第33回すくすくスクラム         ∼アジャイルすいすい∼           (開発者 )∼               2012/7/25(水)               松浦洋介@ayaya102412年7月26日木曜日
松浦 洋介         Yosuke Matsuura         Twitter:@ayaya1024         認定スクラムマスター         認定スクラムプロダクトオーナー         ・2チームのスクラムマスター...
Ultimate Agile Stories                   -Iteration 2                8月の夏コミで                 発売予定!12年7月26日木曜日
寄稿しました12年7月26日木曜日
アジャイルすいすい∼(開発者   )12年7月26日木曜日
本日は、効率よくカイゼンする為の種探し12年7月26日木曜日
参加者全員で      困っていること   今までの事例や経験                            現在困っていることを         参加目的                  自分が現場に    KAIZENするために ...
やること    やらないこと       • アイスブレイク     • 契約       • アジャイル開発     • 管理者向けアジャイル推進       • ダイアログ1      • 経営者向けアジャイル推進       • 導入事例...
アイスブレイク12年7月26日木曜日
1   現場のアジャイル度が高い              2              3              4                     一列に整列              5              6     ...
ご自身の番号のテーブルへ移動してください                      スクリーン              1               5                  3               7         ...
❶ ネームプレート作り                        5分                   松浦              松浦    •   1人ずつ自分の名前やニック        ネームなどを書いてください。    •...
❷ 困っていること、参加目的を付箋へ記入      困っていること   今までの事例や経験   10分                  自分が現場に         参加目的      持ち帰って                 Tryしたい...
アジャイル開発12年7月26日木曜日
アジャイル開発とは?          不確実なビジネス環境の中で変化する           ニーズへの迅速な対応を目的とした              ソフトウェア開発手法       出典:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)     ...
アジャイル開発の特徴       • 顧客の参画の度合いが強い       • 動くソフトウェアを成長させながら作る       • 反腹・斬新型である       • 人とのコミュニケーション、コラボレーション              を重...
アジャイル開発種類の利用割合                                                  ScrumやXPの                                                 ...
アジャイル開発導入拡大の障壁                                                  組織文化の障壁が                                                  ...
SUCCEEDING WITH AGILE                                洋書の内容を                               一部抜粋します。                        ...
ADAPTing to Scrum ∼スクラム導入を成功させるために必要な5つの活動∼                 同じやり方をして違う結果を得ることが  Awareness                    難しいことに気づくこと  ...
スクラム導入の簡易版(非公認)        活動例         1人アジャイル     ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない                     ・ふりかえり        チームアジャイル...
ダイアログ112年7月26日木曜日
各テーブルで      スクラム導入(簡易版)を     参考に一人ひとりがどの位置に      いるのかを共有しましょう              10分12年7月26日木曜日
導入事例12年7月26日木曜日
∼NECビッグローブ株式会社事例∼12年7月26日木曜日
新規開発案件だけでなく              システム運用業務にまで              アジャイル開発手法を応用              するぜぇ∼12年7月26日木曜日
キックオフで全チーム、開発関連会社が発表12年7月26日木曜日
7人                 4人              (2012/7/25時点)12年7月26日木曜日
IPA主催セミナーでスクラム導入事例を発表                    http://bit.ly/qvBKSm                      http://bit.ly/rYNy9912年7月26日木曜日
http://bit.ly/qvBKSm12年7月26日木曜日
http://bit.ly/qvBKSm12年7月26日木曜日
スクラムって何?12年7月26日木曜日
手探り12年7月26日木曜日
スクラムとは              問題を表面化するため               のフレームワーク12年7月26日木曜日
スクラムチーム数                              絶賛                             チーム数        7倍up                 拡大中!              20...
∼NECソフトウェア東北株式会社事例∼                アジャイル開発は              過去に1件実績あり。               その後、実績なし。12年7月26日木曜日
スクラム導入の簡易版(非公認)        活動例         1人アジャイル     ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない                     ・ふりかえり        チームアジャイル...
ふりかえり(レトロスペクティブ)とは      プロジェクトの現状を点検しKAIZENを           推進するための手法12年7月26日木曜日
タスクかんばん事例12年7月26日木曜日
∼KPT式ふりかえり∼                     • 以下の頭文字を取ったもの                       で、理解しやすい構成。        Keep         • Keepは、良かったので次      ...
12年7月26日木曜日
12年7月26日木曜日
カイゼン前は、対立が発生!12年7月26日木曜日
(時間的猶予がない状態の話)              タスクかんばん派         Backlogs派       Backlogsプラ             タスクかんばんに       グインのカイゼン               ...
Try    チーム内で納得のいくまで    議論して、タスクかんばんを        使うことに              決めては、アナログにプロセスを変えてみて              問題があったら、元に戻すことにしたこと12年7月2...
