ウェブとアプリのデザイン
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Like this? Share it with your network

Share

ウェブとアプリのデザイン

  • 628 views
Uploaded on

日本Androidの会東北支部 第13回目発信会&新年会でLTした際のスライドです。

日本Androidの会東北支部 第13回目発信会&新年会でLTした際のスライドです。

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
628
On Slideshare
628
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 1Hを意識したデ ザインを考えよう5Wウェブとアプ リのデザイン 徳永司(depty.)
  • 2. 自己紹介
  • 3. Tokunaga Tukasa徳永 司Twitter : @tkutukaBlog : http://tokutuka.info
  • 4. depty.    について
  • 5. DEsign PresenT for You. → depty.
  • 6. WEBページやモバイルページなどを無償で制作・提供 Webまわりやコンサルを 無料でして、社会の底上げ
  • 7. もっと多くの人にWEBに触れてほしい ちゃ楽しい WEBって便 利だしめっ 受信するだけじゃなくて発信。       受動から能動へ。
  • 8. ホームページとかブログって発注するとめっちゃ高い 金ないし そんなにお 変 自作 すると大 もしかして・・・ これがWEBの普及を妨げてる要因かも 餅は餅屋、WEBはWEB屋で
  • 9. だから、 基本制作 無料 (デザインやページの制作、打ち合わせなど込み)   その他設置,制作 有料 (サーバー手配・管理、代理更新、SEO対策など)  
  • 10. ・クラブチーム・バンド・病院・中小企業・NPO・NGO 等にWEBページやデザインを提供※代理更新やドメイン代行取得やサーバーの手配等もしてます(有料)
  • 11. work to depty.Plea se give http://depty.org ご興味のある方は、是非この後お声かけください! アプリケーションダウンロードページの制作も承っています!
  • 12. 本題
  • 13. ザインを考えよう5 W1Hを意識したデウェブとアプリのデザイン
  • 14. iPhone Android2つの登場によってスマートフォンが身近な存在に
  • 15. スマートフォン普及率
  • 16. 2009年 4% 5%増2010年 9%   Data from ケータイ白書2011
  • 17. スマートフォン認知率
  • 18. 2009年 63% 30%増2010年 93%   Data from ケータイ白書2011
  • 19. ケータイ白書2011
  • 20. 2010年はスマートフォンが一般に浸透して大きな変化 ↑スマートフォン元年なん て言われたね → 市場が大きく変わり始めている
  • 21. スマフォ(笑)からガラケー(笑)へ?
  • 22. スマートフォンの普及で今後、どういうことが起こるのか
  • 23. いままで、携帯電話を使ってた人WEBにすら触れたことがない人がスマートフォンを持ちはじめる WEBやアプリが一般的に→ より身近になる ↑今までの状況から変化してくると予想される
  • 24. 今まで、WEBやアプリを使ったことない人が使い出すってことは・・・前提知識とか常識的に考えてとかは通用しないと思う
  • 25. ターゲットにもよるが…・複雑な操作が必要なアプリ・操作方法が直感的に分からないアプリ・美しくないアプリ・公開に疑問を持つアプリ 上記のような自己満足アプリは ヒットしないし使われない
  • 26. App Store や Androidマーケットを見ていると、自己満足アプリが結構多い。 WEBを見てても、ユーザビリティがなってなくて、    とりあえず作りました!って感じのものが多い。
  • 27. AppStoreのレビューにはこんな文句が…・動かないので星0です。買わないほうがいいですよ。・日本語に対応してないとかふざけてるんですか?・英語が分からないので星1です。・糞ですね。無料で出してください。・使い方が分かりません。お金を返して欲しいです;;・こんなの出す必要ないじゃないですか。いい加減にして ください。 iPhone.dat  日本のAppStoreレビューは世界で一番民度が低いらしい より   h2p://iphonedat.blog16.fc2.com/blog-­‐entry-­‐449.html  
  • 28. 自己満足が悪いとは言わないけどせっかく公開してるんだからもうちょっと意識してデザインや制作しましょうよ!
  • 29. Webやアプリがより身近になるから、最低ラインの構築を、もっと広くの人が展開することが大事。 現状維持してもいいんだろうけど、 みんなが楽しめないし開発者も面白くないと思う。
  • 30. デザインや使いやすさを一定のものにしていきましょう というか、一定の水準にすべきだと思う。 そうしないと、面白くないし廃れちゃうんじゃないかな
  • 31. デザインとか使いやすさってそもそもなんなの?
