0
Androidプログラミング勉強会
開発基礎編
2013/07/17・24 日本ANDROIDの会横須賀支部 高見知英
今回の内容
Eclipseの機能
例題プロジェクトの製作
その他のAndroid開発支援機能
ECLIPSEのANDROID開発機能
ECLIPSE+ANDROID開発プラグインで出来ること
Androidアプリ開発環境とは
Eclipse
ADT
Android
開発可能
Eclipse環境
Eclipseの機能
Javaベースの統合開発環境
 Android専用開発環境ではない
 様々なプラグインにより、多くの機能を実現可能
全体図
パッケージ・エクスプローラー
関連ファイルを
エクスプローラ風に閲覧可
ファイルをクリックで開く
右クリックで各種メニュー
エディタビュー
タブ付きエディタ
 Java
 通常XML
 リソースXML編集画面
アウトラインビュー
ファイル構造を
ツリー状に表示
 ソースファイル
 XMLファイル
コンソールビュー
コマンド実行時の
実行結果を表示
 DDMS
 コンパイル処理
その他のビュー
ウィンドウ>ビュー
の表示
 「その他」からさらに
詳しく
ビューの移動
タブの部分を
ドラッグで移動
緑の枠で配置位置を
表示
パースペクティブ
ビューの組み合わせ
 複数個保持可能
 パースペクティブを
必要に応じ切替え利用
よくつかうパースペクティブ
Java(初期表示)
DDMS(デバイス管理・スクリーンショット)
Git リポジトリー・エクスプローラー
デバッグ
ADT機能
Android開発のためのEclipseプラグイン
 Android向けツール
 リソースの作成支援
 Android Lint
例題プロジェクトの製作
アプリケーションの製作
製作するアプリケーション
「入力」エディット
に文字列を入力
 OKボタンを押下して
下のテキストビューに
複写
手順
プロジェクトの製作
プログラムの作成
アプリケーションの実行
プロジェクトの製作
例題プロジェクトの製作
プロジェクトの作成
プロジェクトの作成
アプリケーション・
プロジェクト名
 AndroidSampleApp
パッケージ名
 net.gadgetlab_yokosuka.a
ndroid.androidsampleapp
アプリケーションの構成
アクティビティの構成
テンプレートプロジェクトの完成
ここから
プログラミング開始
プロジェクトの作成
例題プロジェクトの製作
手順の確認
レイアウト
作成
プログラム
作成
テスト
まずは、ビューの編集
ビューの作成
 res/layout/activity_main.xml
を開く
ビューの入れ子
LinearLayout(垂直)
 LinearLayout(水平)
 テキスト入力部
 テキスト表示部
プログラムコードの作成
Javaコードの作成
 /src/…/MainActivity.java
を開く
package句
パッケージ名
 パッケージ構成により自動的に変更
 編集はしない
import宣言
外部クラスライブラリを呼び出す定義
 足りない場合、Eclipseより自動的に追加・編成
 リソースクラスなど複数パッケージで同名クラス
が使用されている場合には注意が必要
クラス定義
アクティビティクラスの定義
 Javaはクラスを組み合わせることでプログラムを
作成する
onCreate()メソッド
アクティビティ初期化時に呼び出される
 通常はここで初期化処理を行う
onCreateOptionsMenu()メソッド
メニューの作成処理
 今回はメニューを使用しないため、
コメントアウト
イベントハンドラの設定
Activity.findViewById();
 レイアウトからビューを取得
View.setOnClickListener();
 ビュークリック時に呼び出すOnClickListenerを
設定
Eclipseのクイックフィックス機能
コンパイルエラー(赤い波線表示)の訂正支援
 赤い波線上にマウスカーソルを合わせる
 赤い波線上に文字入力カーソルを合わせCtrl+1
 MacではCommand+1
プログラムとレイアウトの連携
Java
setContentView()
Layout
findViewById()
OnClickListenerインターフェース
「クリックに応答するメソッドが定義済み」
であることを示す
 これがあることで、Android組み込みクラスから、
アクティビティのメソッド呼び出しが可能
onClick()メソッド
ボタンが押されたときに呼び出される
 パラメータv(名前は任意に変更可能)で
クリックされたビューの取得も可能
onClick()メソッド
EditText.getText()
 エディット部のテキストを取得する
TextView.setText()
 テキストビューに文字列を設定する
アプリケーションの実行
例題プロジェクトの製作
アプリケーション実行環境
エミュレータ
実機
 事前に「USBデバッグ」を有効にする
エミュレータの作成
AVDマネージャ
 起動・仮想デバイス
作成が可能
仮想デバイスの作成
仮想デバイス設定
 基本デバイス設定
 OS設定
 メモリ設定
 SDカード設定
仮想デバイスの起動
「Start」ボタンより
起動可能
 Scale dislay to real size
設定によりPC負荷を
軽減可能
仮想デバイスでできること
ほぼ実機
Androidと同等
 Google Playサービスに
非対応
 実機があれば
実機のほうが…
アプリケーションの実行
実行>実行>Android
アプリケーション
 からも起動可能
アプリケーションが起動した
キーボード・マウスで
操作可能
その他ANDROID開発支援機能
ECLIPSE+ANDROID開発プラグインで出来ること
ADT機能
Android開発のためのEclipseプラグイン
 Android向けツール
 リソースの作成支援
 Android Lint
リソースXMLファイルの作成
新規>Android XML
ファイル
 アニメーション
 メニュー
 レイアウト
各種コンポーネントの作成支援
ファイル>新規作成>
Androidオブジェクト
 アクティビティ
 フラグメント
 ウィジェット
 コンテントプロバイダ
文字列のリソース化
プログラムの
多言語化に必要
リファクタリング>
Android>Android文字
列の抽出
 Alt+Shift+A押下後S
代替リソース
端末状態で自動的に
切り替わるリソース
 言語設定
 端末サイズ
 描画領域サイズ
Android Lint
問題になり得る
記述を警告
 パフォーマンス
 アクセシビリティ
 多言語化
レイアウトに文字列
を直接記載する
無駄な計算処理
各種リソースのパス
を直接指定
出荷版実行ファイルの作成
Androidツール>署名
アプリケーション・
パッケージの作成
 署名ファイルを
設定して実行
ANDROIDアプリケーション開発に
必要な知識
今後のアプリケーション開発に向けて
必要な知識
Java
言語仕
様
Eclipse
支援機
能
Android
フレー
ムワー
ク
ライフ
サイク
ル
デザイ
ンパ
ターン
デバイス機能
各種セ
ンサ
各種通
信機能
おしまい
以上で今回のANDROIDアプリケーション開発講座は終了です。
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Androidプログラミング勉強会 開発基礎編

