Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window He...
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

2013 アメリカのIT政策の動向(前編)

3,451

Published on

Published in: Technology
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
3,451
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

2013 アメリカのIT政策の動向(前編)

  1. 1. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebCopyright © JETRO/IPA New Yorkhttp://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearch米国のIT最新動向について<参考資料編>(独)日本貿易振興機構/(独)情報処理推進機構ニューヨーク事務所 和田 恭Insert your bookmarks here News Web1
  2. 2. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web項目1. 米国連邦政府のIT政策推進体制a. 政府の体制b. オープンガバメントc. サイバーセキュリティ2. 公共サービスにおけるIT利用a. スマートグリッドb. 医療 c. 教育3. モバイル端末の普及4. ソーシャルメディア5. ベンチャー企業の動向、6.クラウドコンピューティング 2
  3. 3. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web30.米国IT業界の特徴• 米国におけるIT業界の位置づけ– 技術といえばIT• 日本:もの作り(製造技術)– 経済成長のドライバー• 産業構造・集積の特徴– ITサービス企業が突出• Google、Amazon、MS、IBM– クラスター&グローバル• シリコンバレー、ITサービス(NY、DC)• グローバル展開(事業、人材流動化)米国2011年GDP15兆ドル +1.7 %(実質)情報セクター6,623億ドル(全体の4.4%)+6.9%(出典)商務省統計局
  4. 4. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebUS IT companies本社所在地カリフォルニア州(16.6)184:Sun (13.9)255: SanminaSCI (10.4)65カンザス州58 Sprint Nextel (40.2)カリフォルニア州HP (127.2)Intel (54.2)Walt Disney (40.9)Cisco (43.2)Apple (108.2)DirecTV (27.2)Yahoo! (5.0)Facebook (3.7)Zynga(1.2)Qualcomm (14.96)ワシントン州Microsoft (69.9)Amazon (48.1)マサチューセッツ州EMC (20)テキサス州AT&T (126.7)Dell (61.5)TI (13.7)Freescale (4.6)コロラド州DISH Network (14.1)Liberty Media (3.0)コネチカット州Xerox (22.6)イリノイ州Motorola Solutions (13.1)Groupon(1.6)カンザス州Sprint Nextel (33.6)数値は2011年売り上げ(10億ドル)eBay (11.7)Seagate Technology (11.4)Applied Material (10.5)Western Digital (9.95)ルイジアナ州Century Link (15.4)フロリダ州Jabil Circuit (16.5)ノースカロライナ州Cree (1.0)ペンシルバニア州Comcast (55.8)ヴァージニア州ヴァージニア州CSC (16.0)ニューヨーク州IBM (106.9)Verizon (110.9)Time Warner (28.9)News Corp (33.4)CBS (14.2)Viacom (14.9)Google (37.9)Oracle (35.6)
  5. 5. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebIT関係市場規模の日米比較5比較項目(2011年) 日本 米国IT投資 19兆7,000億円(人件費含む)*Gartner 5,590億$(44兆円)ITサービス市場 9兆9,961億円 *Gartner3,940億$(2009年、31兆円)ソフトウェア市場 2兆1,500億円 *IDC1,450億$(2009年、11兆6,000億円)通信サービス市場固定通信サービス:5兆5,606億円 *IDCモバイルサービス:6兆4,644億円固定通信サービス:2,800億$(22.1兆円)モバイルサービス:1,560億$(12.3兆円)E-commerce市場(B2C) 7兆7,880億円(2010年)*METI 1,970億$(retailのみ)*ForresterGDP 5兆4,600億ドル 14兆5,300億ドル人口 1億2,708万人 3億875万人
