• Full Name Full Name Comment goes here.
    Are you sure you want to
    Your message goes here
    Be the first to comment
    Be the first to like this
No Downloads

Views

Total Views
1,107
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0

Actions

Shares
Downloads
2
Comments
0
Likes
0

Embeds 0

No embeds

Report content

Flagged as inappropriate Flag as inappropriate
Flag as inappropriate

Select your reason for flagging this presentation as inappropriate.

Cancel
    No notes for slide

Transcript

  • 1. 私がみた Agile2010 はコレだ!? 2010/09/29 静岡県立大学大学院経営情報学研究科 細澤あゆみ(@AyumiHOSOZAWA)
  • 2. Agile2010にいってきました。 「 細澤あゆみ 」 と申します。
  • 3. よろしくお願いします。
  • 4. すくすくスクラム初参加です。 私と同じように初参加の人ってどのくらい いるのかな...
  • 5. ちなみにアジャイルもよく分か ってません。 (教えてください)
  • 6. 精一杯 楽しみながら話すので 楽しんで聴いてください。 (のだめ風) ペコリ
  • 7. 始めに今日のゴールとか自己紹介 とかお話するので、その間にとり あえず飲んで食べてください。 (飲み過ぎ・食べ過ぎの責任は負いかねます)
  • 8. 今日のゴール • この企画を来年もやって欲しいな、と思える 人を増やす – できれば、このような学生に投資する企画が増え るとなお良い • Agile2011に参加したいと思う人を増やす • 私の悩みを解決する • 最大のゴールは皆さんに楽しんでも らうこと!(私も含めて)
  • 9. 今日お話すること ★ Agile2010に行く前はどうで、 ★ Agile2010はどんなところで、 ★ Agile2010に行って何を感じて、 ★ その後どうしたのか
  • 10. 確認 • 9/4のXP祭りで「Agile Conference 2010 報告」のセッションを聞いていただ けた方? • Agile Conferenceに参加したことがない 方?
  • 11. 自己紹介 • 静岡県立大学大学院 経営情報学研究科2年 • 学部を飛び級して大学院へ進学 • 学部から数学研究室というところにいます(通称: 数研) • 研究室のプロジェクトで情報システム開発を行って ます • Twitter : @AyumiHOSOZAWA • FaceBook : Ayumi HOSOZAWA • 研究室HP : suken.u-shizuoka-ken.ac.jp/
  • 12. 数研というところ • プロジェクト指向教育(POE; Project Oriented Education) – 学部1年から大学院生まで一貫した教育 – 複数のプロジェクトに全員参加 • 産学官連携でソフトウェア開発 • 論文執筆、研究会・学会発表 • 学内貢献 – 「教えない」教育 – 失敗の奨励
  • 13. 私の歴史 • 大学に入る前 – フツーの高校生 • 大学入学後 – 全国少年少女草サッカー大会支援システムの開発 • NPO法人ふじのくに情報ネットワーク機構と協働 • 学生主体 • 2008年総務省U-Japan大賞「地域活性化部門賞」の受 賞 • 現在 – 情報通信技術地域人材教育プロジェクト • 平成21年度2次補正予算補助事業 • 県内自治体と県内企業が事業主体 • 8月中旬スタート、11月納品 • PMをやってます
  • 14. まず、アイスブレイクしましょう♪
  • 15. アイスブレイクタイム • 自己紹介(10分ぐらいで) – 自己紹介の順番は • 今日来るまでに電車で乗り換えた回数 • 今日来るのにかかった時間 • 今月見た映画の数 とか、もっと面白いやつで – 自己紹介の内容 • 1.自分の名前(ニックネーム可) 2.今日なぜここに来たのか? とか • 簡単なディスカッション – テーマは後ほど♥
  • 16. 自己紹介タイム (10分ぐらい)
  • 17. お待ちかね、 ディスカッションのテーマ発表
  • 18. ディスカッションのテーマ 『IT業界のイメージ= 7Kで良いのか!?』
  • 19. 7K? 3K 4K – きつい – 規則が厳しい – 帰れない – 休暇が取れない – 給料が安い – 化粧がのらない – 結婚できない 7K!
