Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
市場価値を高める仕事のつかみ方
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

市場価値を高める仕事のつかみ方

  • 557 views
Published

 

Published in Technology
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
No Downloads

Views

Total Views
557
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1

Actions

Shares
Downloads
3
Comments
0
Likes
2

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 市場価値を高める 仕事のつかみ方 たのっち @dproject21 2014.3.22 エンジニアライフ勉強会
 @ドワンゴ セミナールーム
  • 2. 自己紹介 • たのっち @dproject21 • グロースエクスパートナーズ株式会社(GxP)所属
 ソフトウェアエンジニア • @ITエンジニアライフコラムニスト
 What a wonderful world • IT技術書同人サークル 
 DevLOVE Pub 企画・編集
  • 3. 市場価値って何? 今回は「給与」を頭のなかにおいて
 考えています。
  • 4. 先に結論 自分の志向にあった職場で働く
 →モチベーション高く仕事ができる。 スキルの高い人々と働く
 →自分のスキルが自然と高まる。
 
 すると、市場価値の高いエンジニアになっていける。
  • 5. 先に結論 そのために • 「どういうテクノロジを使いたいか」 • 「どういう業務ドメインで仕事をしたいか」 • 「技術力はどうなのか」 が大事だと考えます。
  • 6. 「なぜそうなるのか」を話すまえに、
 「そう考えた」プロセスを話します。
  • 7. 2013年3月にGxPに転職をしました。
 この転職活動中に
 「どういう仕事を選べばいいか」
 を考えていました。
  • 8. 開発者として悲しくなる状況 • コーディング規約でラムダ式が禁止されている • 未だにJ2SE 1.4 • そもそもVCS(Version Control System)が
 入ってない。 ときどき耳にするこんな状況…
  • 9. こんな状態だと、
 スキルレベルなんて高められないと思う。
  • 10. 転職を決意した理由 • 技術面が「開発者として悲しくなる状況」だと感じた • 「俺が一番技術を知っているんだ」状態に陥った。 • 「お金を払う側が偉い」文化に疲れた。
  • 11. このまま死ぬのはいやだ!
  • 12. 勉強会世界への憧れ • 新しい技術ばかりで楽しそう。 • ソーシャルゲーム界隈盛り上がってるな。 • サービサー界隈盛り上がってるな。
  • 13. 「楽しい技術の世界に行きたい!」
 と考えて転職活動を始める。
 ソーシャルゲームやサービサーを
 狙っていた。・・・が、
  • 14. 転職活動での気づき • ゲームよりも実社会のほうが面白いと
 感じていたのではないか。 • サービサーにこだわる必要は
 何があるのだろうか。
  • 15. 自分のやりたいことは何? • 世の中をITで支える仕事をしたい。 • 情報のある技術・情報を出す価値のある
 技術を扱いたい。 • 技術力のある会社で働きたい。
  • 16. 自分の「志向」の仮説を変えて
 転職活動をやり直す
 勉強会でGxPの人に声をかけてもらった
  • 17. GxPを選んだ理由 • オフィス訪問して中の人に話を聞く。 • 仕事に対する考え方・
 技術に対する考え方に共感できた。 • 仕事をする環境も整っていた。
  • 18. GxPのオフィスを訪問 • 仕事に対する考え方
 受発注の関係ではなく、パートナーである。
 ITのプロとして、お客様の事業にかかわる。 • 技術に対する考え方
 アーキテクチャ重要。レイヤリング重要。
 有用なOSSを使っていく。 • マシン・ディスプレイ・イス・技術書が整っていた
  • 19. 「この会社で働きたい!」
 と直感で感じて入社。
 楽しいだけど、
 一方で大変・苦しいことも
  • 20. 完璧な環境なんてない • バグで苦しむ • コミュニケーションで苦しむ • 仕事量で苦しむ
  • 21. どんな会社でも普通にあること。
 こうした苦しみを受け入れられるのか。
  • 22. 受け入れられる理由 • 自分の志向と会社の文化がマッチしている。 • 苦労を共有しつつ前に進む仲間がいる。 • 仕事で貢献できている実感がある。
  • 23. こうしてGxPで一年間働きました。
 すると、自分自身にいろいろな
 変化が起きました。
  • 24. 技術を学んでいった • 新技術の面白さと難しさを肌身で感じた。 • 英語の技術情報を調べることが普通になった。 • 仕事の仕方から再勉強していた。
  • 25. 意識が変わる • 憧れが実践に変わる
 「あの技術いいなぁ」から「あの技術をどうす ば採用できるか」 • 問題に向き合う
 「○○のせいで だ」から「どうすれば○○を 解決できるのか」
  • 26. こうした「変化」が
 「市場価値の向上」につながると思う。
  • 27. ここから考える
 「市場価値を高める」仕事の
 つかみ方とは?
  • 28. 「情熱プログラマー」を
 参照しつつ、 • テクノロジ • 技術力 • ビジネス について考えてみる。
  • 29. テクノロジの選び方 • テクノロジ採用曲線の両端が高い 旧式テクノロジ メジャーテクノロジ 最新テクノロジ 給与 エンジニアの数
  • 30. 技術力の高低 • 技術力の高さが収入に反映される。 新人 初級 中級 上級 給与
  • 31. 技術力の高低 • 技術力低い : 
 若手・オフショア・下請けなどと競合 • 技術力高い:
 若手・オフショア・下請けなどをリードしていく
 採用テクノロジを選ぶ・基盤を作る・品質を守る
  • 32. 技術力を伸ばすために • 「一番の下手くそでいる」 • スキルの高い人と働くことで、
 自分のスキルが自然と伸びる。 • 「下手くそ」である怖さと戦う。
  • 33. 伸びるビジネスを選ぶ 例えばソーシャルゲーム界隈 • ブラウザゲームはつらいようですね。 • スマホゲームがはやってますね。 • 2・3年前に気づいていた人が今活躍している。
  • 34. 伸びるビジネスを選ぶ 業務アプリの世界は? • 基幹業務系はだいぶ成熟したように思う。 • 事業部門向けアプリがこれから伸びる。 • 業務アプリだって新技術で世界を変えられる。

