Your SlideShare is downloading. ×
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

社会構築主義学習デザイン (ATTLS, Moodle)

1,654

Published on

LET 2010 mini-symposium panel slides

LET 2010 mini-symposium panel slides

Published in: Education
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,654
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 宮添輝美 東京電機大学 LET 2010 Yokohama
  • 2. 発表内容
    • Moodle と ATTLS
    • ATTLS を用いた発表者による研究
    • 学習スタイルとオンライン学習に関する問題
    LET 2010 Yokohama
  • 3. ATTLS とは何か ?
    • The Attitudes Toward Thinking and Learning Scale (ATTLS)
    • すべての Moodle にプリインストール
    • 学習スタイル (learning/knowing styles) を分類する質問紙
    • Connected Knowers (CKs) vs. Separate Knowers (SKs) に二分類
    • Galloti et al. (1999) が開発・提案
    LET 2010 Yokohama
  • 4. LET 2010 Yokohama Survey
  • 5. LET 2010 Yokohama 20
  • 6. LET 2010 Yokohama
  • 7. LET 2010 Yokohama
  • 8.
    • ATTLS の種本
    • Belenky et al. (1986)
    • ジェンダー論
    LET 2010 Yokohama
  • 9.
    • 詩を鑑賞する態度 :
    • CKs : “What is this poem trying to say to me?”
    •     「この詩は何を伝えようとしているのか?」
    • SKs : “What standards are being used to evaluate my
    • analysis of this poem?”  
    •     「この詩はどう分析評価されるべきか?」
    •          (Belenky et al., 1986, p. 103)
    LET 2010 Yokohama
  • 10.
    • Connected Knowers (CKs):
    • communicative and compassionate
    • 協調的・共感的
    • Separate Knowers (SKs):
    • analytical and solitary
    •    分析的・孤立的
    LET 2010 Yokohama
  • 11. ATTLS とジェンダーに関する先行研究(アメリカ) LET 2010 Yokohama Acculturation   文化変容
  • 12. Dougiamas and Taylor (2003)
    • 社会構成主義的学習環境を支援する LMS の開発
    • オンライン学習環境化における学習者行動を ATTLS を用いて解明
    • オンライン・コース
    •   “ Constructivism”
    • 受講者は CK タイプの女子学生が多い
    • 訓練により建設的な双方向的ダイアローグを展開できるようになる
    LET 2010 Yokohama
  • 13. LET 2010 Yokohama Grade
  • 14. LET 2010 Yokohama
  • 15. Classroom Community Scale (CCS)
    • Alfred P. Rovai (2002a)
    • 学習を促進する学習コミュニティの強度を測定
    • 20項目・5段階評価
      • Learning (10)
      • Connectedness (10)
    • 20~100 ポイント
    LET 2010 Yokohama
  • 16. これまで分かっていること
    • 女子学生は CKs 傾向
    • 女子学生の方が CCS 値(学習コミュニティ形成値)が高い
    • -> 西欧の教育・文化環境下
    • -> インタアクティブなオンライン学習環境下
    LET 2010 Yokohama
  • 17.
    • 参加者:大学生44名(ひとつの大学)
    • 有効回答数:男子 35 名、女子 5 名
    • 質問紙: ATTLS 、 CCS 、性別、その他
    LET 2010 Yokohama by mashleymorgan
  • 18. 発見1 LET 2010 Yokohama CK type SK type 男子学生 24 3 女子学生 5 0 合計 29 3
  • 19. 発見2 LET 2010 Yokohama SK males CK females GAP
  • 20. メイン・スタディ
    • 参加者
    • 東京の3つの大学
    • 全238名(有効N=
    •   190)
    • 9クラス、2教員( NS & NNS )
    • 科目: EAP, ESP (情報科学)
    • 質問紙の内容
    • ATTL
    • CCS
    • ブレンド型授業への総合評価
    • オンライン・ライティング活動の好み
    • 学習者特性(年齢、性別など)
    LET 2010 Yokohama
  • 21. 対面・オンラインのブレンド型授業 LET 2010 Yokohama フォーラム・ ディスカッション 対面授業 オンライン授業 Moodle /Blackboard
  • 22.
    • 期末試験日
    •   -> 最大回答数
    • 学期期間( 10 週、15週、 30 週)
    •   -> Novelty Effect を軽減
    • Pen-and-paper
    •   -> オンライン学習に気持ちの向かない学習者のデータを確保
    LET 2010 Yokohama
  • 23.
    • 信頼性テスト (Cronbach’s test )
    • 質問項目内の相関強度を測定することで質問紙の内的整合性を検証
    • アルファ係数が .700 より高いとまずまずの信頼性
    • ATTLS
      • CKs: .751 (n = 147)
      • SKs: .683 (n = 151)
    • CCS total: .839 (n = 151)
      • Learning items: .755 (n = 158)
      • Connected items: .786 (n = 154)
    LET 2010 Yokohama
  • 24. メイン・スタディの結果
    • 有効回答内の男女比
    • 有効回答内の ATTLS 分布
    LET 2010 Yokohama
  • 25. 性別による ATTLS 分布
    • 男子学生
    • 女子学生
    LET 2010 Yokohama
  • 26. 性別による CK/SK スコア分布 LET 2010 Yokohama US 日本
