Your SlideShare is downloading. ×
  • Like
2012 02-28-tokyo ess toastmasters bp meeting
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Now you can save presentations on your phone or tablet

Available for both IPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

2012 02-28-tokyo ess toastmasters bp meeting

  • 339 views
Published

 

  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
339
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
1
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. Actions from the 2012-2013 Big Picture meeting February 28, 2012 Tokyo ESS Toastmasters Club 1994020-76
  • 2. はじめに2012年2月17日にTokyo ESS Toastmasters Clubは日本で115番目のクラブとしてチャーターいたしました。2011年8月から手探りで例会を行って来て6ヶ月。もう一度ここで自分たちのやってきたことを点検して、今後もっと大きな学びと楽しみができるようにと本Big Picture Meetingを開催いたしました。
  • 3. 議題午前の部(10:00-12:00)1、トーストマスターズの教育プログラムの振り返り : 水沼2、トーストマスターズのクラブ運営の振り返り : 宮崎3、トーストマスターズの標準的な年間カレンダー : 高木午前の部(13:00-16:00)4、Tokyo ESSではどんな活動を行うか?(ディスカッション)  教育プログラム : 水沼  会員勧誘(勧誘方法、メンバーの資格) : 白岩、宮崎  例会日時、活動場所 : 高木5、今までの活動の反省(もっとよくするために) : 東6、予算決定 : 東7、チャーターセレモニーについて : 宮崎記念撮影
  • 4. 結論:例会について(内容、活動場所、時間) 問題点 決定1.  白岩:できるだけ全てのロールを早めに経験できるよう計画…バラン 1.  トーストマスターズのシステム、教育プログラム ス??一人のメンバーが同じロールを複数回やるなどの偏りがあった2.  林:例会で、一人当たりがやるべきことが多い…ロール+アルファ への理解を深める必要がある。 (投票等)しかも、まだ慣れていない状態で、手探りのまま、皆やっ •  The Successful Club Series, The Better Speaker ている…穴?? Seriesに基づくワークショップを例会の中で実施3.  高木:マニュアルを活用しきれていない。読んだ上でそれに従うより する。 も、自分の過去の経験に基づいて、勝手にやっている。記入欄の活用 •  Table Topics, IceBreakingは縮小 も。4.  鈴木悠:Projectごとの目標が、Speech/Evaluationに忠実に反映され •  3月25日の例会から実施。第一回目はMeeting ているか??どのProject #でも、変わらない印象…Guestの対応が手厚 Roles and Responsibilities(高木) くない…何もしゃべらないまま終わることも 2.  もっと安価な施設を使い、ゆとりのある例会時5.  東:例会に余裕がない(時間の制約…奉仕園からの追加徴収の恐怖)6.  大原(事前提案):英語を聞くよりも話す時間を例会でもっと取りた 間の使い方をする。(例会は3時間とする) い •  安価な施設候補7.  ※ロールによって最低限の発言機会が保障されている、という考え方 •  高木親戚経営施設3時間2000円 も。Parliamentary Debateなどにすると、話す人が限られるリスクも。 •  田無公共施設4時間800円∼1200円8.  宮崎:反省会に参加するメンバーが限られており、全体にフィード バックするシステムがない。問題解決につながっていない?? 3.  反省会を正式な60分のプログラムとして取り込9.  ※水沼:反省会をアフターにせず、行事として事前告知。 み次の項目を実施する。(英語で実施でしょうね!)10.  ※東:通常はGEの中で行うのだが、当会では反省会として独立させ •  各メンバーの進行を例会後にVPEがトラックする。 ている。11.  ※林:反省会ではチャートを使って、全体で進捗状況チェック、マ •  Prepared Speakerにスピーチづくりのポイントを ニュアルの記入事項チェックをしたら?? 共有してもらう。12.  ※高木:TableTopics等で出た面白い発問について、日本語でディス カッションすることによって、相互理解を図るのも面白い.
  • 5. 結論:入会資格について 問題点 決定どこまでを会員として認めるか? ESSのアイデンティティーをくんだ入会資格林:入会資格として以下の四点が考えられる1)ESS卒業生のみ 1.  Tokyo ESS Toastmasters(以下、ESSTMCとす2)ESS卒業生のみ・あるいは3年生以上←ある程度はESSで学んでき る)の理念を理解し、ESSスピリットに賛同してほしいから てくれた人なら誰でもOKとする。ESSTMCの3)主会員(ESS卒)、準会員(ESS現役生、思い入れのある人) •  準会員に関してはESS行事参加を優先する条件付き 理念をホームページに明記する。 •  KUELへの歩み寄りが理由 2.  ただし、TMのConstitutionに従って入会審査を行 •  KUELの懸念 •  TMの活動がESS活動(インストラクター主催イベン い、過半数の賛成(会員数21人であれば11人以 トやジョイントジャッジなど)を圧迫? 上)が必要とする。 •  →『結果的に全員ESSを尊重しており、結果的には 3.  最低一回は見学に来て、入会表明をすると3回目 問題がなかった』→Publicコメントの中に圧迫する つもりがないことを明言する必要あり に入会できる。見学は3回まで。(タダ聞き防止 •  →本来はその人個人の優先順位に任せるべき のため) •  「審査と教育の分離」不公正のリスク 4.  その他はFAQをホームページに載せることに4)カンケ―なし、ただしESSに思い入れあり よって、疑問を解消する。(FAQ例は次ペー ジ)
  • 6. 結論:入会に関するFAQ案 質問 回答•  Tokyo ESS Toastmastersに入会した場合、自分が •  Tokyo ESS Toastmasters入会がご自身の成長の 大学ESSとの活動との両立をどのように考えたら 目的にどのように合致するかよくお考えになり、 よいでしょうか? ご自身でご判断下さい。Toastmastersはご自身の 意思で参加するクラブです。欠席も自由です。た だし、クラブにおいての様々な局面で約束をした らきちんと果たしていただくことは人として大切 なことです。•  私はある大会でジャッジを勤めます。Tokyo ESS •  Tokyo ESS Toastmastersの例会で、そのスピー Toastmastersにその大会でスピーチをするメン カーに対してEvaluationをしない、つまりただそ バーがいますが、私は参加しても良いのでしょう のスピーチを聞くだけであれば、とくに問題なる か? とは思えません。 •  それでも不安に思われる場合は、その大会を主催 する団体にお問い合わせになりご自身でご判断下 さい。Tokyo ESS Toastmastersは、「来る者拒 まず」のスタンスです。•  大学ESSにとても良いメンバーがいます。彼女は •  成長意欲がある人に、Toastmastersというチャン もっとスピーチのスキルを高めていきたいと考え スを紹介するのは良いことだと思います。例会を ています。Tokyo ESS Toastmastersに誘ってもよ 見学していただくのは良いと思います。ただし入 いでしょうか? 会するしないの判断はご本人に任せましょう。
  • 7. 結論:昨年度のKUELとの合意について2011年9月25日早稲田大学においてのKUELとの合意事項 ※結論 1、メンバーはジャッジ依頼を引き受けない。 2、既にジャッジ依頼を引き受けているものに関しては、実行委員にメンバーの名 前を公表した上で「ESS現役生のメンバーが大会に出場することになったらジャッ ジを辞退する」旨を伝える。 3、ESS現役生は添削やブレインストーミングなどの目的でスピーチ案を持ってこ ない。 4、1∼3は今年度に関するものであり、来年度に再度審議。以上の合意事項は現時点で失効。昆野くんに連絡する。
  • 8. BPM直後に「ハイ、チーズ」