  • 32. デザインって? 使う人を意識して、設計や計画をすること。 単に、美しく飾ったりする行為ではない                  (僕解釈)デザインとは、日本語では「設計」にあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」である。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。デザインの対象は、衣服、印刷物、工業製品、建築などにとどまらず、都市や人生計画にもおよぶ。物や環境を人が自然な動きや状態で使えるように設計する工学、あるいは、人の物理的な形状や動作、生理的な反応や変化、心理的な感情の変化などを研究して、実際のデザインに活かす学問という意味において、人間工学と共通している。考慮すべき要因には、機能性、実現性、経済性、社会情勢など、目的を実現することに関わる全てが含まれる。なお、特定の事業は誰が計画そしてデザインしたのかという質問などに対して、事業は複数の事業主体と計画者、設計者が委員会等などチームとして実施されているなどで、通常、明確な答えが返ってくることは期待できない。このことは、デザイン等の悪い事例行為について、その責任の所在をわかりにくくしているとの指摘もあり、優れたデザイン行為が個人の業務実績として評価できないことがある。                                    (Wikipedia)
  • 33. デザインという言葉は、 すごく広義に意味があって難しい。 >考え方はたくさんでも・・・ ← これ大事 !誰かのためにデザイン   していることだけは忘れちゃだめ!
  • 34. 使う人のことを考えてなかったら、それはデザインじゃなくてただの落書き
  • 35. 相手を意識したデザイン(設計)をしよう! ユーザビリティ
  • 36. use + able 使う できる = usability 使えること
  • 37. ユーザビリティーって? 使いやすさとか使い勝手 という意味合い URL:http://www.usability.gr.jp/ ↑ ユーザビリティについてたくさん書いてあって参考になる
  • 38. 具体的には・・・ ・文字の大きさや色 ・メニュー配置 ・コンテンツサイズ ・コンテンツの位置や配置 使いやすく !見やすく!
  • 39. でも、サイズとかってどうやって決めればいいの…? センス?なんとな く?黄金比?
  • 40. ここで、「5W1H」の出番
  • 41. ・Who(誰が)・What(何を)・When(いつ)・Where(どこで)・Why(どうして) ←5W1H・How(どのように) → ターゲティング&最適化
  • 42. Who(誰が) 誰がそれを使うのか どの年代の人が使うのか マン?高校生? おじいちゃん?サラリー
  • 43. What(何を) そのサービス・アプリの売 り は? 何を使う(使わせたい)のか どれがメインで、アプローチしたいのか。
  • 44. When(いつ) どの時間帯に使う(使わせたい)のか 何をしているとき使うのか。 どのような季節や曜日なのか。お昼休みなのか。放課後な のか。
  • 45. Where(どこで) どこでそれを使うのか 使う・見る場所を考える。自宅?外出先?学校?
  • 46. Why(どうして) なぜ使うのか。使うタイミング。 理由を考える。 から?電池の残量を知り たいから?地図が見たい
  • 47. How(どのように) どのような端末,環境で使うのか。 デザインの最適化 アプリをどのように手にするのか。 コン?携帯電話?iPhone?パソ
  • 48. ・Who(誰が)・What(何を)・When(いつ)・Where(どこで)・Why(どうして) ←5W1H・How(どのように) → ターゲティング&最適化
  • 49. 「5W1H」 を考える ↑ ちょっとカッコよく言ってるだけ!言い換えれば、 「ユーザ」 を考える ↑ こういうこと!
  • 50. ユーザを考える以外にも アイディアを出したりするのに便利
  • 51. あなたのWEBサイトやアプリはどうですか?自己満足ではないですか? ? 文字サイズや配 色はどうですかー
  • 52. 自己満足にならないために
  • 53. ・他人に見てもらう・他人と考える 1人でデザ インは危険
  • 54. IDEOの Time Brown 氏が TED の講演で「デザインはデザイナーだけに任せるには重要過ぎる」     という言葉を残しています。 http://www.ted.com/talks/ tim_brown_urges_designers_to_think_big.html
  • 55. 他人と議論してみると、収穫が意外とあったりします。他人の意見を取り入れてみるとよりよいものができるかもしれませんね。
  • 56. 今日のまとめ
  • 57. ① スマートフォンが普及し始めて、状況が変わろうとしてる。
  • 58. ② 前提知識や常識は通用しない
  • 59. ③ デザインや使いやすさを一定のものにすべき
  • 60. ④ 使う人を考えないデザインは、ただのらくがき
  • 61. ⑤自己満足じゃダメ
  • 62. ⑥ユーザビリティー、「5W1H」を考えよう
  • 63. ⑦デザインや制作をするときは他人の意見を参考にしてみよう
  • 64. 楽しんで制作やデザインをしておもしろいを目指そう あなたの作品で誰かの人生が変わるかも?
  • 65. Twitter tkutuka Blog http:// tokutuka.infoありがとうございました。 PRESENTS BY depty.!