Change12年7月26日木曜日
反対していたメンバーも       協力して常にカイゼンして         いったのが良かった12年7月26日木曜日
摩れ合うチームは、強くなる12年7月26日木曜日
アジャイルチーム              結成後2週間のチームで               アジャイル度を評価12年7月26日木曜日
チームTの事例12年7月26日木曜日
チームに信頼があるか?               Yes,Yes,No,Yes12年7月26日木曜日
あれ?              チームになっていない!12年7月26日木曜日
Try              • チーム内の対話を増やすこと              • 何か困っていることがないかを常               に確認すること              • 一緒に悩み、解決案を導くこと       ...
Change   • コーチ、大好きです(泣)   • チームメンバー、一人ひとりが素直に何で        も話しをする仲に(透明化)              話を親身になって聞いて解決すると                 信頼関係が築か...
ふりかえりのアンチパターン12年7月26日木曜日
アンチパターン その1 ➡課題から意見を出し合うこと Problem        •     場の雰囲気が悪い状態からふりかえりが始まり、意              見が出にくくなる        •     思っていたことも発言されず、ふ...
アンチパターン その2 ➡ふりかえり日が設定されていないこと Problem        •     通常のスケジュールに組み込まれていないため、忙              しいを理由にふりかえりが開催されないこと      Try    ...
アンチパターン その3 ➡タイムオーバーで強制終了すること Problem       •      観点を絞れず、発散したモヤモヤ状態でふりかえり              が強制終了されること      Try       •      タ...
アンチパターン その4 ➡課題に対する対策が浅く、観点がずれてい ること Problem       •      課題に対して、深堀が出来ていない       •      観点がずれているため、無駄な作業をしている      Try    ...
アンチパターン その5 ➡対策を出したが、放置されていること Problem       •      ふりかえりで出したTry(対策)が無意味になること       •      誰かが、いつかはやってくれるだろう、人任せの精神       ...
朝会のアンチパターン12年7月26日木曜日
アンチパターン その1 ➡朝会が進 会になり、空中戦が始まること Problem       •      朝会が15分以上かかること       •      話をする人が偏ってしまうこと       •      時間の無駄使いをしてしまう...
アンチパターン その2 ➡朝会のファシリテータが元気ないこと Problem       •      声が小さくて、何を言っているのか聞き取れない       •      チームのモチベーションが上がらない(低下につな           ...
スクラム導入の簡易版(非公認)        活動例         1人アジャイル     ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない                     ・ふりかえり        チームアジャイル...
Scrumチームで成果を出さないと…12年7月26日木曜日
スキルアップ               するのは              簡単でない12年7月26日木曜日
スクラムマスター事例12年7月26日木曜日
Scrum開発歴:2ヶ月で               スクラムマスターを担当12年7月26日木曜日
空気で感じるプレッシャー                http://bit.ly/MCjY0b12年7月26日木曜日
毎日、              スクラムマスター              として、PJを成功              できるよう努力12年7月26日木曜日
しかし、空回り…12年7月26日木曜日
従来のプロジェクトリーダー化(?)・チームに指示をしてしまい、率先した作業を阻害                     http://bit.ly/QnxBRc12年7月26日木曜日
見事、(プチ)ウォーターフォール完成∼12年7月26日木曜日
パパから、一冊の本を差し出された12年7月26日木曜日
出典:http://amzn.to/qN3g8V12年7月26日木曜日
コーチングとは?    コミュニケーションを通じて、    相手が成し遂げたいことを見つけ出し、    どうやったら実現できるかを探求し、    行動を促し、    実際に結果を創り出すことをサポートするスキル  観察させ方法を編み出させるスキ...
スクラムマスターが決めずに          チームメンバーが決める     プロダクトオーナー        チーム              What?   How?12年7月26日木曜日
スクラムマスターは               チームの一人ひとりが              最大限のパフォーマンスを                発揮できるように                 サポートする12年7月26日木曜日
Try      鳥の目のように全体を俯瞰して          ウォッチする                    状況把握12年7月26日木曜日
Try         メンバーに不安がある場合は             話をよく聞いて           引っかかりを取り除く              不安な意識をクリア               (クリアリング)12年7月26日木曜日
Try                可能を開き              前に進めるよう導く              ファシリテーション12年7月26日木曜日
Change               チーム一人ひとりが               率先してイキイキと                行動するように!                  自己組織化へ12年7月26日木曜日
急がば回れ12年7月26日木曜日
スクラムマスターの働き方               次第でチームが一気に                   変わる12年7月26日木曜日
プロダクトオーナー巻き込み事例12年7月26日木曜日
•確保できない)               多忙(週に3時間しか時間を        PO              •バーする事が多発               会議が発散して、タイムオー              •い感じがする    ...
