • 48. HDD/SSD記憶 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 48 パソコン時代:スタンドアロンの場合 コンピュータ CPU ネットワー ク ディスプレ イ キーボード マウス 演算・制御 入力・出力
  • 49. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 49 スマホ時代:ディスプレイなどはクライアント 側に コンピュータ サーバ CPUHDD/SSD ネットワー ク ディスプレ イ キーボード マウス
  • 50. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 50 クラウド時代:今時の表現にしてみる サーバ ComputingStorage NetworkingCPUHDD/SSD ネットワー ク
  • 51. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 51 クラウド時代:「スケールアウト」 サーバ NetworkingStorage ComputingComputingStorage Networking
  • 52. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 52 クラウド時代:「スケールアウト」 NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage
  • 53. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 53 集中管理:リソースの仮想化&抽象化 NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage
  • 54. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 54 バズワード化 NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage
  • 55. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 55 ありゃ なんか違っ? 世の中、こんなキレイにモデル化できるわけがない
  • 56. Networking 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 56 ネットワークは至る所に存在する NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage NetworkingNetworking
  • 57. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 57 そう! The Network is The Computer Sun Microsystems を覚えていますか?
  • 58. Networking 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 58 現実的に、SDNのカバレッジは広いこと NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage NetworkingNetworking
  • 59. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 59 SDNのプロダクトへの理解での混乱を招く原因 NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage NetworkingNetworking
  • 60. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 60 この現実を表現するための新しいキーワードが 必要 NetworkingStorage Networking Networking Networking Networking Networking Networking Networking Computing Computing Computing Computing ComputingStorage Storage Storage Storage NetworkingNetworking
  • 61. SDIプロダクト紹介  SDNハードウエア: OpenFlowスイッチ  SDNソフトウエア: OpenFlowスイッチ OpenFlowコントローラ  SDNソフトウエア: エッジオーバーレイ  SDNソフトウエア: 仮想ルータ  SDNソフトウエア: オーケストレータ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 61
  • 62. SDNハードウエア OpenFlowスイッチ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 62
  • 63. NEC • ONF参加:2008年〜 (Open Network Consortium 以前から参画) • 「ProgrammableFlow」のブランドで展開 • OpenFlowのトップベンダー • 実績: 100社以上の導入実績 • OpenFlow対応: 1.3.1 • 主要ラインアップ: – UNIVERGE PF5240 ・・・ 1GbE ×48 +10GbE ×4 – UNIVERGE PF5459 ・・・ 1GbE ×48 +40GbE ×4 • その他:(社)沖縄オープンラボラトリ をNTT-COMと共 に設立 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 63
  • 64. Pica8 • 会社設立: 2009年 (US、開発センターは北京) • ONF参加: 2009年 • 社員数: 50名前後 • Broadcom社製ASICを使用 • L2とのハイブリッド・モードあり • 実績: NZでのInternet eXchange (プロジェクトCardigan) で採用 • 主要ラインアップ – P-3290 ・・・ 1GbE ×48 + 10GbE ×4 – P-3920 ・・・ 10GbE ×48 + 10GbE ×4 • OS: LinuxベースのPICOSで動作 • 日本国内取り扱い: NCLC(1次) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 64
  • 65. Centec • 会社設立: 2005年 (中国) • ONF参加: 2012年 • 独自ASIC • OpenFlow オンリースイッチ • OpenFlow 1.3に対応 • 主要ラインアップ: – V330・・・1GbE × 48 + 10GbE ×4 – V550・・・1GbE × 48 + 10GbE ×4 (?) • オール10Gは、2014年リリース予定 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 65
