1   | © 2012 Oracle. All rights reserved.
Solaris Zone Update                ~ Solaris 11 で何が変わったのか?                システム事業統括 ソリューション統括本部2   | © 2012 Oracle. All rig...
以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、     情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません     。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメン...
Agenda     •      Solaris ゾーン     •      Solaris リソース・マネージャ     •      ゾーン管理     •      参考情報4   | © 2012 Oracle. All right...
Solaris ゾーン     概要     • 単一システム上に複数の隔離されたランタイム環境を提供する機能     • ゾーンは大きく 2 種類に区分        大域ゾーン (global zone)                 ...
Solaris ゾーン     概要                                                                  zone                             zone ...
Solaris ゾーン     非大域ゾーン種別             完全ルートゾーン (Whole Root Zone)                            疎ルートゾーン (Sparse Root Zone)     ...
Solaris ゾーン     非大域ゾーン種別     • 不変ゾーン (Immutable Zone)              読み取り専用のランタイム環境               global                   ...
Solaris ゾーン                                dedup=off                                                # zpool get dedup zone...
Solaris ゾーン     非大域ゾーン種別     • ブランドゾーン (Branded Zone)                      Solaris 10   Solaris 10             Solaris 11...
Solaris ゾーン     ネットワーク                 排他的 IP (Exclusive IP) ゾーン                                  共有 IP (Shared IP) ゾーン   ...
Solaris ゾーン     ネットワーク                                  # zoneadm –z zone01 shutdown                                      ...
Solaris ゾーン                                  global     ネットワーク                                       # zonecfg -z zone01 i...
Solaris ゾーン                             global                                             # zonecfg –z zone01 info fs    ...
Solaris ゾーン                                             global     データセット (dataset)                        # zonecfg –z zo...
Solaris ゾーン     デバイス (device)                           global                                             # zonecfg –z zo...
Solaris ゾーン     セキュリティ     • セキュリティは特権 (privileges) によって管理                                                                ...
Agenda     •     Solaris ゾーン     •     Solaris リソース・マネージャ     •     ゾーン管理     •     参考情報18   | © 2012 Oracle. All rights r...
Solaris リソース・マネージャ     CPU 資源     • 3 つの CPU 資源の管理方法        資源プール                      • CPU 資源をグループ化して非大域ゾーンへ紐づける単位     ...
Solaris リソース・マネージャ     資源プール     • プロセッサ・セット               CPU *1の集合体     • スケジューリングクラス                                gl...
Solaris リソース・マネージャ     資源プール                                   zone02 でプロセス                                               ...
Solaris リソース・マネージャ                                                                           資源プールの     capped-cpu 資源     ...
Solaris リソース・マネージャ     dedicated-cpu 資源                                                割り当てられた全                           ...
Solaris リソース・マネージャ     動的資源プール                                                             25%                  37.5%     ...
Solaris リソース・マネージャ     メモリ資源     • 非大域ゾーンに対してメモリ資源の上限値を指定             capped-memory 資源               • 物理メモリ (physical)  ...
Solaris リソース・マネージャ     System V IPC パラメータ     • /etc/system に対するパラメータは大域ゾーンからのみ設定可能     • 非大域ゾーン単位に指定可能なパラメータ            ...
Agenda     •     Solaris ゾーン     •     Solaris リソース・マネージャ     •     ゾーン管理     •     参考情報27   | © 2012 Oracle. All rights r...
ゾーン管理     複製     • 同一サーバ内でゾーンの複製を作成可能                                                               1. マスターとなる       2. 複製...
ゾーン管理     P2V マイグレーション                                                        1. 構成ファイルの                                  ...
ゾーン管理     V2V マイグレーション                                                                1. 非大域ゾーンの     • サーバ間で非大域ゾーンを移動可能   ...
zonecfg     ゾーン管理                                                              No Zone                                    ...
ゾーン管理     管理コマンド     • zonecfg (1M)            file-mac-profile                 dataset            fs-allowed          ...
ゾーン管理     Delegated Administration     • 特定のユーザ/ロールにゾーン管理の権限を委譲                                                           ...
ゾーン管理     管理コマンド     • zoneadm (1M)             shutdown               • zoneadm (1M) コマンドによる graceful shutdown が可能     •...
ゾーン管理     zonep2vchk (1M)       global                                              --Executing basic checks              ...
ゾーン管理                                                         # Only one of dedicated or capped cpu can be used.          ...
Agenda     •     Solaris ゾーン     •     Solaris リソース・マネージャ     •     ゾーン管理     •     参考情報37   | © 2012 Oracle. All rights r...
参考資料     • Oracle Solaris のシステム管理 (Oracle Solaris ゾーン、Oracle Solaris       10 ゾーン、およびリソース管理)           http://docs.oracle....
39   | © 2012 Oracle. All rights reserved.
40   | © 2012 Oracle. All rights reserved.
Upcoming SlideShare
Loading in...5
×

