110728 grammatical category_02_slides

606 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
606
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

110728 grammatical category_02_slides

  1. 1. 言語学 2011年7月28日
  2. 2. 今日勉強すること• 先週の復習• 使役 • 強制(きょうせい)使役 • 許容(きょよう)使役 • 不本意 (ふほんい)な許容使役 • 無意志動詞の使役• まとめ
  3. 3. 直接受身(ちょくせつうけみ)女の人は男の人に しかられた。 直接受動文 (じゅどうぶん) 男の人は女の人を しかった。 能動文 (のうどうぶん)
  4. 4. 直接受身(ちょくせつうけみ) 出来事男の人 女の人 影響• 影響(えいきょ • 影響(えいきょ しかるう)を与える人 う)を受ける人
  5. 5. 間接(かんせつ)受身田中さんは事故で弟に死なれた。私は昨日雨に降られて、かぜをひいた。私はゆうべ一晩じゅう隣(となり)の人にピアノを弾(ひ)かれて寝られなかった。
  6. 6. 間接(かんせつ)受身出来事田中さん 影響 田中さんの弟の死
  7. 7. 間接(かんせつ)受身能動文(のうどうぶん)がない受動文(じゅどうぶん)ガ格になる人が出来事の外にいる。出来事の中の補語(ほご)は1つでも2つでもいい。自動詞でも他動詞でもいい
  8. 8. 中間的な受身ニサンサラさんはサンダミニさんに頭を殴(なぐ)られた。田中さんは泥棒(どろぼう)にさいふを盗(ぬす)まれた。モハマッドさんはテロリストに弟を殺(ころ)された。
  9. 9. 直接受身 中間的な受身体の部分 × ◎ 持ち物 ○ ◎ ◎ ◎親族(しんぞ く)・知人 (ちじん)
  10. 10. どんな時に受身を使うか?• 動作(どうさ、action)をする人が分からない場 合。• 影響(えいきょう)を受ける人が与(あた)える 人より親しい場合。• 文の中の主語を統一(とういつ)したいばあい。• 迷惑(めいわく)な気持ちを表したい場合。
  11. 11. 視点(してん)出来事の中の人、ものの中に身近(みじか)な人・もの立場からその出来事を見る。
  12. 12. ボイス(voice)2 使役
  13. 13. 使役の意味を表す形態素(けいたいそ)は何?
  14. 14. Ⅰグループ kakaseruⅡグループ tabesaseru kisaseruⅢグループ saseru kosaseru
  15. 15. Ⅰグループ kakaseruⅡグループ tabesaseru kisaseruⅢグループ saseru kosaseru
  16. 16. Ⅰグループ kakaseruⅡグループ tabesaseru kisaseruⅢグループ saseru kosaseru
  17. 17. Ⅰグループ kakaseruⅡグループ tabesaseru kisaseruⅢグループ saseru kosaseru
  18. 18. 使役ってどんな文ですか。
  19. 19. 先生が学生に日記を書かせた。
  20. 20. 先生が学生に日記を書かせた。
  21. 21. 先生が学生に日記を使役主書かせた。
  22. 22. 先生が学生に日記を使役主 行動主書かせた。
  23. 23. 出来事 学生先生 影響 日記を書く
  24. 24. 出来事使役主 行動主ガ格 影響 (ニ格・ヲ(主語) 格)
  25. 25. 視点(してん) 出来事 使役主 行動主 ガ格 影響 (ニ格・ヲ (主語) 格)
  26. 26. 先生が学生に日記を書かせた。
  27. 27. 先生が学生に日記を 必須 (ひっす)書かせた。 補語
  28. 28. 先生が学生に日記を 行動主 必須 (ひっす)書かせた。 補語
  29. 29. 同じ文の中に2つの「を」は使えない。
  30. 30. 先生は子どもを遊ばせた。
