IBM System Networking製品技術推進

第32回 シス生!
「SDNをみんなのものに。
OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」

© 2013 IBM Corporation
自己紹介
日本電気株式会社 ITプラットフォーム事業部所属
シニアマネージャ
工藤 雅司
▌日本電気株式会社に入社後、UNIX系OS、ミドルウェアなど基盤
ソフトウェア開発に従事。
▌現在、商用SDN/OpenFlowコントローラであるUniv...
第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」
自己紹介
板場 幹生(いたば みきお)
– L2サーティファイドITスペシャリスト
– 「アプリケーション開発、メインフレーム端末エミュレーションソフトウェア等の開発
を経て、ネットワークのインテグ...
アジェンダ
① はじめに
• OpenFlowを例とするSDNの価値と沿革
• ネットワーク仮想化とネットワーク管理の革新
• Software Definedってどういうことか
• OpenFlow仕様の変遷
• ONFとワークグループ
② ...
第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」

1

はじめに

2

OpenDaylight Projectのご紹介
A
B

Hydrogenリリースのご紹介

C

OpenDaylight Projectへの参加

D
3

Open...
クラウド時代のデータセンターネットワークの特徴
①サーバー仮想化の広がりと高密度化

②トラフィックパターンのE-W化

WAN
Core Layer

Now

Aggregation Layer

VM

Layer2

Access La...
クラウド時代の新たなDCネットワーク要件
従来型ネットワーク

現在求められるネットワーク

全て事前に設計/テストされ、導入時に
全て事前に設計/テストされ、導入時に
決定、手動による変更が必要な、固定
決定、手動による変更が必要な、固定
的...
SDN (Software Defined Networking) とは
従来型ネットワーク
単一の各装置が、①データ転送機能(データプ
レーン)②制御機能(コントロールプレーン)
③管理機能(マネージメントプレーン)といっ
た、すべて機能を保...
OpenFlowにみる、SDN的な価値
経路制御
構成管理

お客様にとっての価値

マルチベンダー環境でも、標準化されたプロトコルで
ネットワーク機器を一元管理、個々の機器の設定作業
からの解放

管理の
OpenFlow コントローラー シ...
OpenFlowの標準化のあゆみ
2013−08 OpenFlow Spec 1.4.0
•TLVフォーマットの適用領域の拡大
•Packet-inのreasonコードの明確化
•オプティカルポート情報の充実
•フローテーブルのエビクション対応...
Open Networking Foundationのワーキンググループ
マーケティング
エデュケーション
WG

Board Members

加盟団体 122団体 (2013/12/19現在)

マイグレーション
WG

アプリケーション
...
第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」

1

はじめに

2

OpenDaylight Projectのご紹介
A
B

Hydrogenリリースのご紹介

C

OpenDaylight Projectへの参加

D
3

Open...
OpenDaylightとは
December 19, 2013

日本電気株式会社
工藤 雅司
www.opendaylight.org
① OpenDaylight設立趣旨と沿革と運営

www.opendaylight.org
Page14
SDN – オープン化によりネットワークの新時代が到来

Computer

Network

Conventional
Mainframe
Industry

Current
Computer
Industry

Current
Networ...
We want to accelerate the adoption of SDN
Vendor
A

Applications
SDN Controller
SDN Hardware

Vendor X

Vendor
B

OpenDayl...
OpenDaylightの概要
•

2013年4月設立、非営利共益法人(運営はLinux Foundationに委託)

•

活動内容
• SDNコントローラの開発
•

参加社からコントリビューションを募るとともに、参加社からコミットされ...
OpenDaylight活動経緯
コミュニティ活動

イベント

OpenDaylight発足 4/7
M1 7/22
M2 8/19

M4(API freeze) 10/14

2013

M3 9/16

http://www.opend...
Project Framework

www.opendaylight.org
Page19

*
Architectural Framework
multi-tenant
virtual
networks

GUI
CLI

network
network
applications,
applications,
orchestration,...
OpenDaylight Governance
Membership open to all
Business leadership: Board of Directors
Governance, marketing, operations
T...
Who is OpenDaylight?
(Corporate sponsors)

www.opendaylight.org
Page22

*
Who is OpenDaylight? (community)
•

Like any Open Source Project, OpenDaylight primarily
consists of those who show up to ...
Project Lifecycle Schematic
All project graduation reviews managed by TSC

proposed
new projects (not yet
part of OpenDayl...
② Hydrogenリリースのご紹介

www.opendaylight.org
Page25
OpenDaylight Simultaneous Release
▪

OpenDaylight is multi-project
▪ 15 projects currently in “bootstrap” or “incubation”
...
Projects in the “Hydrogen” Release

www.opendaylight.org
Page27

27
Hydrogen Release (Dec 2013)
VTN
Coordinator

Management
GUI/CLI

OpenStack
Neutron

DDoS
Protection

Network Applications
...
Base Edition
Network Applications
Orchestration & Services

Management
GUI/CLI
OpenDaylight APIs (REST)

Topology
Mgr

Sho...
Virtualization Edition
VTN
Coordinator

Management
GUI/CLI

OpenStack
Neutron

DDoS
Protection

Network Applications
Orche...
Service Provider Edition
DDoS
Protection

Management
GUI/CLI

Network Applications
Orchestration & Services

OpenDaylight ...
③ ODPコミュニティへの参加

www.opendaylight.org
Page32
Progress through Innovation
Membership open to all
No charge for individual developers
Fee-based vendor membership to prov...
Development Infrastructure
OpenDaylight Infrastructure consists of:
•
•
•
•
•
•
•

SCM: git (OpenDaylight git)
Code Review...
Code Flow
Code Review
Contributo
r

Continuous Integration

Gerrit

Jenkins

Committer

Authoritative
Git Repo

Developmen...
Resources
Publications, Projects, Software (location):
Wiki: https://wiki.opendaylight.org/view/Main_Page
Documentation; i...
Getting started with OpenDaylight
Developer documentation: wiki.opendaylight.org
List of current projects in various state...
Getting involved in OpenDaylight
Open mailing lists: lists.opendaylight.org
Discussion groups on specific projects
Cross-p...
④ ODPの利用とFederation、Demo

www.opendaylight.org
Page39
OpenDaylightコントローラの活用
• コントローラへのサービスモジュールの追加
• NB-APIの活用
• ネットワークアプライアンスとの連携
• ネットワークサービス追加(Defense4all)
• 3rdパーティソフトとの連携
...
サービスモジュールの追加(MD-SAL)

www.opendaylight.org
Page41

41
MD-SAL動作例

module node-feature-inventory {
prefix nf;
import opendaylight-inventory {prefix inv};
import yang-ext { prefix...
ModelとREST API
• Available Models (https://wiki.opendaylight.org/view/YANG_Tools:Available_Models):
• Yang Extensions for ...
SDNアプリケーション連携
トラフィック統計情報
SDNコントローラ