  • 66. NoviFlow • 会社設立: 2012年(カナダ) • ONF参加: 2012年(カナダ企業では初) • ASICを使用せずネットワークプロセッサNP-4を使用 • L2〜L7に対応可能 • 他社と比較して最大フロー数が大きいことが特徴 • OpenFlow: 1.3 • 主要ラインアップ – NoviSwitch 1132 ・・・ 1GbE ×22 + 10GbE ×22 – NoviSwitch 1248 ・・・ 1GbE ×28 + 10GbE ×20 • 日本国内取り扱い: NVC 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 66
  • 67. Pluribus Networks • 会社設立: 2010年(US) • ONF参加: 参加せず • 2014年2月までステルスモードで活動 • OpenStack、vSphere のコントローラとして動作 • サーバ型ネットワークコントローラとスイッチ • OpenFlow対応: 不明 • 主要ラインアップ – Freedom Server Switch E68M: 10GE x48 + 40GE x6 (1Uサーバ) – Freedom Server Switch F64M: 10GE x44 + 40GE x4 (2Uサーバ) • 日本国内取り扱い: 日商エレクトロニクス 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 67
  • 68. ARISTA • 会社設立: 2004年(US) • ONF参加: あり • Broadcom社製ASICを使用。Intel社製ASIC使用のラインアップも あり。 • オープンアーキテクチャが人気 • VXLANへの注力、VmwareなどクラウドOSとの連携が売り。 • OpenFlow: 1.1(正式な情報なし) • • 主要ラインアップ – ToR向けBox型以外にChasisをラインアップ – 7050S ・・・ 10GbE ×48 + 40GbE – 7050QX ・・・ 40GbE ×32(Trident2チップを使用) • その他: オライリー本が出版されている @_@ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 68
  • 69. DELL (Force 10 networks) • 会社設立: 1999年(US、Force10Networks社として) • ONF参加: あり • F10社は、10GbEを最初に出荷したベンダ • F10社をDELLが買収 • OpenFlower対応: 1.0 (2014年中に1.3に対応予定) • 主要ラインアップ – S4820T ・・・10GbE ×48 + 40GbE × 4 – S6000 ・・・40GbE ×32 • OS: NetBSDベースのOSであるFTOS • Cumulus Linux の動作確認済み 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 69
  • 70. HP • 会社設立: 1939年 • ONF参加: 設立メンバとして参画 • 「ネットワークの聖域化を排除」 • OpenFlow対応バージョン: 1.0 • 主要ラインアップ: – HP2920 ・・・ 1GbE ×48 + 10GbE ×4 – HP3800 ・・・ 1GbE ×48 + 10GbE ×4 – HP5400 ・・・10GbE ×48 + 40GbE ×4 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 70
  • 71. IBM • 会社設立: 1911年(US) • ONF参加: あり • OpenDayLight に参画 • BradeNetworks買収 (2010年) • 主要ラインアップ – G8052 ・・・ 1GbE ×48 + 10GbE ×4 – G8264 ・・・ 10GbE ×48 + 40GbE ×4 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 71
  • 72. Juniper Networks • 会社設立: 1996年(US Sannycale) • ONF参加: あり • 2012年より「SDNのリーダとなるべく注力」と宣言 • OpenFlow対応は、今ひとつの感? • OpenFlow対応: 1.0 • 主要ラインアップ – ルータ: MX80、MX240、MX480 で対応 – スイッチ: EX9200 で対応 ※ただし、EX3xxxxシリーズ、EX4xxxシリーズでは対応しない • OS: Junos で動作(FreeBSDベース) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 72
  • 73. Brocade • 会社設立: 1995年(US) • ONF参加: あり • OpenDayLight参加: • SDNでは、vyattaの買収 • OpenFlow対応バージョン: 1.0 (wwwでは1.3に対応と表記) • 主要ラインアップ: – ICX6450 ・・・ 1GbE ×48 + 10GbE ×4 – ICX6710 ・・・ 10GbE ×56 or 10GbE ×32 ※ライセンス購入で高速ポート数が増加する形式 – NetIron および Fabric SW で対応 – MLX での対応予定(2014年内) – VDX での対応予定(2015年内) 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 73
  • 74. Cisco Systems • 会社設立: 1984年(US SanJose) • ONF参加: あり • SDNソリューションとして、「onePK」を展開 • OpenFlowコントローラである OpenDaylight プロジェクト の 中心的なメンバ • OpenFlow: 1.0 • 主要ラインアップ – Catalyst3750-48T ・・・ 1GbE ×48 – Catalyst3750-48T ・・・ 10GbE ×48 – ・・・・ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 74
  • 75. SDNソフトウエア OpenFlowスイッチ OpenFlowコントローラ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 75
  • 76. OpenvSwitch 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 76 • Linuxカーネル実装の仮想スイッチ • Linux 3.3 以降標準 • XenServer、OpenStack内仮想ネットワーク • UserSpaceにても実行は可能 • L2/L3スイッチ機能 • Bonding/STP/VXLAN等多数を実装 • OpenFlowスイッチのベースとなる事例 • ovs-ofctl • OpenvSwitch 用コントローラ
  • 77. Lagopus  Linuxカーネル実装の仮想スイッチ • O3プロジェクトにて、NTT未来ネット研究所が開発 • OpenFlowスイッチ  特徴 • 10万行のフローテーブルで、10Gbpsのワイヤレートが 可能 • http://www.ntt.co.jp/news2013/1312/131209a.html • オープンソースになるという情報あり • ツイッターアカウント @lagopusvswitch  O3プロジェクト • NEC、NTT、NTT-COM、富士通、日立 の五社による 研究開発プロジェクト(2013年9月から) • 通信事業者のネットワークのSDN化をめざす 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 77