  6. 6. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web最近の話題 2012年11月大統領選挙• ビッグデータの威力– New York Timesの選挙予測エキスパート、ネイト・シルバー氏は数理モデルに基づく分析で50州の大統領選挙結果を的中。• Fact Check• Twitterによるムード分析10月のTV討論会におけるツイートの盛り上がり6第1回討論(10月4日)第2回討論(10月16日)第3回討論(10月22日)副大統領候補討論(10月11日)総Tweet数 1,030万件 720万件 650万件 350万件最大TPM獲得コメントメディケア関連(158,690)聴 衆 か らRomney候補への 移 民 政 策 の質問(109,560)Obama大統領「We also havefewer hoses andbayonets」(105,767)Biden候補「Youare JackKennedy.」(58,275)
  7. 7. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web最近の話題 2012年11月大統領選挙• Obama大統領陣営の例– 支援者の地域別、関心事項別組織化にSNS利用– ウェブサイト(SNS機能), Facebook, twitter, Google +,Pinterest, spotify等フル活用– AWS (Amazon Web Services)をフル活用(サービス項目) EC2, Route 53, SQS, DynamoDB, SES, RDS, VPC,EBS Provisioned IOPS, SNS, ElastiCache, Elastic Load Balancing,Auto Scaling, and CloudFront7
  8. 8. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web最近の話題 ハリケーン サンディ• 概要– 2012年10月29日、カテゴリー2(風速48m/s)のハリケーンが米国東部海岸を直撃。– 2011年のIreneよりも雨量が少なかったが、満潮と強風が重なり被害が拡大。総額500億ドル。• IT関連のインパクト– NYSEが10/29-30の2日間休業。自然災害では初。– ¼の無線通信、ケーブルが一時不通。ホスティングをマンハッタン南部の事業者に委託していた(日系)企業も多く、バックアップが機能せず。– Facebook、Google、Gilt、Fab.comなど一時事務所閉鎖。8
  9. 9. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web1.米国連邦政府のIT政策推進体制a. 政府の体制• ITに造詣のある大統領、選挙戦でも積極活用• 技術政策の主要公約– オープンインターネット(ネット中立性等)– オープンガバメント(連邦政府CIOの設置、IT投資のレビュー確立等)• CIO:VanRoekel氏 CTO:Ted Park氏– ブロードバンド、医療IT、スマートグリッド– サイバーセキュリティ• オープンガバメント政策(eGov→Gov2.0)– 2012年5月、Digital Government 2.0を発表9
  10. 10. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Weba. 政府の体制• クラウドコンピューティング政策– 2010年12月、「連邦政府ITマネジメント刷新のための25項目実行計画」 連邦政府のデータセンター2094→800に削減– 2011年2月、「連邦政府クラウドコンピューティング戦略」• サイバーセキュリティ政策– 2009年6月のサイバーセキュリティーレビュー、FU– 主要プレーヤー:国防総省(防衛)、国土安全保障省(重要インフラ)、国立標準技術研究所(標準化)• 経済対策法(ARRA:2009年2月)– 総額7,890億ドル、IT分野にも真水• スマートグリッド・・・110億ドル(実証試験等45億ドル)• 医療IT・・・・190億ドル 、ブロードバンド・・・72億ドル、 その他– スマートメーター特需、電子健康記録(EHR)導入補助金 10
  11. 11. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Weba. 政府の体制• 各省庁の体制– 大統領府(ホワイトハウス)• 科学技術政策局(OSTP) 省庁横断的なIT政策推進プログラムNetworking and Information Technology Research andDevelopment (NITRD)を統括• 行政管理予算局(OMB) 各省庁の予算要求のプライオリティ付け、連邦情報システム管理法(FISMA)に基づく情報セキュリティ体制の点検– 国防総省(DoD) 軍事関連のIT、セキュリティ– 国土安全保障省(DHS) 重要インフラ防護– エネルギー省(DOE) スマートグリッド– 商務省国立標準技術研究所(NIST) 標準化 ほか11
  12. 12. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント• 米国では、2001年頃から電子政府の取組み本格化• わが国では2012年7月、IT戦略本部において「電子行政オープンデータ戦略」を決定。• 国際的な取組み Open Government Partnership– 2010年のオバマ大統領国連演説を契機に2011年創設– 46カ国以上が参加。アウトリーチ活動主体• Open Government Platform(OGPL)– 並行して米国はインドと協力してオープンソースのOGPLを開発。インドのdatagov.inほか、ルワンダ等におけるデータ公開ポータル創設に採用予定。• EUは2011年12月に欧州オープンデータ戦略発表。12