SDNアプリ

監視

制御

ネットワークパス制御

OpenFlow
ネットワーク
WAN
インターネット
企業内NW

2
4

1

ネットワーク アプライアンス
...
OpenStack連携の取り組み
OpenStack Neutron

•

Neutron plugin

OpenDaylight exposes a single
common OpenStack Service
Northbound
•...
デモ構成
Ubuntu 13.04

eth
0

Browser Client

OpenStack(Havana)

Horizon

OpenDaylight
On Ubuntu 12.10

Control Node
Keystone
...
www.opendaylight.org
Page47
Ustreamの放送では、
ここでデモ動画をご覧いただきました。
2013/12/19のしすなま!の録画を
ご覧ください。

www.opendaylight.org
Page48
第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」

1

はじめに

2

OpenDaylight Projectのご紹介
A
B

Hydrogenリリースのご紹介

C

OpenDaylight Projectへの参加

D
3

Open...
ディスカッション

① これらかのエンジニアはなにをどう学ぶべきか
• インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、アプリケーションエンジニア
② 2つ実装モデルOverlayとOpenFlowはどこでどのように使うべきか。
• (データセンタ...
① これらかのエンジニアはなにをどう学ぶべきか

D

D

C

プログラマビリティーモデル

M

C

M

C

M

アプリケーション/サービス

M

C

D

D

IaaS +
リソースオーケストレー
ション

M

C

M...
② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。
利用者の違いによる、期待されるファブリックネットワークの相違

Core
L3SW

Aggrigation
L2SW

DC事業者

L2SW

Access
L2...
② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。
ホップ・バイ・ホップ型

オーバーレイ型

å

オーバレイ
コントローラ

SDN
コントローラ
管理機能
制御機能

管理機能

データ転送機能

データ転送機能...
② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。
DCNにおけるPoD実装のこれから主流モデルはどれで、その支配的要素は
なにか
Openflow
fabric

OpenFlow
コントローラ

overlay

...
③ SDNにおける集中と分散の今後の行方
CD分離における集中と分散の問題

アプリケーション

ハイブリッドSDNモデル

NFV型・先進的
SDNモデル

アプリケーション

アプリケーション

アプリケーション

管理機能

API保有の...
③ SDNにおける集中と分散の今後の行方

ONOS
Distributed Network OS
Network Graph Northbound Abstraction

ONOS

Horizontally Scalable
Highly...
③ SDNにおける集中と分散の今後の行方
ONOS High Level
Architecture
Network Graph

Titan Graph DB

Eventually consistent

Cassandra In-Memor...
ONOS GUI
④ SDNの2014年への期待

© 2013 IBM Corporation
SDNの訴求価値と課題の分析
SDN特性

訴求価値
管理の

集中管理

シンプル化

セルフ・プロ
ビジョニング
支援

hop-by-hop型

デプロイメント
の迅速性

付随課題

管理の

フェデレー
ション

物理と機能の

デプ...
事業者ごとのSDNの訴求価値の相違
SDN特性

訴求価値

◎必須 ◎重要 ○望ましい △注目 ●不要

DC事業向SDN

キャリア向SDN

LE向
SDN

SMB向
SDN

事業者
側訴求
価値

使用者
側訴求
価値

事業者
側...
62

© 2013 IBM Corporation
OpenDaylight Controllerの導入

バックアップ1

© 2013 IBM Corporation
OpenDaylight Controllerの導入手順
OpenDaylight Controllerの導入手順を説明します。
前提
– 使用機材
• MacBook Pro Retina 13 MAC OS X 10.9.1 (Maveri...
OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき

使用環境の設定作業
– 参考までに、.bash_profileを例示します
kaos:~ yushio$ cat ~/.bash_profile
export M2_HOME=...
OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき

1. OpenDaylight Controllerソースコードの入手
kaos:OpenFlow yushio$ mkdir OpenDaylight
kaos:OpenFl...
OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき

4. スクリーン出力

参考資料
https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:Pulling,_Hac...
Hydrogenリリース内のプロジェクト

バックアップ2

© 2013 IBM Corporation
Projects in the Simultaneous Release
Controller

OpenFlow Protocol

VTN

OpenFlow SB Plugin

OpenDove

OVSDB

Affinity Man...
Controller
Contributed by Cisco
Includes:

Includes(cont) :
Stats Manager

Base OSGI Framework

GUI

HA,Clustering

Topolo...
Controller

www.opendaylight.org

71
VTN
Contributed by NEC
Existing NEC Virtual
Tenant Network
Technology
Virtualizes network for
multiple tenants
vBridge, vR...
VTN

www.opendaylight.org

73
OpenDOVE
Contributed by IBM
Virtualizes Network using
VXLAN
Uses custom control plane
instead of multicast
OpenDove Releas...
OpenDove

www.opendaylight.org

75
Affinity Management Service
Contributed by Plexxi
Service for storing Affinity
Information
Affinity Information allows
ass...
Affinity Management Service

www.opendaylight.org

77
Affinity Management Service

www.opendaylight.org

78
LISP Mapping Service
Contributed by
Contextream with Cisco
Programmable LISP
Mapping Service
May include functions to:
Ass...
LISP Mapping Service

www.opendaylight.org

80
Yang Tools
Contributed by Cisco
Provides tooling to build
Java bindings in yang from
yang models
Supporting tooling for
Mo...
Defense4All
Contributed by Radware
Provides DDOS detection
and mitgation
Designed to allow plugging
in additional detectio...
Defense4All

www.opendaylight.org

83
BGP-LS/PCEP
Contributed by Cisco
Provides support for
discovering topology via
BGP-LS
Provides support for path
programmin...
OpenFlow Protocol Library
Contributed by Pantheon
Provides OpenFlow
Protocol Stack for OF 1.0,
1.3+
Supports extensibility...
OpenFlow SouthBound Plugin
Joint project between
IBM/Ericsson/Cisco
Provides OF 1.0, 1.3+
Southbound plugin for
Controller...
OVSDB
Contributed by Individuals
at University of Kentucky
Allows Controller to
configure OVS using
OVSDB
OVSDB Release Pl...
OVSDB

www.opendaylight.org

88
SNMP4SDN
Contributed by ITRI
Allows Controller to carry
out some configuration
tasks via SNMP
SNMP4SDN Release Plan

www.o...
SNMP4SDN

www.opendaylight.org

90
91

© 2013 IBM Corporation
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

第32回「SDNをみんなのものに。OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」(2013/12/19 on しすなま!)

6,378

Published on

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第32回「SDNをみんなのものに。OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」(2013/12/19) ①序盤
http://www.ustream.tv/recorded/41868726
第32回「SDNをみんなのものに。OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」(2013/12/19) ②中盤・終盤
http://www.ustream.tv/recorded/41869517
<出演①> 工藤雅司様 日本電気(株) ITプラットフォーム事業部 シニアマネージャ
<出演②> 板場幹夫 日本アイ・ビー・エム(株) グローバルテクノロジーサービス L2サーティファイドITスペシャリスト
<出演③> 池上竜之 日本アイ・ビー・エム システムズ・エンジニアリング(株) アドバイザリーITスペシャリスト
<出演④> 牛尾愛誠 日本アイビーエム(株) System x事業部 ビジネス開発 システムネットワーク製品技術推進担当

Published in: Technology
1 Comment
8 Likes
Statistics
Notes
No Downloads
Views
Total Views
6,378
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
133
Comments
1
Likes
8
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第32回「SDNをみんなのものに。OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」(2013/12/19 on しすなま!)

