論評Ws(立川tmc)2011 06-12

673 views
599 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
673
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3
Actions
Shares
0
Downloads
6
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

論評Ws(立川tmc)2011 06-12

  1. 1. 論評がちょっとうまくなる3時間 大和バイリンガルトーストマスターズクラブ ファンタジスタトーストマスターズクラブ 東 公成 (ACS/ALS)
  2. 2. 自己紹介(論評との関わり) いつ? なに? 2000年8月 厚木座間TMC(英語クラブ)入会 2001年10月 エリア32論評コンテストテストスピーカー 2003年ころ 論評に本気で取り組む。CCマニュアルを熟読 2004年1月 厚木座間TMC合宿で、8時間の論評WSを企画実施 2006年5月 D76日本語スピーチコンテスト優勝 2007年5月 D76英語スピーチコンテスト優勝・アリゾナ準決勝(TO) 2007年11月 Div A, D76論評コンテスト前に論評WSを実施 2008年5月 D76英語スピーチコンテスト優勝・カルガリ準決勝(NO) 2009年春 ファンタジスタで論評ブートキャンプ実施 2010年 東京インターナショナル、大和バイリンガルで論評WS 2011年6月 立川TMCで論評WSを実施 2
  3. 3. 論評ワークショップの流れ 時間 やること 13:45 流れの説明 ♥第一スピーカー&モデル論評 「なぜ、論評をするのか?」「どんな論評がよいのか?」 ♥第二スピーカー&論評のグループ制作&発表(2チーム) 15:20 休憩 ー 席替え 15:30 ♥第三スピーカー&論評のグループ制作&発表(2チーム) ♥第四スピーカー&個人のグループ制作&発表(2チーム) 3
  4. 4. 基本マニュアル#2 「スピーチの構成」 目的 •  聞き手がスピーチを容易にフォ ローし、理解できるような適切 なアウトラインを選択する。 •  メッセージを伝えるために直接 役立つマテリアルを使い、メッ セージを明確にする。 •  あるアイデアを紹介してから別 のアイデアに移るときは、適切 な橋渡しを行う。 •  力強い序論と結論を作成する。 論評者への注意事項 •  このプロジェクトでは、スピーカーは、 聞き手を明確な目標にリードするよう構 成されたスピーチを行うことになってい ます •  スピーチには、序論・本論・緒論そして 事実・アイデアを示すメインポイントや サブポイント、裏づけのためのマテリア ルが含まれており、それぞれの事実・ アイデアがスムーズ、に連結されること も目標となっています •  口頭での論評に加えて、各項目ご、とに 点数をチェックし、評価できる部分や改 善の余地がある部分があれば具倣的 にコメントしてください。 4 CCマニュアルを見てください
  5. 5. 第一スピーカー&モデル論評 5 「御利益」 鎌田 錠治さん •  基本マニュアル#2 スピーチの構成 •  5∼7 分 •  モデル論評 (4 分) 牧 美和子さん
  6. 6. 6 時間の報告
  7. 7. スピーカー、論評者へのQ&A (15 分) 7
  8. 8. なぜ論評をするか?どんな論評がよいのか? (15 分) •  「スピーカーとして、人間として成長す るため」 •  クラブの使命 8 なぜ論評をするか?
  9. 9. なぜ論評をするか?どんな論評がよいのか? (15 分) •  「鏡」 •  話し手に「こたえる」論評 •  「話し手のメッセージ」にこたえる •  「話し手の努力」にこたえる (マニュアル) •  「話し手の成長への期待」にこたえる • 「軸」が大事 9 どんな論評がよいのか?
  10. 10. 論評の3つの軸 10 個人・仲間の成長 (クラブの使命) スピーチの目的 (スピーチで伝えたい メッセージ) 課題の目的 (マニュアルの要求事項)
  11. 11. ここからのセッションの説明 時間 第二スピーカー 第三スピーカー 第四スピーカー 課題 #1 アイスブレーカー #6 ボーカルバラエティ #4 表現方法 スピーカー 古田 裕子さん 片木 慎一さん 高山 慎一郎さん タイトル 「フランスかぶれ」 「大志を抱いたカメ 」 「できないこと、できること」 取り組み グループ (15分) グループ(10分) 個人(5分) 発表 グループ代表(2つの グループから) グループ代表(2つのグ ループから) 2名 学び 11