Try                    ランチミーティング開催              信頼関係を早い段階で確保12年7月26日木曜日
Change          • 率先的にプロダクトオーナーが朝会に参加              するようになった          • 会議時間内に議論が出来るようになった          • 多忙のプロダクトオーナーが最優先に時間  ...
うれしかったこと              ずっと一緒のチームでやっていきたい!12年7月26日木曜日
チームビルディング          重要!12年7月26日木曜日
ダイアログ212年7月26日木曜日
今までの事例や経験、Tryしたいことを付箋へ記入      困っていること   今までの事例や経験   10分                 自分が現場に         参加目的     持ち帰って                Tryした...
浸透・展開事例12年7月26日木曜日
スクラム導入の簡易版(非公認)        活動例         1人アジャイル     ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない                     ・ふりかえり        チームアジャイル...
チーム内でプラクティスが                  回り始めると                ある問題が発生する12年7月26日木曜日
マンネリ化12年7月26日木曜日
Try              違うものを              試してみる12年7月26日木曜日
∼喜怒哀式ふりかえり∼                        Change                     • 毎日の感情を素直にふり                       かえる                     ...
∼ラーニングマトリックス式ふりかえり∼                                  Change                               • アイデア出しの時間がな    良かったこと         ...
朝会で共有              ➡横展開12年7月26日木曜日
社内勉強会12年7月26日木曜日
その他活動   • 社長賞の受賞                • 異文化交流会                • 社外交流会                • 各種社内勉強会                 • ラボ定例           ...
スクラム導入の簡易版(非公認)        活動例         1人アジャイル     ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない                     ・ふりかえり        チームアジャイル...
アジャイルサムライ                 2011年7月発売                    各地で                 アジャイルサムライ                  読書会が開催12年7月26日木曜日
アジャイルサムライ読書会に参加              たくさんのトップエンジニア達と                 出会い、刺激を得る!12年7月26日木曜日
アジャイルサムライ読書会                BIGLOBE道場開催    社内でグループ組織外のメンバーも読書会に参加           社外も含めて開催       スキルアップ+コネクションアップ12年7月26日木曜日
気に入ってくれる人、              気に入ってくれない人の                 両方がいた!12年7月26日木曜日
気に入ってくれない人              がいるのは、なぜか?12年7月26日木曜日
(仮説)過去の成功法があり、      今までやってきたプロセスを        変えたくないから。12年7月26日木曜日
過去のやり方         (ウォーターフォール開発)            を否定しないで            新しいやり方           (アジャイル開発)          を紹介することが大切12年7月26日木曜日
アジャイルをやることが       目的ではない。   効率良くカイゼンして今まで       よりもお客様に  価値を提供するのが目的である。  だから、アジャイルじゃない方が      良いものもある。12年7月26日木曜日
人を変えるのは                 難しい                  ➡              自分を変えること12年7月26日木曜日
いつか興味を示してくれる人          が出てきて、変わってくる12年7月26日木曜日
そんな中            気に入ってくれた          スポンサー(仲間)をGet!!12年7月26日木曜日
全社的に広めるために     全社の生産管理部門を仲間に!12年7月26日木曜日
開催したこと  ・事業部向けアジャイル開発事例  ・ふりかえりのワークショップ   ∼ボールポイントゲーム∼   ・全社向けアジャイル勉強会   ・社外向けアジャイル勉強会   ∼レッツゴーデベロッパー    THE NEXT 前夜祭∼12年7...
Try                    はじめて社外向けの                     勉強会を開催した12年7月26日木曜日
キーマンを仲間にしていたので        一週間以内で企画から        告知することができた              つながりは超重要12年7月26日木曜日
Change        参加者                 •とても楽しかった                 •次回もぜひ、参加したい                 •欲しい                  今回のような勉強会を増...
「やりたいようにやって         何かあれば言って∼」      というアタタかい声援を頂いた12年7月26日木曜日
強い信念で              やり遂げようとする気持ち              が協力者を増やす秘訣!12年7月26日木曜日
Change社外向けの勉強会(コミュニティ)   へ会場提供してくれる     ようになった12年7月26日木曜日
Change         全社向けアジャイル勉強会を          8月9日に開催予定!  実践ふりかえり ワークショップ  ∼あなたの悩みを解決します∼12年7月26日木曜日
成果        • 社長賞の受賞12年7月26日木曜日
ダイアログ312年7月26日木曜日
今までの事例や経験、Tryしたいことを付箋へ記入      困っていること   今までの事例や経験   10分                 自分が現場に         参加目的     持ち帰って                Tryした...