696

Published on

2013年7月24日、2013年7月17日のAndroidプログラミング勉強会開発基礎編の資料です。

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
696
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
12
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Transcript of "Androidプログラミング勉強会 開発基礎編"

  1. 1. Androidプログラミング勉強会 開発基礎編 2013/07/17・24 日本ANDROIDの会横須賀支部 高見知英
  2. 2. 今回の内容 Eclipseの機能 例題プロジェクトの製作 その他のAndroid開発支援機能
  3. 3. ECLIPSEのANDROID開発機能 ECLIPSE+ANDROID開発プラグインで出来ること
  4. 4. Androidアプリ開発環境とは Eclipse ADT Android 開発可能 Eclipse環境
  5. 5. Eclipseの機能 Javaベースの統合開発環境  Android専用開発環境ではない  様々なプラグインにより、多くの機能を実現可能
  6. 6. 全体図
  7. 7. パッケージ・エクスプローラー 関連ファイルを エクスプローラ風に閲覧可 ファイルをクリックで開く 右クリックで各種メニュー
  8. 8. エディタビュー タブ付きエディタ  Java  通常XML  リソースXML編集画面
  9. 9. アウトラインビュー ファイル構造を ツリー状に表示  ソースファイル  XMLファイル
  10. 10. コンソールビュー コマンド実行時の 実行結果を表示  DDMS  コンパイル処理
  11. 11. その他のビュー ウィンドウ>ビュー の表示  「その他」からさらに 詳しく
  12. 12. ビューの移動 タブの部分を ドラッグで移動 緑の枠で配置位置を 表示
  13. 13. パースペクティブ ビューの組み合わせ  複数個保持可能  パースペクティブを 必要に応じ切替え利用
  14. 14. よくつかうパースペクティブ Java(初期表示) DDMS(デバイス管理・スクリーンショット) Git リポジトリー・エクスプローラー デバッグ
  15. 15. ADT機能 Android開発のためのEclipseプラグイン  Android向けツール  リソースの作成支援  Android Lint
  16. 16. 例題プロジェクトの製作 アプリケーションの製作
  17. 17. 製作するアプリケーション 「入力」エディット に文字列を入力  OKボタンを押下して 下のテキストビューに 複写
  18. 18. 手順 プロジェクトの製作 プログラムの作成 アプリケーションの実行
  19. 19. プロジェクトの製作 例題プロジェクトの製作
  20. 20. プロジェクトの作成
  21. 21. プロジェクトの作成 アプリケーション・ プロジェクト名  AndroidSampleApp パッケージ名  net.gadgetlab_yokosuka.a ndroid.androidsampleapp
  22. 22. アプリケーションの構成
  23. 23. アクティビティの構成
  24. 24. テンプレートプロジェクトの完成 ここから プログラミング開始
  25. 25. プロジェクトの作成 例題プロジェクトの製作
  26. 26. 手順の確認 レイアウト 作成 プログラム 作成 テスト
  27. 27. まずは、ビューの編集 ビューの作成  res/layout/activity_main.xml を開く
  28. 28. ビューの入れ子 LinearLayout(垂直)  LinearLayout(水平)  テキスト入力部  テキスト表示部
  29. 29. プログラムコードの作成 Javaコードの作成  /src/…/MainActivity.java を開く
  30. 30. package句 パッケージ名  パッケージ構成により自動的に変更  編集はしない
  31. 31. import宣言 外部クラスライブラリを呼び出す定義  足りない場合、Eclipseより自動的に追加・編成  リソースクラスなど複数パッケージで同名クラス が使用されている場合には注意が必要
  32. 32. クラス定義 アクティビティクラスの定義  Javaはクラスを組み合わせることでプログラムを 作成する