  12. 12. #1 アイスブレーカーの「軸」 目的 •  聞き手の前でスピー チを始める。 •  現在のスピーチスキ ルを確認し、注意が必 要なスキルを探し出す。 •  論評者への注意事項: •  このスピーチにおいて、ニューメンバーがクラ ブに対して自己紹介をし、また聞き手の前で スピーチを開始しようとしています。スピーチ は、序論本論結論がはっきりしていなければ なりません。スピーカーは必要ならば、メモを 用いるのは自由であり、またボディランゲー ジについては気にしないよう言われています •  改善の余地のあるところについては、穏やか かつ親切に述べる一方スピーカーに勇気を 与え、長所を指摘してください。スピーカーが 次のスピーチの機会を楽しみにするように、 論評は極力工夫してください。スピーカーが これからトーストマスターズに参加し、このス ピーチをして良かったと感じることができるか どうかがこの論評にかかっています。口頭で の論評に加えて、以下の質問にコメントを記 入してください。 12
  13. 13. 第二スピーカー 時間 第二スピーカー 課題 #1 アイスブレーカー スピーカー 古田 裕子さん タイトル 「フランスかぶれ」 取り組み グループ (15分) 発表 グループ代表(2つのグループから) 13
  14. 14. グループディスカッション •  次の係を決めてください •  リーダー •  発表者 14
  15. 15. 発表 •  2つのグループの代表です。 •  時間報告 15
  16. 16. まなびの振り返り 16
  17. 17. 休憩 • 席替え 17
  18. 18. #6 ボーカルバラエティの「軸」 目的 •  声の強弱、高低、スピード、 トーンを使い分けることで、 メッセージに意味を付け 加え、聞き手の関心を呼 び起こす。 •  メッセージを強めるため、 ポーズ(間)を取る。 •  スムーズかつ自然にさま ざまな声を出してみる。 論評者への注意事項: •  スピーカーは聞きやすい声を使用し、大き さ、高低、スピードの点で適切なバランスを 取り、メッセージンを強調するためにポー ズを入れることになっています。 •  スピーカーの声は、スピーカーが示してい る考えを表現したり、意味を強めたりしなけ ればなりません。スピーカーは以前のプロ ジェクトで学ん蔵目標構成、言葉の選択、 ボデ、イランゲージを取り入れることに努め ます。言葉による論評に加えて、それぞれ の項目の適当な個所をチェックして、この 論評フォームを完成させてください。評価 に値する部分や改善の余地がある部分に 対する提案があれば具体的にコメントして ください。 18
  19. 19. 第三スピーカー 時間 第三スピーカー 課題 #6 ボーカルバラエティ スピーカー 片木 慎一さん タイトル 「大志を抱いたカメ 」 取り組み グループ(10分) 発表 グループ代表(2つのグループから) 19
  20. 20. グループディスカッション •  次の係を決めてください •  リーダー •  発表者 20
  21. 21. 発表 •  2つのグループの代表です。 •  時間報告 21
  22. 22. まなびの振り返り 22
  23. 23. #4 表現方法の「軸」 目的 •  自分のアイデアをはっきりと、 的を射て、生き生きと伝えるた めに、適切な言葉を選びスピー チを構成する。 •  アイデアを強く打ち出すために、 言葉を有効かつ適切に用い、 または修飾的な表現を巧みに 使う。 •  ‐部の専門家しか分からない ような用語や無駄な言葉を使 わないようにする。文法も正確 に。 論評者への注意事項: •  スピーカーは、聞き手にメッセージを効果 的に伝える言葉および、そうした言葉の組 み合わせを使おうとしています •  スピーカーは明白で、的確で生き生きとし た、かつ短い単語と動作を伝える動詞を選 ばなければなりません。文とパラグラフの 構成も簡潔で短くする必要があります •  スピーカーは言葉を適切に取り扱い、修飾 語を効果的に使いながら、専門用語や不 用な単語を省いて正しい文法を使用しなけ ればなりませんし、スピーチははっきりとし た目標があり、それにふさわしい形で,構成 されていなければ、なりません。それぞれ の項目についてふさわしい棚をチェックし、 以下の論評フォームを完成させてください。 23
  24. 24. 第四スピーカー 時間 第四スピーカー 課題 #4 表現方法 スピーカー 高山 慎一郎さん タイトル 「できないこと、できること」 取り組み 個人(5分) 発表 2名 24
  25. 25. 個人で論評を作ります 25
  26. 26. 発表 •  2人 •  時間報告 26
  27. 27. 今日のまとめ 27
  28. 28. 論評の3つの軸 28 個人・仲間の成長 (クラブの使命) スピーチの目的 (スピーチで伝えたい メッセージ) 課題の目的 (マニュアルの要求事項)
  29. 29. まとめ1 • 「鏡」になる • 論評は「個人的」意見 29
  30. 30. まとめ2 30
  31. 31. 論評コンテストに向けて •  メッセージは何か? •  そのメッセージは効果的だったか? •  それはなぜか? •  内容? •  構成? •  伝え方? •  どんな提案ができるか? 31
  32. 32. 3つの「あ」 • あわてない • あせらない • あきらめない 32
  33. 33. 論評がちょっとうまくなる3時間 大和バイリンガルトーストマスターズクラブ ファンタジスタトーストマスターズクラブ 東 公成 (ACS/ALS)

×