Your SlideShare is downloading. ×
誰もが研究する時代の到来 〜これからの未来をつくる「野生の研究者」の生態に迫る〜 #smips湯村
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

誰もが研究する時代の到来 〜これからの未来をつくる「野生の研究者」の生態に迫る〜 #smips湯村

2,188
views

Published on

2014年6月14日(土)に政策研究大学院大学で開催された第12回Smips・研究現場の知財分科会「誰もが研究する時代の到来 …

2014年6月14日(土)に政策研究大学院大学で開催された第12回Smips・研究現場の知財分科会「誰もが研究する時代の到来 〜これからの未来をつくる「野生の研究者」の生態に迫る〜」の講演資料。

概要:http://www.2nd-lab.org/#!research-12th/cgwi
togetter:http://togetter.com/li/668744
FBイベントページ:https://www.facebook.com/events/524253687686279/

Published in: Lifestyle

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
2,188
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
11
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 誰 も が 研 究 す る 時 代 の 到 来 ∼これからの未来をつくる「野生の研究者」 の 生 態 に 迫 る ∼ 第 1 2 回 S m i p s ・ 研 究 現 場 の 知 財 分 科 会 2 0 1 4 / 0 6 / 1 4 湯 村 翼 ( @ y u m u 1 9 )
  • 2. ツ イー ト 大 歓 迎   # S m i p s 湯 村   で 写 真 撮 影 大 歓 迎
  • 3. 自 己 紹 介
  • 4. 自 己 紹 介 ( 現 在 ) • 湯 村 翼 (@yumu19) • 合同会社PhysVis 代表 • 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 研究支援者(非常勤研究員) • 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後 期課程(社会人コース)
  • 5. 自 己 紹 介 ( 略 歴 1 ) • 北海道札幌市生まれ • 2002-2006 北海道大学 理学部 地球科学科 • 物理に興味があったが1年終了時の学科配属で成績が悪くて物理学科に行け ず地球科学科へ • 2006-2008 東京大学大学院 理学系研究科 地球惑星科学専攻 修士課程 / JAXA 宇 宙科学研究所 • スパコンで宇宙プラズマ中の電子加速のシミュレーション • 2008-2011 株式会社 東芝 • 研究所でホームネットワーク・スマートグリッドの研究 • PC事業部でWindowsアプリケーションの開発 • 「会社を辞めて大学院に戻ろう」と本気で2度ほど考えた • 2010- 北陸先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 博士後期課程(社会人コース)
  • 6. 自 己 紹 介 ( 略 歴 2 ) • 2011-2013 クウジット株式会社 • AR・位置情報のアプリ開発PM • 大きい会社の次は小さい会社を見てみたかった • 2013-2014 フリーランス • iOSアプリエンジニア • 周りにフリーランスが結構いたのでハードル低かった • 2013- 明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科 研究支援者(非常 勤研究員) • ニコニコ学会βつながり • 2014- 合同会社PhysVis • デジタル地球儀の商品化 (後で説明)
  • 7. 北 大 ( 学 部 ) 東 大 / J A X A ( 修 士 ) J A I S T ( 博 士 ) 東 芝 K o o z y t 明 大 P h y s Vi s フ リ ー ラ ンス 2002 2006 2008 2010 2011 2013 2014 学歴 職歴
  • 8. 僕 の 人 生 、 人 柱 • 学生 社会人 • 大企業 ベンチャー企業 • 民間 アカデミック • 会社員 経営者 ! • ハーフ&ハーフで生きていきたい
  • 9. I n t e r n a t i o n a l S p a c e A p p s C h a l l e n g e • NASA・JAXAのデータを使って宇宙のアプリをつくるハッカソン • 世界同時開催(今年は95都市) • International Space Apps Challenge Tokyo 2013 優勝 → PhysVis 起業 • International Space Apps Challenge Tokyo 2014 事務局長 photo by Akiko Yanagawa, ISAC Tokyo Bureau, CC BY.
  • 10. P h y s V i s • 地球や惑星を映し出す球状ディスプレイの製作