  33. 33. onCreate()メソッド アクティビティ初期化時に呼び出される  通常はここで初期化処理を行う
  34. 34. onCreateOptionsMenu()メソッド メニューの作成処理  今回はメニューを使用しないため、 コメントアウト
  35. 35. イベントハンドラの設定 Activity.findViewById();  レイアウトからビューを取得 View.setOnClickListener();  ビュークリック時に呼び出すOnClickListenerを 設定
  36. 36. Eclipseのクイックフィックス機能 コンパイルエラー(赤い波線表示)の訂正支援  赤い波線上にマウスカーソルを合わせる  赤い波線上に文字入力カーソルを合わせCtrl+1  MacではCommand+1
  37. 37. プログラムとレイアウトの連携 Java setContentView() Layout findViewById()
  38. 38. OnClickListenerインターフェース 「クリックに応答するメソッドが定義済み」 であることを示す  これがあることで、Android組み込みクラスから、 アクティビティのメソッド呼び出しが可能
  39. 39. onClick()メソッド ボタンが押されたときに呼び出される  パラメータv(名前は任意に変更可能)で クリックされたビューの取得も可能
  40. 40. onClick()メソッド EditText.getText()  エディット部のテキストを取得する TextView.setText()  テキストビューに文字列を設定する
  41. 41. アプリケーションの実行 例題プロジェクトの製作
  42. 42. アプリケーション実行環境 エミュレータ 実機  事前に「USBデバッグ」を有効にする
  43. 43. エミュレータの作成 AVDマネージャ  起動・仮想デバイス 作成が可能
  44. 44. 仮想デバイスの作成 仮想デバイス設定  基本デバイス設定  OS設定  メモリ設定  SDカード設定
  45. 45. 仮想デバイスの起動 「Start」ボタンより 起動可能  Scale dislay to real size 設定によりPC負荷を 軽減可能
  46. 46. 仮想デバイスでできること ほぼ実機 Androidと同等  Google Playサービスに 非対応  実機があれば 実機のほうが…
  47. 47. アプリケーションの実行 実行>実行>Android アプリケーション  からも起動可能
  48. 48. アプリケーションが起動した キーボード・マウスで 操作可能
  49. 49. その他ANDROID開発支援機能 ECLIPSE+ANDROID開発プラグインで出来ること
  50. 50. ADT機能 Android開発のためのEclipseプラグイン  Android向けツール  リソースの作成支援  Android Lint
  51. 51. リソースXMLファイルの作成 新規>Android XML ファイル  アニメーション  メニュー  レイアウト
  52. 52. 各種コンポーネントの作成支援 ファイル>新規作成> Androidオブジェクト  アクティビティ  フラグメント  ウィジェット  コンテントプロバイダ
  53. 53. 文字列のリソース化 プログラムの 多言語化に必要 リファクタリング> Android>Android文字 列の抽出  Alt+Shift+A押下後S
  54. 54. 代替リソース 端末状態で自動的に 切り替わるリソース  言語設定  端末サイズ  描画領域サイズ
  55. 55. Android Lint 問題になり得る 記述を警告  パフォーマンス  アクセシビリティ  多言語化 レイアウトに文字列 を直接記載する 無駄な計算処理 各種リソースのパス を直接指定
  56. 56. 出荷版実行ファイルの作成 Androidツール>署名 アプリケーション・ パッケージの作成  署名ファイルを 設定して実行
  57. 57. ANDROIDアプリケーション開発に 必要な知識 今後のアプリケーション開発に向けて
  58. 58. 必要な知識 Java 言語仕 様 Eclipse 支援機 能 Android フレー ムワー ク ライフ サイク ル デザイ ンパ ターン デバイス機能 各種セ ンサ 各種通 信機能
  59. 59. おしまい 以上で今回のANDROIDアプリケーション開発講座は終了です。
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×