第30回「Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~」(2013/10/24 on しすなま!) ②IBM 鈴木資料
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×
 

第30回「Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~」(2013/10/24 on しすなま!) ②IBM 鈴木資料

on

  • 805 views

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。 ...

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第30回「Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~」(2013/10/24)
<出演①> 藤田 稜 様 レッドハット株式会社 プラットフォームソリューション統括部 ソリューションアーキテクト 部長
<出演②> 鈴木 智也 日本アイ・ビー・エム株式会社 ソフトウェア事業 Cloud & Smarter Infrastructure事業部 テクニカルセールス&ソリューションズ
<出演③> 新井 真一郎 日本アイ・ビー・エム株式会社 システムズ & テクノロジー・エバンジェリスト
http://www.ustream.tv/recorded/40125326

Statistics

Views

Total Views
805
Views on SlideShare
805
Embed Views
0

Actions

Likes
0
Downloads
5
Comments
0

0 Embeds 0

No embeds

Accessibility

Categories

Upload Details

Uploaded via as Adobe PDF

Usage Rights

© All Rights Reserved

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
  • Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Processing…
Post Comment
Edit your comment

第30回「Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~」(2013/10/24 on しすなま!) ②IBM 鈴木資料 第30回「Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~」(2013/10/24 on しすなま!) ②IBM 鈴木資料 Presentation Transcript

