Your SlideShare is downloading. ×
0
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
英語勉強法の法則
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

英語勉強法の法則

14,373

Published on

1 Comment
18 Likes
Statistics
Notes
  • 今日はこのお話を聞きました。
    俄然ヤル気出た!
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
No Downloads
Views
Total Views
14,373
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
12
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
1
Likes
18
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 本当にマスターしたい人が知っておくべき英語勉強法の法則匠Business Place牛尾 剛 (@sandayuu)ushio@takumi-businessplace.co.jp
  • 2. 勉強法のターゲットObjectives 旅行でかんたんな 会話ができる• 英語を短期に仕事で使えるレベルにしたい レベルではない – 英語の技術書やWebサイトを読みたい – 海外のカンファレンスに参加したい – 技術系の外タレと友達になりたい• 英語でダイレクトに英語の歌や映画を理解したいConstraints• 海外渡航経験も、外人の友達もいない• 英語で直接仕事をする機会は無い• お金も時間もそんなに無い• 大人になってからの学習
  • 3. 英語学習の難しさ 英語を使える環境にない英語勉強法は多いけどどれがいい? なかなか上達しない
  • 4. 英語勉強法が上手く行かない理由 自分のゴールに合ってない 英会話教室 自分の環境/性質に合ってない やったけど上手く行かなかった英語教材 英語勉強法
  • 5. 英語勉強法の分布 通訳/英語 専門家専用 仕事で必要な 達成 スキルレベルスキル(高) お手軽だが効果はそれなり 効率が悪い 勉強法 必要工数(大)
  • 6. 英語を身につける力を身につけるソリューションコンセプト
  • 7. Start英語学習もMoving Target
  • 8. Don’t waste your time!いきなり英会話スクールに行く 単語や文法型/読み書き中心学習法 日本語経由の英語学習
  • 9. 優良英語学習法に共通する3つの戦略 レスポンシブル 戦略変更と英語脳 ボキャブラリ フィードバックEnglish Brain Responsible Vocabulary Kaizen
  • 10. 英語脳とは 英語を英語として聞き、話すことができ 英語のまま理解し、考えることができ 英語を考える事無く反射的に反応できる脳英語で反応できる反射神経を鍛える 英語脳を著しく損なう学習テクニックもあるので注意!
  • 11. レスポンシブルボキャブラリ 頭で考える事無く、反応できるボキャブラリをふやす 日本語を介さず英語のままで理解できることを増やす本当の意味で使える語彙を増やす
  • 12. ボキャブラリ獲得の段階How about this coffee? ええっとこのコー ヒーはどうですかっ ていってるから、 Well, Coffee means おいしいよって Some drink with dark 英語でいわないと brown color… “It’s good taste.” “Good!” “Hmm… Great!” 日本語を介して 英語で語彙を 考えなくても いる状態 覚えた状態 反応できる状態
  • 13. 戦略変更とフィードバック 英語脳を鍛えている間はボキャブラリはあまり増えない ボキャブラリを鍛えていると英語脳が低下する 学習者の状態により、有効なやり方は常に変化する原則をふまえ、状況に合わせて学習方法を変える〜英語脳とボキャブラリ習得のバランスをとる〜
  • 14. 優良英語学習法に共通する5つの原則サウンドファーストの原則 ダイレクト理解の原則 シャドーイング中心原則 Sound First Direct Understanding Shadowing Centered コンテキスト理解の原則 選択と集中の原則 Contextual Experienced Concentration
  • 15. サウンドファーストの原則 日本人が英語の音声を聞ける為には正確な発音が重要 正確な発音とイントネーションが英語脳を生む 意味の理解はずっと後で良い英語が読めるだけで良くても、最初に鍛えるべきは「音」の要素
  • 16. なぜサウンドファーストか?脳のリソースを消費するから Maybe, It’s “Howハウアー are you?”ユーって How are you?言ったか な? ファインサンキュー日本語的発音イメージが強化される フォウ Fourteen-year-old… ティーン イヤース …
  • 17. なぜサウンドファーストか?楽に対応できる How are you? Fine, thanks!英語的発音イメージが強化される Fourteen-year-old…Fourteen-year-old…
  • 18. 英語とノイズ 嬉しい言葉をもらっても 6歳以上の日本人には多くの 音がノイズに聞こえるHi, My name is Catherine.I just wanna make love to you. H君
  • 19. 英語とノイズ ノイズのフィルターをとるには 英語の音声を発音できると良いHi, My name is Catherine.I just wanna make love to you. Woo. How wonderful! H君
  • 20. リスニングの段階Divide and conquer イントネーション リダクション単一の音が 単語単位で アクセント 聞いて意味が ぼそぼそ声や聞き取れる 聞き取れる 音声変化が 音が全て 考えずにわかる 違う地域の英語が 聞き取れる 聞き取れる 聞き取れる
  • 21. サウンドファーストのプラクティス 単音発音の練習 イントネーション ナチュラルスピード アクセントの練習 単一シチュエーション CDの聞き込み 単一CDの 単一CDの リダクション リテンション ディクテーション シャドーイング 音声変化の学習 http://www.amazon.co.jp/American-Accent-Training-Ann-Cook/dp/0764173693http://www.amazon.co.jp/聞き取り・書き取り用CD付-英語は絶対、勉強するな-―学校行かない・お金かけない・だけどペラペラ-鄭-讃容/dp/4763193880/ref=sr_1_cc_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1319727276&sr=1-2-catcorr http://www.uda30.com/
  • 22. ダイレクト理解の原則 英語は日本語を仲介せず、英語のまま理解する 英語と日本語は本質的には翻訳できない 日本語経由の英語学習は英語脳を大幅に低下させる英語は英語のまま理解するようにがんばる
  • 23. ダイレクト理解のプラクティス やっとむメソッド 意味を考えず英英辞書の使用 (多読) 音を聞き反応する 消毒 スモールステップ 英語思考タイム
  • 24. シャドーイング中心原則 シャドーイングは英語脳を鍛える最良の方法 シャドーイング効果を高める為に発音イントネーションを シャドーイングできるためにディクテーションを実施シャドーイングは英語脳を鍛える必殺技
  • 25. シャドーイング中心のプラクティスシャドーイング ストレートライン のリラックス
  • 26. コンテキスト理解の原則 語彙や文法はシチュエーションの中で自然と理解する 個別で単語や文法を覚えようとがんばらない 教材もシチュエーションがあるものを採用する状況の中で無理せずすこしづつ語彙を増やす
  • 27. コンテキスト理解のプラクティススーパーメモと やっとむメソッド 単語/文法を 翌朝復習 (多読) 学ばないシチュエーション 教材(CD) 映画による学習 Googleによる辞書
  • 28. 選択と集中の原則 最初はアメリカ英語とイギリス英語を選択する 対応できるシチュエーションを絞り込む優先順位をつけないと時間切れになる
  • 29. 選択と集中の法則選択英語の 専門領域の 教材選択 絞り込み目的による InfoQによる 絞り込み 学習
  • 30. そして・・・英語脳が出来た後 での英会話
  • 31. 英語学習の具体的手順の例1 ターゲティング 2 発音/イントネーション練習 iterative 3 単一CDの聞き込み 4 単一CDのシャドーイング English Brain 5 大量インプットと意味の理解
  • 32. 英語学習の計画とフィードバックStep 0 英語学習ステップの選択 地域と目的の確認Step 1 現在のレベルの確認 今の英語脳のレベル 今のボキャブラリとスピードStep2 2週間分の英語学習法の選択Step3 Step1に戻る

×