複数台を利用したVMware vSphere 5.1の導入

6,151 views
5,620 views

Published on

イベント名:書籍出版記念 仮想化技術最新動向セミナー
講師:日本仮想化技術 宮原
日時:2013/4/23
アジェンダ:
ー複数台による構成設計のポイント
ー導入時の注意点
ーvMotionの設定
ーvSphere HAの設定

Published in: Technology
0 Comments
5 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,151
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
58
Actions
Shares
0
Downloads
38
Comments
0
Likes
5
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 論理構成図
  • GUI 操作が多いので、デモを見せると良い
  • 複数台を利用したVMware vSphere 5.1の導入

    1. 1. 複数台を利用した VMware vSphere 5.1 の導入 日本仮想化技術株式会社 VirtualTech.jp
    2. 2. アジェンダ • 複数台による構成設計のポイント • 導入時の注意点 • vMotion の設定 • vSphere HA の設定 2
    3. 3. 参考書籍 • 『 VMware 設計・構築・運用プロ フェッショナルガイド』 – 秀和システム刊 – ¥3,780 – ISBN コード: 978-4798037479 – 試用版の入手からインストール、 設定など基本的な手順を簡単に 解説してくれている 3
    4. 4. 複数台構成による設計のポイン ト 4
    5. 5. 設計時に検討すべき項目 • ホストマシン – できるだけ同じもので揃える – できるだけ CPU の種類を揃える • ネットワーク – VMware HA は物理ネットワークを最低 2 系統 • ストレージ – FC SAN や iSCSI 、 NFS などの共有可能な ストレージを用意 5
    6. 6. ホストマシンの検討 • できるだけ同じマシンを揃える – 構成管理が楽になる • できるだけ同じ種類の CPU を揃える – Intel-AMD 間の vMotion (ライブマイグ レーション)は可能ではあるが、できるだ け同じ種類の方が望ましい • ネットワークとストレージの物理イン ターフェースを用意しておく – ネットワークは少なくとも 2 系統( 4 口) 6
    7. 7. ESXi のネットワーク構成 • 考慮すべきネットワークは 4 種類 – サービス用(仮想マシン用ポート) – 管理用( VMkernel ) – vMotion 用( VMkernel ポート) – iSCSI/NFS 用(もし使うなら・ VMkernel ポート) • ネットワーク構成のベストプラクティ ス – 安定性を高めるなら NIC チーミング – それぞれセグメントを別々に分ける – 最低でもサービス用とそれ以外に分ける 7
    8. 8. ネットワーク構成の例(複数 ポート) 8 仮想マシンホスト 仮想マシンホスト ストレージ ストレージ用 管理用 ライブマイグレーション用 管理端末 クライアントネットワーク
    9. 9. ネットワーク構成の例(最小構 成) 9 仮想マシンホスト 仮想マシンホスト ストレージ管理端末 クライアントネットワーク 管理・ vMotion ・ストレー ジ用ネットワークを兼用
    10. 10. ネットワーク決定事項 • ホスト名 – DNS もあると尚良い • ホスト用 IP アドレス – VMkernel 用アドレスを 1 つ以上 – VMkernel ポート 1 つでも運用可能だが、 トラフィック分散や冗長化のため複数用意 するのが理想的 • ESXi 管理用/ vMotion 用/ストレージ用/ HA 用 • vCenter Server に固定 IP アドレス 10
    11. 11. ストレージの検討 • FC SAN – 高速だが、ストレージ装置、 FC スイッチ 、 FC HBA のコストが高い • iSCSI 、 NFS – 比較的低コスト – 汎用的な Ethernet スイッチが使える – 操作のし易さからすると NFS か – iSCSI の場合、 VMFS でフォーマットが必 要 11
    12. 12. 導入時の注意点
    13. 13. インストールするもの • VMware ESXi Server 5.1.0 • vCenter Server 5.1.0 – Windows 環境にインストール – 小規模であれば SQL Server Express が使え る – 大規模な場合は Oracle か SQL Server を用 意 • vSphere Client 5.1.0 – Windows 環境にインストール 13
    14. 14. インストール先の選択 • 基本はローカルディスクへのインス トール – 同時に VMFS 領域も作られる • USB メモリや SD カードなどにもイン ストール可能 – USB/SD 起動対応ハードウェアが必要 – 2GB 以上のデバイスを用意 – 仮想マシンは共有ストレージを使用 – マシンコスト、消費電力を抑えられる – トラブル時のインストールし直しが楽14