  • 27. ATTLS 、性別、他の総合ランキング LET 2010 Yokohama ランク CCS スコア Online interaction スコア Course 評価 スコア 1位 CK 女子 70.35 CK 男子 3.76 SK 女子 4.40 2位 CK 男子 64.21 CK 女子 & SK 男子 3.56 CK 女子 4.29 3位 Even 男子 63.62 -- -- CK 男子 4.11 4位 SK 男子 62.67 Even 男子 3.25 Even 男子 3.75 5位 SK 女子 62.60 SK 女子 2.40 SK 男子 3.67
  • 28. インタアクティブな オンライン学習への適応性 LET 2010 Yokohama
  • 29. 考察
    • CK タイプの学習者の方が社会構成主義的オンライン学習デザインへの適応度が高い可能性あり-> Dougiamas & Taylor (2003) の仮説を支持
    • 異なる文化・学習コンテクストにある学習者は異なる CK vs. SK 分布を示す可能性
    • ATTLS は社会構成主義的オンライン学習への適応度を測定・予測する有望な質問紙
    LET 2010 Yokohama
  • 30. 好循環 or 悪循環 ? LET 2010 Yokohama
  • 31.
    • 発表論文: http://members3.jcom.home.ne.jp/t.miyazoe/
    • Thank you very much!
    LET 2010 Yokohama
  • 32. References
    • Anderson, C. M. (2005). Ways of knowing: their association with gender and higher order thinking. Unpublished doctoral dissertation, Wichita State University, College of Education. Wichita, Kansas, US. Retrieved from http://hdl.handle.net/10057/741
    • Dougiamas, M., & Taylor, P. C. (2003). Moodle: Using learning communities to create an open source course management system . Paper presented at the ED-MEDIA 2003, Honolulu, Hawaii. Retrieved from http://dougiamas.com/writing/edmedia2003/
    • Dawson, S. (2006). A study of the relationship between student communication interaction and sense of community. The Internet and Higher Education , 9 (3), 153-162.
    • Galotti, K. M., Clinchy, B. M., Ainsworth, K. H., Lavin, B., & Mansfield, A. F. (1999). A new way of assessing ways of knowing: The Attitudes Towards Thinking and Learning Survey (ATTLS). Sex Roles, 40 (9/10), 754-766.
    • Garrison, D. R., & Anderson, T. (2003). E-learning in the 21st century: A framework for research and practice . New York: RoutledgeFalmer.
    • McMillan, D., & Chavis, D. (1986). Sense of community: A definition and theory. Journal of Community Psychology, 14 (1), 6-23.
    • Miyazoe, T. (2009a). LMS-based EFL blended instructional design: Learning community, learning styles, and online written interaction. Unpublished Doctoral dissertation, International Christian University. Tokyo, Japan.
    • Miyazoe, T. (2009b). Sense of class community in an LMS-based blended learning. In Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2009 (pp. 67-72). Chesapeake, VA: AACE.
    LET 2010 Yokohama
  • 33.
    • Miyazoe, T. & Anderson, T. (2010a). Learning outcomes and students' perceptions of online writing: Simultaneous implementation of a forum, blog, and wiki in an EFL blended learning setting, System, 38 (2). Accessible at . http://www.sciencedirect.com/
    • Miyazoe, T. & Anderson, T. (2010b). The Interaction Equivalency Theorem. The Journal of Interactive Online Learning, 9 (2) , in press.
    • Rovai, A. P. (2002). Development of an instrument to measure classroom community. The Internet and Higher Education, 5 (3), 197-211.
    • Rovai, A. P. (2003). The relationships of communication style, personality-based learning style, and classroom community among online graduate students. The Internet and Higher Education, 6 (4), 347-363.
    • Rovai, A. P., & Jordan, H. (2004). Blended learning and sense of community: A comparative analysis with traditional and fully online graduate courses. The International Review of Research in Open and Distance Learning, 5 (2). Retrieved from http://www.irrodl.org/index.php/irrodl/article/view/192/274
    LET 2010 Yokohama

×