  13. 13. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント• 米国Gov2.0の これまでの取組み– 2001年 行政管理予算局(OMB)による電子政府イニシアティブ(e-Gov)– 2002年 「e-Government Act of 2002」 現在の電子政府の骨格を規定– 2009年1月 大統領就任時の覚書「Transparency andOpen Government」• 透明性、市民参加、政府間・官民協業の三原則• 連邦CIOの設置、連邦CTOとの両頭体制– 2009年12月 オープンガバメント指令– 2012年5月 戦略文書「Digital Government: Building a21st Century Platform to Better Serve the AmericanPeople」 13
  14. 14. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント<オープンガバメントの三大要素>• 透明性(Transparency)– Data.gov 172の政府機関の情報・利用ツール公開– Recovery.com 2009年の経済対策の資金使途公開– IT Dashboard 連邦政府IT予算に関する情報公開– Performance.gov 効率性向上の進捗情報を公開• 市民参加(Participation)– Challenge.gov– 州政府のアプリ開発コンテスト、Code for America• 政府間・官民協業(Collaboration)– POPVOX、Open Congress、Poligraftなどボトムアップ活動– Civic Commons:地方自治体のベストプラクティス共有 14
  15. 15. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント• Data.gov、Recovery.gov、ITDashboardなどデータ開示に向けたポータルサイト創設• 相互運用性の確保– WebAPIの整備により外部からのデータアクセス経路確保– 語彙の共通化、レポジトリの抽出などは対象外• セキュリティの確保:NIST中心– モバイル及びワイヤレス利用についてのリファレンス(策定中)– オンライン販売利用を念頭に、Trusted ID Frameworkの確立に向けた作業。電子政府における国民IDとしての利用も想定。15
  16. 16. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント• 機密情報の指定解除– 2009年12月、「機密情報」の定義・取り扱いを見直し– 国立公文書記録管理局(NARA)にNationalDeclassification Centerを創設。• 法執行データ(検査、試験、警告等)の公開– 各省において規制対象範囲の見直しと合わせ実施、2012年5月から順次結果を公開中。• データ交換基盤の整備– 治安、防衛等の分野では、行政機関間のSensitive butUnclassified (SBU)情報交換のための基盤整備が進展。• Xmlベースでデータ、階層化のためのタグ(メタデータ)を記述。• 分野によっては専用のネットワーク経由での交換。 16
  17. 17. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webb. オープンガバメント• データ交換基盤の整備(続き)– Information Sharing Environment(ISE.gov)安全保障の観点から政府機関間で情報交換をおこなうため標準化、ベストプラクティスの共有などを実施。• the Intelligence Reform and Terrorism Prevention Act of 2004に基づくテロ対策などの情報交換– the Nationwide Suspicious Activity Reporting Initiative (NSI)– the Interagency Threat Assessment and Coordination Group (ITACG)• 裁判所関係、入国管理などに関する機微かつ非機密情報(Controlled Unclassified Information:CUI)交換– National Information Exchange Model(NIEM)(DHS)– 国土安全保障省、司法省など18連邦機関、50州が参加。• 防衛/インテリジェンス関係– Universal Core(DOD) 2013年までにNIEMとの統合を目標。17
  18. 18. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• サイバー攻撃の脅威– 2009年1月、米国の複数の州における信号機がハッキングされ、道路交通が混乱した。(Wired 1/31/2009)– 2009年、2010年、イランの核処理施設をターゲットにしたとみられるマルウェアStuxnet発見。複数のゼロデイ脆弱性を利用。18
  19. 19. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• サイバー攻撃の脅威– 2009年7月、ダラスのCarrel Clinic病院で、契約警備員がPC14台をハッキングし、空調(HVAC)システムの情報をインターネットで流出させ、アラームを切っていた。犯人は懲役9年に処せられた。– 2012年8月、カタールで世界第2位のLNG生産能力をもつRasGasにサイバー攻撃がおこなわれ、マルウェアに3万台のワークステーションが感染。LNG生産及び出荷が影響。– 2012年8月、サウジアラムコの在米オフィスにサイバー攻撃がおこなわれ、Shamoonマルウェアにより3万台のワークステーションが感染。E-mailやオーダーエントリーデータが消失した。19
