Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
110721 grammar category 01_slides
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

110721 grammar category 01_slides

  • 478 views
Published

 

Published in Education
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
478
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
9
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 言語学2011年7月21日、22日 1
  • 2. 今週勉強すること• 前回の復習• 文法カテゴリー①:ボイス(voice)• 受身 – 直接受身 – 間接受身 – 中間的な受身• どんな時に受身を使うか?• まとめ 2
  • 3. 前回の復習ニローシャンさんがサンダミニさんを殴(なぐ)ったみたいだね。 3
  • 4. 命題(めいだい)と モダリティ(modality)ニローシャンさんがサ みたいだね。ンダミニさんをなぐった 命題(めいだい; モダリティ(modality) proposition) 話している人の主観(しゅか出来事・文の内容を表す部分 ん;subjective view)を表す部 分 4
  • 5. 文法カテゴリー• 文の中で必ず表わさなければならない 文法的意味 5
  • 6. 命題(めいだい)の中の 文法カテゴリー(category)テンス(tense) アスペクト 肯否(こうひ)〈時制(じせい)〉 (aspect) 丁寧(ていね ボイス(voice) い)さ 6
  • 7. ボイス(voice)• ある出来事の中での話している人の立場 を表す。• 受身(うけみ) – 形態素{-are-/-rare-}を付けて表わされる。• 使役(しえき) – 形態素{-ase-/-sase-}を付けて表わされる。 7
  • 8. ボイス(voice)• 受身(うけみ) –直接受身(ちょくせつうけみ) –間接受身(かんせつうけみ) –中間的な受身 8
  • 9. 直接受身(ちょくせつうけみ) 9
  • 10. 直接受身(ちょくせつうけみ) 10
  • 11. 直接受身(ちょくせつうけみ) 男の人が女の人を しかった。 11
  • 12. 直接受身(ちょくせつうけみ)女の人男の人にし かられた。 男の人が女の人を しかった。 12
  • 13. 直接受身(ちょくせつうけみ) 出来事男の人 女の人 影響• 影響(えいきょ • 影響(えいきょ う)を与える人 しかる う)を受ける人 13
  • 14. 直接受身(ニ格) 14
  • 15. 直接受身(ニ格) • ヌシャーニさんが知らない 男に話しかけられた。 15
  • 16. 直接受身(ちょくせつうけみ) 出来事男 ヌシャーニさん 影響• 影響(えいきょ • 影響(えいきょ う)を与える人 話しかける う)を受ける人 16
  • 17. 直接受身(ニ格) 17
  • 18. 直接受身(ニ格)• スネティさんが大統領(だ いとうりょう)に花束(はなた ば)を贈(おく)られた。 18
  • 19. 直接受身(ちょくせつうけみ) 出来事大統領 スネティさん 影響(だいとうりょう) 贈(おく) • 影響(えいきょ• 影響(えいきょ る う)を受ける人 う)を与える人 19
  • 20. 直接受身(ちょくせつうけみ)• 直接受身には、かならず対応(たいおう)す る能動文(のうどうぶん)がある。• 能動文(のうどうぶん) – 影響を与(あた)える人をガ格で表わした文。• 直接受動文(ちょくせつじゅどうぶん) – 影響を受(う)ける人をガ格で表わした文。 20
  • 21. 直接受身(ちょくせつうけみ)女の人は男の人に しかられた。 直接受動文 (じゅどうぶん) 男の人は女の人をし かった。 能動文(のうどうぶん) 21