  1. 1. IBM System Networking製品技術推進 第32回 シス生! 「SDNをみんなのものに。 OpenDaylight Projectの試みとSDN 2014年への期待。」 © 2013 IBM Corporation
  2. 2. 自己紹介 日本電気株式会社 ITプラットフォーム事業部所属 シニアマネージャ 工藤 雅司 ▌日本電気株式会社に入社後、UNIX系OS、ミドルウェアなど基盤 ソフトウェア開発に従事。 ▌現在、商用SDN/OpenFlowコントローラであるUniverge PF6800 開発を担当 ▌OpenDaylightで、VTN(Virtual Tenant Network)プロジェクト推進 6月にプロジェクトとして承認 ベースコントローラとのインテグレーション推進 貢献した仮想ネットワーク技術 VTN は製品コードと sync し、 商用品質担保 Page 2 © NEC Corporation 2013
  3. 3. 第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」 自己紹介 板場 幹生(いたば みきお) – L2サーティファイドITスペシャリスト – 「アプリケーション開発、メインフレーム端末エミュレーションソフトウェア等の開発 を経て、ネットワークのインテグレーションやコンサルティングのプロジェクトに携 わる。IBMワールドワイドのネットワーク技術コミュニティ、IBM Center of Excellence メンバー。現在IBMのSDN製品の日本における事業開発に携わる。」 池上 竜之(いけがみ たつゆき) – ISE アドバイザリーITスペシャリスト – 「主に金融機関のお客様のネットワークの統合プロジェクトにSEとして参画した 後、主にスイッチ製品について現場担当者やユーザー企業への技術支援を行 っている。近年はSDNをはじめとした先進技術やサーバーインフラも含む仮想 化技術に取り組み、各種技術文書の発行やセミナーの実施等を行う。」 牛尾 愛誠(うしお よしさと) – ビジネス開発部 システムネットワーキング技術推進担当 – 「2、3のサーバーベンダーで、通算20年以上、サーバー製品のカーネル分野を 中心に作業したのち、この5年ほど前から、データーセンター向けネットワーク 機器とネットワーク仮想化製品の技術推進とビジネス推進を担当しています。」 © 2013 IBM Corporation
  4. 4. アジェンダ ① はじめに • OpenFlowを例とするSDNの価値と沿革 • ネットワーク仮想化とネットワーク管理の革新 • Software Definedってどういうことか • OpenFlow仕様の変遷 • ONFとワークグループ ② ODPの設立趣旨と沿革と運営(工藤様資料 OpenDaylight設立趣旨と沿革) ③ Hydrogenリリースのご紹介(工藤様資料 Hydrogenリリースのご紹介) ④ ODPコミュニティーへの参加 (工藤様資料 ODPコミュニティーへの参加) ⑤ ODPの利用とご紹介 (工藤様資料 ODPの利用とFederation, Demo?) ⑥ ディスカッション 1)これらかのエンジニアはなにをどう学ぶべきか • インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、アプリケーションエンジニア 2)2つ実装モデルOverlayとOpenFlowはどこでどのように使うべきか。 • (データセンター?における)ファブリックネットワークのあり方 3)歴史は繰り返すというが、SDNにおける集中と分散の今後の行方 • CD分離における集中と分散の行方 • PoDもしくはフェデレーションの行方 4)OpenDaylight Projectの試みとSDNの2014年への期待 © 2013 IBM Corporation
  5. 5. 第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」 1 はじめに 2 OpenDaylight Projectのご紹介 A B Hydrogenリリースのご紹介 C OpenDaylight Projectへの参加 D 3 OpenDaylight Projectのご設立趣旨と沿革 OpenDaylight Projectの利用 ディスカッション © 2013 IBM Corporation
  6. 6. クラウド時代のデータセンターネットワークの特徴 ①サーバー仮想化の広がりと高密度化 ②トラフィックパターンのE-W化 WAN Core Layer Now Aggregation Layer VM Layer2 Access Layer VM SAN IDC Japan as of Apr 11, 2013 ③データセンターですすむ10G化 ④多様で大量な爆発的データ発生 Workload 要最適化 Now Big Data 発生 Ethernet Storage I/O データ流入 6 CREHAN RESERCH Inc. / Intel Corp. Deployment 要迅速化 © 2013 IBM Corporation
  7. 7. クラウド時代の新たなDCネットワーク要件 従来型ネットワーク 現在求められるネットワーク 全て事前に設計/テストされ、導入時に 全て事前に設計/テストされ、導入時に 決定、手動による変更が必要な、固定 決定、手動による変更が必要な、固定 的かつ静的なネットワーク 的かつ静的なネットワーク スモールスタートや迅速なデプロイメン ト、動的ネットワーク変更、自動化が日 常的に存在する動的なネットワーク VLAN数などの既存の物理ネットワー VLAN数などの既存の物理ネットワー クの制限を前提に設計された柔軟度の クの制限を前提に設計された柔軟度の 低いネットワーク 低いネットワーク 機器の物理属性が抽象化され、機器特性 に拘束されないスケーラブルな柔軟性の 高いネットワーク 高価でインテリジェントなネットワー 高価でインテリジェントなネットワー ク機器を分散配置したネットワーク ク機器を分散配置したネットワーク 安価に機能のデプロイメントが可能な、資 源のプール管理を実現する、集中管理型の 仮想ネットワーク 職人芸的な構築スタイル 7 IT ビジネス 開発 © 2013 IBM Corporation
  8. 8. SDN (Software Defined Networking) とは 従来型ネットワーク 単一の各装置が、①データ転送機能(データプ レーン)②制御機能(コントロールプレーン) ③管理機能(マネージメントプレーン)といっ た、すべて機能を保有し、固有の個性を持つイ ンテリジェントな機器。ネットワークは、これ らの自律的に稼働する機器の連携による分散処 理。 Software Defined Networking ①データ転送機能(データプレーン)と、②制御機 能(コントロールプレーン)③管理機能(マネージ メントプレーン)とを分離し、ネットワーク全体を 個性のない巨大なリソースプールとみなし、制御機 能と管理機能を担うソフトウェアによって、迅速な アプリ連携や一元的な制御を可能とする統合管理。 コントローラ APIs 管理機能 制御機能 管理機能 データ転送機能 制御機能 他コントローラや アプリケーション ネットワーク機器 管理機能 制御機能 データt転送機能 管理機能 管理機能 制御機能 制御機能 データt転送機能 データt転送機能 管理機能 制御機能 データ転送機能 プール データt転送機能 8 © 2013 IBM Corporation
  9. 9. OpenFlowにみる、SDN的な価値 経路制御 構成管理 お客様にとっての価値 マルチベンダー環境でも、標準化されたプロトコルで ネットワーク機器を一元管理、個々の機器の設定作業 からの解放 管理の OpenFlow コントローラー シンプル化 管理の 最適化 OpenFlow プロトコル フロー 定義 ルール 統計情報 アクション 無個性化 (プール化) 仮想ネットワーク、物理ネットワークの横断的 なネットワーク全体を掌握するグローバル ビューの獲得と、プログラムによる管理の自動 化が可能。 管理の 自動化 OpenFlow スイッチ 多重 9 運用化 既存ネットワークの論理的制約(STP、TAG VLAN数、etc.)からの解放。 外部(ビジネス、アプリケーション、ソフトウェ ア)からの要求や内部的な要因(機器障害等)に 応じて、ネットワークを動的な柔軟な最適化が 可能に。 転送資源プール MAC src MAC dst IP Src IP Dst TCP dport … Action Count (Stats) * * * 5.6.7.8 * * port 2 300 FlowTable © 2013 IBM Corporation
  10. 10. OpenFlowの標準化のあゆみ 2013−08 OpenFlow Spec 1.4.0 •TLVフォーマットの適用領域の拡大 •Packet-inのreasonコードの明確化 •オプティカルポート情報の充実 •フローテーブルのエビクション対応 •グループポート処理のシングルオペレーション対応 •TCPデフォルトポートの6653への変更 2012−04 OpenFlow Spec 1.3.0 •TLVエンコーディングによる、Capability Negotiationの改善 •スペシャル・マンダトリーテーブル・ミス・フロー・エントリーを使用したテーブルミスサポートの柔軟化 •フロー単位のメータリング機能 •コントローラに受信したいイベントの選択権をあたえ、マルチコントローラのサポートの機能強化 •UDPやDTLS上のPaket-in/Packet-out処理をつかった、補助的なコントローラ接続による、並列処理の推進 •PBB(MAC-in-MAC))サポート、IPv6ヘッダーハンドリングサポート、オンデマンドフローカウンターのサポート 2011−12 OpenFlow Spec 1.2.0 •スタティック構造から柔軟なTLV構造のエクステンシブル・マッチ・フォーマット(OpenFlow Extensible Match=OXM) サポート追加 •OXM TLVによる”set-field” パケット・リライトのサポート追加 •IPv6サポート追加 •フェールオーバーのためのマルチコントローラのサポート追加 2011−03 Open Networking Foundation(ONF)設立 ・ユーザー主導の団体として、オープンな標準化活動を通じて、SDN/OpenFlowの意義の広報、その適用を推進 2010−02 OpenFlow Spec 1.1.0 •グループ(Groups)概念の追加(マルチキャスト、ブロードキャスト、マルチパス、ロードバランサー、アクティブスタンバイ 対応など、フロー集約を実現) •マルチテーブル概念の追加(FDBやRoute Tableなどの、ACL以外のスイッチハードウェアテーブルの利用とメタデータ 処理、パイプライン処理、“go-to-next-table” actionの追加) •LAGやTunnnelサポートのための仮想ポート概念追加 •MPLS.Q-in-Qを含むVLANサポート追加 2009−12 OpenFlow Spec 1.0.0 •ACLベースの巨大なシングルテーブル実装概念 •ベンダー固有実装の許容 2008-08 Stanford 大学のProf. Nick McKeown を中心に、OpenFlow Switch Consortiumで研究開始 © 2013 IBM Corporation