まとめ12年7月26日木曜日
アジャイルプラクティスを               全部取り入れるのが              アジャイル推進ではない12年7月26日木曜日
自分達に合った        プラクティスを取り入れ       KAIZENしていくことが大切              ふりかえりが超重要12年7月26日木曜日
アジャイルに開発するチーム          が増えて、より良い業界に           していきましょう!12年7月26日木曜日
すいすい∼12年7月26日木曜日
ご清聴ありがとうございました12年7月26日木曜日
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

20120725 SukuSuku Scrum_No33

330

Published on

第33回すくすくスクラム ~アジャイルすいすい〜(開発者篇)~

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
330
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20120725 SukuSuku Scrum_No33

  1. 1. 第33回すくすくスクラム ∼アジャイルすいすい∼ (開発者 )∼ 2012/7/25(水) 松浦洋介@ayaya102412年7月26日木曜日
  2. 2. 松浦 洋介 Yosuke Matsuura Twitter:@ayaya1024 認定スクラムマスター 認定スクラムプロダクトオーナー ・2チームのスクラムマスター ・1チームのアジャイルコーチ ・すくすくスクラムスタッフNECビッグローブ株式会社勤務(トップダウン推進)NECソフトウェア東北株式会社所属(ボトムアップ推進)12年7月26日木曜日
  3. 3. Ultimate Agile Stories -Iteration 2 8月の夏コミで 発売予定!12年7月26日木曜日
  4. 4. 寄稿しました12年7月26日木曜日
  5. 5. アジャイルすいすい∼(開発者 )12年7月26日木曜日
  6. 6. 本日は、効率よくカイゼンする為の種探し12年7月26日木曜日
  7. 7. 参加者全員で 困っていること 今までの事例や経験 現在困っていることを 参加目的 自分が現場に KAIZENするために 持ち帰って Tryしたいこと 良い種を探して現場に 持ち帰りましょう!12年7月26日木曜日
  8. 8. やること やらないこと • アイスブレイク • 契約 • アジャイル開発 • 管理者向けアジャイル推進 • ダイアログ1 • 経営者向けアジャイル推進 • 導入事例 • ダイアログ2 • 浸透・展開事例 • ダイアログ3 • まとめ12年7月26日木曜日
  9. 9. アイスブレイク12年7月26日木曜日
  10. 10. 1 現場のアジャイル度が高い 2 3 4 一列に整列 5 6 7 8 1 してください 2 3 … 現場のアジャイル度が低い12年7月26日木曜日
  11. 11. ご自身の番号のテーブルへ移動してください スクリーン 1 5 3 7 2 6 4 812年7月26日木曜日
  12. 12. ❶ ネームプレート作り 5分 松浦 松浦 • 1人ずつ自分の名前やニック ネームなどを書いてください。 • グループ内で自己紹介をしてく ださい。12年7月26日木曜日
  13. 13. ❷ 困っていること、参加目的を付箋へ記入 困っていること 今までの事例や経験 10分 自分が現場に 参加目的 持ち帰って Tryしたいこと • 1人ずつ自分が困っていること や本日の参加目的を付箋に書い てください。 • グループ内で一人ずつ共有しな がら付箋を貼ってください。12年7月26日木曜日
  14. 14. アジャイル開発12年7月26日木曜日
  15. 15. アジャイル開発とは? 不確実なビジネス環境の中で変化する ニーズへの迅速な対応を目的とした ソフトウェア開発手法 出典:IPA(独立行政法人情報処理推進機構) http://sec.ipa.go.jp/reports/20110407/20110407_2.pdf12年7月26日木曜日
  16. 16. アジャイル開発の特徴 • 顧客の参画の度合いが強い • 動くソフトウェアを成長させながら作る • 反腹・斬新型である • 人とのコミュニケーション、コラボレーション を重複する • 開発前の要求の固定を前提としない 出典:IPA(独立行政法人情報処理推進機構) http://sec.ipa.go.jp/reports/20110407/20110407_2.pdf12年7月26日木曜日
  17. 17. アジャイル開発種類の利用割合 ScrumやXPの 開発方法論が人気 出典:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)            「非ウォーターフォール型開発に関する調査(調査報告書)調査報告書」 P.204 http://sec.ipa.go.jp/reports/20100330a/20100330a_1.pdf12年7月26日木曜日
