Your SlideShare is downloading. ×
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

Thanks for flagging this SlideShare!

Oops! An error has occurred.

×
Saving this for later? Get the SlideShare app to save on your phone or tablet. Read anywhere, anytime – even offline.
Text the download link to your phone
Standard text messaging rates apply

第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16 on しすなま!) ①Microsoft様資料

176

Published on

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。 …

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第3回「マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後」(2011/06/16)
<出演①> 高添 修 様 日本マイクロソフト(株) エバンジェリスト
<出演②> 渡邉 源太 日本アイ・ビー・エム(株) システムx事業部 テクニカル・セールス
http://www.ustream.tv/recorded/15414244

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total Views
176
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

Report content
Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
No notes for slide

Transcript

  • 1. 日本マイクロソフト株式会社 エバンジェリスト 高添 修 http://blogs.technet.com/b/osamut System x 部 (生!)
  • 2. 3 お陰様で順調です! 大手企業様 ~ 徐々に 中堅・中小企業様 ~ 勢いよく Hyper-V 認定資格者 Hyper-V 導入コーディネーター 累計 7,000名 突破 7,119名 (2011年2月末現在) Hyper-V コールセンター Hyper-V Direct
  • 3. 4 Hyper-V Cloud Fast Track H/W、S/W 込みの プライベートクラウド ソリューション 検証済み環境で迅速かつ確実な導入を実現 既存環境用にドキュメントも用意 http://www.microsoft.com/japan/virtualization/cloud/get-started.mspx
  • 4. 5 ハードウェア (1) 1 Gb Enet Switch IBM 48Y – PN 0563022 (2) 10 Gb Enet Switch IBM B24X – PN 0563012 (8) x3650 M3 Physical Host Servers (1) x3650 M3 management Server (1) x3650 M3 Active Directory Server (1) IBM N3600 System Storage – PN 0563912 (20) Brocade 10 Gb CNS – Dual Port – PN 42C 1820 ソフトウェア Windows Server 2008 R2 Hyper-V System Center Virtual Machine Manager System Center Operations Manager Brocade DCFM IBM System Director Upward Integration Module
  • 5. 6 Windows Server 2008 R2 SP1 オーバーコミット対抗 Dynamic Memory 仮想化*GPU RemoteFX VDI のベースとしても with Citrix Dynamic Memory RemoteFX
  • 6. 7 メモリ容量 小さくスタート 必要に応じて増減 Windows Server 2008 R2 SP1 オーバーコミットの現実解 Dynamic Memory
  • 7. 8 余れば回収 DM VM 使用中 550 MB 空き 回収したメモリを他の VM に追加して有効活用 徐々に利用 DM VM 空き 1024 MB 使用中 ひかえめに起動 DM VM 空き 1024 MB 使用中 回収 不足したら メモリを追加 DM VM 使用中 1500 MB 空き 追加 New
  • 8. 9 仮想マシンでも GPU 処理 USB リダイレクト RemoteFX サーバー • Hyper-V • RemoteFX 有効 (リモート デスクトップ サービス) RemoteFX 有効 RemoteFX 無効 NVIDIA Quadro 4000 etc高速描画 USB デバイス
  • 9. 11 UI & トリガー (ポータル) プロセス制御 (ワークフロー) 管理基盤 (自動処理) 提供サービス (リソース) わかりやすく仮想環境を例にとると・・・ 申請・承認 ポータル 申請・承認 ワークフロー (プロセス制御) 仮想マシン 自動作成 仮想マシン (サービス) 仮想化ツールで ある程度カバー
  • 10. 12 自社内に クラウド を作る Dynamic Data Center Toolkit for Hosters (DDTK-H or DDTK) ソース コード http://code. msdn.microsoft.com/ddc からダウンロード可能 サービス提供者様を想定した、 個別の要件に合わせて拡張可能な サンプル集 System Center Virtual Machine Manager Self-Service Portal 2.0 一般企業様を想定した、 カスタマイズを前提とせずに 導入可能なバイナリ形式 クラウド環境を 作って サービス提供 Solution Accelerators
  • 11. 13 仮想 OS Hyper-V 仮想 OS 仮想 OS 仮想 OS 仮想 OS 仮想 OS 集中コントロール機構 ライブラリ (テンプレート) ベース1 ベース2 ベース3 ベース4 System Center Virtual Machine Manager 仮想 OSSCVMM SSP Hyper-V Hyper-V リソースの管理専用ポータル プライベート クラウド シナリオ 利用部門登録、利用申請、セルフサービス インシデント管理、リソース割り当て 他 ↑ 利用者主導 ↓ 管理者主導 SSP 2.0 SCVMM
  • 12. 14 利用者の「使いたい」からスタート リクエストの ID 化 リクエストの状態 承認・却下 リクエストの 内容と理由 内容次第では、クラウドや 他のシステムへと誘導(コンサル)