  11. 11. Open Networking Foundationのワーキンググループ マーケティング エデュケーション WG Board Members 加盟団体 122団体 (2013/12/19現在) マイグレーション WG アプリケーション オプティカル トランスポート WG アーキテ クチャ フレーム ワーク WG ノースバウンド API コンフィギュ レーション& マネージ メントWG OpenFlow コントローラー エクステンシ ビリティ WG OpenFlow プロトコル 仕様 OpenFlow機能 モビリティ ワイアレス WG OpenFlow コンフィギュレーション ポイント OFCONFIG フォワーディング アブストラクション WG スイッチの物理構成要素 OpenFlow 準拠テスト 仕様 ディスカッション WG テスティング& インター オペラビリティ WG © 2013 IBM Corporation
  12. 12. 第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」 1 はじめに 2 OpenDaylight Projectのご紹介 A B Hydrogenリリースのご紹介 C OpenDaylight Projectへの参加 D 3 OpenDaylight Projectのご設立趣旨と沿革 OpenDaylight Projectの利用 ディスカッション © 2013 IBM Corporation
  13. 13. OpenDaylightとは December 19, 2013 日本電気株式会社 工藤 雅司 www.opendaylight.org
  14. 14. ① OpenDaylight設立趣旨と沿革と運営 www.opendaylight.org Page14
  15. 15. SDN – オープン化によりネットワークの新時代が到来 Computer Network Conventional Mainframe Industry Current Computer Industry Current Network Industry SDN Industry Applications Applications Applications Applications g nte I e ra t d OS Hardware U n bu n led d OS led d n bu Un Hardware g nte I e ra t d OS Hardware U n bu n led d OS led d un nb U Hardware www.opendaylight.org Page15 15
  16. 16. We want to accelerate the adoption of SDN Vendor A Applications SDN Controller SDN Hardware Vendor X Vendor B OpenDaylight code (+Vendor C) Vendor D Vendor E Enterprises and Service Providers can deploy and build on Daylight with fewer vendor lock-in concerns Vendors can add value above, below , around And vendors can deliver value faster The industry adoption rate increases dramatically www.opendaylight.org Page16 16
  17. 17. OpenDaylightの概要 • 2013年4月設立、非営利共益法人(運営はLinux Foundationに委託) • 活動内容 • SDNコントローラの開発 • 参加社からコントリビューションを募るとともに、参加社からコミットされた開発リソースに より商用導入可能なOSSベースのSDNコントローラを開発 • オープンソース化 • SDNコントローラをOSSとしてユーザやベンダに幅広く提供 • SDN市場の育成 • • 商用導入可能なSDNコントローラをオープンソースで提供することでSDN市場の立ち上 がりの加速および商用導入を促進 参加社(設立時) • プラチナ : IBM, Cisco, Citrix, Juniper, Brocade, BigSwitch, Red Hat, Microsoft, Ericsson • ゴールド : VMware, NEC • シルバー: Alcatel-Lucent - Nuage Networks, Arista, 富士通, HP, Intel, PLUMgrid, Dell www.opendaylight.org Page17
  18. 18. OpenDaylight活動経緯 コミュニティ活動 イベント OpenDaylight発足 4/7 M1 7/22 M2 8/19 M4(API freeze) 10/14 2013 M3 9/16 http://www.opendaylight.org/ M5(Code freeze) 11/11 10/22 CloudCon Europ 10/29 NFV#4 11/4 OpenStack Summit@Hong Kong 11/6 IETF Netconf Working Group 11/19 ONF NB-API Kickoff 2014 Hydrogenリリース 1月 9/18 OpenDaylight Mini Summit @New Orleans 2/4 OpenDaylight Summit @Santa Clara www.opendaylight.org Page18 18
  19. 19. Project Framework www.opendaylight.org Page19 *
  20. 20. Architectural Framework multi-tenant virtual networks GUI CLI network network applications, applications, orchestration, orchestration, and services and services integration L4-L7 service abstraction s OpenStack Quantum CloudStack oVirt … OpenDaylight APIs (REST) topolog y mgr stats mgr switch / device mgr fwding … virtual network manager storage services L4-L7 service manager extensions / addn’l svcs service abstraction layer (plug-in mgr., capability abstractions, …) OpenFlow 1.0 1.3 Open switch API SAN (SMI-S) hw-independent interfaces and data models other std. protocols (ONF, IETF, …) vendorspecific interfaces virtual forwarding enhancements inter-controller comm base network service functions controller controller platform platform southbound interfaces southbound interfaces & protocol plugins & protocol plugins data plane interfaces and data plane interfaces and enhancements enhancements (virtual switches, (virtual switches, physical device interfaces) physical device interfaces) www.opendaylight.org Page20 20
  21. 21. OpenDaylight Governance Membership open to all Business leadership: Board of Directors Governance, marketing, operations Technical leadership: Technical Steering Committee (TSC) Technical direction, project selection, technical decisions Meritocracy and transparency Project life-cycle management www.opendaylight.org Page21 21
  22. 22. Who is OpenDaylight? (Corporate sponsors) www.opendaylight.org Page22 *
  23. 23. Who is OpenDaylight? (community) • Like any Open Source Project, OpenDaylight primarily consists of those who show up to do the work • Currently commits from over 90 contributors from many different organizations (and unaffiliated individuals) and growing • Running around 100 commits per week and accelerating • Strong integration and testing community www.opendaylight.org Page23 *
  24. 24. Project Lifecycle Schematic All project graduation reviews managed by TSC proposed new projects (not yet part of OpenDaylight) “bootstrap” temporary entry point for projects during startup phase incubation core nascent projects mature projects core to OpenDaylight platform successful, active projects, perhaps with limited community www.opendaylight.org Page24 24
  25. 25. ② Hydrogenリリースのご紹介 www.opendaylight.org Page25
