© 2013 IBM CorporationSmarter Computing
しすなま!第24回
「IBM STG エバンジェリスト座談会
2013年のインフラエンジニアの生き方(仮)」
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
本日のパネリスト
柴田 直樹(Naoki Shibata)
PureSystemsエバンジェリスト + HPC
新井 真一郎(Shi...
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
昨年の座談会の答え合わせ
答え合わせお題
○半導体ディスク
○KVM
○10GbE
○
Micro Serverは△
プロセッサー
...
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
これまでのしすなま!の内容を振り返る
サーバー技術者がネットワーク技術者と会
話するための新常識
11/12/2212
GPGPUに...
中小規模のIT基盤の仮想化統合で
20:1 なんて通用しない 現実ラインとDBサーバーの憂鬱
DBサーバーは仮想化
したくない?
DBサーバーは仮想化
したくない?
高い仮想化集約はリスク?高い仮想化集約はリスク?
最近よく言われている
今後数年のIT基盤のトレンド
- いわゆるメーカー側のストラテジー -
今後の
IT基盤
の
トレンド
今後の
IT基盤
の
トレンド
IT基盤の主軸はクラウド基盤へ
(XaaS)
いつでも使える使った分だけ使う
環境(ま...
インフラSEこそ 今IT基盤が
「どこにいるか?」を見極めたい
- 企業の成長に主なクラウドの依存度曲線 -
従業員数500人250人20人0人
企業内ITを
全面的に
クラウド運用
(過渡期)
プライベート
クラウドの構築
企業内ITを
補完...
設計段階からすべてを
最適に統合
エキスパートが持つ
高度な知見を実装
計画から導入、運用に至る煩雑な作業から解放
いま必要とされる まったく新しいシステムの登場
専門家の知見を搭載し自動化を推進する「システム」の新しいカテゴリー
ハードウェア...
IBMの知見を統合「エキスパート・インテグレー
テッド・システム」
PureSystems / Flex System 製品ラインアップ
PureSystemsの実現で
必要だった新設計の
ハードウェア
を次世代ブレード
サーバーとして提供
P...
2012年 11月の 製品刷新でほぼフルラインナップ
がそろった Flex System ハードウェアコンポーネント
Flex System Storage Expansion ユニット (SEN)
X220,x240に搭載可能なストレージ拡張...
事前障害予知機能 (PFA)は
仮想化前提の次世代環境で大きな役割を果たす
重要パーツのどこが
おかしくなっても
重要コンポーネントの障害発生24~48時間前に、管理者に通知
平常時
障害の予兆を検知
CPU
DIMM
HDD
DIMM
1) ...
次世代仮想化環境のネットワークはこうなる!!
-つまり大事なのはネットワークスイッチの高性能化-
LAN
Switch
LAN
Switch
CNA CNA
APP
vSwitch
FC Gateway FC Gateway
FC Storag...
IBM Flex System Manager (FSM)
- 新バージョンは より 操作性を向上させています-
• シングルペイン オブ ビュー
• スマートデバイスでの管理 (iOS, Andoroid, RIM)
© Copyright IBM Japan. Ltd. 2013
IBM Systems & Technology Group
分散ストレージソフトウェア “Red Hat Storage Server”
• Red Hat Storage S...
© Copyright IBM Japan. Ltd. 2013
IBM Systems & Technology Group
KVM管理ソリューションRHEV 3.1 ではRHSも統合管理可能に
• 2013/1/10提供開始されたRHEV ...
© Copyright IBM Japan. Ltd. 2013
IBM Systems & Technology Group
クラウド基盤テクノロジー “OpenStack”
• 概要
– グローバルな開発者の協業のもとに成り立つ、Priva...
© Copyright IBM Japan. Ltd. 2013
IBM Systems & Technology Group
エンタープライズ・クラウド基盤ではストレージも利用可能に
• IBMのエンタープライズストレージ Storwize ...
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
インフラエンジニアの生きる道
脱皮できない蛇は滅びる
- ニーチェ
今年は巳年
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
それぞれの得意分野の限界から脱皮する一年に
ストレージ
エンジニア
サーバー
エンジニア
ネットワーク
エンジニア
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
なぜ?
統合型システムの増加
PureSystems / Vblock など
ストレージのソフトウェア化
OpenStack
分散フ...
© 2013 IBM Corporation
IBM System x : Smarter Computing
もう一つの考え方
ITのそれぞれのコンポーネントはSaaSで提供されるためそ
れをAPIで組み合わせるだけでいい?
エンジニアはそれ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第24回「IBM STGエバンジェリスト座談会 2013年のインフラエンジニアの生き方」(2013/01/17 on しすなま!)