  20. 20. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• 重要インフラ防護の必要性– ネットワークに接続=危険 から ネットワークから隔離=危険に• Spear Phishing、ハッキングキットなどサイバー攻撃手法も高度化、複雑化。– 数十ドルでBotなどのサイバー攻撃ツールが入手可能。– Malware as a Service(MAAS)として、クラウドからマルウェア攻撃をおこなうサービスも登場。20
  21. 21. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• 基本的な枠組み– 包括的サイバーセキュリティ・イニシアティブ(CNCI)(2008年)– サイバーセキュリティ政策レビュー(2009年2月)21項目 対応大統領府内にサイバー政策を管轄する新ポスト創設サイバーセキュリティ調整官ポスト新設(2009年、初代CSCはHaward Schmidt氏)サイバー犯罪に対する諜報機関強化 国防総省内にサイバー司令部発足(2010年)サイバー犯罪に対応する作業計画立案 全米サイバー事故対応計画(NCIRP)策定サイバーセキュリティに関する国民的啓蒙、教育と人材育成国家サイバーセキュリティ教育イニシアティブ(NICE)の開始(2011年)国際的なサイバーセキュリティ政策枠組み 国際サイバースペース戦略策定(2011年)サイバーセキュリティに関する研究開発促進 連邦サイバーセキュリティ研究開発戦略策定(2011年)サイバーセキュリティのためのIDマネジメント戦略策定信頼可能なIDマネジメント戦略策定(2010年)
  22. 22. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• 省庁間の体制– 国防総省(DOD):米国軍のセキュリティ• 2009年のサイバーコマンド創設、2011年の米国サイバー空間の国防総省国際戦略策定– 国土安全保障省(DHS):重要インフラのセキュリティ• NCCIC、US-CERT、ICS-CERTなどを設置(後述)– 連邦捜査局(FBI):(インフラ)セキュリティInfra Guard– 中央情報局(CIA):傘下In-Q-Tel等を通じた事業ほか。– 国立標準技術研究所(NIST):サイバーセキュリティに関する研究開発、標準化22
  23. 23. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• 毎年のサイバーセキュリティ体制の点検– 情報セキュリティマネジメント法(FISMA、2002年)に基づく各省庁のサイバーセキュリティ体制の点検– ガイドラインとして、NISTが発行するSP800シリーズを参照、民間でも活用されている。23
  24. 24. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webc. サイバーセキュリティ• 重要インフラの防御に向けて– DHSでは、関するサイバー攻撃の情報収集、調整をおこなう機関として、以下の組織を設立。• US-CERT:ITシステムに関するサイバーセキュリティ• ICS-CERT:産業制御システム(ICS)に関するサイバーセキュリティ– NCRIP(National Cyber Incident Response Plan)(2010年)• サイバー攻撃の未然防止、ITインフラの継続運用に重点を置いた計画をDHSが策定。• 各省庁の調整機関はUCG(Cyber Unified Coordination Group)– NCCIC(National Cybersecurity and CommunicationsIntegration Center)(2009年)• 連邦他機関、州政府、DHS傘下のサイバー対策機関を運営面で統括24
  25. 25. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web2. 公共サービスにおけるIT利用a. スマートグリッド、スマートシティ25スマートシティ(コミュニティ)電気の有効利用に加え、熱や未利用エネルギーも含めたエネルギーの「面的利用」や、地域の交通システム、市民のライフスタイルの変革などを複合的に組み合わせたエリア単位での次世代のエネルギー・社会システムの概念
  26. 26. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Webコンセプト 実施場所 備考スマートシティ ボルダー(米国) スマートグリッド技術(スマートメーター等)を活かした新たな都市造りのための実証試験。アムステルダム(オランダ)CO2排出量の削減を目指して、家庭、業務ビル、運輸部門ならびに公共セクターにおいて、スマートグリッドに限らず様々な取組みを実施。マルタ Smart Grid Utility 電力・ガス・水道で共用のスマートメーターの導入。マラガ(スペイン) CO2削減に向けたスマートグリッド技術の実証試験。シドニー(オーストラリア) CO2削減に向けたスマートグリッド技術の実証試験。エコシティ 天津ほか12都市(中国)天津市をはじめとした中国国内合計13都市で、環境都市を建設する計画。(再生可能エネルギー導入のみならず、地域熱供給、資源循環、その他省エネルギー技術の導入を目指す。)上海市ほか(中国) 英国建設コンサルティング会社のARUP社がマスタープランを作成。上海市の東灘地区の他に複数の都市で計画。サステナブルな都市造りを目指す。環境共生都市ストックホルムほか(スウェーデン)ストックホルム郊外のハマビーショースタッドでの再開発で成功した自然資源、エネルギー、廃棄物の流れを閉鎖型にする街づくりを展開。CO2ニュートラル都市マスダール(UAE) 必要な電力を100%再生可能エネルギーで賄う街づくりを開始。26(出典)NEDO再生可能エネルギー技術白書(2010年)•スマートシティとは都市開発、電力需給最適化を目的とするものなど、内容は様々。