  • 20. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージを一言でいうと? 理由:先進技術を知れる機会が多い。(学部4年生) 新しい 理由:世界のどこかで必要とされてる,最先端の クリエイティブな空間 ものが常に作られているイメージがあるから (学 部4年生) 理由:知識が必要な産業だと思うのと、最先端 インテリ で現代らしいスタイリッシュさがあるから。 (学部3年生) 理由:どんな仕事をしているか、よくわかりま ずっとパソコンの前にい せんが、プログラマーが作業しているイメージ る仕事 だからです。 (学部3年生) 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  • 21. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージを一言でいうと? 理由:開発スケジュール等、きつい状況で働くこと デスマーチ が多い感じがする。 (学部3年生) 理由:いろいろなところで衰退している、といった話を聞く ため。また、自分としてもソフトウェア産業だけで見たらこ 衰退 こからさらに成長していくとは思えないため。(無くなるわ けではなく、必要ではあると感じるが・・・) (学部4年 生) 理由:経験上 (学部3年生) デスマーチ 理由:常に進化しつつある情報に自分が追いつかな ついていけない、 いから。 (学部1年生) 厳しい 理由:自分の周りの情報学部の学生に、そういう人 が多いから(笑)。何かに対して、強いこだわりを オタク 持ってたり、凝り性な人が多い気がする。 (学部3 年生) きつい 理由:バグやエラーがなくなるまで帰れなさそうだ から。 (学部3年生) 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  • 22. 周りの学生にも聞いてみた Q. ソフトウェア業界のイメージ 技術やスキルが身につ く 6 仕事がきつい(きつけ 4.8 夢がある れば低位) 4 3.8 2 2 給料が低い(低ければ 3.7 0 4.1 かっこいい 低位) 技術やスキルは身につくけ ど、仕事がきついというイ メージ 2.5 仕事の内容がわかりや 4.3 仕事にやりがいがある すい 3.6 働いている人たちが自 分の仕事に誇りを持っ 静岡県立大学経営情報学部生(学部1年~4年生) 10名からの回答。 ている うち、6名は同じ研究室もしくは元研究室で活動していた学生。
  • 23. 他産業との比較 @IT 自分戦略研究所 – 「第9回 やりがいがある仕事は何? 各業界のイメージ選手権」より抜粋 http://lab.jibun.atmarkit.co.jp/entries/536 元のデータは、IPA(情報処理推進機構)編集の「IT人材白書2009」を元に作成されており、大学3年生以上の学生600名に対し て「情報サービス産業のイメージ分析調査」を実施したもの。
  • 24. 他産業との比較 @IT 自分戦略研究所 – 「第9回 やりがいがある仕事は何? 各業界のイメージ選手権」より抜粋 http://lab.jibun.atmarkit.co.jp/entries/536 元のデータは、IPA(情報処理推進機構)編集の「IT人材白書2009」を元に作成されており、大学3年生以上の学生600名に対し て「情報サービス産業のイメージ分析調査」を実施したもの。
  • 25. 『IT業界のイメージ=7Kで良いのか!?』 • これって本当? • そう思われていることにどう感じますか? • それで良いのですか? • どうしたら改善できますか?
  • 26. 私の考え • 私も学部1年生の頃はそう思っていました。 • 実際に、こういう場面は有り得る、と思う。 • でも、こればかりではない! し、 なにより、私はこの業界が好き。 • 自分にできることを探そう – 今なら、この経験を共有することとか – 卒業後なら、後輩へのアピール、大学連携とか
  • 27. 暖まってきたところで…
  • 28. Agile Conferenceとは? • Agileの国際カンファレンス • 今年は8月9日~8月13日(5日間)開催 • 今年はアメリカのオーランド • ホテルはディズニー直営ホテル • 今年は38カ国、1400人の参加 • 参加費 $1999(Non Memberの場合)
  • 29. Agile2010参加までの道のり 2010年2月10日 いきなりこんなメールが…
  • 30. Agile2010参加までの道のり • そもそも、アジャイルって何?(agaileではない) • すくすくスクラムって何? (よく分からない名前...) • 英語できないけど… (通訳してくれる人がいるならいっか)
  • 31. ♪ ♪♪ でも、面白そう
  • 32. Agile2010参加までの道のり • さらに、30万ぐらいかかるらしい…orz • 学生はそんなにお金がない、ということ でかわぐちさんがスポンサーを探してく ださいました。