524 views
441 views

Published on

下記のしすなま!録画と併せてご覧ください。資料・録画の内容は生放送時点のものです。
第24回「IBM STGエバンジェリスト座談会 2013年のインフラエンジニアの生き方」(2013/01/17)
<出演①> 柴田 直樹 日本アイ・ビー・エム(株) PureSystems事業部 事業推進 システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(PureSystems)
<出演②> 新井 真一郎 日本アイ・ビー・エム(株) Linux/OSS & Cloud サポート・センター システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(Linux/OSS)
<出演③> 早川 哲郎 日本アイ・ビー・エム(株) システムx事業部 ビジネス開発 システムズ&テクノロジー・エバンジェリスト(System x)
http://www.ustream.tv/recorded/28567826

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
524
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

第24回「IBM STGエバンジェリスト座談会 2013年のインフラエンジニアの生き方」(2013/01/17 on しすなま!)

  1. 1. © 2013 IBM CorporationSmarter Computing しすなま!第24回 「IBM STG エバンジェリスト座談会 2013年のインフラエンジニアの生き方(仮)」
  2. 2. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing 本日のパネリスト 柴田 直樹(Naoki Shibata) PureSystemsエバンジェリスト + HPC 新井 真一郎(Shinichiro Arai) Linux / OSSエバンジェリスト 早川 哲郎(Tetsuro Hayakawa) System xエバンジェリスト
  3. 3. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing 昨年の座談会の答え合わせ 答え合わせお題 ○半導体ディスク ○KVM ○10GbE ○ Micro Serverは△ プロセッサー 昨年年初の座談会で話していたことは?
  4. 4. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing これまでのしすなま!の内容を振り返る サーバー技術者がネットワーク技術者と会 話するための新常識 11/12/2212 GPGPUによるコンピューティング・パワー11/11/2411 高信頼性仮想化ソフトウェア「Avance™11/10/2710 Fusion-io ioDriveがもたらした新世界と テクノロジーの肝 11/10/069 シトリックスが目指すクラウドと デスクトップ仮想化を支える技術 11/09/158 IBM Systems Director Editions って何 だ? 11/08/257 VMware vSphere 511/08/116 あかいまこと氏による、これからの インフラエンジニアに期待される役割 11/07/215 クラウドを支えるKVMの現在と未来11/07/074 マイクロソフトの仮想化と、クラウドの今後11/06/163 システム管理ソリューションBOFM 4.0概要11/05/192 効果的な節電と計画停電の対処方法11/04/211 NTT DataとIBMが熱く語ります!! OpenFlow/SDNコントローラー開発秘話から未 来まで、裏話もあるよ 12/12/2023 第2部 - ここが違う!PCIeベースの新しい NAND Flashソリューション 第1部 - この価格でここまでできる!驚愕のエン トリー・ストレージ活用方法 - IBM Storwize V3700 12/11/2922 Windows Server 2012 DeepDive!! Hyper-V と VDI を徹底解説 12/10/1821 事件は現場で起きている!~IBMクラウド”CoD サービス”実運用の現場より、IBM Systems Softwareを活用した運用自動化のご紹介~ 12/09/2020 IBM Smarter Storage、ストレージに関するビ ジョンと展望 12/08/2319 PureSystemsでクラウド事始め12/07/1218 サーバーとネットワークをもっと仲良しに – その 間を取持つネットワーク仮想化技術 12/05/2417 エキスパート・インテグレーテッド・システム『IBM PureSystems』の価値 12/04/1916 インテル® Xeon® プロセッサー E5 ファミリー 新登場! 12/03/2215 KVM仮想化管理ソリューション RHEV 3.012/02/2314 新春!IBM STGエバンジェリスト座談会 今年のx86市場を占う 12/01/1213
  5. 5. 中小規模のIT基盤の仮想化統合で 20:1 なんて通用しない 現実ラインとDBサーバーの憂鬱 DBサーバーは仮想化 したくない? DBサーバーは仮想化 したくない? 高い仮想化集約はリスク?高い仮想化集約はリスク?