  • 11. 仕組み 魚眼レンズ 半透過球体 プロジェクターの光を魚眼レンズで拡散させて球に内側から投影します プロジェクター
  • 12. ニ コ ニ コ 学 会 β
  • 13. ニ コ ニ コ 学 会 β • 2011年12月に江渡浩一郎さん立ち上げ • 5年間限定 • 12月にニコファーレ、4月にニコニコ超会議で開催 • 全てのセッションがアーカイブされており無期限で無料で視聴可能 • 毎回視聴者数10万人超 • 『研究100連発』や『むしむし生放送』、『ゆきりん』などが話題に • ドワンゴ運営じゃないよ!(多大なご協力して頂いてますが)
  • 14. 僕 と ニ コ ニ コ 学 会 β • クウジットがスポンサー企業 • 第1回 スポンサービデオ作成 • 第2回 ポスター発表 • 第3回 スポンサービデオ作成 • 第4回 ボランティアスタッフ • 第5回 運営委員 + 研究してみたマッドネス登壇 • 第6回 副運営委員長 + 研究してみたマッドネス座長 + 展示 取りまとめ等
  • 15. 研 究 して み た マ ッ ド ネ ス 「研究してみたマッドネス」は、誰にでもオープンな「ユー ザー参加型研究」を実践することを目的としたセッションで す。ネット上で活動している野生の研究者とビジネスやアカ デミアで活躍されている本職の研究者とが、一緒になって発 表し討議します。皆さまと「ユーザー参加型研究」の世界を 一緒に創り上げていきたいと思います。
  • 16. 野 生 の 研 究 者 「 生 ま れ な が ら に 研 究 者 」 と い う 意 味 で あ る 。 従 来 か ら 「 在 野 の 研 究 者 」 と い う 言 葉 が あ る が 、 こ れ は 職 業 と して の 研 究 者 で は な い 人 を 意 味 す る 。 し か し も と も と 研 究 者 と は 、 職 業 と い う よ り も 生 き 方 で あ り 、 常 に 探 究 心 を 忘 れず に い る 人 を 意 味 す る 言 葉 で あ る は ず だ 。 そ こ で、 プ ロ ・ ア マ と い う 区 分 を 無 視 し 、 生 き 方 と して の 研 究 者 を 選 んで い る 人 を 「 野 生 の 研 究 者 」 と 呼 ぶ こ と に し た 。 江渡浩一郎『ニコニコ学会βを研究してみた』
  • 17. 第5回ニコニコ学会β 研究してみたマッドネス@ニコファーレ 「凸P(Mont Blanc Pj)」 凹 / jojonki http://live.nicovideo.jp/watch/lv158649896#7:18:54
  • 18. 野 生 の 研 究 者 • 凹さん @hecomi • 普段は会社員エンジニア 「凸P(Mont Blanc Pj)」 凹 / jojonki http://live.nicovideo.jp/watch/lv158649896#7:18:54
  • 19. 野 生 の 研 究 者 • Needleさん @needle • 普段は会社員エンジニア 「 炎の効率厨がPC環境を改善するとこうなる」Needle http://live.nicovideo.jp/watch/lv89954863#3:43:00
  • 20. 野 生 の 研 究 者 • 綾塚さん @ayatsuka_yuji • 「UI、インタラクション」の研究者 「大気光象の世界 ∼水、氷、そして花粉と光が織りなす空の彩り∼」綾塚 祐二 https://dl.dropboxusercontent.com/u/83408593/aya_nico201404-a4.pdf
  • 21. 野 生 の 研 究 者 • 吉崎さん @W_Yoshizaki • ロボット研究者 • V-Sido、クラタス 「人間の思い通りに動かせる」 ロボット制御 ソフト「V-Sido OS」事業化、ソフトバンク子 会社が展開 - ITmedia ニュース http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/11/news138.html
  • 22. 研 究 して み た マ ッ ド ネ ス • たぶん僕が世界で一番マッドネス動画みてます • 野生の研究者の場 • 面白い • 自分もできそう/やりたい ! • 「みんなを研究者に」
  • 23. 野 生 の 研 究 文 化 が で き る た め に は ?
  • 24. そ の 前 に 既 存 の 学 術 研 究 文 化 を お さ ら い
  • 25. 学 会 • 現存する最古の科学学会、イギリス王立協会は1660年設立 学 会 ( が っ か い ) は 、 学 問 や 研 究 の 従 事 者 ら が 、 自 己 の 研 究 成 果 を 公 開 発 表 し 、 そ の 科 学 的 妥 当 性 を オ ープ ン な 場 で 検 討 論議する場である。また同時に、査読、研究発表会、講演会、 学 会 誌 、 学 術 論 文 誌 な ど の 研 究 成 果 の 発 表 の 場 を 提 供 す る 業 務 や 、 研 究 者 同 士 の 交 流 な ど の 役 目 も 果 た す 機 関 で も あ る 。 学会 - Wikipediaより
  • 26. 論 文 • 学術雑誌に投稿する査読付き論文 • 単に「論文」と呼ぶ時、学位論文(卒論、修論、博論)は含 めない気がしますが、文脈に依存しますし、分野によって 違うかもしれません。 • 先行研究の事例を挙げ(引用 / 参照)、そこからの進歩(差分)を 記述する