  26. 26. OpenDaylight Simultaneous Release ▪ OpenDaylight is multi-project ▪ 15 projects currently in “bootstrap” or “incubation” ▪ Bringing components together in a simultaneous release ▪ Code name: Hydrogen ▪ Planned due date: 4Q, 2013 ▪ Several “editions” to group related functionality together ▪ base, virtualization, service provider ▪ virtualization edition will provide OpenStack integration www.opendaylight.org Page26 *
  27. 27. Projects in the “Hydrogen” Release www.opendaylight.org Page27 27
  28. 28. Hydrogen Release (Dec 2013) VTN Coordinator Management GUI/CLI OpenStack Neutron DDoS Protection Network Applications Orchestration & Services OpenDaylight APIs (REST) Topology Mgr Base Stats Mgr Shortest Network Service Functions Switch Host Path Mgr Tracker Forwarding Affinity Service Network Config LISP Service OpenStack Service VTN Manager Controller Platform DOVE Mgr Service Abstraction Layer (SAL) (plug-in mgr., capability abstractions, flow programming, inventory, …) OpenFlow 1.0 1.3 OpenFlow Enabled Devices Page28 NETCONF OVSDB Open vSwitches SNMP BGP-LS PCEP LISP Additional Virtual & Physical Devices Southbound Interfaces & Protocol Plugins Data Plane Elements (Virtual Switches, Physical Device Interfaces) VTN: Virtual Tenant Network DOVE: Distributed Overlay Virtual Ethernet DDoS: Distributed Denial Of Service LISP: Locator/Identifier Separation Protocol www.opendaylight.org OVSDB: Open vSwitch DataBase Protocol BGP: Border Gateway Protocol PCEP: Path Computation Element Communication Protocol SNMP: Simple Network Management Protocol
  29. 29. Base Edition Network Applications Orchestration & Services Management GUI/CLI OpenDaylight APIs (REST) Topology Mgr Shortest Base Network Service Functions Switch Host Stats Path Mgr Tracker Mgr Forwarding Network Config Controller Platform Service Abstraction Layer (SAL) (plug-in mgr., capability abstractions, flow programming, inventory, …) OpenFlow 1.0 1.3 OpenFlow Enabled Devices Page29 Southbound Interfaces & Protocol Plugins NETCONF Open vSwitches Additional Virtual & Physical Devices Data Plane Elements (Virtual Switches, Physical Device Interfaces) VTN: Virtual Tenant Network DOVE: Distributed Overlay Virtual Ethernet DDoS: Distributed Denial Of Service LISP: Locator/Identifier Separation Protocol www.opendaylight.org OVSDB: Open vSwitch DataBase Protocol BGP: Border Gateway Protocol PCEP: Path Computation Element Communication Protocol SNMP: Simple Network Management Protocol
  30. 30. Virtualization Edition VTN Coordinator Management GUI/CLI OpenStack Neutron DDoS Protection Network Applications Orchestration & Services OpenDaylight APIs (REST) Topology Mgr Base Stats Mgr Shortest Network Service Functions Switch Host Path Mgr Tracker Forwarding Affinity Service Network Config OpenStack Service VTN Manager DOVE Mgr Controller Platform Service Abstraction Layer (SAL) (plug-in mgr., capability abstractions, flow programming, inventory, …) OpenFlow 1.0 1.3 OpenFlow Enabled Devices Page30 NETCONF Southbound Interfaces & Protocol Plugins OVSDB Open vSwitches Additional Virtual & Physical Devices Data Plane Elements (Virtual Switches, Physical Device Interfaces) VTN: Virtual Tenant Network DOVE: Distributed Overlay Virtual Ethernet DDoS: Distributed Denial Of Service LISP: Locator/Identifier Separation Protocol www.opendaylight.org OVSDB: Open vSwitch DataBase Protocol BGP: Border Gateway Protocol PCEP: Path Computation Element Communication Protocol SNMP: Simple Network Management Protocol
  31. 31. Service Provider Edition DDoS Protection Management GUI/CLI Network Applications Orchestration & Services OpenDaylight APIs (REST) Topology Mgr Shortest Base Network Service Functions Switch Host Stats Path Mgr Tracker Mgr Forwarding Affinity Service LISP Service Network Config Controller Platform Service Abstraction Layer (SAL) (plug-in mgr., capability abstractions, flow programming, inventory, …) OpenFlow 1.0 1.3 OpenFlow Enabled Devices Page31 SNMP NETCONF Open vSwitches BGP-LS PCEP LISP Additional Virtual & Physical Devices Southbound Interfaces & Protocol Plugins Data Plane Elements (Virtual Switches, Physical Device Interfaces) VTN: Virtual Tenant Network DOVE: Distributed Overlay Virtual Ethernet DDoS: Distributed Denial Of Service LISP: Locator/Identifier Separation Protocol www.opendaylight.org OVSDB: Open vSwitch DataBase Protocol BGP: Border Gateway Protocol PCEP: Path Computation Element Communication Protocol SNMP: Simple Network Management Protocol
  32. 32. ③ ODPコミュニティへの参加 www.opendaylight.org Page32
  33. 33. Progress through Innovation Membership open to all No charge for individual developers Fee-based vendor membership to provide common resources Developers can contribute code at the individual level — no money necessary Eclipse Public License (EPL) www.opendaylight.org Page33 33
  34. 34. Development Infrastructure OpenDaylight Infrastructure consists of: • • • • • • • SCM: git (OpenDaylight git) Code Review: Gerrit (OpenDaylight Gerrit) Continuous Integration: Jenkins (OpenDaylight Jenkins) Artifact Repo: Nexus (OpenDaylight Nexus) Quality Management: Sonar (OpenDaylight Sonar) Bug Tracking: Bugzilla (OpenDaylight Bugzilla) Wiki: MediaWiki (OpenDaylight Wiki) www.opendaylight.org Page34