  6. 6. 最近よく言われている 今後数年のIT基盤のトレンド - いわゆるメーカー側のストラテジー - 今後の IT基盤 の トレンド 今後の IT基盤 の トレンド IT基盤の主軸はクラウド基盤へ (XaaS) いつでも使える使った分だけ使う 環境(まさに公共インフラ) IT基盤の主軸はクラウド基盤へ (XaaS) いつでも使える使った分だけ使う 環境(まさに公共インフラ) オンプレミスのITインフラは オンプレミスで無ければ物理的に 設置が難しいハイエンドと 自律する 「垂直統合基盤」へ オンプレミスのITインフラは オンプレミスで無ければ物理的に 設置が難しいハイエンドと 自律する 「垂直統合基盤」へ
  7. 7. インフラSEこそ 今IT基盤が 「どこにいるか?」を見極めたい - 企業の成長に主なクラウドの依存度曲線 - 従業員数500人250人20人0人 企業内ITを 全面的に クラウド運用 (過渡期) プライベート クラウドの構築 企業内ITを 補完する クラウド運用 (成熟時) クラウドに 最も依存する傾向 クラウドに対する 投資額が膨大に なるため、順次 企業内のITインフラ に戻す傾向が出てくる 企業内ITの規模の 増大をサポートする 目的でクラウド運用 の採用 パブリッククラウドに対する依存度 - ある調査会社が北米企業約350社に対して実施したアンケート結果 -
  8. 8. 設計段階からすべてを 最適に統合 エキスパートが持つ 高度な知見を実装 計画から導入、運用に至る煩雑な作業から解放 いま必要とされる まったく新しいシステムの登場 専門家の知見を搭載し自動化を推進する「システム」の新しいカテゴリー ハードウェア と ソフトウェアを密接に 統合し調整 - ワークロードが最適化 されたシステムをすぐに使用開始可能 専門知識を駆使して作業を自動化 – インフラストラクチャーから アプリケーションまで ITライフサイクルのすべての全局面を効率化 - システム全体の管理を統合 最適なソリューションで構成される、幅広いオープン・エコシステム 複雑化するITの 利用開始までの時間を短縮 自動化を推進し 運用管理を効率化、コストを削減
  9. 9. IBMの知見を統合「エキスパート・インテグレー テッド・システム」 PureSystems / Flex System 製品ラインアップ PureSystemsの実現で 必要だった新設計の ハードウェア を次世代ブレード サーバーとして提供 PureSystemsの実現で 必要だった新設計の ハードウェア を次世代ブレード サーバーとして提供 PureFlex と Pure Application で採用されている ハードウェア コンポーネント Flexible Choice Built-in expertise • Integration by design • Simplified Experience 仮想化だけでなく 自動化も見据えた IBMの知見を統合 した IaaS 基盤 仮想化だけでなく 自動化に加え アプリケーションの 知見も統合し 完全自動化の ワークロード最適化 実現したPaaS基盤 5 自動化 自律化
  10. 10. 2012年 11月の 製品刷新でほぼフルラインナップ がそろった Flex System ハードウェアコンポーネント Flex System Storage Expansion ユニット (SEN) X220,x240に搭載可能なストレージ拡張ユニット 12本のHDD搭載可能 最大12TB Flex System PCI Expansion ユニット (PEN) X220,x240に搭載可能なPCI拡張ユニット High IOPSカードやGPUを追加搭載可能 もちろん Powerノードもあります もちろん Powerノードもあります
  11. 11. 事前障害予知機能 (PFA)は 仮想化前提の次世代環境で大きな役割を果たす 重要パーツのどこが おかしくなっても 重要コンポーネントの障害発生24~48時間前に、管理者に通知 平常時 障害の予兆を検知 CPU DIMM HDD DIMM 1) LEDもしくは管理ツー ルでPFA確認 VM VM VM VM VM 2) 安全にVMの マイグレーション を行うことが可能
  12. 12. 次世代仮想化環境のネットワークはこうなる!! -つまり大事なのはネットワークスイッチの高性能化- LAN Switch LAN Switch CNA CNA APP vSwitch FC Gateway FC Gateway FC Storage Data Center ディストリビューション レイヤー ディストリビューション レイヤー アクセス レイヤー アクセス レイヤー サーバー と アプリケーション レイヤー サーバー と アプリケーション レイヤー SAN ストレージ SAN ストレージ VM APP VM APP VM CNA CNA APP vSwitch VM APP VM APP VM EAST-WEST でネットワークの高速化・低レイテンシ化が重要EAST-WEST でネットワークの高速化・低レイテンシ化が重要 FCoEへの移行FCoEへの移行 VM集約率向上 アクセスレイヤーのス イッチも仮想化 VM集約率向上 アクセスレイヤーのス イッチも仮想化 75%75% 25%25% 物理マシン物理マシン 物理マシン物理マシン