  18. 18. アジャイル開発導入拡大の障壁 組織文化の障壁が 大きい∼! 出典:IPA(独立行政法人情報処理推進機構)            「非ウォーターフォール型開発に関する調査(調査報告書)調査報告書」 P.205 http://sec.ipa.go.jp/reports/20100330a/20100330a_1.pdf12年7月26日木曜日
  19. 19. SUCCEEDING WITH AGILE 洋書の内容を 一部抜粋します。 (適当意訳です) Kindleは、安い のでおすすめ! 出典:http://amzn.to/Hq7aak12年7月26日木曜日
  20. 20. ADAPTing to Scrum ∼スクラム導入を成功させるために必要な5つの活動∼ 同じやり方をして違う結果を得ることが Awareness 難しいことに気づくこと 今の問題を解決するためにスクラムを Desire 導入するという欲求を持つこと Ability スクラムを導入する能力を身につけること 経験談の共有などを通じて Promotion スクラムを薦めていくこと Transfer スクラムの含意を全社的に広げること12年7月26日木曜日
  21. 21. スクラム導入の簡易版(非公認) 活動例 1人アジャイル ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない ・ふりかえり チームアジャイル (チームでプラクティスを試した) テキスト ・スクラムマス ター チームアジャイル浸透 (チーム内でプラクティスが回り始めた) ・社内勉強会 チームアジャイル横展開 (隣のチームにアジャイルを薦めた) ・社外勉強会 全社アジャイル (全社でアジャイルを導入した)12年7月26日木曜日
  22. 22. ダイアログ112年7月26日木曜日
  23. 23. 各テーブルで スクラム導入(簡易版)を 参考に一人ひとりがどの位置に いるのかを共有しましょう 10分12年7月26日木曜日
  24. 24. 導入事例12年7月26日木曜日
  25. 25. ∼NECビッグローブ株式会社事例∼12年7月26日木曜日
  26. 26. 新規開発案件だけでなく システム運用業務にまで アジャイル開発手法を応用 するぜぇ∼12年7月26日木曜日
  27. 27. キックオフで全チーム、開発関連会社が発表12年7月26日木曜日
  28. 28. 7人 4人 (2012/7/25時点)12年7月26日木曜日
  29. 29. IPA主催セミナーでスクラム導入事例を発表 http://bit.ly/qvBKSm http://bit.ly/rYNy9912年7月26日木曜日
  30. 30. http://bit.ly/qvBKSm12年7月26日木曜日
  31. 31. http://bit.ly/qvBKSm12年7月26日木曜日
  32. 32. スクラムって何?12年7月26日木曜日
  33. 33. 手探り12年7月26日木曜日
  34. 34. スクラムとは 問題を表面化するため のフレームワーク12年7月26日木曜日
  35. 35. スクラムチーム数 絶賛 チーム数 7倍up 拡大中! 2011/7 2012/7 2チーム 14チーム以上 (2012/7/25時点)12年7月26日木曜日
  36. 36. ∼NECソフトウェア東北株式会社事例∼ アジャイル開発は 過去に1件実績あり。 その後、実績なし。12年7月26日木曜日
  37. 37. スクラム導入の簡易版(非公認) 活動例 1人アジャイル ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない ・ふりかえり チームアジャイル (チームでプラクティスを試した) ・スクラムマス ター チームアジャイル浸透 (チーム内でプラクティスが回り始めた) ・社内勉強会 チームアジャイル横展開 (隣のチームにアジャイルを薦めた) ・社外勉強会 全社アジャイル (全社でアジャイルを導入した)12年7月26日木曜日
  38. 38. ふりかえり(レトロスペクティブ)とは プロジェクトの現状を点検しKAIZENを 推進するための手法12年7月26日木曜日
  39. 39. タスクかんばん事例12年7月26日木曜日
  40. 40. ∼KPT式ふりかえり∼ • 以下の頭文字を取ったもの で、理解しやすい構成。 Keep • Keepは、良かったので次 もやりたいこと。 Try • Problemは、問題だった のでやめたいこと。 Problem • Tryは、次にやってみたい こと。 Tryの優先順位やいつまでに改善するか決定12年7月26日木曜日
  41. 41. 12年7月26日木曜日
  42. 42. 12年7月26日木曜日
  43. 43. カイゼン前は、対立が発生!12年7月26日木曜日
  44. 44. (時間的猶予がない状態の話) タスクかんばん派 Backlogs派 Backlogsプラ タスクかんばんに グインのカイゼン 切り替えることで 検討から入ってカ スタマイズするま VS プロセスが変わる ため、進 に影響 で時間がない。 が出る。12年7月26日木曜日
