1
Hyper-V 2.0活用法
∼ライブマイグレーション環境構築を中心に
したHyper-V活用法
日本仮想化技術株式会社
木下 兼一
kinoshita@virtualtech.jp
自己紹介
•  木下 兼一(きのした けんいち)
•  ...
2
内容
•  Hyper-Vの最新動向
•  Hyper-Vでライブマイグレーション・フェイル
オーバークラスタ環境を構築する際のポイ
ント
•  Hyper-Vで仮想化ライセンスについて
3
Hyper-V最新動向
3
Hyper-Vの最新動向
•  ライブマイグレーション対応(Hyper-V 2.0)
–  Hyper-V Server 2008 R2もライブマイグレー
ションに対応
•  Red Hat Enterprise Linux 5.2,5.3...
4
Hyper-VとAD
•  ライブマイグレーション環境やフェイルオー
バー環境を構築する際にMicrosoft Cluster
Service(MSCS)でクラスターを作るために
Active Directoryの構築は必須
•  仮想マシ...
5
ライブマイグレーション環境
•  複数のHyper-VホストでMicrosoft Cluster
Service(MSCS)によるクラスターを構築し、
その上で仮想マシンを動作させる
•  必要なもの
–  Active Directory...
6
Active Directoryドメイン
MSCS
CSV
Hype-V ホスト1
Active Directory
ドメインコントローラ
Hyper-V ホスト2
共有ストレージ
(iSCSI Target)
ライブマイグレーション 構成...
7
MSCS構築とVM登録
4.  MSCSを構築
5.  MSCSをCluster Shared Volume(CSV)に設
定
6.  CSVに仮想マシン(VM)を作成
–  作成場所をCSVにする以外は、通常の仮想マシ
ン作成手順でOK
...
8
ライブマイグレーション実行
1.  他マシンより仮想マシンへリモートデスクトップで接続
2.  リモートデスクトップで仮想マシンアプリケーション(タスクマ
ネージャー等)を起動
3.  Hyper-Vホストの[フェイルオーバークラスタマネー...
9
Windowsのサーバーライセンス
•  ライセンスは2種類存在する
1.  サーバライセンス
–  OSを実行する権利
–  メディアやプロダクトキーのことではない
2.  CAL
–  サーバーにクライアントがアクセスするために
必要な...
10
ホスト1
Windows Server 2008 R2
Enterprise Edition License
×1(VM×4)
ホスト2
Windows Server 2008 R2
Enterprise Edition License
...
11
ライセンス補足
•  Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition
–  ボリュームライセンスのみ
–  仮想インスタンスの実行数無制限
•  Windows Server 2008 R2 Stand...
12
Active Directory ドメイン
Remote Desktop
Controller
Remote
Desktop Host
クライアントPC
MS VDI 構成図
Hyper-V
Active Directory
ドメインコン...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Hyper-V 2.0活用法〜ライブマイグレーション環境構築を中心にしたHyper-V活用法

715 views
575 views

Published on

イベント名:設立3周年記念チャリティーセミナー
講師:日本仮想化技術 木下
日時:2010/2/6
アジェンダ:
• Hyper-Vの最新動向
• Hyper-Vでライブマイグレーション・フェイル オーバークラスタ環境を構築する際のポイ ント
• Hyper-Vで仮想化ライセンスについて
概要:
昨年リリースされたHyper-V 2.0の新機能であるライブマイグレーション環境構築を中心にしてHyper-Vを活用する際のポイントやライセンス、そしてHyper-V最新動向等について解説いたします。

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
715
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Hyper-V 2.0活用法〜ライブマイグレーション環境構築を中心にしたHyper-V活用法