  • 22. 直接受身(ニ格) • ヌシャーニさんが知らない 男に話しかけられた。 直接受動文(じゅどうぶん)• 知らない男がヌシャーニさ んに話しかけた。 能動文(のうどうぶん) 22
  • 23. 直接受身(ニ格) • 大統領(だいとうりょう) がスネティさんに花• スネティさんが大統領(だい 束(はなたば)を贈(お とうりょう)に花束(はなたば)を く)った。 贈(おく)られた。 能動文(のうどうぶん) 直接受動文(じゅどうぶん) 23
  • 24. 直接受身(ちょくせつうけみ)• 影響を受ける人が出来事の中にいること が必要。• 直接受動文が作れる能動文には、補語が 2つ必要(ガ格、ヲ格・ニ格)• 直接受身を作れるのは他動詞だけ。 24
  • 25. 直接受身(ちょくせつうけみ) ① 出来事 ②男の人 女の人 影響• 影響(えいきょ • 影響(えいきょ う)を与える人 しかる う)を受ける人 出来事の中に いる。 25
  • 26. 直接受身(無生物名詞) 26
  • 27. 27
  • 28. 28
  • 29. • 花束が大統領(だいとうりょう)からスネティさ んに贈(おく)られた。 29
  • 30. 30
  • 31. アメリカ大陸(たいりく)はコロンブスによって発見(はっけん)された。 31
  • 32. 32
  • 33. フェイスブック(FB)はマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)によって作られた。 33
  • 34. 34
  • 35. 日本国憲法(けんぽう, Constitution ofJapan)には、戦争(せんそう)の放棄(ほうき、 abandoned)が書かれている。 35
  • 36. 書いた人がはっきりわからない。 日本国憲法(けんぽう, Constitution of Japan)には、戦争(せんそう)の放棄 (ほうき、 abandoned)が書かれている。 36
  • 37. 直接受身の文を作ってみよう! 37
  • 38. 直接受身の文を作ってみよう!人が主語のもの無生物が主語のもの動作主(どうさしゅ)がわかるもの動作主(どうさしゅ)がわからないもの 38
  • 39. 間接(かんせつ)受身田中さんは事故で弟に死なれた。私は昨日雨に降られて、かぜをひいた。私はゆうべ一晩じゅう隣(となり)の人にピアノを弾(ひ)かれて寝られなかった。能動文(のうどうぶん)がありますか? 39
  • 40. 間接(かんせつ)受身田中さんの弟は事故で田中さんを死んだ。雨が昨日私を降って、かぜをひいた。隣(となり)の人がゆうべ一晩じゅう私をピアノを弾いて、私は寝られなかった。 40
  • 41. 間接(かんせつ)受身田中さんの弟は事故で田中さんを死んだ。雨が昨日私を降って、かぜをひいた。隣(となり)の人がゆうべ一晩じゅう私をピアノを弾いて、私は寝られなかった。 41
  • 42. 間接(かんせつ)受身田中さんの弟は事故で田中さんを死んだ。雨が昨日私を降って、かぜをひいた。隣(となり)の人がゆうべ一晩じゅう私をピアノを弾いて、私は寝られなかった。 42
  • 43. 間接(かんせつ)受身田中さんの弟は事故で田中さんを死んだ。雨が昨日私を降って、かぜをひいた。隣(となり)の人がゆうべ一晩じゅう私をピアノを弾いて、私は寝られなかった。 43
  • 44. 間接(かんせつ)受身出来事田中さん 影響 田中さんの弟の死 44
  • 45. 間接(かんせつ)受身能動文(のうどうぶん)がない受動文(じゅどうぶん)ガ格になる人が出来事の外にいる。出来事の中の補語(ほご)は1つでも2つでもいい。自動詞でも他動詞でもいい 45
  • 46. 間接受身の文を作ってみよう! 46
  • 47. 中間的な受身 47
  • 48. 48
  • 49. サンダミニさんはニサンサラさんの頭を殴(なぐ)った。 49
  • 50. サンダミニさんはニサンサラさんの頭を殴(なぐ)った。 受身の文にすると… 50
  • 51. ニサンサラさんの頭はサンダミニさんに殴(なぐ)られた。 51
  • 52. ニサンサラさんの頭はサンダミニさんに殴(なぐ)られた。 直接受身 52