  45. 45. Try チーム内で納得のいくまで 議論して、タスクかんばんを 使うことに 決めては、アナログにプロセスを変えてみて 問題があったら、元に戻すことにしたこと12年7月26日木曜日
  46. 46. Change12年7月26日木曜日
  47. 47. 反対していたメンバーも 協力して常にカイゼンして いったのが良かった12年7月26日木曜日
  48. 48. 摩れ合うチームは、強くなる12年7月26日木曜日
  49. 49. アジャイルチーム 結成後2週間のチームで アジャイル度を評価12年7月26日木曜日
  50. 50. チームTの事例12年7月26日木曜日
  51. 51. チームに信頼があるか? Yes,Yes,No,Yes12年7月26日木曜日
  52. 52. あれ? チームになっていない!12年7月26日木曜日
  53. 53. Try • チーム内の対話を増やすこと • 何か困っていることがないかを常 に確認すること • 一緒に悩み、解決案を導くこと • 話をじっくり聞くこと • 誕生日を祝うこと12年7月26日木曜日
  54. 54. Change • コーチ、大好きです(泣) • チームメンバー、一人ひとりが素直に何で も話しをする仲に(透明化) 話を親身になって聞いて解決すると 信頼関係が築かれる12年7月26日木曜日
  55. 55. ふりかえりのアンチパターン12年7月26日木曜日
  56. 56. アンチパターン その1 ➡課題から意見を出し合うこと Problem • 場の雰囲気が悪い状態からふりかえりが始まり、意 見が出にくくなる • 思っていたことも発言されず、ふりかえりの効果が 半減してしまう Try • はじめに、良かったこと、継続したいことを出し合 う12年7月26日木曜日
  57. 57. アンチパターン その2 ➡ふりかえり日が設定されていないこと Problem • 通常のスケジュールに組み込まれていないため、忙 しいを理由にふりかえりが開催されないこと Try • ふりかえりする曜日と時間を設定する • (補足)毎日、毎週、スプリント毎にそれぞれ1回 はふりかえりを開催すると良い12年7月26日木曜日
  58. 58. アンチパターン その3 ➡タイムオーバーで強制終了すること Problem • 観点を絞れず、発散したモヤモヤ状態でふりかえり が強制終了されること Try • タイムボックスを設定して、その時間までに最低限解 決すべき最優先事項の課題を選んで対策を検討する • ファシリテーターとタイムキーパーを設定する12年7月26日木曜日
  59. 59. アンチパターン その4 ➡課題に対する対策が浅く、観点がずれてい ること Problem • 課題に対して、深堀が出来ていない • 観点がずれているため、無駄な作業をしている Try • なぜ?を繰り返して、深堀をする • そもそも、これは何の目的でやっているのかを確認 して深堀をする12年7月26日木曜日
  60. 60. アンチパターン その5 ➡対策を出したが、放置されていること Problem • ふりかえりで出したTry(対策)が無意味になること • 誰かが、いつかはやってくれるだろう、人任せの精神 になってしまうこと Try • Try(対策)は、誰がいつまでに何をやるのかを明確に決 めること • 朝会で、Try(対策)の進 状況を確認すること12年7月26日木曜日
  61. 61. 朝会のアンチパターン12年7月26日木曜日
  62. 62. アンチパターン その1 ➡朝会が進 会になり、空中戦が始まること Problem • 朝会が15分以上かかること • 話をする人が偏ってしまうこと • 時間の無駄使いをしてしまうこと Try • 昨日やったこと、今日やること、課題を共有する • 長くなりそうな課題は、朝会後に実施する12年7月26日木曜日
  63. 63. アンチパターン その2 ➡朝会のファシリテータが元気ないこと Problem • 声が小さくて、何を言っているのか聞き取れない • チームのモチベーションが上がらない(低下につな がる) Try • 元気な大きな声で挨拶から朝会を開始する • 元気にチームの士気を鼓舞する言葉で朝会を終了する12年7月26日木曜日
  64. 64. スクラム導入の簡易版(非公認) 活動例 1人アジャイル ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない ・ふりかえり チームアジャイル (チームでプラクティスを試した) ・スクラムマス ター チームアジャイル浸透 (チーム内でプラクティスが回り始めた) ・社内勉強会 チームアジャイル横展開 (隣のチームにアジャイルを薦めた) ・社外勉強会 全社アジャイル (全社でアジャイルを導入した)12年7月26日木曜日
  65. 65. Scrumチームで成果を出さないと…12年7月26日木曜日
  66. 66. スキルアップ するのは 簡単でない12年7月26日木曜日
  67. 67. スクラムマスター事例12年7月26日木曜日
  68. 68. Scrum開発歴:2ヶ月で  スクラムマスターを担当12年7月26日木曜日
  69. 69. 空気で感じるプレッシャー http://bit.ly/MCjY0b12年7月26日木曜日