  • 33. Agile2010参加までの道のり • スポンサーも揃ったところで、選考をし ました。 選考の詳細(http://d.hatena.ne.jp/wayaguchi/20100407/1270645651) 対象となる方: [必須] 2010/08/03 時点で満21歳以上であること 合法的に飲酒可能なお店に入ることができる方。アルコールが飲めなくてもいいです。 世界中から集まるアジャイルコーチとコミュニケーションを円滑にとるための条件です。 [必須] 2010/08/03 時点で学生であること [望ましい] IT系企業へ就職、ないし、IT系での独立をお考えの方 合格者の義務 Agile2010カンファレンスに行って頂くこと 雑誌/Webサイトなどに、参加レポートを書いて頂くこと すくすくスクラムでご発表頂くこと 選考のための提出物エッセイ「Agile2010にむけて」(ポジションペーパー) A4一枚程度 私はどういう人で これからどういうことをやっていきたいと考えていて Agile2010では、どういうことを学びたいと考えているか
  • 34. Agile2010参加までの道のり • 2名の募集 • スポンサーと参加者が参加するメーリン グリストで議論されました • その結果、私が行くことに!
  • 35. Agile2010参加までの道のり • 参加決定後 – 何回か打ち合わせ – Tech Fieldersセミナー Agile Day 3に参加 – 一応、アジャイルの勉強 • 『アジャイルソフトウェア開発スクラム』 - Ken Schwaber, Mike Beedle • 『アジャイルな見積もりと計画作り』 - Mike Cohn • 『Agile Estimating and Planning』 - Mike Cohn • 『Scaling Software Agility』 - Dean Leffingwell – 一応、英語の勉強 • Speed Learningやってみたり – 渡航の準備
  • 36. Agile2010参加までの道のり とーぅっ いざ、出発!!!
  • 37. ここで休憩 • お酒も飲んで、トイレも近くなってるこ とですし... • 10分ぐらい休憩 はじまるよー 開始 2分半ぐらい 5分ぐらい 7分半ぐらい 終了
  • 38. 前半戦のまとめ ★ 自己紹介 ★ アイスブレイク ★ Agile 2010への道のり ★ 出発!
  • 39. さーて、後半戦は? ★ Agile2010をふりかえる ★ Agile2010に行って感じたこと ★ Agile2010参加後の変化 ★ ディスカッション
  • 40. 写真で ふりかえる Agile2010 9/4 XP祭りでのセッションとほぼ同じなので、詳しくはここを見てください → http://kokucheese.com/event/index/2167/
  • 41. 2日目 Dave Thomasの基調講演 約1400人のオーディエンス
  • 42. 2日目 Dinner with a Stranger スポンサーのブースがいっぱい
  • 43. セッションの様子
  • 44. Open Jamの様子
  • 45. 4日目 Conference Party なんと場所はディズニー
  • 46. 参加したセッション • Patterns for customer interaction – Linda Rising • Agile Estimating & Planning – Mike Cohn • A Non-Software Scrum Experience – Halim Dunsky • Scrum and Kanban – Damon Poole • Leading a Self-Organizing Team – Mike Cohn • Beyond Sprint 0 – Jeff Patton • Lean in a Nutshell – Mary Poppendieck • Kanban and Scrum – Henrik Kniberg Agile2010のiPhoneアプリ
  • 47. 本当のセッションは夜から…
  • 48. 毎晩飲み明かしてました… ブブゼラ
  • 49. Agile2010に行って感じたこと
  • 50. Agile2010に行って感じたこと • 熱い! • 参加者は、ユーザや顧客、チームのことを一 番に考えている • 問題意識も強い • みんな優しい! • 私の拙い英語でも熱心に聞いてくれて、丁寧 に答えてくれる。分からない、といえば教え てくれる
  • 51. Agile2010に行って感じたこと • ディスカッションが活発! – 質問もセッションの途中でバンバンでる – 参加者同士で議論が白熱することも – ディスカッションに参加することに意味がある • 発表者のプレゼン力がすごい – プレゼンうまい。笑いが絶えない。 – プレゼンの機会が多い人たち • 若い人が少ない – アジャイルコーチなど教えている人が多いため、若 い人が少ない – もっと若い人が増えると良いなぁ