    15. 15. デモ: ESXi のネットワーク初期 設定 • インストール時はネットワーク設定は 不要 – 再起動後、 DHCP で IP アドレスが設定さ れる • NIC が複数ある場合、まず 1 つ選択す る – ローカルコンソールから設定 – 管理用に使用される – 固定 IP アドレスを設定すること • DNS がある場合は DNS も設定 • ホスト名も FQDN で設定しておくこと 15
    16. 16. vCenter Server のインストール • Windows Server 環境へのインストール • アプライアンス版 vCenter Server も提供 – 内部は Linux で動作している • バックエンドに DB が必要 – 5 ホストまでなら SQL Server Express • 実際にはログ量で調整可能 – それ以上は Oracle か SQL Server が必要 • 別途 vSphere Client のインストールも行 う 16
    17. 17. vCenter Server インストール時の注意 点 • vCenter Single Sign On のインストールが必 要 • VMware vCenter Simple Install で一括イン ストール可能 • パスワードの事前チェックがなく、エラー も出ないので要注意 – vCenter Server Sign On の管理者パスワードは 大文字小文字記号を混在させて 8 文字以上 – データベース SQL ユーザーのパスワードは記 号の使用に注意( % などは使えない)17
    18. 18. vCenter SSO 管理者の PW 設定 18
    19. 19. SQL Server の PW 設定 19
    20. 20. データセンターの作成 1. vSphere Client で VC に接続 – インストール時に設定したユーザー名 / パ スワードを使用して認証 1. データセンターを作成 2. ホストを追加 – ESXi ホスト 2 台を追加 • IP アドレスで対象ホストを指定 • 管理者認証は root/ パスワード 20
    21. 21. vMotion による ライブマイグレーション 仮想マシンを止めずに 稼働ホストを変更する
    22. 22. vMotion の条件 • ネットワーク設定 – vMotion の VMkernel ポートで通信可能 – VMkernel ポート設定で vMotion をチェック – vMotion 先のホストで同一ネットワークラベル の仮想マシンポートが存在 • ストレージ設定 – 共有ストレージが vMotion 先のホストで参照 可能 • FC SAN/iSCSI/NFS 22
    23. 23. ネットワークの設定 1. 設定済みネットワークはサービス用お よび管理用に使用 – vmnic0 を使用 1. ストレージ用ネットワークを別途用意 – VMkernel ポートを追加 1. vMotion 用ネットワークを別途用意 – VMkernel ポートを追加 – 「 vMotion :有効」をチェック 23
    24. 24. デモ: ESXi のストレージ設 定 • ローカルストレージに ESXi をインストー ルした場合には VMFS 領域が作成済み • 共有ストレージ利用は接続と領域作成が必 要 • NFS を使用する場合には、以下のオプ ションで NFS 共有を作成 – rw,no_root_squash,sync • iSCSI を使用する場合には、ソフトウェア iSCSI イニシエーターの設定が必要 – iSCSI は色々と大変なので、まずは Windows などで iSCSI の接続設定方法の勉強を推奨24
    25. 25. vMotion の実行 1. 共有ストレージ上に仮想マシンを配置 2. 仮想マシンを起動 3. vMotion を実行 – 移行したい仮想マシンを選択 – 「移行」を実行 – 動作ホストが変更されたことを確認 25
    26. 26. vSphere HA ホスト障害からの VM 自動起動
    27. 27. デモ: vSphere HA の構成 1. VMkernel ポートを追加 – ノード間相互での死活監視の信頼性向上のた め – 物理的な経路を冗長化するため、別 NIC 1. クラスタの作成 – vSphere HA を有効にする – その他の設定はとりあえずデフォルトで OK 1. ホストをクラスタへ追加 – ドラッグ&ドロップで移動 – ホストを vSphere HA 対応に設定する時間がか かる 27
    28. 28. ファイルオーバーのテスト 1. 仮想マシンの起動 – ファイルオーバーするには仮想マシンが共有 ストレージを使用しており、 vMotion 可能で あることが必要 1. 動作ホストの確認 – 仮想マシンがどちらの ESXi ホストで動いてい るか確認すること 1. 動作ホストの電源断 2. 仮想マシンの自動起動の確認 – 検知から再起動までに結構時間がかかる 28

    ×