Jujuを1台のサーバで動かす(LXC local providerモードでの利用)

8,890
-1

Published on

Ubuntu Jujuを1台のサーバで動かすための手順書です。
1.Ubuntu Server 12.04.3のインストール
2.Ubuntu Serverのアップデート
3.Ubuntu Jujuのインストール
・ユーザーの認証鍵を作成
・リポジトリの追加
・Ubuntu Jujuのインストール
・local動作モードに切り替えてJujuを実行状態にする
・Juju GUIの利用

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
8,890
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
24
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Jujuを1台のサーバで動かす(LXC local providerモードでの利用)

  1. 1. jujuを1台のサーバーで動かす(LXC local providerモー ドでの利用) (バージョン2013/11/29 rev.05) ! ■手順概要 1.Ubuntu Server 12.04.3のインストール -ホームディレクトリは暗号化せずにインストール -必要に応じてIPアドレスの固定化 -必要に応じてubuntu-desktopのインストール 2.Ubuntu Serverのアップデート 3.Ubuntu Jujuのインストール https://juju.ubuntu.com/docs/config-local.html ! ※ただし、jujuの実行には予め認証 ・ユーザーの認証 の用意が必要なので、ユーザーの認証 を作成 を作成 $ ssh-keygen -t rsa -b 2048 ! ・リポジトリの追加 $ sudo aptitude install python-software-properties $ sudo add-apt-repository cloud-archive:tools #ppa追加 $ sudo aptitude update ! ■参考 追加したリポジトリについて https://wiki.ubuntu.com/ServerTeam/CloudToolsArchive ! ・Ubuntu Jujuのインストール $ sudo aptitude install juju-local juju-quickstart #1台構成時はjuju-localをインストール $ juju generate-config ! !
  2. 2. ・※行のコメントアウトを外す $ vi .juju/environments.yaml (略) ## https://juju.ubuntu.com/docs/config-local.html local: type: local admin-secret: 7104d1e0cfa3efe41dd0f620ee2011e6 # Override the directory that is used for the storage files and database. # The default location is $JUJU_HOME/<ENV>. # $JUJU_HOME defaults to /.juju ※root-dir: /.juju/local # Override the storage port if you have multiple local providers, or if the # default port is used by another program. ※storage-port: 8040 # Override the shared storage port if you have multiple local providers, or$ # default port is used by another program. ※shared-storage-port: 8041 # Override the network bridge if you have changed the default lxc bridge ※network-bridge: lxcbr0 ! ブリッジ接続用のNIC(br0)を作ってnetwork-bridgeに指定することで、ユーザーのネット ワークでUbuntu Jujuを管理することができます。 ! ・local動作モードに切り替えてJujuを実行状態にする $ juju switch local #local動作モードに切り替え $ sudo juju bootstrap ! ■参考 Jujuのその他環境向け設定など https://juju.ubuntu.com/docs/getting-started.html ! Jujuのリセット ・sudo juju destory-environmentコマンドの実行 ・/etc/lxc/auto配下の設定ファイルを削除 ・/var/lib/lxc配下のディレクトリを削除 !
  3. 3. ! ■Juju GUIの利用 Juju GUIはコマンドではなくGUIの操作で必要なチャームを追加できる、ブラウザアプリケー ションベースのツールです。端末で「juju-quickstart」コマンドを実行すると、残りの作業を 自動的に行うことができます。 ! $ juju-quickstart juju quick start v0.4.2 bootstrapping the local environment (type:local) sudo privileges required to bootstrap the environment (略) connecting to wss://172.17.14.27:17070 (略) charm URL: cs:precise/juju-gui-80 (略) juju-gui/0 is ready on machine 1 url: https://172.17.14.113 password: juju done! $ ! 自動的にブラウザが起動するので、標準出力されているパスワードでJuju-GUIにアクセスして ください。 ! ■参考 チャームの説明や情報など https://manage.jujucharms.com/charms ! ! !
  4. 4. ・コマンドを実行して、statusを確認する $ juju status environment: local machines: "0": agent-state: started agent-version: 1.16.3.1 dns-name: 10.0.3.1 instance-id: localhost series: precise "2": agent-state: pending instance-id: ginjiro-local-machine-2 instance-state: missing series: precise services: juju-gui: charm: cs:precise/juju-gui-80 exposed: true units: juju-gui/0: agent-state: pending machine: 2" ! ・デプロイしたシステムが起動するとjuju statusでアクセスするIPアドレスが起動する services: juju-gui: charm: cs:precise/juju-gui-80 exposed: true units: juju-gui/0: agent-state: pending agent-version: 1.16.3.1 machine: "2" public-address: 10.0.3.194 !
  5. 5. ・ブラウザでそのIPアドレスにアクセス ・ログイン画面が表示される ! ・ユーザー名は入力済みのものを利用し、 パスワードは 「 /.juju/enviroments.yaml」に書かれて いる「admin-secret: xxxx」のパスワード を入力 ! ! ! ! ! ! ! ・ローカルに導入したJuju GUIにアクセス できる ! ! ! ! ! ! ! ! ・チャーム「lamp」を検索して追加する ・「juju status」でサービスを動かしているマシン番号とpublic-addressを確認 lamp: charm: cs:precise/lamp-2 exposed: false units: lamp/0: agent-state: started agent-version: 1.16.3.1 machine: "6" open-ports: - 80/tcp public-address: 10.0.3.42
  6. 6. ・sshコマンドでインスタンスにログインする ・インスタンスのデフォルトアカウントはubuntu、パスワードは認証 のパスワード $ ssh ubuntu@10.0.3.42 Enter passphrase for key '/home/ginjiro/.ssh/id_rsa': xxxxxx ! Welcome to Ubuntu 12.04.3 LTS (GNU/Linux 3.11.0-13-generic x86_64) (略) Use Juju to deploy your cloud instances and workloads: ! https://juju.ubuntu.com/#cloud-precise Last login: Mon Nov 25 01:21:36 2013 from 10.0.3.1 To run a command as administrator (user "root"), use "sudo <command>". See "man sudo_root" for details. ! $ sudo -i # echo Hello World. > /var/www/index.html sshコマンドを使ってインスタンスにログインできますが、以下のようにjuju sshコマンドでも アクセス可能です。 $ juju ssh lamp/0 #ユニット名で指定 ! ・ブラウザでlampサーバーの public-address にアクセス ! Webサーバーを起動して、トップページが作 成できた。 ! ! ! ! ! ! ■参考 サービスのデプロイ方法 https://juju.ubuntu.com/docs/charms-deploying.html juju command https://juju.ubuntu.com/docs/commands.html

  7. 7. ■ブリッジ接続 lxcコンテナは、デフォルトの設定ではプロセス、ファイルシステム、IPC、ネットワークアド レスが仮想化され、ホストやその他のマシンと隔離されます。 ! 外部PCからコンテナにアクセスできるようにするにはlxcコンテナを実行するホストにブリッ ジ用のNIC(例としてbr0)を作成し、 /.juju/environments.yamlのnetwork-bridgeで指定 してください。 ! 外部からSSHでコンテナに接続するには、Jujuの設定前に作成した「SSH認証 す。 」が必要で

×