  • 78. OpenFlowコントローラ  NOX • Nicira発 • C++による実装  POX • Phythonによる実装  Trema • 高宮安仁 氏 (Trema開発チーム) • RubyとCによる実装  Ryu • NTT研究所 • Phythonによる実装 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 78
  • 79. OpenDaylight 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 79 • ベンダ連合軍によるオープンなSDN実装 • Linux Foundation 推奨 • OpenFlow、OpenvSwitchDB、NFV 標準作成 • 管理API/CLI/GUI設計 • クラウド管理 (OpenStack) 連携 • DDoSセキュリティ対策 • 2013年4月: 設立 • 2014年2月: 最初のリリース (Hydrogen) • Javaベースに実装
  • 80. SDNソフトウエア エッジオーバーレイ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 80
  • 81. midokura 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 81 詳しくは省略 高嶋氏のプレゼンテーションを参照下さい
  • 82. VMware NSX 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 82  エッジオーバーレイ型  Nicira を買収 • Nicira NVP → VMware NSX  各プロダクトの連携 • ネットワーク : VXLAN製品 • 仮想サーバ : Xen/KVM/VMware ESXi • 構成管理 : OpenStack/CloudStack/VMware  ONF参加 • NSX, Distributed Switch をONFとして登録
  • 83. Stratosphere 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 83  エッジオーバーレイ型 • GRE-TAP/VXLAN/NVGRE • OpenStack/KVM/VMware 対応  統合環境 OmniSphere Platform を提供 • Engine • 接続機器情報管理の端末 • SwitchNode • トンネルの終端と中継の端末 • Switch/Access point • 接続情報に基づきアクセスコントロールする機器  開発会社概要 • IIJとACCESSの50:50のJV • CEOは浅羽登志也氏、CTOは石黒邦宏氏 • 社名は、「Cloud(雲)の上を行く」ということで成層圏の 意味
  • 84. OpenVNet 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 84 • エッジオーバレイ型OpenFlow • Mac2MAC/GREにてトンネリング • Trema-edge (OpenFlow1.3) + OpenvSwitch • 仮想スイッチ、ルータ、ゲートウェイ機能 • OpenVNetエージェントを対象にインストール • IaaSに内蔵するよりも独立したプロダクトへ • エージェントにてパケットをコントロール • オープンソース • 山崎泰宏氏@あくしゅ • Wakame-VDCから別パッケージ化
  • 85. SDNソフトウエア 仮想ルータ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 85
  • 86. Brocade Communications Systems Vyatta (Vyatta:サンスクリット語で「みんなの」 の意)  仮想ルータの先駆け:200X年〜  日本ではコミュニティが活発:日本Vyattaユーザ会  Linux GNU/Debianベースのdisributionとしてスタート  Vyatta, Inc. によってメンテナンスされていたが、 2012年にBrocade社により買収  プロダクト版: Vyatta SE → Vyatta 5400 vRouter シリーズ  コミュニティ版: Vyatta Core → サポートの打切 ※評価版は、60日間のライセンスで容易に取得可能  日本国内の取り扱い:CTC社 NetWorld社 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 86
  • 87. Vyattaとは?  x86アーキテクチャ  Debian Linux ベース  オープンソースソフトウ エア  独自CLI(GUI)・API  設定ファイルの一元管理 仮想ルータ アプライアンス コミュニティ版は無償で提供 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 87 CLI/GUI x86アーキテクチャ (汎用PC・仮想化インフラ) Debian Linux Distribution API Quagga(routing) iptable(FW・NAT) DHCP/DNS SNMP OpenVPN ・・・ 設定ファイル
  • 88. Juniper Networks Firefly Perimeter  Juniper社のハードウエアファイヤウォールSRX の 仮想化アプライアンス  Firefly Suiteの一部  2014年1月に発表  FireFly は 「ホタル」の意味  Boot メッセージから、BSDベースと推測 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 88
  • 89. Cisco Systems Cisco CSR1000v  Cloud Service Router の略らしい • 弩級ルータCRS-1とごっちゃにしてはいけない • 間違っても、Cell Switch Router の略ではない  評価版をダウンロード可能 • ISOイメージ/OVAフォーマットで提供 • Cisco.com へ登録・ログインすればダウンロード可能 • Download > Products > Cloud Service Router > Cisco Cloud Services Router 1000V Seiries  Boot メッセージから Linuxベースと推測 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 89
  • 90. VyOS VyOS  Vyatta Core 6.6R1 から fork したプロジェクト  Vyatta独自の道を歩み始めている  最新版: Rev1.0.2 (Hydrogenリリース → 次は Helium)  ライセンスはGPL  URL: http://vyos.net/wiki/Main_Page  日本のユーザグループも開設(2014年4月) • http://vyos-users.jp/  Vyatta Users Meeting での日下部さんのSlideShare • http://www.slideshare.net/higebu/vyatta-users-meeting-spring- 2014-vyos 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 90
