クラウド業界、移ってみてWindows Azure中の人になって分かったこと(仮)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

クラウド業界、移ってみてWindows Azure中の人になって 分かったこと(仮)

on

  • 948 views

 

Statistics

Views

Total Views
948
Views on SlideShare
675
Embed Views
273

Actions

Likes
4
Downloads
5
Comments
0

4 Embeds 273

http://blogs.technet.com 264
http://feedly.com 6
http://windowswideopen.com 2
http://technet179.rssing.com 1

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Microsoft PowerPoint

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

クラウド業界、移ってみてWindows Azure中の人になって分かったこと(仮) クラウド業界、移ってみてWindows Azure中の人になって 分かったこと(仮) Presentation Transcript

  • 2014年3月29日 田中隆三郎 (@rewtheblow) クラウド業界、移ってみて Windows Azure 中の人になって 分かったこと(仮)
  • 誰?
  • 今回の経緯 日本DC オープン直後 橋本さん、 ありがとう ございます!
  • 本セッションの内容 • 最近、マイクロソフトにJOINした中の人が語る 赤裸々な内容 (のはず・・) • 役立つ知識も多々ちりばめて • マイクロソフトの人が他社のクラウドについて 触れちゃう(!) ※コメント・フィードバックあれば、twitterなどリアルタイムにお気軽に。
  • 自己紹介① 基本属性 名前: 田中隆三郎(たなかりゅうさぶろう) 所属: 日本マイクロソフト(2013年5月入社) EPG インキュベーションセールス部 職種: テクノロジースペシャリスト(Azure担当) Twitter: @rewtheblow ブログ: http://blogs.technet.com/b/rytanaka/ 好きなAzureサービス: A8/A9 instance 趣味: ゆるキャラ、温泉 バンド活動(ベーシスト)
  • http://r.jazug.jp/aboutus/ 「ふわ」 はともかく 「ゆる」 なら・・・
  • 日本マイクロソフト 軽音楽部 ※社員でなくても加入できます、たぶん・・ 温泉ソムリエ
  • 本セッションのタイトル クラウド業界、移ってみて Windows Azure 中の人になって 分かったこと(仮)
  • FAQ (よくある質問) Q:なぜマイクロソフトで今の業務を? A:そこで必要とされたから・・・(フッ…) そんな回答、聞いてない!ですよね (^^;
  • FAQ (よくある質問) 答え: 前職のオフィスから近かったから (徒歩5分!) (※ 注) 面接で何回も通ったので、 あながちウソではないです(^_^; ランチタイムにも通ってました!
  • クラウド業界(多分に私観です、悪しからず・・) G A M S oogle mazon icrosoft FDC 日本のクラウドベンダー サービス事業者 & SIers & ISVs エンドユーザー & ユーザー企業 ここから ここへ 移った etc.
  • 自己紹介② 職歴 • 汎用系プログラマ(COBOL、RPG) • オープン系プログラマ(C/C++、Java) • Web 系プログラマ(PHP) • プロジェクトマネージャ • プリセールス/テクニカルサポートエンジニア • ビジネス開発/クラウドインフラエンジニア • プリセールスエンジニア (← イマココ)
  • 一番よく使ったVisual Studioのバージョンは? ※細かいバージョンは気にせず Visual Studio は使ったことない・・・① ③ 一番良く使っ たのはこれ! ② またはこれ以前 ④ またはこれ以降
  • 闘うプログラマー:ビル・ゲイツの野望を担った男達 (原題:SHOWSTOPPER!) ※ 現在は新装版にて1冊に。 90年代前半、Windows NTの開発をリードしたデイヴ・ カトラーたちの壮絶な開発ドキュメンタリー。実は カトラーは、Azureの初期の開発もリードしていた! 全プログラマ必読の名作!
  • FAQ (よくある質問) Q:なぜマイクロソフトで今の業務を? A:クラウド、そしてマイクロソフトが 好きだから! 自分にとっては、極めて自然なこと!
  • 最近のAzureのトピック
  • 祝!! リ・ブランド!
  • AWSと, Azure&Microsoft
  • AWSとのパートナーシップ http://aws.amazon.com/jp/microsoft/
  • AWSとのパートナーシップ AWS Summit Tokyoにて、 マイクロソフトは Windows on AWS でブー ス出展も!
  • データセンター観点
  • http://www.slideshare.net/AmazonWebServicesJapan/aws-amazon-elastic-compute-cloud-ec2 ペアとなるリージョンの考え方はないが、各リージョンの配下に Availability Zoneという構造となっている。 そして、決して場所を明かさない・・・
  • ペアとなるリージョンの考え方があり、 日本国内に2か所のデータセンターがある。 リージョンにより見学可能!
  • 課金・契約観点
  • • 支払い方法 Azure : クレジットカード払い、請求書払い(日本円) AWS : クレジットカード払い、請求書払い(米ドル) • ディスカウント Azure : 6ヵ月/12ヶ月コミットメントによるディスカウント EA(Enterprise Agreement)契約によるディスカウント AWS : 特になし ※詳細はAWSの営業さんにご確認を・・・