  35. 35. Code Flow Code Review Contributo r Continuous Integration Gerrit Jenkins Committer Authoritative Git Repo Development Nexus Artifact Repos 1. Pull code 2. Pull dependent artifacts as part of build 3. Hack code 4. Push code (into HEAD:refs/for/<branch>) 5. Trigger Jenkins Verification 7. Indicates patch verified 6. Runs Verification CI 8. Gets patch to review 9. Reviews patch 10. Submits patch 11. Merge patch into <branch> 12. Trigger Jenkins Merge CI 13. Run’s Merge CI 14. Upload new artifacts www.opendaylight.org Page35
  36. 36. Resources Publications, Projects, Software (location): Wiki: https://wiki.opendaylight.org/view/Main_Page Documentation; includes the project list Code: git clone https://git.opendaylight.org/gerrit/p/<PROJECT_NAME>.git IRC: #opendaylight on Freenode Open mailing lists: lists.opendaylight.org www.opendaylight.org Page36 36
  37. 37. Getting started with OpenDaylight Developer documentation: wiki.opendaylight.org List of current projects in various states Links to documentation on current projects, e.g., how to get/build code, architecture, etc. Information on proposing new projects for OpenDaylight TSC and Technical Work Stream meeting information www.opendaylight.org Page37 37
  38. 38. Getting involved in OpenDaylight Open mailing lists: lists.opendaylight.org Discussion groups on specific projects Cross-project discussions Announcements www.opendaylight.org Page38 38
  39. 39. ④ ODPの利用とFederation、Demo www.opendaylight.org Page39
  40. 40. OpenDaylightコントローラの活用 • コントローラへのサービスモジュールの追加 • NB-APIの活用 • ネットワークアプライアンスとの連携 • ネットワークサービス追加(Defense4all) • 3rdパーティソフトとの連携 • OpenStack連携 • アプリケーションの開発、連携 www.opendaylight.org Page40
  41. 41. サービスモジュールの追加(MD-SAL) www.opendaylight.org Page41 41
  42. 42. MD-SAL動作例 module node-feature-inventory { prefix nf; import opendaylight-inventory {prefix inv}; import yang-ext { prefix ext}; import mount { prefix mount}; Application Models Models augment "/inv:nodes/inv:node" { ext:context-instance “node"; Path: “/restconf/operational/nodes/NE1/mounted-data/f1” RESTCONF Inventory } ext:augment-identifier "netconf-node"; mount:mountpoint "mounted-data" { mount:subtree "/"; } } Network Nodes Request Routing NEn NE1 Routing Table: NE1 NE2 NEn f1 ... f2 ... ... f1 NE2 fn f1 f2 ... ... fn f2 ... NE1 1 Models Models fn ... ... Netconf Controller (Container Instance) ... 42 NE2 NEn 2 www.opendaylight.orgn Models Models Models Models 42
  43. 43. ModelとREST API • Available Models (https://wiki.opendaylight.org/view/YANG_Tools:Available_Models): • Yang Extensions for ODL • Common Base Types: • IETF (ietf-types, inet-types), Common base flow types, L2 types, IEEE754 floating point types • Services: • Topology, Inventory, Flow Programming Services, Tunnels Programming, Affinity Service • Protocols: • OpenFlow, BGP/BGP-LS, PCEP • Available Controller REST APIs: • https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:REST_Reference_and_Authen tication www.opendaylight.org Page43
  44. 44. SDNアプリケーション連携 トラフィック統計情報 SDNコントローラ SDNアプリ 監視 制御 ネットワークパス制御 OpenFlow ネットワーク WAN インターネット 企業内NW 2 4 1 ネットワーク アプライアンス 3 サーバ www.opendaylight.org Page44
  45. 45. OpenStack連携の取り組み OpenStack Neutron • Neutron plugin OpenDaylight exposes a single common OpenStack Service Northbound • API exposed matches Neutron API precisely • multiple implementations of Neutron networks in OpenDaylight OpenDaylight APIs (REST) Neutron Service VTN Provider DOVE Provider OpenDaylight OVS Provider • OpenDaylight OpenStack Neutron Plugin simply passes through • simplifies OpenStack plugin • pushes complexity to OpenDaylight www.opendaylight.org Page45
  46. 46. デモ構成 Ubuntu 13.04 eth 0 Browser Client OpenStack(Havana) Horizon OpenDaylight On Ubuntu 12.10 Control Node Keystone Glance Cinder Nova-components Neutron server ML2 Plugin Network Node ODL Driver OVS-agent DHCP-agent L3-agent Metadata-agent Compute Node Exposes REST Interface for neutron eth 0 eth0 Neutron Interface Nova-compute OVS agent VTN Manager Service abstraction layer OF Plugin Open vSwitcht eth1 Other APP Other plugins Listening OF Port (6633) eth1 www.opendaylight.org Page46
  47. 47. www.opendaylight.org Page47
  48. 48. Ustreamの放送では、 ここでデモ動画をご覧いただきました。 2013/12/19のしすなま!の録画を ご覧ください。 www.opendaylight.org Page48
  49. 49. 第32回シス生!「SDNをみんなのものに!」 1 はじめに 2 OpenDaylight Projectのご紹介 A B Hydrogenリリースのご紹介 C OpenDaylight Projectへの参加 D 3 OpenDaylight Projectのご設立趣旨と沿革 OpenDaylight Projectの利用 ディスカッション © 2013 IBM Corporation
  50. 50. ディスカッション ① これらかのエンジニアはなにをどう学ぶべきか • インフラエンジニア、ネットワークエンジニア、アプリケーションエンジニア ② 2つ実装モデルOverlayとOpenFlowはどこでどのように使うべきか。 • (データセンター?における)ファブリックネットワークのあり方 ③ 歴史は繰り返すというが、SDNにおける集中と分散の今後の行方 • CD分離における集中と分散の行方 • PoDもしくはフェデレーションの行方 ④ OpenDaylight ProjectのこころみとSDNの2014年への期待 © 2013 IBM Corporation