  • 27. 査 読 • 投稿した論文を雑誌に掲載してよいかどうか判断する • 査読は他の研究者が行う • Accept(受理) / Minor Revision(要修正) / Major revesion(大幅修 正) / Reject(拒絶)
  • 28. 引 用 • 既存の論文を引用しその差分(プラスアルファ)を述べるのが作 法 • 「巨人の肩の上に乗る」(アイザック・ニュートン) • 被引用数が論文の質の指標のひとつ
  • 29. 学 術 研 究 文 化 • 学会は「コミュニケーション」 • 論文(学会誌)は「アーカイブ」 • 査読で「最低限の質」を担保(ただし査読者の主観が入る) • 被引用数が評価の指標(のひとつ)
  • 30. ア マ チ ュ ア 研 究 者 • 天文学 • 民俗学 • Makers
  • 31. M a k e r s 文 化 • Make: (雑誌) • Maker Faire • Makers (書籍、クリス・アンダーソン著)
  • 32. I T 界 隈 の 文 化
  • 33. I T 界 隈 で は 「 野 生 」 が 大 活 躍 • 世の中の優れたソフトウェアはオープンソースで開発 • イケてるプログラマーは注目の的 • 勉強会文化、LT文化 • 「野生の研究活動」のロールモデルになるのでは? http://30d.jp/yapcasia/6/photo/740YAPC::ASIA
  • 34. オ ープ ン ソ ース • 素晴らしいソフトウェアの多くがオープンソースで開発 • OS(Linux etc.)、プログラミング言語(Ruby etc.)、ソフトウェ ア(Apache etc.) • 余暇に趣味で開発している人たちがたくさんいる
  • 35. I T 勉 強 会 文 化 • 自主的な勉強会が頻繁に開催されている • IT勉強会カレンダーで情報共有 • 今日(6/14)だけで46件( ゚д゚) • ぶっちゃけ使いものにならないほど https://www.google.com/calendar/b/0/embed?src=fvijvohm91uifvd9hratehf65k@group.calendar.google.com
  • 36. I T 勉 強 会 文 化 • LT(ライトニングトーク)が恒例 • 1人5分程度発表 ! • つくったものや調べたことを聞いてもらえる • 「あのエンジニア」と同じ舞台に立てる • 名前を覚えてもらえる • 「自分もいつか発表したい!」というモチベーションになる
  • 37. G i t H u b 文 化 • ソースコードを公開・共同開発 • Fork:ソースコード全体をコピー • Pull-Request:本家開発者に修正を取り込むよう依頼 • Star:いいね!
  • 38. な ぜ I T 文 化 は う ま く ま わ って い る の か? • エンジニア人口が多い • 業務と直結する • 知識を蓄積するマインド • 車輪の再発明を嫌う
  • 39. 野 生 の 研 究 者 の 場 • IT勉強会 → 野生の研究会(LTあり) ! • GitHub → ???
  • 40. ま と め
  • 41. 比 較 学 術 研 究 文 化 I T 文 化 野 生 の 研 究 文 化 コ ミ ュニケ ー シ ョ ン 学 会 ・ 研 究 会 I T 勉 強 会 野 生 の 研 究 会 ( LT ) アーカ イ ブ 論 文 G i t H u b ? ? ? ニ コ 動 / Yo u Tu b e ?
  • 42. 残 っ た 課 題 • 研究成果を発表する場は研究会だけなのか? • Web/インターネットは活用できないだろうか • 知識体系の積み重ねは? • 学術論文における「引用」に相当する仕組みが必要 • ニコニコ動画では1つだけ「親作品」を指定できるが • 信頼性の担保は? • 「査読」が必要? • あるいは集合知的なシステム? • 学術論文にアクセスできない • 大学・研究機関に属していれば容易なのだが
  • 43. 多 様 性 は 善 • 大学や研究所だけではなく、いろんな「研究との関わり方」 があっていい 皆 違 って い い 。 な ぜ な ら 、 多 様 性 は 善 だ か ら 。 多 様 性 が あ る と 、 種 と して 強 く な る 。 ホ モ サ ピ エ ンス と して、 強 く な る 。 生 物 で も 言 える こ と で す が 、 全 て の 個 体 が 同 じ D N A を 持 って い た ら 、 天 変 地 異 が 起 こっ た 時 に 皆 死 ぬ 。 け ど 、 多 様 性 が あ る か ら こそ 、 生 き 残 る 個 体 が 出 てくる 。 そ の 個 体 の D N A が そ の 種 の ベース と な って、 受 け 継 が れて い く 。 だ か ら 、 違 う こ と は い い こ と な んで す。 仲暁子 - じぶんにぴったりの働き方を、シゴト3姉妹で考える ∼ライフワークとライスワーク∼ - Wantedly航海日誌より http://blog.wantedly.com/post/43894207435/3
  • 44. https://twitter.com/nawota1105/status/463629953074872320

×