  27. 27. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web• スマートグリッドとは– 電力とITの融合による次世代の電力網。– 以下の3点を目的。• ①信頼性の向上(停電等の削減)• ②需要管理の促進(省エネの実現)• ③分散電源等の導入(再生可能エネの導入)① 信頼性の向上– 電力インフラの老朽化対応– 米国の発電事業者は約300027②需要管理・削減 ①信頼性の向上③分散電源等の導入風力・太陽光蓄電施設家電機器 発電所スマートメーター既存電力網ホームネットワーク地域ネットワーク(出典)電気事業連合会HP
  28. 28. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web② ITを活用した需要管理のイメージ– デマンドレスポンス• 蓄電池(EV、フライホイール)からのバックアップ供給• ネガワット事業 EnerNOC、Comverge③ 再生可能エネルギー電源の導入– バイオマス、風力、太陽光?28蓄電池から家庭に供給保温したお湯を使うお湯を大量に創る晴れ雨や曇りスマートメーター太陽電池感知制御発電量が多い発電量が少ない自動的に充電(蓄電)を開始大量に供給供給量が僅か電気自動車など給湯器電力需給変動需要削減目標 空調の温度変更自家発電定期点検時の給電カウント不要な家電のスイッチオフ多数の需要家に節電目標割り振り電力調達と同等
  29. 29. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web<スマートグリッド政策の経緯>• 米国では電力の信頼性が低く、長期にわたりイノベーションなし。• DOE等における検討– 「Grid 2030」(2003年7月)、ロードマップ(2004年)ほか。– EISA(自主エネルギー・安全保障法)の制定(2007年)。• カリフォルニアにおける取り組み– 2001年前後のカリフォルニア電力危機が背景。– 「Energy Action Plan」(2003年・・・需要管理がトップ)、ロードマップ(2005年)– 積極的なスマートメーターの導入、2006年から事業開始。– 1200万のスマートメーターを導入予定(~2012年:加州の約全世帯。40億ドル規模)。29
  30. 30. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web• 経済刺激策(ARRA)の制定(2009年2月)。– 大統領のイニシアティブ、IT業界の働きかけ。– 多額の補助金と標準制定のセット。• 需要管理部門を中心に盛り上がり– 分散型電源導入を前提、ネットワークによる需給状況把握– ARRA・州ファンドによるスマートメーターの普及とIT企業の参入• 普及見通し 290億ドルのスマートメーター市場– 30万世帯(2007年)、600万世帯(2009年)、2700万世帯(2012年)– 6500万世帯(2015年、全世帯の半分)• GE(家電)、中小・ベンチャー参入、一方でGoogle、Microsoft撤退。• 新市場への期待、世界で41兆ドル/25年? 30スマートグリッド 45億ドル 標準化、SM導入補助医療IT 190(20)億ドル 標準化、システム導入補助ブロードバンド 72億ドル オープンアクセススマートメーター
  31. 31. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web<スマートグリッドに関する標準化動向>• 2007年エネルギー自立・安全保障法(EISA)により、国立標準技術研究所(NIST)がスマートグリッド相互運用性に関する標準策定を担当。• 2009年2月、ARRA成立。スマートグリッド関係予算45億ドルを計上。• 2009年11月、NISTは、官民パートナーシップであるスマートグリッド相互運用性パネル(Smart Grid Interoperability Panel,SGIP)と諮問委員会(Smart Grid Advisory Committee)を設置。• SGIPでは、無線通信規格、電力価格情報・エネルギー消費情報共有、風力発電所における通信といった優先課題(現在13がアクティブ)ごとにWGを設置、標準化を進めている。31
  32. 32. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web<スマートグリッドに関する標準化動向>• SGIP策定規格の電力規制への取り込みは足踏み状態– 2011年、連邦エネルギー委員会(FERC)はSGIPからの提案を却下。電力会社側での自主的な対応が中心となる?• 家庭内機器の遠隔操作(ホームオートメーション)も普及中– ZigBee、Z-Wave(規格団体)、X-10、Insteonなど– 無線通信で使用する周波数帯、規格などが乱立• 業界としては家電等の基準・認証が重要な課題。– 電力関係機器の試験機関をANSIが認定開始(2012年1月)– その他Universal Smart Network Access Port(USNAP) Alliance, NEMA• スマートメーターデータ活用– 「グリーンボタン」プロジェクト• スマートメーターで得られたデータなどを電力事業者HPから簡便にダウンロードするためのAPI32