  51. 51. ① これらかのエンジニアはなにをどう学ぶべきか D D C プログラマビリティーモデル M C M C M アプリケーション/サービス M C D D IaaS + リソースオーケストレー ション M C M C D D Northbound API リソース抽象化・最適化 C C D D 仮想化 C ネットワー ク C D D C C D D 物理 Southbound API M C C C M D D C M D ビジネス価値の 相違を サービスの 差別化と多様化へ 既存価値の適用から 新価値の創造作業へ (ディプロイメントより プログラミングへの 力点の移動) M D C M D M C D ネットワーク © 2013 IBM Corporation
  52. 52. ② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。 利用者の違いによる、期待されるファブリックネットワークの相違 Core L3SW Aggrigation L2SW DC事業者 L2SW Access L2SW L2SW L2SW L2SW ハイパースケールでできるだけ フラットなファブリック・ネットワーク PoDの適正規模というの がなんだかありそう Server 従来型DCネットワーク の3階層モデル Enterprise 事業者 業務単位で ホップ数が均等で アクティブ・アクティブな 経路通信をサポートする PoD © 2013 IBM Corporation
  53. 53. ② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。 ホップ・バイ・ホップ型 オーバーレイ型 å オーバレイ コントローラ SDN コントローラ 管理機能 制御機能 管理機能 データ転送機能 データ転送機能 制御機能 SDN対応スイッチ 長所 •トラフィックの質や量と、SLAなどのビジ ネスニーズ等に合わせて、帯域制御などを 含む、トラフィックをフロー単位に詳細に 制御することが可能。 短所 •すべてのスイッチが同一のSDN方式で稼働 する必要性。 •スケーラビリティー SDN (Software Defined Networking) 53 既存L2/L3スイッチ 長所 •既存のIPネットワーク資産を有効活用し、 柔軟かつ迅速にend-to-endの仮想ネット ワークをスケーラブルに構築可能。 短所 •ノードごとの帯域制御など 従来型ネットワーク、 OpenFlowを問わない 物理ネットワーク © 2013 IBM Corporation
  54. 54. ② 実装モデルOpenFlowとOverlayはどこでどのように使うべきか。 DCNにおけるPoD実装のこれから主流モデルはどれで、その支配的要素は なにか Openflow fabric OpenFlow コントローラ overlay Openflow fabric OpenFlow NetworkをOverlyでつなぐモデル 管理機能 制御機能 overlay データ転送機能 Openflow Fabric overlay legacy legacy openflow SDN コントローラ 要素技術の 長所や制約 管理機能 利用者側の 組織構造や 利用目的 制御機能 overlay overlay legacy legacy Overlay NetworkをOpenFlowでつなぐモデル overlay データ転送機能 TCO Overly Fabric Openflow fabric ハイブリッドモデル 54 注 PoD間をLagacyでつなぐモデルはあえて除外 © 2013 IBM Corporation
  55. 55. ③ SDNにおける集中と分散の今後の行方 CD分離における集中と分散の問題 アプリケーション ハイブリッドSDNモデル NFV型・先進的 SDNモデル アプリケーション アプリケーション アプリケーション 管理機能 API保有のレガシーモデル 管理機能 仮想管理機能 制御機能 制御機能 仮想制御機能 オーソドックスなSDNモデル ベンダー 固有CLI SNMP OpenFlow 分散型 エッジ オーバー レイ ハイブリッド型 OpenFlow 仮想データ 転送機能 レガシーモデル 管理機能 管理機能 制御機能 制御機能 データ転送機能 データ転送機能 データ転送機能 データ転送機能 データ転送機能 制御機能 アプリケーション アプリケーション 制御機能 データ転送機能 データ 転送機能 制御機能 データ転送機能 © 2013 IBM Corporation
  56. 56. ③ SDNにおける集中と分散の今後の行方 ONOS Distributed Network OS Network Graph Northbound Abstraction ONOS Horizontally Scalable Highly Available Built using open source components Version 0.1 Status - Flow API, Shortest Path computation, Sample application - Build & QA ( Jenkins, Sanity Tests, Perf/Scale Tests, CHO) - Deployment in progress at REANNZ (SDN-IP peering) Exploring performance & reactive computation frameworks Next Expand graph abstraction for more types of network state Control functions: intra-domain & inter-domain routing Example use cases: traffic engineering, dynamic virtual networks on demand, … © 2013 IBM Corporation
  57. 57. ③ SDNにおける集中と分散の今後の行方 ONOS High Level Architecture Network Graph Titan Graph DB Eventually consistent Cassandra In-Memory DHT Distributed Registry Zookeeper Strongly Consistent Instance 1 OpenFlow Controller + Instance 2 OpenFlow Controller+ Instance 3 OpenFlow Controller+ Host +Floodlight Drivers Host Host © 2013 IBM Corporation
  58. 58. ONOS GUI
  59. 59. ④ SDNの2014年への期待 © 2013 IBM Corporation
  60. 60. SDNの訴求価値と課題の分析 SDN特性 訴求価値 管理の 集中管理 シンプル化 セルフ・プロ ビジョニング 支援 hop-by-hop型 デプロイメント の迅速性 付随課題 管理の フェデレー ション 物理と機能の デプロイメント の迅速性 トラブル 分析技術 SDNオーケス 現行との トレーター コミュニティー 革新技術 トポロジー フリー (高最適化) 発展途上 二重管理 技術 資源の効果 的運用・最適 化 操作の柔軟性 資源の効果 的運用・最適 化 革新技術 発展途上 トラフィック・ エンジニアリ ング支援 技術 資源の効果 的運用・最適 化 マイグレーショ 構成変更の 自動化 マルチ テナント対応 プール管理 マルチ テナント対応 マルチ ビジネス価値 サービス反映 BYOD 収容機能 ハイパー スケール性 プログラマビリ スケール性 DC 統合機能 マルチ テナント対応 IaaSとの 統合管理 ティー ハイパー ン方法の開発 ビジネス価値 サービス反映 テナント対応 IaaSとの 統合管理 運用 トポロジー フリー(既存 資源利用) 資源の セキュリティ サービス・ チェーン支援 アプローチ シンプル化 分離(仮想化) 資源の 可視化 Overlay型 スケール制限 ハイパー ベンダー 標準化 ロックイン OSS 化 スケール性 要素技術機能 全面的な 要OF対応 DC 統合機能 帯域制御 帯域制御 改善 ベンダー中立 性 Capex/Opex 削減 60 TCO削減 © 2013 IBM Corporation
  61. 61. 事業者ごとのSDNの訴求価値の相違 SDN特性 訴求価値 ◎必須 ◎重要 ○望ましい △注目 ●不要 DC事業向SDN キャリア向SDN LE向 SDN SMB向 SDN 事業者 側訴求 価値 使用者 側訴求 価値 事業者 側訴求 価値 使用者 側訴求 価値 使用者 側訴求 価値 使用者 側訴求 価値 管理のシンプル化(集中管理) ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 資源の可視化 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 資源運用の最適化 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ◎ △ △ ◎ ◎ ○ 多様なデバイス収容機能(BYOD支援) △ ◎ ● ○ ◎ ◎ デプロイメントの迅速性 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ● ビジネス価値によるサービス差別化 ◎ △ ◎ ◎ ● ● セルフ・プロビジョニング支援 ◎ ◎ ◎ ◎ ○ ○ トラフィック・エンジニアリング支援 △ ● ◎ ● ● ● ◎ ◎ ○ ◎ ◎ ◎ 構成変更の自動化 ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ○ IaaSとの統合管理 ◎ ◎ ○ ◎ ○ ● マルチテナンシー マルチテナント対応 ◎ △ ◎ ◎ ○ ● スケールアウト属性 ハイパースケール性 ◎ △ ◎ ◎ ● ● ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ 集中管理 モデル 資源の抽象化 トポロジー・フリー(既存資産の有効活用) 資源の高度最適化 機能 セキュリティー対応・サービスチェイン支援 プログラマビリティー DC統合 61 DC統合機能 ○ © 2013 IBM Corporation
  62. 62. 62 © 2013 IBM Corporation
  63. 63. OpenDaylight Controllerの導入 バックアップ1 © 2013 IBM Corporation