  • 91. SDNソフトウエア オーケストラレータほか 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 91
  • 92. Cisco XNC 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 92  eXtensive Network Controller (XNC) • OpenFlow1.0, OnePKのコントローラ  OpenDaylight のOpenFlowがベースの商用版 • Ciscoのプロダクト (OpenDaylightはコミュニティ 製) • コントローラに付随したアプリケーション群 • 認証機能/フロー・スライス・トポロジ管理  Cisco NX-OS (Nexus) にてサポート • 主にデータセンタ用ラインアップ
  • 93. OpenContrail 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 93  Contrail社の買収と技術のオープン化  オーバーレイ技術 • Contrail仮想ルータ/物理ルータ間にてトンネリン グ • OpenStack等のComputeNodeへ仮想ルータを組込む • MPLS over GRE (or VXLAN)  Proactive 制御 ⇔ Reactive (End-to-End OpenFlow) • XMPP のメッセージングによる仮想ルータの制御 • BGP+Netconf 物理ルータの制御 • インターネット出口となるであろうルータの制御
  • 94. PLUMgrid 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 94  ネットワーク機能の仮想化と配置 • Network Function Virtualization (NFV) • Firewall/Router/Load Ballancer機能の仮想化 • サービスチェイニング • 広義のSDN  エッジサーバへのインストールにて • Neutron Plugin/vCenter Plugin  GUI 操作で仮想ネットワークを管理  2013年6月にステルスモード解除
  • 95. SDNプロダクト紹介 サマリ 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 95
  • 96. サマリ(感想)  大手ネットワーク製品ベンダの対応  仮想ルータ: 有名どころプロダクトが出そろった感  OpenFlowスイッチ: 大手ベンダの対応は消極的な印象  OpenDayLightプロジェクト:大手ベンダが結集したのは驚き  全般に自社製品とのカニバリゼーションを恐れてか慎重? とはいえ、クラウドのマーケットを無視できない模様  プロプラエタリな管理ソリューションが百花繚乱  その他  OpenFlowのバージョン1.3の対応は、各社とも苦戦?  OSSコミュニティもがんばっている模様 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 96
  • 97. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 97 大手ベンダさんの取り組みをみていると 「なにか違うぞ」感が 俺がほしかったのはコレぢゃない。
  • 98. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 98 本質的に欲しかったモノ: ネットワーク機材の 集中管理のための オープンテクノロジ ベンダロックインされない標準化と相互接続性
  • 99. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 99 集中管理のオープンテクノロジが生まれないと、 「Expect最強」伝説 が再び語られることに? そんなのヤだー!
  • 100. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 100 SDNという 完成されたプロダクトが ある という誤解
  • 101. 問:プロダクトが完成していない時の 対応 1. 「あとで取り組もう」と考えて、「様子を みる」 ユースケースやノウハウが確立していない プロダクトが多いのであれば、こなれるま で待つ 2. 「チャンス」と考えて、「前に進む」 各社のデプロイが進んでいないなら、大変 かもしれないが、取り組みを始めるのに好 機 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 101
  • 102. 問:プロダクトが完成していない時の 対応 1. 「あとで取り組もう」と考えて、「様子を みる」 ユースケースやノウハウが確立していない プロダクトが多いのであれば、こなれるま で待つ 2. 「チャンス」と考えて、「前に進む」 各社のデプロイが進んでいないなら、大変 かもしれないが、取り組みを始めるのに好 機 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 102
  • 103. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 103 だからこその OpenStackへの期待 ノウハウや情報を積極的に交換して、 コミュニティを盛り上げていきましょう。
  • 104. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 104 もしかしたら、 今すぐ必要な SDN IXは、 SDN Information eXchange なのかもしれません。
  • 105. 告知 「SDI ShowCase」 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 105
  • 106. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 106 Interop Tokyo 2014
  • 107. Interop とは? 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 107  国内最大級のネットワークコンピューティングイベ ント  出展者・・・約300社  来場者・・・約14万人(2013年実績)  6月 9日(月)〜10日(火) ・・・カンファ レンス(東京)  6月11日(水)〜13日(金) ・・・展示会 (幕張)  相互接続テストを行うライブネットワーク
  • 108. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 108  ShowNet で VXLAN の相互接続を実施  SDN IXのプロトタイプが稼働  SDI ShowCase では、40社以上の出展者が参集 Interop Tokyo 2014 の見所
  • 109. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 109 本日のセミナーで、物足りなければ SDI ShowCase ・・・に御来場下さい!
  • 110. 11 Apr 2014 OpenStack最新情報セミナー『ネットワーク仮想化最新 110 では、みなさん、 「続きは Interop で」 See You Again !

×