Your SlideShare is downloading. ×
第33回「(新春!)IBM STGエバンジェリスト座談会」(2014/02/06 on しすなま!)
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×

Introducing the official SlideShare app

Stunning, full-screen experience for iPhone and Android

Text the download link to your phone

Standard text messaging rates apply

第33回「(新春!)IBM STGエバンジェリスト座談会」(2014/02/06 on しすなま!)

792
views

Published on

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。 …

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第33回「(新春!)IBM STGエバンジェリスト座談会」(2014/02/06)
<出演①> 早川 哲郎 日本アイ・ビー・エム(株) システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(System x担当)
<出演②> 東根作 成英 日本アイ・ビー・エム(株) システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(System x担当)
<出演③> 新井 真一郎 日本アイ・ビー・エム(株) システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(Linux、OSS担当)
http://www.ustream.tv/recorded/43505405

Published in: Technology

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
792
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
8
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. しすなま! 第33回 「新春! IBM STGエバンジェリスト座談会」
  • 2. 本日のパネリスト 早川 哲郎 (Tetsuro Hayakawa) System x エバンジェリスト 東根作 成英 (Naruhide Tonesaku) System x エバンジェリスト 新井 真一郎 (Shinichiroh Arai) OSS エバンジェリスト 2
  • 3. 今日のお題 新春恒例! 今年のトレンドについて 3
  • 4. フラッシュ・ストレージの方向性はどこへ? SCSI Express NVM Express Memory Channel Storage 新たなテクノロジーの登場が続く
  • 5. いままでの内蔵型フラッシュ・ストレージの問題点 SSDはIOPS性能が出にくい – SAS/SATAを使うため、コマンドキュー数が圧倒的に少ない – フラッシュ・デバイスとしては高速ではあるが、プロトコルとしてSSDに最適化 されていないという問題 PCI Express型は業界で統一されたものがない – いろいろなベンダーが独自実装している – 性能・容量などいろいろ異なる – ホットスワップできない? – 冗長化は?
  • 6. SCSI Express / NVM Express 2.5型フォームファクター(あるいはそれ以外も含 む)でPCIeがダイレクトに使えるようにするテクノロ ジー それぞれ開発主体となっているベンダーが異なる –PCI ExpressとInfinibandのような関係? –SCSI Expressは今までのSCSI/SAS推進団体が中核 –NVMeはフラッシュベンダー・サーバーベンダーが中核
  • 7. Memory Channel Storage DDR3 DIMMと同一形状のフラッシュ・ストレージ –DIMM Slotに入れて使う PCI Express フラッシュ・ストレージを越える性能 Diablo Technologyにより開発 Smart Storage (SAN Disk)が製造 IBMが製品化
  • 8. 今年はどうなる さまざまなタイプのフラッシュ・ストレージが登場 することで、フラッシュ・ストレージベンダーの競争 が発生する 結果として、価格が下がっていく方向へ? 最終的には収束する?
  • 9. CAD on VDIとは? CADアプリケーションを、サーバー上で仮想化することで、CADオペ レーターのワークスタイル変革、データロード時間の短縮、セキュリ ティーの向上を実現