  31. 31. 先生は子どもを遊ばせた。自動詞
  32. 32. 先生は子どもを 行動主遊ばせた。自動詞
  33. 33. 先生は子どもを遊ばせた。自動詞
  34. 34. 先生は子どもを遊ばせた。自動詞=ヲ格が必須(ひっす)補語ではない。
  35. 35. 先生は子どもを 行動主=ヲ格遊ばせた。自動詞=ヲ格が必須(ひっす)補語ではない。
  36. 36. 使役の種類強制(きょうせい)使役許容(きょよう)使役不本意(ふほんい)な許容使役無意志動詞の使役
  37. 37. 強制(きょうせい)使役先生が学生に日記を書かせた。
  38. 38. 許容(きょよう)使役先生は子どもを遊ばせた。
  39. 39. 強制(きょうせい)使役の文 許容(きょよう) 使役の文
  40. 40. 強制(きょうせい)使役の文 作ってみよう!! 許容(きょよう) 使役の文
  41. 41. 不本意(ふほんい)な許容(きょよう)使役
  42. 42. 不本意(ふほんい)な許容(きょよう)使役
  43. 43. 不本意(ふほんい)な 許容(きょよう)使役両親の離婚(りこん)がエレンさんに犯罪(はんざい)を起こさせた。
  44. 44. 不本意(ふほんい)な 許容(きょよう)使役両親の離婚(りこん)がエレンさんに犯罪(はんざい)を起こさせた。
  45. 45. 不本意(ふほんい)な 許容(きょよう)使役両親の離婚(りこん)がエレン 原因さんに犯罪(はんざい)を起こさせた。
  46. 46. 不本意(ふほんい)な 許容(きょよう)使役両親の離婚(りこん)がエレン 原因さんに犯罪(はんざい)を起こさせた。
  47. 47. 不本意(ふほんい)な 許容(きょよう)使役両親の離婚(りこん)がエレン 原因さんに犯罪(はんざい)を起こさ 結果せた。
  48. 48. 視点(してん) 出来事 エレンさんの両親の離婚 影響 犯罪(はんざい) 原因 結果
  49. 49. 作ってみよう!! 不本意(ふほんい)な許容 (きょよう)使役の文
  50. 50. 無意志動詞の使役
  51. 51. 無意志動詞の使役
  52. 52. 無意志動詞の使役 お兄ちゃんは弟 を笑わせた。
  53. 53. 無意志動詞の使役 お兄ちゃんは弟 を笑わせた。 無意志動詞
  54. 54. 視点(してん) 出来事お兄ちゃん 影響 弟が笑う
  55. 55. 無意志動詞の使役
  56. 56. 無意志動詞の使役 ワーサナーさんは 懐中電灯 (かいちゅうでん とう)を光らせた。
  57. 57. 無意志動詞の使役 ワーサナーさんは 懐中電灯 (かいちゅうでん とう)を光らせた。 無意志動詞
  58. 58. 視点(してん) 出来事ワーサナー 影響 懐中電灯(かい ちゅうでんとう) さん つける が光る
  59. 59. 無意志動詞の使役
  60. 60. 無意志動詞の使役 スバーシニさんは野 菜をくさらせた。
  61. 61. 無意志動詞の使役 スバーシニさんは野 菜をくさらせた。 無意志動詞
  62. 62. 無意志動詞の使役
  63. 63. 無意志動詞の使役 私は駅まで 車を走らせた。
  64. 64. 無意志動詞の使役 私は駅まで 車を走らせた。 もの
  65. 65. 作ってみよう!! 無意志動詞の使役文
  66. 66. まとめ
  67. 67. 使役の意味を表す形態素Ⅰグループ kakaseruⅡグループ tabesaseru kisaseruⅢグループ saseru kosaseru
  68. 68. 視点(してん) 出来事 使役主 行動主 ガ格 影響 (ニ格・ヲ (主語) 格)
  69. 69. ヲ格が必須補語→行動主はニ格
  70. 70. ヲ格が必須補語→行動主はニ格 同じ文の中に2つの 「を」は使えない。
  71. 71. ヲ格が必須補語ではない →行動主はヲ格
  72. 72. 使役の種類強制(きょうせい)使役許容(きょよう)使役不本意(ふほんい)な許容使役無意志動詞の使役
  73. 73. お疲れ様でした!!また来週 私は今日から月曜日まで 日本へ行きます。

×