  • 52. 私(学生という立場)からみた アジャイル界
  • 53. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • 日本のソフトウェア産業もまだいける! – うちの学部ではあまり情報系は人気がない – ソフトウェア産業は7Kというイメージ – でもそればっかりではない。今、変わろうとして いる • 日本もまだまだ捨てたもんじゃない? – 日本の製造業の良さが取り入れられている • こんなスゴイ企画ができる – 他の国は学生はおそらくいなかった
  • 54. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • スクラムマスターってかっこいい • 無茶ぶりが多い気がする – きっと愛 • 仕事が楽しい – XP祭りでの資料作成 – カンファレンスで初めて会った人と発表 – どんどん進んでいく – XP祭り、発表しやすい雰囲気
  • 55. 私(学生という立場)からみたアジャイル界 • 一言でいうと... 気持ちいい
  • 56. Agile2010参加後の変化
  • 57. いくつか自分自身の中 で変化がありました。
  • 58. Agile2010参加後の変化 • 誰のためのシステムか?を常に考える-ユー ザ視点 – でも顧客の言葉は鵜呑みにしない。UXの観点 • もっと人を信じよう、チームを信じよう • リーダーは指示してはいけない • 判断はチームのメンバーに • チームのメンバーが楽しく開発できるような 環境の整備 • なるべくメンバーの近くにいる • メンバーのプライベートも大事。できるだけ 付き合ってあげる
  • 59. 具体的にやったこと • もともとPG3人のみ • 工数的にこの人数では厳しいとチームのメン バーから意見が出ました • 1年生や元研究室のメンバーに手伝ってくれ との要請しました • HTML・CSSの制作チーム、テストチームを 作った • 彼らの要望を取り入れてやりたいところをや ってもらう • 1年生をリーダーにする
  • 60. 今の悩み • 自己組織化できない – プロジェクトの構造上難しい? – 自己組織化するには、メンバーの責任感を高める必要がある – 自己組織化されているチームもある(その差は?) • リーダーのあり方の共有ができていない – 「判断はチームに任せる」は無責任にも見える • 教育との兼ね合い – 私自身も教育されている立場 – 教えない教育 • 楽しみながらできているのか?疑問 – 私自身が楽しまなければいけない – 何が苦痛となっているのか?ちゃんと聞く必要があるかもしれ ない
  • 61. ディスカッション
  • 62. ディスカッションのテーマ あなたが今、一番、学びたいことは何ですか ?どうして、それを学びたいですか?
  • 63. ディスカッションタイム!
  • 64. 私の考え • 学生のうちに色々な経験をする – 本物に会う • 問題発見、解決能力を身につける – こんな時代でも生き残れる能力を!
  • 65. さいごに • Agile2010に参加して、たくさんの刺激を 受けました • 来年もこの企画をぜひ実施してほしい! – 寄付お願いします!(@kawagutiさんまで) • この経験を他の学生に伝えたい – 大学で報告会の企画中 • スポンサーの皆様、ありがとうございま した
  • 66. おしらせ @kwagutiさんと翔泳社様の EnterpriseZinでレポート書きました http://enterprisezine.jp/article/detail/ 2507 プロフィールの写真がサギと か言わないでねw
  • 67. おしらせ その2 来年は一緒に行きましょう!
  • 68. • 2011年8月18日~21日 開催 • 場所はアメリカのユタ州ソルトレイク! • 相方さんを連れて行きましょう! • http://agile2011.agilealliance.org/ ここにメールください。 悩みや不安はみんなで乗り越えましょう! AgileConf@sukusuku-scrum.jp
  • 69. おしらせ その2 • そうだ!Agile2011へ行こう!!こくちーず • http://kokucheese.com/event/index/4392/ ここでチームジャパンの 仲間入りしよう!
  • 70. おわり ご静聴ありがとうございました。 フィードバック頂けると嬉しいです。 → @AyumiHOSOZAWA 画像提供してくださった @daipresentsさん、@nobiinu_andさんありがとうございます! 素材にFLOP DESIGNさんのものを使用しています。ありがとうございます!http://www.flopdesign.com/