20110823 sfc mediacenter_cc
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

20110823 sfc mediacenter_cc

on

  • 399 views

 

Statistics

Views

Total Views
399
Views on SlideShare
399
Embed Views
0

Actions

Likes
1
Downloads
6
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

20110823 sfc mediacenter_cc 20110823 sfc mediacenter_cc Presentation Transcript

  • クリエイティブ・コモンズ・ライセンス:思想・仕組み・ 広がり 渡辺智暁 クリエイティブ・コモンズ・ジャパン 常務理事 2011.8.23.
  • 本日のメニュー・(自己紹介など)・クリエイティブ・コモンズ・ライセンス (CCL)の考え方・CCLの仕組みと工夫・CC活用分野の広がり
  • クリエイティブ・コモンズ・ラ イセンスの考え方 View slide
  • 社会や市場と制度のミスマッチ著作権制度: “All rights reserved,” 無方式主義社会・市場の変化: ・創作・流通などへのアマチュアの(大量) 参入 ・情報やコンテンツの複製・共有・加工が簡 単に。 ・そうしたコンテンツの中にも鑑賞に耐える ものが。 ・ある程度自由に利用してもよいコンテンツ View slide
  • ミスマッチ・著作者による独占・個別許諾による利用が前提⇒こうした保護を必要としていないコンテンツ やクリエイターが一方には存在し、他方には そのようなコンテンツやクリエイターを欲す る利用者などが存在する。⇒補完的な制度としてのパブリック・ライセン スによるマッチング
  • 文化をとりまく技術環境の変化アマチュア、ボランティアが創作活動に参加デジタル技術とデジタル・コンテンツ: 著作 物の複製が簡単・無劣化にブロードバンド網とその普及: 著作物の流通 が簡単・低コストにブログ、ウィキ、デジカメ、CDバーナー、 他: 著作物の制作コストも低減→制作・流通とも、著しく安価になった
  • 環境の変化PC、各種フリーソフト: 著作物の加工コス トも低減→既存の作品の加工の可能性が飛躍的に増 大掲示板、メーリングリスト、ウィキ、SNS、 他 コミュニケーション用プラット フォーム: 遠隔・非同期コラボレーショ ンが容易に→集合知的な創作活動の基盤
  • 文化の変化いわゆる「一億総クリエイター時代」→専門家の世界に、アマチュアやボラン ティアが参入し、産業を圧迫する部分もメディア事業、流通の分散化(創作だけではなく、広報や配信にも一般 人が進出)違法コピーの規模拡大も、一部産業の圧迫 を加速
  • 文化の変化II多くのアマチュア・コンテンツの中には優 れた作品・情報が入っていることも。→ランキング、タグづけ、レコメンデー ション・エンジン、検索などを通じた 「発見」のメカニズムが重要に複数のアマチュア、ボランティアが集まっ て優れた作品を創作する例も。→ウィキのようなコラボレーション用プ ラットフォームが重要に;豊富な素材、 それを組み合わせるツールも重要に
  • 小まとめ・著作権制度は、著作者が何もしなくて も、創作物を保護する。これは著作物の 創作・複製・流通などが簡便になった現 状と必ずしもそぐわない。・現行の制度とは違う条件で、流通や利用 を許諾するためのツールが、クリエイ ティブ・コモンズ・ライセンス。・万人が従うべき法ではなく、希望者が使 えるツール。
  • クリエイティブ・コモンズ・ラ イセンスの仕組みと工夫
  • 使いやすさを重視※アマチュアのクリエイターは、顧問弁護 士や法務部に頼れるわけではない。※ライセンスのついたコンテンツを利用す る人も同様の場合が多い。・ライセンスの文面を読みやすく・FAQを用意する
  • 更なる工夫・アイコンの組み合わせで要点を表示・コモンズ証で要点を記述・ライセンスがたくさんあると、著作者は 何を選べばいいかわからない。(読み比 べるのも面倒)→ライセンス選択用のツールを提供
  • ライセンスの構成要素4つの基本要素BY 表示 AttributionNC 非営利 NonCommercialSA 継承 ShareAlikeND 改変禁止 NonDerivsこれにバージョン名、準拠法コードを足すと、 ライセンスの名前になる。例) クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 2.1 日本 Creative Commons BY-NC 3.0 US
  • 複数の利用場面にまたがる工夫※ライセンスがたくさんあると、理解するのが 大変・ライセンス名は、有限な要素の組み合わせ・ライセンスの共用部分を多くする。共用でな い部分もモジュール化する。・そもそもライセンスの数を増やしすぎない。 (悩みどころでもある)→「このライセンス、知ってる」という場面が 増える。「このライセンス、知っているライセンスのバ リアントになっている」という場面は更に増
  • ライセンスの種類をめぐるトレー ドオフライセンスの種類が多いと…○著作者は自分の望みどおりのライセンスが 含まれている可能性が高い×著作者は選ぶのが大変×著作物の利用者はライセンスを読んで理解 するのが大変(作品ごとに別のライセン スを読まなければならない!)×互いに組み合わせが可能でない作品が増え る(「コモンズ」の分断)
  • トレードオフライセンスの種類が尐ないと…○わかりやすい×要望にあうライセンスがないために、著作 者はライセンスを使わない(コモンズが 育ちにくい)○異なる作品が同一ライセンス下にある可能 性が高く、互いに組み合わせやすい
  • 技術的な工夫※「人間にわかりやすく、法律的に厳密 に、機械的に処理しやすい」ライセンス をめざす・ライセンスに関するメタデータを定義、 付与を奨励。
  • 小まとめ・クリエイターにも利用者にもわかりやす い・使いやすい・多数のライセンスを理解する手間を省く・複数作品の組み合わせの可能性をできる だけ確保・検索エンジン等でも扱いやすいメタデー タつき・そもそも個別の連絡・交渉・契約を不要 に
  • CCライセンスの活用分野の広が り
  • 国際展開• 本部は米国• 各国・地域の著作権法に合わせてライセ ンスを調整(ポーティング)。70程度の 国・地域で展開
  • 著名な組織による採用例・米国ホワイトハウス(オバマ政権) サイト利用者の投稿につけるライセンス として採用。豪州政府などでも導入。日 本でも導入例あり。・MIT OpenCourseWare – 同校の2000以上の 授業について、シラバス、講義資料、動 画などをCCライセンスで公開。
  • 著名なアーティストによる採用 例• Nine Inch Nails “Ghost I-IV” アルバムにCCライセンスを付与し、Bit Torrentでも積極的に提供。300ドルのデラッ クス版を30時間で完売した他、同年の Amazonのmp3ストアで2008の売り上げトップ アルバム。• オノ・ヨーコ(広島市現代美術館 企画展) 来館者に写真撮影を許可・撮影した写真は ネット上などでCCライセンスつきで公開可能 に・坂本龍一 “Chain Music” 多様なアーティス トが音楽を綴っていく試みを主宰。CCライセ ンスで提供。
  • プラットフォームでの導入例・ウィキペディア– 2009年より導入;基本的 に全てのページの文章に適用される。・Flickr – 初期から投稿者にCCライセンスの 付与を奨励。2億枚程度の画像がCCライセ ンス下で公開されている。・Googleによる震災記録の保存プロジェク ト「未来へのキオク」でもCCライセンス を奨励(YouTubeやPicasaのインター フェースでサポート)