  64. 64. OpenDaylight Controllerの導入手順 OpenDaylight Controllerの導入手順を説明します。 前提 – 使用機材 • MacBook Pro Retina 13 MAC OS X 10.9.1 (Maveriks) – 前提ソフトウェア • Java Development Kit(JDK) version 1.7以上 以下のサイトから、2013/12/18現在、最新版JDK SE 7u45をダウンロードできます。 http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html • Make Utility appach-maven 3.04以上 以下のサイトから, 2013/12/18現在、最新版maven-3.1.1をダウンロードできます。 http://maven.apache.org/download.cgi • リリース確認 kaos:~ yushio$ mvn -v Apache Maven 3.1.1 (0728685237757ffbf44136acec0402957f723d9a; 2013-09-18 00:22:22+0900) Maven home: /Users/yushio/apache-maven-3.1.1 Java version: 1.7.0_45, vendor: Oracle Corporation Java home: /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_45.jdk/Contents/Home/jre Default locale: ja_JP, platform encoding: UTF-8 OS name: "mac os x", version: "10.9.1", arch: "x86_64", family: "mac" kaos:~ yushio$ 64 © 2013 IBM Corporation
  65. 65. OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき 使用環境の設定作業 – 参考までに、.bash_profileを例示します kaos:~ yushio$ cat ~/.bash_profile export M2_HOME=/Users/yushio/apache-maven-3.1.1 export PATH=$PATH:$M2_HOME/bin export JAVA_HOME=/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.7.0_45.jdk/Contents/Home kaos:~ yushio$ 65 © 2013 IBM Corporation
  66. 66. OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき 1. OpenDaylight Controllerソースコードの入手 kaos:OpenFlow yushio$ mkdir OpenDaylight kaos:OpenFlow yushio$ cd OpenDaylight kaos:OpenDaylight yushio$ git clone https://git.opendaylight.org/gerrit/p/controller.git ・・・・ 1. OpenDaylight Controllerのビルド kaos:OpenDaylight yushio$ cd controller/opendaylight/distribution/opendaylight/ kaos:opendaylight yushio$ mvn clean install -DskipTests [INFO] Scanning for projects... ・・・・ 1. OpenDaylight Controllerの起動 kaos:opendaylight yushio$ cd target/distribution.opendaylightosgipackage/opendaylight/ kaos:opendaylight yushio$ ./run.sh ・・・・ 66 © 2013 IBM Corporation
  67. 67. OpenDaylight Controllerの導入手順 つづき 4. スクリーン出力 参考資料 https://wiki.opendaylight.org/view/OpenDaylight_Controller:Pulling,_Hacking,_and_Pushing_the_Code_from_the_CLI 67 © 2013 IBM Corporation
  68. 68. Hydrogenリリース内のプロジェクト バックアップ2 © 2013 IBM Corporation
  69. 69. Projects in the Simultaneous Release Controller OpenFlow Protocol VTN OpenFlow SB Plugin OpenDove OVSDB Affinity Management Service SNMP4SDN LISP Mapping Service Yang Tools Defense4All BGP-LS/PCEP www.opendaylight.org 69
  70. 70. Controller Contributed by Cisco Includes: Includes(cont) : Stats Manager Base OSGI Framework GUI HA,Clustering Topology Manager Service Abstraction Layer (SAL) and more… Controller Release Plan OF 1.0 SB Plugin ND API Hosttracker www.opendaylight.org 70
  71. 71. Controller www.opendaylight.org 71
  72. 72. VTN Contributed by NEC Existing NEC Virtual Tenant Network Technology Virtualizes network for multiple tenants vBridge, vRouter VTN Release Plan www.opendaylight.org 72
  73. 73. VTN www.opendaylight.org 73
  74. 74. OpenDOVE Contributed by IBM Virtualizes Network using VXLAN Uses custom control plane instead of multicast OpenDove Release Plan www.opendaylight.org 74
  75. 75. OpenDove www.opendaylight.org 75
  76. 76. Affinity Management Service Contributed by Plexxi Service for storing Affinity Information Affinity Information allows association of metadata about workload Examples: Hop Count Sensitive Isolate Encrypt Class of Service Affinity Release Plan www.opendaylight.org 76
  77. 77. Affinity Management Service www.opendaylight.org 77
  78. 78. Affinity Management Service www.opendaylight.org 78
  79. 79. LISP Mapping Service Contributed by Contextream with Cisco Programmable LISP Mapping Service May include functions to: Associate users to flows Chain service flows LISP Release Plan www.opendaylight.org 79
  80. 80. LISP Mapping Service www.opendaylight.org 80
  81. 81. Yang Tools Contributed by Cisco Provides tooling to build Java bindings in yang from yang models Supporting tooling for Model Driven SAL Yang Tools Release Plan www.opendaylight.org 81
  82. 82. Defense4All Contributed by Radware Provides DDOS detection and mitgation Designed to allow plugging in additional detection and mitigation strategies Defense4All Release Plan www.opendaylight.org 82
  83. 83. Defense4All www.opendaylight.org 83
  84. 84. BGP-LS/PCEP Contributed by Cisco Provides support for discovering topology via BGP-LS Provides support for path programming via PCEP BGP-LS/PCEP Release Plan www.opendaylight.org 84
  85. 85. OpenFlow Protocol Library Contributed by Pantheon Provides OpenFlow Protocol Stack for OF 1.0, 1.3+ Supports extensibility from 3rd party bundles Vendor actions Vendor Matches OpenFlow Proto Lib Release Plan www.opendaylight.org 85
  86. 86. OpenFlow SouthBound Plugin Joint project between IBM/Ericsson/Cisco Provides OF 1.0, 1.3+ Southbound plugin for Controller Based on OF Protocol Library project OpenFlow Plugin Release Plan www.opendaylight.org 86
  87. 87. OVSDB Contributed by Individuals at University of Kentucky Allows Controller to configure OVS using OVSDB OVSDB Release Plan www.opendaylight.org 87
  88. 88. OVSDB www.opendaylight.org 88
  89. 89. SNMP4SDN Contributed by ITRI Allows Controller to carry out some configuration tasks via SNMP SNMP4SDN Release Plan www.opendaylight.org 89
  90. 90. SNMP4SDN www.opendaylight.org 90
  91. 91. 91 © 2013 IBM Corporation
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×