#03-01 Solaris Zone Update ~ Solaris 11 で何が変わったのか? (2012-05-21)

1,838

Published on

Solaris ナイトセミナー #3-01

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total Views
1,838
On Slideshare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
0
Actions
Shares
0
Downloads
14
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

#03-01 Solaris Zone Update ~ Solaris 11 で何が変わったのか? (2012-05-21)

  1. 1. 1 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  2. 2. Solaris Zone Update ~ Solaris 11 で何が変わったのか? システム事業統括 ソリューション統括本部2 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  3. 3. 以下の事項は、弊社の一般的な製品の方向性に関する概要を説明するものです。また、 情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません 。以下の事項は、マテリアルやコード、機能を提供することをコミットメント(確約) するものではないため、購買決定を行う際の判断材料になさらないで下さい。オラクル 製品に関して記載されている機能の開発、リリースおよび時期については、弊社の裁量 により決定されます。 OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。 文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。3 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  4. 4. Agenda • Solaris ゾーン • Solaris リソース・マネージャ • ゾーン管理 • 参考情報4 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  5. 5. Solaris ゾーン 概要 • 単一システム上に複数の隔離されたランタイム環境を提供する機能 • ゾーンは大きく 2 種類に区分  大域ゾーン (global zone) • オペレーティングシステムの実体  非大域ゾーン (non-global zone) • 大域ゾーン上で動作するアプリケーション実行環境 • 大域ゾーンとカーネルを共有 • 非大域ゾーン間は完全に隔離 • 最大 8192 個 (大域ゾーン含む) 作成可能5 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  6. 6. Solaris ゾーン 概要 zone zone zone net0:1 net0:2 zcons zcons zcons /data /data /data net1 Platform /usr /usr /usr Virtual zoneadmd zoneadmd zoneadmd ゾーン管理 (zonecfg, zoneadm, zlogin, etc) Global Zone C C C C Resource Manager6 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  7. 7. Solaris ゾーン 非大域ゾーン種別 完全ルートゾーン (Whole Root Zone) 疎ルートゾーン (Sparse Root Zone)  標準のファイルシステムタイプ  ファイルシステムの一部を大域ゾーンか  ファイルシステム継承なし ら読み取り専用で継承 global zone global zone / /platform / /platform / /platform / /platform /usr /usr /usr /usr /sbin /sbin /sbin /sbin 継承 /lib /lib /lib /lib … … … …7 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  8. 8. Solaris ゾーン 非大域ゾーン種別 • 不変ゾーン (Immutable Zone)  読み取り専用のランタイム環境 global # zonecfg –z zone02 info file-mac-profile  file-mac-profile プロパティより設定 file-mac-profile: flexible-configuration • none (defafult) • strict zone01 zone02 • fixed-configuration • flexible-configuration / /platform / /platform /usr /usr /sbin /sbin /lib /lib … …8 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  9. 9. Solaris ゾーン dedup=off # zpool get dedup zones 非大域ゾーン種別 NAME zones PROPERTY VALUE dedupratio 1.00x SOURCE - dedup=on Immutable Zone # zpool get dedup zones  セキュリティ確保 NAME PROPERTY VALUE SOURCE + zones dedupratio 2.03x - ZFS 重複排除機能 zone01 zone02  ディスク使用量の軽減 / /platform / /platform /usr /usr /sbin /sbin “代替” 疎ルートゾーン /lib /lib … …9 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  10. 