  1. 1. 1 Hyper-V 2.0活用法 ∼ライブマイグレーション環境構築を中心に したHyper-V活用法 日本仮想化技術株式会社 木下 兼一 kinoshita@virtualtech.jp 自己紹介 •  木下 兼一(きのした けんいち) •  技術部所属 •  社内では主にHyper-V・XenServer関係の 検証を担当 •  最近は自転車の方が詳しくなっているかも しれない・・・・・ 2
  2. 2. 2 内容 •  Hyper-Vの最新動向 •  Hyper-Vでライブマイグレーション・フェイル オーバークラスタ環境を構築する際のポイ ント •  Hyper-Vで仮想化ライセンスについて 3 Hyper-V最新動向
  3. 3. 3 Hyper-Vの最新動向 •  ライブマイグレーション対応(Hyper-V 2.0) –  Hyper-V Server 2008 R2もライブマイグレー ションに対応 •  Red Hat Enterprise Linux 5.2,5.3,5.4の Hyper-V上での動作をサポート –  統合サービスがLinuxカーネル2.6.32にマージ •  SCVMM 2008 R2がリリース  仮想化に必要とされる機能は一通り揃った 5 環境構築のポイント
  4. 4. 4 Hyper-VとAD •  ライブマイグレーション環境やフェイルオー バー環境を構築する際にMicrosoft Cluster Service(MSCS)でクラスターを作るために Active Directoryの構築は必須 •  仮想マシンの配布や集中管理を行う場合 はSCVMMを使用することになる が、SCVMMもActive Directoryが必須 7 ライブマイグレーション環境構 築手順
  5. 5. 5 ライブマイグレーション環境 •  複数のHyper-VホストでMicrosoft Cluster Service(MSCS)によるクラスターを構築し、 その上で仮想マシンを動作させる •  必要なもの –  Active Directory ドメインコントローラー –  Hyper-V ホスト(2台以上) –  共有ストレージ(FC or iSCSI) 9 環境構築の注意点 •  iSCSIターゲットがSCSI-3 Persistent Reservationに対応していること •  共有ストレージには仮想マシン作成用の LUN他にクォーラム領域用のLUNが必須 (最低512MB) •  仮想マシン作成用のLUNをMSCSに登録 後Cluster Shared Volume領域に設定 •  Hyper-Vホスト同士は同系列のCPUを使用 する 10
  6. 6. 6 Active Directoryドメイン MSCS CSV Hype-V ホスト1 Active Directory ドメインコントローラ Hyper-V ホスト2 共有ストレージ (iSCSI Target) ライブマイグレーション 構成図 VM 11 AD構築とストレージ接続 1.  AD構築 –  ADは仮想マシンではなく、物理サーバーを別途 用意した方が良い 2.  Hyper-VホストをActive Directoryに登録 –  Hyper-Vホスト名とIPアドレスが自動的にDNSに 登録される 3.  Hyper-Vホストから共有ストレージに接続 –  iSCSIターゲットはPersistent Reservation対応が必 要 –  接続後にLUNをNTFSでフォーマット 12
  7. 7. 7 MSCS構築とVM登録 4.  MSCSを構築 5.  MSCSをCluster Shared Volume(CSV)に設 定 6.  CSVに仮想マシン(VM)を作成 –  作成場所をCSVにする以外は、通常の仮想マシ ン作成手順でOK 7.  VMをMSCSの管理対象に追加 –  フェイルオーバークラスタマネージャーで登録 –  追加時に仮想マシンをシャットダウンしておく 13 ライブマイグレーション構築完 了後の状態 14 フェイルオーバークラスター マネージャーのサービスに仮 想マシンが登録され、仮想マ シンを選択すると移行 メニューが表示される
  8. 8. 8 ライブマイグレーション実行 1.  他マシンより仮想マシンへリモートデスクトップで接続 2.  リモートデスクトップで仮想マシンアプリケーション(タスクマ ネージャー等)を起動 3.  Hyper-Vホストの[フェイルオーバークラスタマネージャー]の 仮想マシンを選択、右の[仮想マシンを別ノードにライブマイ グレーション]をクリックして移動先のHyper-Vホストを選択 するとライブマイグレーションが開始 –  リモートデスクトップが切断されない –  仮想マシン上のアプリケーションが終了しない 15 ライブマイグレーションまとめ •  ADが必要なことと、共有ストレージに クォーラム領域が必要である以外は他の 仮想化環境のライブマイグレーション環境 構築と変わらない •  環境を構成するマシンが多くなるので Hyper-Vホストを多数使用した環境での運 用向き 16
  9. 9. 9 Windowsのサーバーライセンス •  ライセンスは2種類存在する 1.  サーバライセンス –  OSを実行する権利 –  メディアやプロダクトキーのことではない 2.  CAL –  サーバーにクライアントがアクセスするために 必要なライセンス  正しくサーバーライセンスを用意しましょう 17 Windows Server 2008 R2のライセ ンス形態 エディション 物理インスタンス 仮想インスタンス Windows Web Server 2008 R2 仮想or物理のどちら か 1つ 仮想or物理のどちら か 1つ Windows Server 2008 R2 Standard Edition 1 1 Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition 1 4 Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition 1 無制限 18
  10. 10. 10 ホスト1 Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition License ×1(VM×4) ホスト2 Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition License ×1(VM×4) 正しいライセンスの例 •  ホスト1では4仮想インスタンス実行可能 ライブマイグレーション 19 間違ったライセンスの例 •  ホスト1では4仮想インスタンス実行可能 ホスト1 Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition License ×1(=VM×4) ホスト2 Windows Server 2008 R2 Enterprise Edition License ×1(=VM×4) 仮想インスタンスの制 限を超えてしまう ライブマイグレーション 20
  11. 11. 11 ライセンス補足 •  Windows Server 2008 R2 Datacenter Edition –  ボリュームライセンスのみ –  仮想インスタンスの実行数無制限 •  Windows Server 2008 R2 Standard & Enterprise Edition –  ライセンスで認められた仮想インスタンスを全て 動作している際、物理インスタンスは管理とサー ビスのみ使用可 •  仮想インスタンスのライセンスは他の仮想環 境(VMware・XenServer)でも有効 21 その他の関連機能 •  System Center Virtual Machine Manager(SCVMM) –  仮想化マシンの管理 –  仮想マシンの配布 –  P2V移行機能(Windows のみ対応) –  ストレージマイグレーション機能(Quick Storage Migration) •  Microsoft Virtual Desktop Infrastructure(MS VDI) –  Hyper-Vの仮想マシンをリモートのデスクトップ環境と して配布 –  デスクトップはユーザー毎に提供の形となる –  配布環境はWindows XP SP3以降の環境対応 22
  12. 12. 12 Active Directory ドメイン Remote Desktop Controller Remote Desktop Host クライアントPC MS VDI 構成図 Hyper-V Active Directory ドメインコントローラ 23 まとめ •  複数ホストでマイグレーションやフェイル オーバー運用等を行う場合は、Active Directory ドメインの構築が必須 •  仮想マシンを別ホストに移行する際のライ センスに関して注意が必要 •  環境移行は計画的に 24

×