  • 53. ニサンサラさんの頭はサンダミニさんに殴(なぐ)られた。 直接受身 ? 53
  • 54. ニサンサラさんはサンダミニさんに頭を殴(なぐ)られた。 54
  • 55. ニサンサラさんはサンダミニさんに頭を殴(なぐ)られた。 中間的な 受身 55
  • 56. 56
  • 57. 泥棒(どろぼう)が田中さんのさいふを盗(ぬす)んだ。 57
  • 58. 田中さんのさいふが泥棒(どろぼう)に盗(ぬす)まれた。 58
  • 59. 直接受身田中さんのさいふが泥棒(どろぼう)に盗(ぬす)まれた。 59
  • 60. 田中さんは泥棒(どろぼう)にさいふを盗(ぬす)まれた。 60
  • 61. 中間的な 受身田中さんは泥棒(どろぼう)にさいふを盗(ぬす)まれた。 61
  • 62. 62
  • 63. テロリストはモハマッドさんの弟を殺(ころ)した。 63
  • 64. モハマッドさんの弟はテロリストに殺(ころ)された。 64
  • 65. モハマッドさんの弟はテロ リストに殺(ころ)された。直接受身 65
  • 66. モハマッドさんはテロリストに弟を殺(ころ)された。 66
  • 67. モハマッドさんはテロリスト に弟を殺(ころ)された。中間的な 受身 67
  • 68. 直接受身ニサンサラさんの頭はサンダミニさんに殴(なぐ)られた。田中さんのさいふは泥棒(どろぼう)に盗(ぬす)まれた。モハマッドさんの弟はテロリストに殺(ころ)された。 68
  • 69. 直接受身ニサンサラさんの頭はサンダミニさんに殴(なぐ)られた。田中さんのさいふは泥棒(どろぼう)に盗(ぬす)まれた。モハマッドさんの弟はテロリストに殺(ころ)された。 69
  • 70. 中間的な受身ニサンサラさんはサンダミニさんに頭を殴(なぐ)られた。田中さんは泥棒(どろぼう)にさいふを盗(ぬす)まれた。モハマッドさんはテロリストに弟を殺(ころ)された。 70
  • 71. 中間的な受身ニサンサラさんはサンダミニさんに頭を殴(なぐ)られた。田中さんは泥棒(どろぼう)にさいふを盗(ぬす)まれた。モハマッドさんはテロリストに弟を殺(ころ)された。 71
  • 72. 直接受身 中間的な受身 体の部分 × ◎ 持ち物 ○ ◎親族(しんぞく)・ 知人(ちじん) ◎ ◎ 72
  • 73. 直接受身 中間的な受身 体の部分 × ◎ 持ち物 ○ 言いたい ◎ ことが違う親族(しんぞく)・ 知人(ちじん) ◎ ◎ 73
  • 74. 中間的な受身の文を作ってみよう! 74
  • 75. どんな時に受身を使うか?• どうして受身を使いますか?• どんな時受身を使いますか? 75
  • 76. どんな時に受身を使うか?• 動作(どうさ、action)をする人が分からない場 合。• 影響(えいきょう)を受ける人が与(あた)える 人より親しい場合。• 文の中の主語を統一(とういつ)したいばあ い。• 迷惑(めいわく)な気持ちを表したい場合。 76
  • 77. どんな時に受身を使うか?• 動作(どうさ、action)をする人が分からない場 合。 77
  • 78. 78
  • 79. 今年スリランカでクリケットのワールドカップが開かれた。 79
  • 80. どんな時に受身を使うか?今年スリランカでクリケットのワールドカップが開かれた。 開く:ガ格、ヲ格が必須補語(ひっすほ ご) 動作をする人(=ガ格)が分からない 受身を使う。 80
  • 81. どんな時に受身を使うか?• 影響(えいきょう)を受ける人が与(あた)える 人より親しい場合。 81
  • 82. • ヌシャーニさんが知らない 男に話しかけられた。 82
  • 83. • スネティさんが大統領 (だいとうりょう)に花束(はな たば)を贈(おく)られた。 83
  • 84. どんな時に受身を使うか?ヌシャーニさん>知らない男スネティさん>大統領(だいとうりょう)私>私に親しい人・もの>他人(たにん)>もの 84
  • 85. どんな時に受身を使うか?• 複数(ふくすう)の人が出てくる文 の場合、自分に身近な人を主 語にする。• 能動文(のうどうぶん)で表わした 時、自分に身近な人がヲ格や ニ格になる場合、受身を使う。 85