  33. 33. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebWireless 通信技術の分布0.01 0.1 1 10 100 1000Speed(Mbps)RangeWPANWLANWWANWiFi802.11nUWB802.15.3aBluetooth802.15.1ZigBee802.15.4PC, MobileConsumerElectronics4G3.5GMobile2G 3G2.5GWiFi802.11a,b,gLTEWiMaxIrDACDMA-OneGSMPDCHSDPAHSPA+W-CDMACDMA2000
  34. 34. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web2. 公共サービスにおけるIT利用b. 医療IT• 米国では医療関係費用が2.6兆ドル(GDPの18%)に達しており、老齢者向け健康保険(メディケア)、低所得者向け医療扶助(メディケイド)を通じて政府財政を圧迫。医療費節減が喫緊の課題。米国のヘルスケア関連支出の推移34$200$700$1,200$1,700$2,200$2,700$3,20080 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 00 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10BillionsInflation Adjusted(2)2兆5,936億ドル(2010年)
  35. 35. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web• これまでの経緯– 2004年4月、ブッシュ政権時、医療ITイニシアティブを立ち上げ、医療IT全米調整官室(ONC)を設置。あわせて、全米医療情報ネットワーク(Nationwide Health InformationNetwork、NHIN)構想を提示。– 大統領選挙時、オバマ大統領候補(当時)は向こう5年間で年間100億ドルを医療ITに投資することを公約。– 2009年、米国再生・再投資法の一部として、医療IT導入促進に関する予算措置、プライバシー保護の強化などを行うHITECH法が成立。メディケア等含み190億ドルを手当て。• EHR(Electronic Health Record)導入を通じた医療ミス、医療コストの削減35
  36. 36. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web36Electronic Health Record普及に向けた取り組み• 医療費抑制の切り札– 電子的な医療データ、健康記録の共有により重複検査、医療ミスを排除– 2014年を導入目標年度– 2010年から融資、2011年から補助金も開始CT画像カルテ検査データNational Health Information Network医療情報健康関連情報調剤情報EHR患者本人
  37. 37. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebEHR導入に向けたタイムフレーム• ステージ1:2011年~2013年 第1段階Meaningful Use(MU)を満たす医療機関、医師等にインセンティブ開始– 対象となるのは、Eligible Professional. Eligible Hospital, CriticalAccess Hospital (CAH) (全米で1,335機関)– 医療過疎地域には割り増しあり– 最大5年間で合計4.4万ドルのインセンティブ• ステージ2:2014年• ステージ3:2015年~ MU不適合の病院等へペナルティ開始372010年秋 2010年冬 2011年春 2011年秋 2012年冬 2014年 2015年 2016年認定EHR技術をONCウェブサイトに掲載2021年 メディケイドインセンティブ最終年メディケアインセンティブプログラム最終年メディケイドインセンティブプログラム参加最終年メティケアインセンティブプログラム参加最終年2月末 2011年EligibleProfessional登録締切11月末 2011年Eligible HospitalCHA登録締切4月 メディケアインセンティブプログラム開始1月 EHRインセンティブプログラム登録開始
  38. 38. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News WebElectronic Health Record普及に向けた取り組み• 医療機関、薬局、保険会社、患者間の情報交換(相互運用性)の確保– 全州を接続する医療情報ネットワークNational HealthInformation Network (NHIN)への接続がポイント• NHINコネクト、ダイレクトのプロジェクト• NHINエクスチェンジ(地域間相互接続の取組み)• 保険会社、PHR(個人向け健康データ管理サービス)、ITベンダー等多数がEHRサービスに参入– クラウドコンピューティングベースのEHR登場– モバイルから健康データのアップロードにより、予防保全の取組みを強化38