  • a commitment to match Amazon Web Services prices for commodity services such as compute, storage and bandwidth コンピュート、ストレージ、帯域幅といったコ モディティサービスについてはAWSに価格を合 わせてゆくことをコミット! http://www.publickey1.jp/blog/14/amazonwindows_azureaws.html http://blogs.msdn.com/b/windowsazure/archive/2013/04/16/the-power-of-and.aspx
  • デサインパターン観点
  • http://aws.clouddesignpattern.org/ • AWSでのインフラ設計のパターンをまとめたもの。 • AWS-Jの玉川さん、片山さん、cloudpackの鈴木さんの発案。 (例) Latency-based Routingパターン 設計ガイド/実装ガイドの2分冊で書籍化 鈴木・玉川・片山 (Ninja of Three) 30 第1回の AWS re: Invent 2012では、 ブレイクアウト セッションの中 では満員御礼の 堂々の一番人気。 英語で海外から 「このようにま とめてくれてあ りがとう!」と 連絡が届くこと もあるとか。設計ガイドの韓国語版
  • • クラウドにおけるアーキテクチャ設計/アプリケー ション開発のベストプラクティス集 • 「可用性」、「パフォーマンスとスケーラビリ ティ」など8つのカテゴリーで、24個のデザイン パターンを提供 • 以下の特徴 • アプリケーションをWindows Azureにホストす る際の、パターンの適用による利点 • パターンが解決する問題と、パターンと Windows Azureアプリケーションとの関連 • Windows Azureの機能を使ったパターンの実装 方法 • Web版(※英語) http://msdn.microsoft.com/en-us/library/dn568099.aspx • PDF版(※英語) http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=42026 ※現在、日本語化中 (例) Masashi Narumotoさん(日本人 の方)が著者の一人に!
  • (唐突に) 結論 私にとって AWS は、 アニキのような存在 . .
  • Azureならではのサービス 多要素認証
  • Azure ならではのサービス:多要素認証 スマートフォン・携帯電話を利用して、システム 利用時のユーザー認証をより強固にするサービス • シンプルな認証プロセス • 汎用的な追加デバイスの活用 • ワンタイムパスワード、または暗証番号や#のみ の入力による追加認証 http://www.windowsazure.com/ja-jp/services/multi-factor-authentication/
  • # 0123… 既存と同様にID・ パスワードでログイン 登録済のデバイスに通知、 または 1 time パスワードが 届く(事前にアプリをインストール) 登録済のデバイスに 音声通知ガイダンスの 電話がかかってくる 1 time パスワー ドを入力する #、または 登録済の暗証番号 を入力する ログイン後の 画面が表示される Azure ならではのサービス:多要素認証 デバイスの画面で 認証ボタンを押す or
  • 対象システムにログインするデバイス 多要素認証のためのデバイス オンプレミス側とクラウド側を同期 多要素認証のための電話番号、暗証番号などを登録する。 当該サーバーソフトは、Azure管理ポータル経由でDLできる。 ユーザー 任意のオンプレミス・クラウドアプリケーションに 多要素認証が適用できるのは Azureだけ! 既存のAD/ LDAPサーバ 対象システム 対象のクラウドアプリケーション (Office365、SFDCなど) Azure ならではのサービス:多要素認証
  • Azure ならではのサービス:多要素認証 DEMO! 「Multi-Factor Authentication」 というアプリをインストール • 対象のシステムとして、Azure のコンソール画面に適用 • 通常のログインが成功した後、 スマホに通知が届くので、認証 ボタンを押す • 2回目の認証が成功し、ログイ ンが成功する
  • デサインパターン観点Azure中の人になって 分かったこと
  • オンプレミス開発 & クラウド開発ツール OnlineOnline Online
  • Azure に関係する部署・人の多さ! ※ たまたまアイコンが手に入った人を掲載 凄い力になるはず! ※ Azureに関係するのは、 人も部署もこれだ けではない・・・
  • Azure の凄さ! • Windows Azure Active Directory/多要素認証 → 認証というシステムに必須の機能 既存ADとの連携 • マイクロソフト・エコシステムでの快適さ → Visual Studio + Azure SDK、SQL Server Management Studio、System Center etc. etc. • 脅威の(!) サービス拡張(キャッチアップ?) → 日本DC、IaaS、仮想ネットワーク、HDInsight、 ExpressRoute、Cloud Design Patterns etc. etc…..
  • Microsoft Career
  • セールス、アーキテクトなど募集中!
  • Thank you for your joining this session !!
  • © 2013 Microsoft Corporation. All rights reserved. This presentation is for informational purposes only. Microsoft makes no warranties, express or implied, in this summary.