120312 naturalism

680 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
680
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
4
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

120312 naturalism

  1. 1. 自然主義しぜんしゅぎ 2012年3月12日
  2. 2. 写実主義
  3. 3. 写実主義人間の内面の感情を そのまま書く
  4. 4. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書くロマン主義 擬古典主義
  5. 5. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書くロマン主義 擬古典主義内面を自由に表現 井原西鶴の写実ルール・道徳どうとく 雅俗折衷体 を無視むし がぞくせっちゅうたい
  6. 6. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義内面を自由に表現 井原西鶴の写実ルール・道徳どうとく 雅俗折衷体 を無視むし がぞくせっちゅうたい
  7. 7. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalism
  8. 8. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalismヨーロッパの自然主義
  9. 9. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalismヨーロッパの自然主義人間の生態せいたい a mode of life社会生活
  10. 10. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalismヨーロッパの自然主義人間の生態せいたい a mode of life社会生活 そのまま見る
  11. 11. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalismヨーロッパの自然主義 悪いところも そのまま書く
  12. 12. 自然主義 しぜんしゅぎ naturalismヨーロッパの自然主義自然科学的な見方: 遺伝いでんheredity 環境かんきょうthe environment
  13. 13. ゾラ Èmile Zola『ルーゴン=マッカール叢書そうしょ』Les Rougon-Macquart
  14. 14. ゾラ Èmile Zola『ルーゴン=マッカール叢書そうしょ』Les Rougon-Macquart全20作それぞれの作品の登場人物とうじょうじんぶつ characterが同じ家族のメンバーその当時の社会をそのまま書く。
  15. 15. 『居酒屋いざかや』Lassommoir
  16. 16. 『居酒屋いざかや』Lassommoir主人公: ジェルベール(Gervaise)→アルコール中毒ちゅうどく alcoholic
  17. 17. 『居酒屋いざかや』Lassommoir主人公: ジェルベール(Gervaise)→アルコール中毒ちゅうどく alcoholicジェルベールの父→アルコール中毒ちゅうどく alcoholic
  18. 18. 『居酒屋いざかや』Lassommoir主人公: ジェルベール(Gervaise)→アルコール中毒ちゅうどく alcoholicジェルベールの父→アルコール中毒ちゅうどく alcoholic=遺伝いでんheredity
  19. 19. 『居酒屋いざかや』Lassommoir主人公: ジェルベール(Gervaise)→アルコール中毒ちゅうどく alcoholicジェルベールの父→アルコール中毒ちゅうどく alcoholic=遺伝いでんheredityジェルベールの娘ナナ(Nana)→娼婦しょうふ a prostitute
  20. 20. 『居酒屋いざかや』Lassommoir主人公: ジェルベール(Gervaise)→アルコール中毒ちゅうどく alcoholicジェルベールの父→アルコール中毒ちゅうどく alcoholic=遺伝いでんheredityジェルベールの娘ナナ(Nana)→娼婦しょうふ a prostitute=環境かんきょう the environment
  21. 21. ヨーロッパの自然主義•人間の生態せいたい a mode of life社会生活:そのまま見る•悪いところ:そのまま書く
  22. 22. ヨーロッパの自然主義•人間の生態せいたい a mode of life社会生活:そのまま見る•悪いところ:そのまま書く 島崎藤村 田山花袋しまざき とうそん たやま かたい『破戒はかい』 『蒲団ふとん』
  23. 23. 島崎藤村しまざき とうそん『破戒はかい』1906(明治39)年
  24. 24. 島崎藤村しまざき とうそん『破戒はかい』1906(明治39)年 主人公:瀬川丑松せがわ うしまつ 被差別部落ひさべつぶらく出身 a tribe that was discriminated against 教師をしている
  25. 25. 父「自分の身分みぶん place of originを決して人に言ってはいけない」
  26. 26. 父「自分の身分みぶん place of originを決して人に言ってはいけない」丑松うしまつは生徒の前で自分の身分を話してしまう…
  27. 27. 身分みぶん place of birth差別さべつ discriminate