  39. 39. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web主な電子健康記録(EHR、PHR)サービス39名称(運営主体) 所在地 開始時期 特徴Dossia マサチューセッツ州2007年 ウォルマート、AT&T、インテル等大企業8社が設立。ユーザー数は非公開。KP HealthConnect(カイザーパーマネンテ)カリフォルニア州- 医療機関も運営する保険会社のEHR。傘下医師15,000人以上。個人向け医療データは別アプリケーション(My Health Manager)で管理。Practice Fusion カリフォルニア州2005年 零細開業医などを対象としたウェブベースのEHR。ユーザー数5,000万人(2012年8月)Relay Health カリフォルニア州2010年 医療卸大手マッケソンの子会社が運営するEHR。ユーザー数2,000万人(2012年11月)MediConnectGlobalユタ州 ー 印刷されたデータも受け入れるEHR。月額ではなくRapdretrieveでデータ払い出しごとに手数料(29.95ドル~)をとるビジネスモデル。1,000万人。Google Health カリフォルニア州2007年 全米最大の調剤薬局CVSや多数のPHR事業者と連携。2012年1月で閉鎖。MicrosoftHealthvaultワシントン州2008年 べスイスラエル、メイヨークリニック、CVS、多数のPHR事業者と連携。電子カルテシステムAmalgaの一部。英国、カナダ、ドイツにもライセンス。
  40. 40. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web今後標準化が必要とされる分野40(出典)内閣官房情報技術(IT)担当室ITシステム内データのコード、用語の標準化ITシステム間での情報伝達の標準化相互運用性
  41. 41. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web【日本のビジネスチャンス】• 市場開拓の方法– 米国は、診療科目ごとに細分化された(学会併設の)展示会が特徴• PET, CTその他日本が強みをもつハイテク診断機器もEHRや医療機器間の相互運用性を念頭に。– HHS食品医薬品局(FDA)認可、EHR適合認証– 民間ベースでの相互接続確認テスト、認証スキーム• HL7 (Health Level Seven)• Continua Alliance• Integrating the Healthcare Enterprise (IHE) ほか
  42. 42. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web2. 公共サービスにおけるIT利用c. 教育• 米国では教育は州の権限とされ、連邦政府は州教育を支援するスタンス。教育省も1979年設立。• 米国の目標:2020年までに大学卒業率を世界トップレベルに(現在16位)• 理系教育(STEM)の重視 42
  43. 43. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web教育IT政策のこれまでの経緯• 2001年、ブッシュ政権下でNo Child Left Behind Act(落ちこぼれ防止法)成立。– 貧困層の教育改善を目的– IT政策との関係では、「技術活用による教育強化法」(EETT)に基づく各州への補助金政策。各州は教育分野の技術の活用方法や教員に対する技術訓練について、State Technology Planを策定。• 2009年、オバマ政権下での新政策「Educate toInnovate」発表– 今後10年間でSTEM分野の学力向上を目指す– Race to the Top、Investing in Innovation Fundなど競争原理に基づいた助成金プログラムを開始。 43
  44. 44. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web教育省Strategic Planの主要項目• 2012年4月に教育省としての4カ年計画を改定。– 理科系(STEM)教育の強化• STEM学位取得を目指す学生を30%増加、学位保持者100万人。– 教育現場におけるテクノロジーの発展と導入• 教職員とデータ・専門家等をつなげる技術開発、学習・評価・教育を向上させるためのITの開発 など– Race to the Topプログラムの拡充• 1000億ドルの規模の教育補助政策であるRace to the Topの補助先を、州単位から教育機関単位に変えるなどの更新。44
  45. 45. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web教育に用いられるITの事例1. インタラクティブ・ホワイトボード– 教室レベルでの普及率36%(日本は5%)(Smart Board社製)2. 電子教科書– 欠品がない、収納が容易、関連予算削減対応により急速に普及。2010年1.5% →2017年 44%に上る見込み– これまで高等教育中心だったものが、FCCとEDの支援プログラムDigital Textbook Collaborative開始(2012年3月)などにより初等中等教育にも急速に普及しつつある。45
  46. 46. Copyright © JETRO/IPA New York 2012http://www.ipa.go.jp/about/NYreport/index.htmlFile Edit View History Bookmark Window HelpSearchInsert your bookmarks here News Web教育に用いられるITの事例3. Learning Management System(LMS)– 生徒の成績管理、教材配布などをオンラインで行うシステム。BlackBoard社の寡占市場にLore参入。4.オープンエデュケーション– Open Course Ware:MITはシラバス、教材をオープンにする取組みを2001年開始。日本の大学も複数参加。– edX:MITとハーバード大学が2012年に開始した対外オープンのオンライン講義。すでに15万人が参加。– Khan Academy: 移民のKahn氏のサイト。すでに2億以上の聴講。46vs

×