  • 35. 事業部門と仕事をする GxPのFacebookページで拾いました。
 
 中央海産株式会社様と弊社で共同開発を行った
 タイヤ管理システム「タイヤパーク®」の仕組みについて、
 経済産業省が主催している
 「中小企業IT経営力大賞2014」で
 「IT経営実践認定企業」に認定 http://www.it-keiei.go.jp/award/2014/ announcement.html#title07
  • 36. 新技術で世界を変える クラウド・ビッグデータ • 基幹業務で得られたデータをクラウドで扱う。 ビッグデータとして扱う。
 すかいらーくのPOSデータ分析の事例
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/ 20140303/540502/
  • 37. 新技術で世界を変える センサデバイス • Kinectなど。医療分野で実績あり。
 「手術室でPCをジェスチャー操作」
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/ 1210/01/news123.html
  • 38. 新技術で世界が変わる ウェアラブル・IoT(Internet of Things) • 佐々木俊尚「ウェアラブルは何を変えるのか」
 にだいたい書いてある。 • Google Glassの消防活動採用事例
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/ 20140219/537787/  • 一般向けはヘルスケア産業から。
  • 39. 新技術に自分の時間を投資 例えばウェアラブル・IoT • これを扱う基盤として、
 スマホ・クラウドが必要。 • 今現在業務でスマホ・クラウドを
 扱わないとしても、キャッチアップは
 しておいたほうが良い。
  • 40. 新技術を業務で使う • SIerもサービサーも変わらない • 新技術を採用した先の未来を考える • 新技術を採用できる仕事を作る
  • 41. たのっちが考えたこと • メジャーテクノロジで技術力を伸ばす • 技術力のある会社で修行する • 「お客様のビジネスを成長させる」意思を選ぶ
  • 42. たのっちが考えていること • 新技術をいまのプロジェクトに
 どう結びつけるか • 新技術を扱ったとき、
 お客様のビジネスがどうなっていくか
  • 43. こうしたことを考えて、
 現職にとどまるよりも
 転職を選ぶことを決めた場合。 会社選びの判断基準をどうするのか。
  • 44. テクノロジを選ぶ • 将来伸びると考えるテクノロジなのか • 自分がやりたいと思うテクノロジなのか
  • 45. 業務ドメインを選ぶ 例えば • ソーシャルゲームをやりたいのか。 • ECなどをやりたいのか。 • エンタープライズをやりたいのか。
  • 46. 技術力を選ぶ • 勉強会での発表事例 • 執筆書籍 • 技術ブログ
  • 47. 中の人の話を聞く • 仕事に対する考え方 • 技術に対する考え方
  • 48. オフィス見学をする • マシン • ディスプレイ • イス • 技術書
  • 49. たのっちの選び方 • VB.NETではないテクノロジであればよかった。 • アーキテクトのキャリアパスを考えている。 • 社会を支える→エンタープライズ。 • GxPの中の人の勉強会発表や執筆書籍に興味を もっていた。
  • 50. 最後は直感 • 自分の志向をロジカルに考えることで、直感が 働きやすくなる。 • GxPの中の人の話を聞いて直感が働いた。 • オフィスの様子も仕事しやすそうだった。
  • 51. 結論 自分の志向にあった職場で働く
 →モチベーション高く仕事ができる。 スキルの高い人々と働く
 →自分のスキルが自然と高まる。
 
 すると、市場価値の高いエンジニアになっていける。
  • 52. 結論 そのために • 「どういうテクノロジを使いたいか」 • 「どういう業務ドメインで仕事をしたいか」 • 「技術力はどうなのか」 が大事だと考えます。
  • 53. Have a nice engineer life!