コンピュータをもっと使おう ver 0.1
- そうだプログラミングをしよう 2013-11-02 広島Ruby勉強会 #35
対象

• コンピュータを使う人
目的
• プログラミング入門が必要
• プログラミングについて見つめ直そう
• ブラッシュアップしていくセッションを
してみよう
アジェンダ
• コンピュータを使う
• コンピュータが得意なこと
• コンピュータに仕事を頼みたい
• プログラミングする
• どんな命令があるのかわからない
• プログラミングは難しい
• コンピュータをもっと使う
コンピュータを使う
• 人間の仕事を肩代わり
• 何が嬉しい?
• やることが減る
• 楽チン
コンピュータが得意なこと

• 同じことを何度も繰り返すこと
• 例 検索
• 一致するものがないかひたすら探す
コンピュータに仕事を頼みたい

• アプリケーションにお願い
• アプリケーションを操作する技術
アプリケーションでAをする

• ボタンを押す
• 入力をする
• ボタンを押す
次の日 同じことをする

• ボタンを押す
• 入力をする
• ボタンを押す
さらに次の日

• ボタンを押す
• 入力をする
• ボタンを押す
• 同じ手順群を何度も繰り返している
• コンピュータにやらせたい
• プログラミングしよう
「Aをする」プログラムを書いた
アプリケーションでAをする

• Aをする
次の日 同じことをする

• Aをする
さらに次の日

• Aをする
よりシンプルになった
プログラミングで
よりたくさんのことができる
よりコンピュータを使える
プログラミングをする

• 手順を並べる
• それだけ
• 誰でもできる?
プログラミング

• 手順を書いていく
• 手順 = 命令
• 命令を組合せて命令書を作る
命令書 Aをする

• ボタンを押す
• 入力をする
• ボタンを押す
命令の集まりに
「Aをする」と名前をつけた
3回繰り返してみよう
• Aをする
• Aをする
• Aをする
命令書は新しい命令になる

• 命令を組合せた命令書は
• 命令として使える
• どんどん便利になる
そういえば 繰り返すのが得意

• Rubyというプログラミング言語を使うと
3.times do

Aをする

end
ついでに命令書は
def Aをする

ボタンを押す

入力する

ボタンを押す

end
どんな命令があるのかわからない

• わからなければプロに聞けばいい
• そもそも「ボタンを押す」や「入力する」
はどこから?

• そういえば命令は作れる
プログラミングは難しい
• 簡単な部分もある
• 簡単に書けないところがプロのお仕事
• 小さな命令はたくさんの人が使う
• 大きな命令は使う人が限られる
小さな命令/中くらいの命令

• できることは小さいけどいろんな用途
• プログラミング言語が用意している
• 中くらいの命令がたくさんのプログラマ
がつくる
大きな命令は自分で作る
• 中くらいの命令をつかって
• 自分を便利するものを作ろう
• 得をする人が少ない
• プロに頼めない
コンピュータをもっと使う
視覚障害者向けの
アプリケーションを作っている人
に聞いたことがあること
障害者ってどのような存在?
どうしてそういうアプリケーショ
ンを作ろうと考えたのか?
「生産性という点で見た時に社会的にはお
荷物なってしまうのだけど、コンピュータは
人の生産性の何倍にもする可能性をもってい
るので、コンピュータを使えるように環境を
整えることで同じ土俵に立てるようになる」
コンピュータをもっと使えば
遊ぶ時間をもっと増やせる
もっとたくさんのことができる
プログラミングをしよう
ご清聴ありがとうございます
書かなかったこと

• 命令の探し方
• テストコード
• 実際に試せる具体例
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

コンピュータをもっと使おう

1,090 views
1,029 views

Published on

http://hiroshimarb.github.io/blog/2013/11/02/hiroshimarb-35/

広島Ruby勉強会 #035 の発表資料。

いつもいつも内容が難しいと言われるので、入門者向けの話に挑戦してみた。
プログラミングをする動機をみつめなおしてみた。
version up していきたいので ver 0.1

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,090
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