  • 13. 15 • 各製品をカスタマイズせずに、I/F を呼び出し迅速に構築 • 利用者へサービスカタログを提供可能に ポータル画面 (Silverlight / ASP.NET) Web サービス (WCF) 監視 バックアップ資産管理仮想化管理 System Center 自動運用基盤 SCOM SCDPMSCCMSCVMM DDTK による開発 サンプルモジュール ソースを使って独自 フロー制御 操作 I/F 操作 I/F 操作 I/F 操作 I/F 広がるサービス SharePoint 操作 I/F チーム開発 操作 I/F
  • 14. 16 1. アイコンをドラッグ&ドロップ 2. プロパティ設定 上流工程 プロセスとして運用管理
  • 15. 18
  • 16. 19 Service Provisioning 複数のVM 複数のWeb 仮想アプリ データベース Service Provisioning 複数のVM 複数のWeb 仮想アプリ データベース Fabric Management Service Provisioning 複数のVM Webサーバー 仮想アプリ データベース
  • 17. 20 Dynamic Optimization Power Optimization
  • 18. 21 スケールアウト 設定
  • 19. 22 ライブラリにアプリケーションを登録 ライブラリに登録されたアプリケーション一覧
  • 20. 23 System Center “Concero” Windows Azure Server Application Web Deploy SQL DAC
  • 21. 24 現在の アラート情報を ドリルダウン 関連するネットワークを 可視化 アラートが発生している デバイスの関連情報
  • 22. 25
  • 23. 26 製品と技術と ツール 一貫性があり、繰り返し 実行可能な標準プロセス 明確な役割 適切なスキル プロセス 人 技術 仮想化で 盛り上がり Runbook が IT間をつなぎ ????
  • 24. 27 テンプレート化 (必要事項設定) 事前にパターン定義 (社内の運用ポリシー設定) ※ SCSM オーサリングツール 事前にプロセス定義 (社内のITプロセス設定) ※ SC Orchestrator • インシデント管理 • 問題管理 • 変更管理 • リリース管理 • リクエスト管理
  • 25. 28 CMDB Objects Clouds UsersFabricTemplates Services VMsRunbooks Portal Forms Data Warehouse Workflows Configuration Management DB WorkItems ConfigurationItems Knowledge ProblemChange Incident ReleaseRequest
  • 26. 29 Hypervisor Host Virtual Machine Host Lifecycle Management Application Lifecycle Management VM OS Lifecycle Management Update Domain 導入 WebDeploy SQL DAC Server App-V Windows OS Hyper-V Update Domain 利用中 同じテクノロジー セルフサービス ポータル オーケストレーション(Runbook)
  • 27. 30 Tech Fielders あらためて Hyper-V (高添) http://download.microsoft.com/download/C/6/5/C65F439B-7E1C-4833-9B0D- 88CAFDA29BCD/20110119TF_Osamut_Hyper-V.pdf Live Migration 環境を作ってみる (高添) http://download.microsoft.com/download/5/4/0/5403FBF3-C2B7-4819-8CA9-B9062250B6A3/091111OST5_osamut.pdf SCVMM (高添) http://download.microsoft.com/download/C/3/6/C3622F05-437B-4929-B060-0D939F50ED8D/20091211_osamut.pdf SCOM (安納) http://download.microsoft.com/download/C/3/6/C3622F05-437B-4929-B060-0D939F50ED8D/20091211_junichia.pdf Hyper-V あれこれ (CTC 杵島さん) http://download.microsoft.com/download/4/2/4/42439F92-E640-4D51-97C0-179F8E4D4993/2011_0228_kishima_2.pdf NIC Teaming や VLAN など (HP 小川さん) http://download.microsoft.com/download/3/2/F/32F63186-1D15-41C1-93A4- A6DCB85E9143/20110216_TF_HP_Ogawa2.pdf その他 Dynamic Memory (佐々木) http://msdn.microsoft.com/ja-jp/events/gg462952.aspx
  • 28. 31
  • 29. 32 Beta Beta2 RC Available Now Beta Beta Beta Beta Beta Coming Soon GAGA
  • 30. 33
  • 31. 34 © 2011 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, Windows Vista and other product names are or may be registered trademarks and/or trademarks in the U.S. and/or other countries. The information herein is for informational purposes only and represents the current view of Microsoft Corporation as of the date of this presentation. Because Microsoft must respond to changing market conditions, it should not be interpreted to be a commitment on the part of Microsoft, and Microsoft cannot guarantee the accuracy of any information provided after the date of this presentation. MICROSOFT MAKES NO WARRANTIES, EXPRESS, IMPLIED OR STATUTORY, AS TO THE INFORMATION IN THIS PRESENTATION.

×