  • 10. CAD on VDIで使用されるGPU/仮想化SW GPUパススルー GRID vGPU GPUシェア 仕組み 仮想マシンへ専用GPUを 割り当て ハードウェアによる GPUの仮想化 ソフトウェアによるGPUの仮想化 GPUあたりの ユーザー数*1 1 8 16以上 (最大4又は8ユーザー) (最大32又は 64ユーザー) (最大64ユーザー以上) ワークステーション・ユーザー デスクトップ・パワー・ユーザー デザイナー 想定される 用途 対応GPU 対応ソリューシ ョンとプロトコ ル 仮想化基盤 Quadroシリーズ GRID(K1/K2) Citrix HDX 3D Pro VMware vDGA GRID(K1/K2) オフィス・ユーザー ナレッジ・ワーカー Quadroシリーズ GRID(K1/K2) Citrix HDX GPU sharing VMware vSGA Microsoft RemoteFX HDX(ICA) PCoIP RDP 8.0 XenDesktop 7 XenServer6.2 VMware Horizon View 5.2 ESXi 5.1 Hyper-V 3.0 Windows Server 2012 PCoIP HDX(ICA) XenDesktop 5.6 FP1以上 XenServer 6.1 VMware Horizon View 5.2 ESXi 5.1
  • 11. (参考)GRID K2パススルー構成例 仮想 デスクトップ iDataPlex dx360 M4 NVIDIA GRID K2 x2 仮想 ...デスクトップ XenServer 6.2.0 Active Directory DNS/DHCP XenCenter XenDesktop 7 1Gbps or 10Gbps NIC NFS CIFS 1Gbps or 10Gbps ICA N3220 OS データ OS OS OS データ データ データ
  • 12. サービス基盤のオープン・クラウド化実現ステップ 市場における競争力の強化 ポリシー・ベースでの自動運用 個客マーケティング - 新サービスを生むサービス同士のAPI連携 - サービス特性を捉えたポリシーベース自動運用 - サービス特性に応じた最適なクラウド環境の自動選択 複数サービスの連携 業務システムの標準化 - 業務システム単位のパターン化による標準化 - パターンによる業務システムのデプロイ - パターンのカタログ管理 柔軟な災害対策 ハイブリッド・クラウド化 運用管理コスト削減 - 複数のクラウドの統合管理 - ID統合、ポータル統合、データ統合、監視統合 - クラウドをまたぐクロス・オーケストレーション プライベート・クラウド - 仮想マシンのデプロイメント自動化 SDNを活用したネットワークの仮想化 仮想マシン払い出しスケジュール機能の実装 クラウド・ユーザー向け/管理者向けポータルの提供 仮想化 - ハードウェア・リソースの仮想化 パブリック・クラウド
  • 13. OpenStack活用ニーズに応えるIBMのクラウド クラウド・ポータル アプリケーション フレームワーク アプリケーション フレームワーク 仮想Appli パターン TOSCA CSAR VM App MW OS アプリケーション フレームワーク VM 仮想 アプライアンス App MW OS プライベート・クラウド 2 3 OpenStack 対応 Compute IBM System x IBM PureSystems IBM Power Systems IBM System z OpenStack OpenStack 対応 Network IBM SDN VE VMware Edition KVM Edition OpenFlow Edition OpenStackプラットフォームの ビジネス適用性実証 ハイブリッド・クラウド 基盤にOpenStackを活用 SmarterCloud Orchestrator SmarterCloud Entry OpenStack 1 パブリック・クラウド オンプレミスの基盤に OpenStackを活用 Platform Resource Scheduler 仮想 アプライアンス OpenStack 対応 Storage IBM Storwize Family IBM XIV Storage System IBM DS8000 Software Defined Environment Pattern Engine BlueMix CLOUD FOUNDRY OpenStack OpenStack 対応クラウド・リソース SoftLayer ベアメタル・サーバー オブジェクト・ストレージ (Swift)
  • 14. 運用作業を自動化するテクノロジー ■クラウド環境のシステム基盤の導入、構成、変更作業を、アプリ ケーション単位もしくはシステム単位で自動化。 SugarCRM パターン アプリ パッチ ミドルウェア OS マーケット・プレイス・ 仮想システム ポータル・サイト パターン 仮想アプライアンス Chef Cookbook http://community.opscode.com/
  • 15. アプリケーションの導入・設定・変更を自動化するChef ■Chefなどの自動化ツールで、アプリケーションの導入や設 定、変更作業は自動運用される時代に。 ChefのCookbookを利用して アプリケーションを自動導入 http://community.opscode.com/ ■アプリケーションはレポジトリーとともに自動運用手順を公 開する販売形態へ。
  • 16. ご清聴ありがとうございました