  • Beyond OpenStack ~Tivoli劇場 番外編~ © 2013 IBM Corporation
  • IBM SmarterCloud ポートフォリオ IBM SmarterCloud Business Process as a Service Software as a Service Platform as a Service Infrastructure as a Service 設計 IBM SmarterCloud 導入 運用 IBM SmarterCloud Foundation Services IBM SmarterCloud Solutions プライベート / ハイブリッド・クラウド マネージド・クラウド・サービス クラウド・ビジネス・ソリューション ソフトウェア・ハードウェア製品 導入・構築サービス クラウド・サービス IBMデータセンター IaaS, PaaS クラウドを活用した新しいサービス SaaS, BPaaS IBMクラウド・コンピューティング・リファレンス・アーキテクチャ / オープン・スタンダード © 2013 IBM Corporation 2 2
  • クラウド・サービスの構築とアプリケーションのデプロイ クラウド・マーケット・プレイス セル ・ カタ ービス フ・サ ログ ター ス トレ ー オーケ ジン ン・エン パター © 2013 IBM Corporation 3
  • すぐに利用できる仮想イメージとパターン IaaS ベース イメージ Linux 仮想イメージ SW バンドル WAS Linux、Windows、ソフトウェア 仮想システム・パターン PaaS スクリプト 仮想システム・パターン スクリプト スクリプト WAS 例)Linux + DB2、Linux + WAS WAS DB2 Linux Linux Linux ポリシー アプリ 仮想アプリケーション・パターン Web アプリケーション、DBスキーム TOSCA対応 Web アプリ スキーム リンク データ ベース © 2013 IBM Corporation 4 4
  • パターン化の2つのアプローチ ワークロード視点 アプリケーションの特性に着目 ミドルウェア・レイヤーは意識しない 仮想アプリケーション パターン 5 トポロジー視点 ミドルウェアの構成・組み合わせに着目 ITインフラのコントロールを維持 仮想システム パターン © 2013 IBM Corporation
  • 仮想システム・パターンとは 構成は似ていて同じ作業の繰り返 し・・・ 構成の共通部分をパターン(型)として定義 開発環境パターン (WASV8) HADR HADR HADR テスト環境パターン 各パラメーター 変更スクリプト WAS V8 パターン化 開発環境パターン (WASV8.5) REHL 6.2 WAS V7 本番環境パターン REHL 6.2 仮想イメージ: OS,MWのバー ジョン、Fixレベ ルまで組み合 わせ OS、MWのバージョンからトポロジーまでコントロール パターンを利用してシステムを構築 HADR HADR HADR HADR □ 設計/構築作業の迅速化 □ 品質の維持 □ テスト工数の削減 仮想イメージ(ミドルウェア導入済みのOS)を組み合わせて トポロジーと構成をパターン化し繰り返し利用 © 2013 IBM Corporation 6
  • 仮想システム・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 7
  • 仮想システム・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 8
  • 仮想システム・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 9
  • ハイパーバイザー・エディション IBMのエキスパートがOS/MWの導入/構成/チューニングが なされたVMを「製品」として提供 「パターン」を作成するためのプラットフォームを製品化 代表例) □ WebSphere Application Server Network deployment V7 / V8 /V8.5 □ DB2 V9.7 FP5 □ DB2 V10.1 □ Advanced Middleware Configuration Tool (RAF V3.0.0.3) □ WebSphere Message Broker 8.0 □ WebSphere MQ 7.0 □ WebSphere Portal Server 7.0 □ BPM Std and Advanced Editions © 2013 IBM Corporation 10
  • 仮想システム・パターンの作成 HV版 © 2013 IBM Corporation 11
  • 仮想システム・パターンの作成 HV版 © 2013 IBM Corporation 12
  • 参考)仮想システム・パターンのデプロイ 仮想システム・パターンの場合 手作業の場合 OS導入 OSのフィックス適用 WAS導入 WVE導入 DB2導入 WASフィックス適用 WVEフィックス適用 DB2フィックス適用 OSのチューニング DMプロファイル作成 ASノードプロファイル作成 ODRプロファイル作成 ODRクラスター作成 動的クラスター作成 ヘルスモニタリングの設定 仮 想 イ メ ー ジ 約15分 パターンの作成 拡張オプション パターンのデプロイ 合計約730分 13 (1回目のみ実施) 約30分 合計約45分 © 2013 IBM Corporation
  • パターン化の2つのアプローチ ワークロード視点 アプリケーションの特性に着目 ミドルウェア・レイヤーは意識しない 仮想アプリケーション パターン 14 トポロジー視点 ミドルウェアの構成・組み合わせに着目 ITインフラのコントロールを維持 仮想システム パターン © 2013 IBM Corporation
  • 仮想アプリケーション・パターンの定義 - Webアプリケーション・パターン例 Webアプリケーションのデプロイに必要な情報 earファイル 既存DB情報 DDLファイル 既存LDAP情報 □非機能要件 ・冗長性 ・スケーラビリティー ・目標応答時間 など □ アプリケーション機能要件 ・データ定義 ・ユーザー・レジストリー ・外部コネクタ情報 など © 2013 IBM Corporation 15
  • 仮想アプリケーション・パターン IBMのエキスパートがOS/MWの導入/構成/連携/ チューニングがなされたシステムを「製品」として提供 アプリケーションのコンポーネント、動作ポリシー、そして これらの間の関係を1つに集めたもの 代表例) □ Web Application Pattern V1.0 (WAS V7ベース) □ Web Application Pattern V2.0 (WAS V8ベース) □ Transactional Database Pattern V1.1 (DB2 9.7 FP5ベース) □ DataMart Pattern V1.1 (DB2 9.7 FP5ベース) □ IBM Application Pattern for Java v1.0 □ Messaging Extension for Web App Pattern 今後も随時追加 予定 □ Business Intelligence Pattern © 2013 IBM Corporation 16
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 17
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 18
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 19
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 20
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 21
  • 仮想アプリケーション・パターンの作成 © 2013 IBM Corporation 22
  • オープン・スタンダードへの取り組み OpenStack - SCO V2.2 は、Folsom ベース。 - 年内に Grizzly ベースの次バージョンをリリース予定。 OASIS TOSCA - OSや ミドルウェアなどのコンポーネントをサービステンプレートとして定義 - PaaS レイヤにおけるサービスとアプリケーションの相互運用性・移植性を向上 OSLC - 開発ツールの相互運用性を向上という目標を持つオープン・コミュニティ - 異なるツール間のデータ連携が容易に ※TOSCA: Topology and Orchestration Specification for Cloud Applications ※OSLC: Open Services for Lifecycle Collaboration © 2013 IBM Corporation 23
  • 告知 http://www.ibm.com/software/jp/rational/events/innovate/ デモ・ブースも用 意! © 2013 IBM Corporation 24