コンピュータをもっと使おう

  1. 1. コンピュータをもっと使おう ver 0.1 - そうだプログラミングをしよう 2013-11-02 広島Ruby勉強会 #35
  2. 2. 対象 • コンピュータを使う人
  3. 3. 目的 • プログラミング入門が必要 • プログラミングについて見つめ直そう • ブラッシュアップしていくセッションを してみよう
  4. 4. アジェンダ • コンピュータを使う • コンピュータが得意なこと • コンピュータに仕事を頼みたい • プログラミングする • どんな命令があるのかわからない • プログラミングは難しい • コンピュータをもっと使う
  5. 5. コンピュータを使う • 人間の仕事を肩代わり • 何が嬉しい? • やることが減る • 楽チン
  6. 6. コンピュータが得意なこと • 同じことを何度も繰り返すこと • 例 検索 • 一致するものがないかひたすら探す
  7. 7. コンピュータに仕事を頼みたい • アプリケーションにお願い • アプリケーションを操作する技術
  8. 8. アプリケーションでAをする • ボタンを押す • 入力をする • ボタンを押す
  9. 9. 次の日 同じことをする • ボタンを押す • 入力をする • ボタンを押す
  10. 10. さらに次の日 • ボタンを押す • 入力をする • ボタンを押す
  11. 11. • 同じ手順群を何度も繰り返している • コンピュータにやらせたい • プログラミングしよう
  12. 12. 「Aをする」プログラムを書いた
  13. 13. アプリケーションでAをする • Aをする
  14. 14. 次の日 同じことをする • Aをする
  15. 15. さらに次の日 • Aをする
  16. 16. よりシンプルになった
  17. 17. プログラミングで よりたくさんのことができる
  18. 18. よりコンピュータを使える
  19. 19. プログラミングをする • 手順を並べる • それだけ • 誰でもできる?
  20. 20. プログラミング • 手順を書いていく • 手順 = 命令 • 命令を組合せて命令書を作る
  21. 21. 命令書 Aをする • ボタンを押す • 入力をする • ボタンを押す
  22. 22. 命令の集まりに 「Aをする」と名前をつけた
  23. 23. 3回繰り返してみよう
  24. 24. • Aをする • Aをする • Aをする
  25. 25. 命令書は新しい命令になる • 命令を組合せた命令書は • 命令として使える • どんどん便利になる
  26. 26. そういえば 繰り返すのが得意 • Rubyというプログラミング言語を使うと 3.times do
 Aをする
 end
  27. 27. ついでに命令書は def Aをする
 ボタンを押す
 入力する
 ボタンを押す
 end
  28. 28. どんな命令があるのかわからない • わからなければプロに聞けばいい • そもそも「ボタンを押す」や「入力する」 はどこから? • そういえば命令は作れる
  29. 29. プログラミングは難しい • 簡単な部分もある • 簡単に書けないところがプロのお仕事 • 小さな命令はたくさんの人が使う • 大きな命令は使う人が限られる
  30. 30. 小さな命令/中くらいの命令 • できることは小さいけどいろんな用途 • プログラミング言語が用意している • 中くらいの命令がたくさんのプログラマ がつくる
  31. 31. 大きな命令は自分で作る • 中くらいの命令をつかって • 自分を便利するものを作ろう • 得をする人が少ない • プロに頼めない
  32. 32. コンピュータをもっと使う
  33. 33. 視覚障害者向けの アプリケーションを作っている人 に聞いたことがあること
  34. 34. 障害者ってどのような存在? どうしてそういうアプリケーショ ンを作ろうと考えたのか?
  35. 35. 「生産性という点で見た時に社会的にはお 荷物なってしまうのだけど、コンピュータは 人の生産性の何倍にもする可能性をもってい るので、コンピュータを使えるように環境を 整えることで同じ土俵に立てるようになる」
  36. 36. コンピュータをもっと使えば 遊ぶ時間をもっと増やせる もっとたくさんのことができる
  37. 37. プログラミングをしよう
  38. 38. ご清聴ありがとうございます
  39. 39. 書かなかったこと • 命令の探し方 • テストコード • 実際に試せる具体例

×