  28. 28. 身分みぶん place of birth差別さべつ discriminate社会的に受け継つがれるhanded down
  29. 29. 身分みぶん place of birth差別さべつ discriminate環境 かんきょう the environment に影響される
  30. 30. 身分みぶん place of birth差別さべつ discriminate人間の生態せいたい mode of life
  31. 31. 身分みぶん place of birth差別さべつ discriminate 社会の悪い面を そのまま書く
  32. 32. 島崎藤村しまざき とうそん『破戒はかい』最初の 自然主義文学だ!!
  33. 33. 田山花袋たやま かたい『蒲団ふとん』1907(明治40)年
  34. 34. 田山花袋たやま かたい『蒲団ふとん』1907(明治40)年小説家の竹中たけなかが弟子でしの芳子よしこに恋をする様子を書いた小説
  35. 35. 田山花袋たやま かたい『蒲団ふとん』1907(明治40)年どんな物語か見てみましょう!
  36. 36. 田山花袋たやま かたい
  37. 37. 田山花袋たやま かたい自然主義とは…個人的な経験を悪いところもそのまま書くこと
  38. 38. 誤解ごかいmisunderstand
  39. 39. 自分の経験、内面をそのまま書いた
  40. 40. 自分の経験、内面をそのまま書いた読者・他の小説家 ショックshock
  41. 41. 島崎藤村 しまざきとうそんも花袋かたいさんのような小説を書こう!
  42. 42. 日本では
  43. 43. 日本では 自然主義
  44. 44. 日本では 自然主義 = 個人的な経験を そのまま書く
  45. 45. 小説の内容
  46. 46. 小説の内容=事実そのまま
  47. 47. 小説の内容=事実そのまま 私小説ししょうせつ
  48. 48. ヨーロッパの 自然主義 ≠日本の自然主義
  49. 49. 写実主義 人間の内面の感情を そのまま書く 個人の解放かいほう 発展ロマン主義 擬古典主義内面を自由に表現 井原西鶴の写実ルール・道徳どうとく 雅俗折衷体 を無視むし がぞくせっちゅうたい
  50. 50. ロマン主義 発展自然主義悪い部分も入れて現実をそのまま書く小説家個人の経験をそのまま書く
  51. 51. ロマン主義 発展自然主義 私小説ししょうせつ悪い部分も入れて現実をそのまま書く小説家個人の経験をそのまま書く
  52. 52. 自然主義の小説家 島崎藤村 しまざき とうそん
  53. 53. 島崎藤村しまざき とうそん(1872-1943)
  54. 54. 島崎藤村しまざき とうそん(1872-1943)長野ながの生まれ1887年 明治学院入学(明治20年)1892年 明治女学校の教師(明治25年)
  55. 55. 1893年 『文学界』創刊そうかん(明治26年) に参加
  56. 56. 1893年 『文学界』創刊そうかん(明治26年) に参加 ロマン主義
  57. 57. 1896年 仙台せんだいへ(明治29年) 東北学院の教師1897年 『若菜集わかなしゅう』(明治26年) 発表
  58. 58. 1896年 仙台せんだいへ(明治29年) 東北学院の教師1897年 『若菜集わかなしゅう』(明治26年) 発表ロマン主義の詩人しじんとして文学活動を開始
  59. 59. 1899年 小諸義塾こもろぎじゅくの(明治32年) 教師として長野ながの へ行く1901年 『落梅集らくばいしゅう』(明治34年) 発表
  60. 60. 1899年 小諸義塾こもろぎじゅくの(明治32年) 教師として長野ながの へ行く1901年 『落梅集らくばいしゅう』(明治34年) 発表 詩しをやめて 小説を書き始める
  61. 61. 1906年 『破戒はかい』を自費(明治39年) 出版じひしゅっぱん
  62. 62. 1906年 『破戒はかい』を自費(明治39年) 出版じひしゅっぱん初めての自然主義小説として高い評価ひょうか。すぐに売り切れ。
  63. 63. 1906年 『破戒はかい』を自費(明治39年) 出版じひしゅっぱん初めての自然主義小説として高い評価ひょうか。すぐに売り切れ。ロマン主義→自然主義
  64. 64. 1910年 妻が亡くなる。(明治43年) 姪めいのこま子が家事 を手伝いに来る
  65. 65. 1910年 妻が亡くなる。(明治43年) 姪めいのこま子が家事 を手伝いに来る こま子と愛人関係
  66. 66. 1910年 妻が亡くなる。(明治43年) 姪めいのこま子が家事 を手伝いに来る こま子と愛人関係1913年 フランス留学(大正2年)
  67. 67. 1916年 帰国(大正5年)1918年 『新生』(大正7年)
  68. 68. 1916年 帰国(大正5年)1918年 『新生』(大正7年) こま子との関係を書 いた小説=私小説
  69. 69. 1929年 『夜明よあけ前』(昭和4年) 連載れんさい開始
  70. 70. 1929年 『夜明よあけ前』(昭和4年) 連載れんさい開始明治維新いしんのころの社会の動きと父の一生を書いた長編ちょうへん小説
  71. 71. 1929年 『夜明よあけ前』(昭和4年) 連載れんさい開始明治維新いしんのころの社会の動きと父の一生を書いた長編ちょうへん小説1935年 『夜明け前』完結(昭和10年)
  72. 72. 1943年 死去しきょ(昭和18年)
  73. 73. 自然主義と同時に自然主義に反対する、反自然主義を主張しゅちょうする小説家が出てくる。
  74. 74. お疲れ様でした。

×