  70. 70. 毎日、 スクラムマスター として、PJを成功 できるよう努力12年7月26日木曜日
  71. 71. しかし、空回り…12年7月26日木曜日
  72. 72. 従来のプロジェクトリーダー化(?)・チームに指示をしてしまい、率先した作業を阻害 http://bit.ly/QnxBRc12年7月26日木曜日
  73. 73. 見事、(プチ)ウォーターフォール完成∼12年7月26日木曜日
  74. 74. パパから、一冊の本を差し出された12年7月26日木曜日
  75. 75. 出典:http://amzn.to/qN3g8V12年7月26日木曜日
  76. 76. コーチングとは? コミュニケーションを通じて、 相手が成し遂げたいことを見つけ出し、 どうやったら実現できるかを探求し、 行動を促し、 実際に結果を創り出すことをサポートするスキル 観察させ方法を編み出させるスキル12年7月26日木曜日
  77. 77. スクラムマスターが決めずに チームメンバーが決める プロダクトオーナー チーム What? How?12年7月26日木曜日
  78. 78. スクラムマスターは チームの一人ひとりが 最大限のパフォーマンスを 発揮できるように サポートする12年7月26日木曜日
  79. 79. Try 鳥の目のように全体を俯瞰して ウォッチする 状況把握12年7月26日木曜日
  80. 80. Try メンバーに不安がある場合は 話をよく聞いて 引っかかりを取り除く 不安な意識をクリア (クリアリング)12年7月26日木曜日
  81. 81. Try 可能を開き 前に進めるよう導く ファシリテーション12年7月26日木曜日
  82. 82. Change チーム一人ひとりが 率先してイキイキと 行動するように! 自己組織化へ12年7月26日木曜日
  83. 83. 急がば回れ12年7月26日木曜日
  84. 84. スクラムマスターの働き方 次第でチームが一気に 変わる12年7月26日木曜日
  85. 85. プロダクトオーナー巻き込み事例12年7月26日木曜日
  86. 86. •確保できない) 多忙(週に3時間しか時間を PO •バーする事が多発 会議が発散して、タイムオー •い感じがする まだ、チームになりきれていな12年7月26日木曜日
  87. 87. Try ランチミーティング開催 信頼関係を早い段階で確保12年7月26日木曜日
  88. 88. Change • 率先的にプロダクトオーナーが朝会に参加 するようになった • 会議時間内に議論が出来るようになった • 多忙のプロダクトオーナーが最優先に時間 をとってくれるようになった12年7月26日木曜日
  89. 89. うれしかったこと ずっと一緒のチームでやっていきたい!12年7月26日木曜日
  90. 90. チームビルディング 重要!12年7月26日木曜日
  91. 91. ダイアログ212年7月26日木曜日
  92. 92. 今までの事例や経験、Tryしたいことを付箋へ記入 困っていること 今までの事例や経験 10分 自分が現場に 参加目的 持ち帰って Tryしたいこと • 1人ずつ付箋に書いてくださ い。(5分) • グループ内で一人ずつ共有しな がら付箋を貼ってください。 (10分)12年7月26日木曜日
  93. 93. 浸透・展開事例12年7月26日木曜日
  94. 94. スクラム導入の簡易版(非公認) 活動例 1人アジャイル ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない ・ふりかえり チームアジャイル (チームでプラクティスを試した) ・スクラムマス ター チームアジャイル浸透 (チーム内でプラクティスが回り始めた) ・社内勉強会 チームアジャイル横展開 (隣のチームにアジャイルを薦めた) ・社外勉強会 全社アジャイル (全社でアジャイルを導入した)12年7月26日木曜日
  95. 95. チーム内でプラクティスが 回り始めると ある問題が発生する12年7月26日木曜日
  96. 96. マンネリ化12年7月26日木曜日
  97. 97. Try 違うものを 試してみる12年7月26日木曜日
  98. 98. ∼喜怒哀式ふりかえり∼ Change • 毎日の感情を素直にふり かえる • 対策をチームで検討する • チームメンバーへの感謝 の言葉を自然に出せる • 多忙なスクラムマスターが チームの状況を迅速に確 認できる チームビルディングに最適!12年7月26日木曜日
  99. 99. ∼ラーニングマトリックス式ふりかえり∼ Change • アイデア出しの時間がな 良かったこと いときに短時間で効率的 変えたいこと に実施できる 続けたいこと • 変えたいことに、優先順 位をつけて、焦点を絞っ て新しいアイデアを出す 新しい 感謝したいこと アイデア • 感謝したいことで、ふり かえりを終了するため、 スッキリとした状態で次 へつなげることができる KPT法より15分短縮 (注)短縮時間は、チーム依存12年7月26日木曜日
  100. 100. 朝会で共有 ➡横展開12年7月26日木曜日