  13. 13. IBM Flex System Manager (FSM) - 新バージョンは より 操作性を向上させています- • シングルペイン オブ ビュー • スマートデバイスでの管理 (iOS, Andoroid, RIM)
  14. 14. © Copyright IBM Japan. Ltd. 2013 IBM Systems & Technology Group 分散ストレージソフトウェア “Red Hat Storage Server” • Red Hat Storage Serverとは – スケールアウト可能なストレージを実現するソフトウェア製品 – ハードウェアはx86アーキテクチャのコモディティサーバーを使用 – GlusterFSという分散ファイルシステムを利用 – 詳しくは: http://www-06.ibm.com/jp/linux/tech/doc/2012020.html • メリット – 低コスト:スケールアウト型NAS向けのオープンソースソフトウェアソリューション – アクセスが容易:専用プロトコル、NFS、CIFS、REST API – ストレージの課題解決:アクセス頻度低くてもオンラインストレージ配置可能など。 • 構成イメージ 出典元: http://jp.redhat.com/products/storage-server/ https://sites.google.com/site/glusterfstech/architecture
  15. 15. © Copyright IBM Japan. Ltd. 2013 IBM Systems & Technology Group KVM管理ソリューションRHEV 3.1 ではRHSも統合管理可能に • 2013/1/10提供開始されたRHEV 3.1 は大幅に機能強化 – 仮想マシン当たり最大160の論理CPUと最大2TBのメモリがサポート – 日本語化されたユーザーインターフェイス – ストレージライブマイグレーションのテクノロジプレビューを提供 – 改善されたWANの最適化を含め、VDI機能も進化 – Red Hat Storageで管理された安全な共有ストレージプールへのアクセスが可能に • RHEV 3.1 におけるRHS 操作イメージ
  16. 16. © Copyright IBM Japan. Ltd. 2013 IBM Systems & Technology Group クラウド基盤テクノロジー “OpenStack” • 概要 – グローバルな開発者の協業のもとに成り立つ、Private/Public CloudのためのOSS。 – ユビキタスなIaaSクラウドコンピューティングプラットフォームを実現する技術。 – 詳しくは: http://www.obci.jp/2012event/650/ • メリット – IaaSの構築提供に必要な分散ソフトウェア・パッケージが揃っている。 – 多数のユーザーと管理者がサーバーを使うために必要なコンポーネントが揃っている。 • 構成イメージ Nova Glance Cinder Swift Quantum Horizon Keystone Server Storage Networkハード ウェア層 IaaS OpenStack
  17. 17. © Copyright IBM Japan. Ltd. 2013 IBM Systems & Technology Group エンタープライズ・クラウド基盤ではストレージも利用可能に • IBMのエンタープライズストレージ Storwize V7000 のドライバーを提供開始 次期バージョンの2013年4月リリースGrizzlyにむけた開発貢献 • コード変更:Rackspace社、Red Hat社に次ぐ第3位の貢献 IBM全体で141changeset。うち107はIBM LTCによるもの。 • コードレビュー:Rackspace社、Red Hat社、Nebula社に次ぐ第4位の貢献 IBM全体で406 code review。うち376はIBM LTCによるもの。 ※2012年11月時点IBM調べ ※LTC: 全世界で約600名の開発組織Linux Technology Center
  18. 18. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing インフラエンジニアの生きる道 脱皮できない蛇は滅びる - ニーチェ 今年は巳年
  19. 19. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing それぞれの得意分野の限界から脱皮する一年に ストレージ エンジニア サーバー エンジニア ネットワーク エンジニア
  20. 20. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing なぜ? 統合型システムの増加 PureSystems / Vblock など ストレージのソフトウェア化 OpenStack 分散ファイルシステム ネットワークのソフトウェア化 SDN / OpenFlow 今までの殻を破る 必要性
  21. 21. © 2013 IBM Corporation IBM System x : Smarter Computing もう一つの考え方 ITのそれぞれのコンポーネントはSaaSで提供されるためそ れをAPIで組み合わせるだけでいい? エンジニアはそれらを組み合わせるアーキテクトになる? ある意味正しい方向性かもしれない? 組み合わせた結果の問題判別などに細かいスキルが必要 となるか?

×