  • 86. どんな時に受身を使うか?文の中の主語を統一(とういつ)したい場合。• 先生がイサーラ・コースタさんをし かった。〈従属節(じゅうぞくせつ、subordinate clause)〉• イサーラ・コースタさんが泣(な)いた。〈主節(しゅせつ、main clause)〉 86
  • 87. どんな時に受身を使うか?先生がイサーラ・コースタさんをしかって、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。先生にしかられて、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。 87
  • 88. どんな時に受身を使うか?先生がイサーラ・コースタさんをしかって、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。先生にしかられて、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。 88
  • 89. どんな時に受身を使うか?先生がイサーラ・コースタさんをしかって、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。先生にしかられて、イサーラ・コースタさんは泣(な)いた。 89
  • 90. どんな時に受身を使うか?従属節(じゅうぞくせつ、subordinate clause)の主語を主節(しゅせつ、main clause)の主語に合わせる。2つの文の主語を同じにするために受身を使う。〈視点(してん、point of view)の統一(とういつ)〉 90
  • 91. どんな時に受身を使うか?• 迷惑(めいわく)な気持ちを表したい場合。 91
  • 92. どんな時に受身を使うか?• 迷惑(めいわく)な気持ちを表したい場合。• 間接(かんせつ)受身 92
  • 93. 93
  • 94. 私の人形(にんぎょう)は友達にこわされた。 94
  • 95. 私の人形(にんぎょう)は友達にこわされた。 私は友達に人形(にんぎょう) をこわされた。 95
  • 96. 私の人形(にんぎょう)は友達にこわされた。 私は友達に人形(にんぎょう) をこわされた。 迷惑(めいわく)な気持ち 96
  • 97. 友達が人形(にんぎょう)をこわした 〈できごと〉 友達に人形(にんぎょ う)をこわされた。迷惑(めいわく) 〈気持ち〉 97
  • 98. 98
  • 99. 母が人形(にんぎょ う)を直した 〈できごと〉 友達に人形(にんぎょ う)を直された。迷惑(めいわく) 〈気持ち〉 99
  • 100. 母が人形(にんぎょ う)を直した 〈できごと〉 母に人形(にんぎょう) を直してもらった。感謝(かんしゃ) 〈気持ち〉 100
  • 101. 今週のまとめ• ボイス(voice) – 受身(うけみ) – 使役(しえき) 101
  • 102. 今週のまとめ• 受身 – 直接受身 – 間接受身 – 中間的な受身 102
  • 103. 今週のまとめ• 直接受身(ちょくせつうけみ) – 直接受身には、かならず対応(たいおう)する 能動文(のうどうぶん)がある。 – 影響(えいきょう)を受ける人が出来事の中に いることが必要。 – 直接受動文が作れる能動文には、補語(ほ ご)が2つ必要(ガ格、ヲ格・ニ格) – 直接受身を作れるのは他動詞だけ。 103
  • 104. 今週のまとめ• 間接受身 – 影響(えいきょう)を受ける人が出来事の中に いない場合。 – 迷惑(めいわく)な気持ちを表す。 104
  • 105. 今週のまとめ• 中間的な受身 – 直接受動文にできるが、出来事の中にいない 人(もの)を主語にしたい場合に使う。 105
  • 106. 今週のまとめ• どんな時に受身を使うか? – 動作(どうさ、action)をする人が分からない場合。 – 影響(えいきょう)を受ける人が与(あた)える人よ り親しい場合。 – 文の中の主語を統一(とういつ)したいばあい。 – 迷惑(めいわく)な気持ちを表したい場合。 106
  • 107. おつかれさまでした。また来週。 107