  101. 101. 社内勉強会12年7月26日木曜日
  102. 102. その他活動 • 社長賞の受賞 • 異文化交流会 • 社外交流会 • 各種社内勉強会 • ラボ定例 • SM道場/UX 勉強会/コード レビュー大会 • ランチ勉強会12年7月26日木曜日
  103. 103. スクラム導入の簡易版(非公認) 活動例 1人アジャイル ・アジャイルと (個人でアジャイルが好きだから導入した)言わない ・ふりかえり チームアジャイル (チームでプラクティスを試した) ・スクラムマス ター チームアジャイル浸透 (チーム内でプラクティスが回り始めた) ・社内勉強会 チームアジャイル横展開 (隣のチームにアジャイルを薦めた) ・社外勉強会 全社アジャイル (全社でアジャイルを導入した)12年7月26日木曜日
  104. 104. アジャイルサムライ 2011年7月発売 各地で アジャイルサムライ 読書会が開催12年7月26日木曜日
  105. 105. アジャイルサムライ読書会に参加 たくさんのトップエンジニア達と 出会い、刺激を得る!12年7月26日木曜日
  106. 106. アジャイルサムライ読書会 BIGLOBE道場開催 社内でグループ組織外のメンバーも読書会に参加 社外も含めて開催 スキルアップ+コネクションアップ12年7月26日木曜日
  107. 107. 気に入ってくれる人、 気に入ってくれない人の 両方がいた!12年7月26日木曜日
  108. 108. 気に入ってくれない人 がいるのは、なぜか?12年7月26日木曜日
  109. 109. (仮説)過去の成功法があり、 今までやってきたプロセスを 変えたくないから。12年7月26日木曜日
  110. 110. 過去のやり方 (ウォーターフォール開発) を否定しないで 新しいやり方 (アジャイル開発) を紹介することが大切12年7月26日木曜日
  111. 111. アジャイルをやることが 目的ではない。 効率良くカイゼンして今まで よりもお客様に 価値を提供するのが目的である。 だから、アジャイルじゃない方が 良いものもある。12年7月26日木曜日
  112. 112. 人を変えるのは 難しい ➡ 自分を変えること12年7月26日木曜日
  113. 113. いつか興味を示してくれる人 が出てきて、変わってくる12年7月26日木曜日
  114. 114. そんな中 気に入ってくれた スポンサー(仲間)をGet!!12年7月26日木曜日
  115. 115. 全社的に広めるために 全社の生産管理部門を仲間に!12年7月26日木曜日
  116. 116. 開催したこと ・事業部向けアジャイル開発事例 ・ふりかえりのワークショップ ∼ボールポイントゲーム∼ ・全社向けアジャイル勉強会 ・社外向けアジャイル勉強会 ∼レッツゴーデベロッパー THE NEXT 前夜祭∼12年7月26日木曜日
  117. 117. Try はじめて社外向けの 勉強会を開催した12年7月26日木曜日
  118. 118. キーマンを仲間にしていたので 一週間以内で企画から 告知することができた つながりは超重要12年7月26日木曜日
  119. 119. Change 参加者 •とても楽しかった •次回もぜひ、参加したい •欲しい 今回のような勉強会を増やして 5段階評価の満点5の評価12年7月26日木曜日
  120. 120. 「やりたいようにやって 何かあれば言って∼」 というアタタかい声援を頂いた12年7月26日木曜日
  121. 121. 強い信念で やり遂げようとする気持ち が協力者を増やす秘訣!12年7月26日木曜日
  122. 122. Change社外向けの勉強会(コミュニティ) へ会場提供してくれる ようになった12年7月26日木曜日
  123. 123. Change 全社向けアジャイル勉強会を 8月9日に開催予定! 実践ふりかえり ワークショップ ∼あなたの悩みを解決します∼12年7月26日木曜日
  124. 124. 成果 • 社長賞の受賞12年7月26日木曜日
  125. 125. ダイアログ312年7月26日木曜日
  126. 126. 今までの事例や経験、Tryしたいことを付箋へ記入 困っていること 今までの事例や経験 10分 自分が現場に 参加目的 持ち帰って Tryしたいこと • 1人ずつ付箋に書いてくださ い。(5分) • グループ内で一人ずつ共有しな がら付箋を貼ってください。 (10分)12年7月26日木曜日
  127. 127. まとめ12年7月26日木曜日
  128. 128. アジャイルプラクティスを 全部取り入れるのが アジャイル推進ではない12年7月26日木曜日
  129. 129. 自分達に合った プラクティスを取り入れ KAIZENしていくことが大切 ふりかえりが超重要12年7月26日木曜日
  130. 130. アジャイルに開発するチーム が増えて、より良い業界に していきましょう!12年7月26日木曜日
  131. 131. すいすい∼12年7月26日木曜日
  132. 132. ご清聴ありがとうございました12年7月26日木曜日
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×