FMP (Free Magazine Project)報告会@神戸<br />
インド基本情報<br />人口…約11億人(世界二位)<br />面積…約330万平方キロメートル(世界七位)<br />公用語…ヒンディー語始め、約20の州公用語あり<br />貨幣…ルピー(1Rs=約2円)<br />ガンディー・ダージリン...
メンバー紹介<br />
鎌田源内<br />慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)4年<br />AIESEC SFC委員会 iROCC(新興国開拓)<br />今回のインドが、人生九回目の渡印<br />建築デザインを専攻<br />
藪内達也<br />神戸大学国際文化学部情報コミュニケーション論コース4年<br />学生震災救援隊<br />AIESECを通じて、’10春にポーランドにインターン<br />翻訳理論を専攻<br />
どのようにして知り合ったか<br />2010/4/29AIESEC Global Village @オリンピックセンター<br /> …初めて出会う<br />
インド行きのいきさつ<br /><ul><li>鎌田源内の経験
多くの日本語学習者
日本をきちんと伝えるメディアの希少性
藪内達也の経験
ポーランドでのインターンで感じたこと
日本が世界に誇れるものがあるはず</li></li></ul><li>フリーペーパーのコンテンツ<br />全22ページ<br />印刷を除いて、完全な個人出版<br />インド人が見た「日本」を伝える<br />  ->インタビュー(担当:鎌...
旅の系譜<br />
3.22 出国<br />①デリー(3.23~25)<br />1<br />②バンガロール(3.25~29)<br />4<br />③プネ(3.29~4.1)<br />3<br />2<br />④ムンバイ(4.1~4.5)<br />4...
①デリー(3.23~25)<br />MOSAI Institute (モサイ・インスティテュート)<br />Nihongo Center (日本語センター)<br />デリー大学 東アジア研究科<br />
MOSAI Institute<br />
Nihongo Center<br />
デリー大学 東アジア研究科<br />
【コラム】移動の手段<br />
②バンガロール(3.25~29)<br />Sakura Nihongo Center (桜日本語センター)<br />バンガロール大学 外国語学部 日本語学科<br />Japanese Language School (JLS)<br />
Sakura Nihongo Center<br />
バンガロール大学<br />
JLS<br />
【コラム】何でもアリの国、インド<br />街中で。<br />
電車<br />
③プネ<br />プネ大学 外国語学部<br />マハラシュトラ大学 日本語学科<br />ラトール日本語教室<br />
プネ大学<br />
マハラシュトラ大学<br />
ラトール日本語学校<br />
④ムンバイ<br />The Indo – Japanese Association <br />
【コラム】クリケットワールドカップ<br />
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Free Magazine Project between India and Japan

4,039 views
3,944 views

Published on

We went to India this March and April to distribute a free magazine introducing Japan to those who study Japanese in India. It took about two weeks to travel in India, which we traveled around 4 cities (Delhi, Mumbai, Pune, and Bangalore) and 10 institutions in those cities. We published this free magazine by 3 people and distributed by 2 people, including me. I prepare only Japanese version (the slides are in Japanese) now, but I'd like to share more and more people in this world.

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
4,039
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
113
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Free Magazine Project between India and Japan

  1. 1. FMP (Free Magazine Project)報告会@神戸<br />
  2. 2. インド基本情報<br />人口…約11億人(世界二位)<br />面積…約330万平方キロメートル(世界七位)<br />公用語…ヒンディー語始め、約20の州公用語あり<br />貨幣…ルピー(1Rs=約2円)<br />ガンディー・ダージリン・スラム・カースト・IT…様々な側面<br />
  3. 3. メンバー紹介<br />
  4. 4. 鎌田源内<br />慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)4年<br />AIESEC SFC委員会 iROCC(新興国開拓)<br />今回のインドが、人生九回目の渡印<br />建築デザインを専攻<br />
  5. 5. 藪内達也<br />神戸大学国際文化学部情報コミュニケーション論コース4年<br />学生震災救援隊<br />AIESECを通じて、’10春にポーランドにインターン<br />翻訳理論を専攻<br />
  6. 6. どのようにして知り合ったか<br />2010/4/29AIESEC Global Village @オリンピックセンター<br /> …初めて出会う<br />
  7. 7. インド行きのいきさつ<br /><ul><li>鎌田源内の経験
  8. 8. 多くの日本語学習者
  9. 9. 日本をきちんと伝えるメディアの希少性
  10. 10. 藪内達也の経験
  11. 11. ポーランドでのインターンで感じたこと
  12. 12. 日本が世界に誇れるものがあるはず</li></li></ul><li>フリーペーパーのコンテンツ<br />全22ページ<br />印刷を除いて、完全な個人出版<br />インド人が見た「日本」を伝える<br />  ->インタビュー(担当:鎌田)<br />インド人が知らない「日本」を伝える<br />  ->伝統工芸品など(担当:藪内)<br />
  13. 13.
  14. 14.
  15. 15.
  16. 16.
  17. 17.
  18. 18.
  19. 19.
  20. 20.
  21. 21.
  22. 22.
  23. 23.
  24. 24.
  25. 25. 旅の系譜<br />
  26. 26. 3.22 出国<br />①デリー(3.23~25)<br />1<br />②バンガロール(3.25~29)<br />4<br />③プネ(3.29~4.1)<br />3<br />2<br />④ムンバイ(4.1~4.5)<br />4.5 帰国<br />
  27. 27. ①デリー(3.23~25)<br />MOSAI Institute (モサイ・インスティテュート)<br />Nihongo Center (日本語センター)<br />デリー大学 東アジア研究科<br />
  28. 28. MOSAI Institute<br />
  29. 29.
  30. 30. Nihongo Center<br />
  31. 31.
  32. 32. デリー大学 東アジア研究科<br />
  33. 33.
  34. 34. 【コラム】移動の手段<br />
  35. 35.
  36. 36.
  37. 37. ②バンガロール(3.25~29)<br />Sakura Nihongo Center (桜日本語センター)<br />バンガロール大学 外国語学部 日本語学科<br />Japanese Language School (JLS)<br />
  38. 38. Sakura Nihongo Center<br />
  39. 39.
  40. 40.
  41. 41. バンガロール大学<br />
  42. 42.
  43. 43.
  44. 44. JLS<br />
  45. 45.
  46. 46. 【コラム】何でもアリの国、インド<br />街中で。<br />
  47. 47.
  48. 48. 電車<br />
  49. 49.
  50. 50.
  51. 51. ③プネ<br />プネ大学 外国語学部<br />マハラシュトラ大学 日本語学科<br />ラトール日本語教室<br />
  52. 52. プネ大学<br />
  53. 53.
  54. 54.
  55. 55. マハラシュトラ大学<br />
  56. 56.
  57. 57.
  58. 58. ラトール日本語学校<br />
  59. 59.
  60. 60. ④ムンバイ<br />The Indo – Japanese Association <br />
  61. 61.
  62. 62.
  63. 63.
  64. 64. 【コラム】クリケットワールドカップ<br />
  65. 65.
  66. 66.
  67. 67.
  68. 68. FMPを振り返ってみて①<br />所用日数…15日(日本-インドの移動含)<br />撒いたフリーペーパー…300枚弱/500枚<br />訪問機関の数…4都市10機関<br />移動距離…フライト含めて、約17000キロ<br />
  69. 69. FMPを振り返ってみて②<br />やろうと思えば、何でもできる!!<br /> ->簡単にあきらめず、挑戦する姿勢を<br />インド人から好評->継続的にできないか?ビジネスとしてできないか?<br />

×