10. Solaris ゾーン 非大域ゾーン種別 • ブランドゾーン (Branded Zone) Solaris 10 Solaris 10  Solaris 11 ネイティブではないオペレーティング環境 を含む非大域ゾーン  Solaris 10 • native (SPARC/x86) • solaris8 (SPARC) • solaris9 (SPARC) s10z s10z • lx (x86)  Solaris 11 • solaris (SPARC/x86, a.k.a. ipkg) • solaris10 (SPARC/x86)10 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  11. 11. Solaris ゾーン ネットワーク 排他的 IP (Exclusive IP) ゾーン 共有 IP (Shared IP) ゾーン  標準のネットワークタイプ  大域ゾーンと物理ネットワークを共有  非大域ゾーンに物理/仮想インター  非大域ゾーンに論理インターフェース フェースを割り当て を割り当て zone01 zone02 zone03 zone01 zone02 vnic0 vnic1 net1 net0:1 net0:2 net0 net1 net011 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  12. 12. Solaris ゾーン ネットワーク # zoneadm –z zone01 shutdown # dladm show-vnic • 仮想インターフェースの自動生成 LINK OVER SPEED …  非大域ゾーン起動時にテンポラリ仮想 インターフェースを自動生成 # zoneadm –z zone01 boot # dladm show-vnic  anet リソースより設定 LINK OVER SPEED … zone01/net0 net0 1000 … zone01 zone02 net012 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  13. 13. Solaris ゾーン global ネットワーク # zonecfg -z zone01 info anet anet: • anet リソース linkname: net0 lower-link: auto  linkname プロパティ allowed-address not specified configure-allowed-address: true • 非大域ゾーンでのインターフェース名 defrouter not specified  lower-link プロパティ allowed-dhcp-cids not specified link-protection: mac-nospoof • 非大域ゾーンのインターフェースを mac-address: random 紐づける大域ゾーンにおける物理 auto-mac-address: 2:8:20:e2:77:d2 mac-prefix not specified インターフェース名 mac-slot not specified  allowed-address プロパティ*1 vlan-id not specified priority not specified • 非大域ゾーンで利用可能な IP アドレス rxrings not specified  configure-allowed-address プロパティ*1 txrings not specified mtu not specified • allowed-address の使用可否 maxbw not specified rxfanout not specified *1 : net リソースにも同様のプロパティが追加13 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  14. 14. Solaris ゾーン global # zonecfg –z zone01 info fs ファイルシステム (fs) fs: dir: /mnt • 非大域ゾーンにファイルシステムを special: /dev/dsk/c3t3d0s0 raw: /dev/rdsk/c3t3d0s0 アサイン (ufs, zfs, lofs) type: ufs options: [ ]  非大域ゾーン管理者はアサインされた ファイルシステム (マウントポイント) に zone01 zone01 ファイルやディレクトリを作成可能 # df –h /mnt Filesystem Size … /mnt 67G … /mnt s014 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  15. 15. Solaris ゾーン global データセット (dataset) # zonecfg –z zone01 info dataset dataset: • 非大域ゾーンに ZFS データセットを name: zones/zfs01 alias: zfs01 アサイン zone01 zone01  データセットは仮想 ZFS プールとして認識 # zpool status zfs01  非大域ゾーン管理者はアサインされた ZFS pool: zfs01 データセットを管理 state: ONLINE scan: none requested  Quota は大域ゾーンから設定 config: zfs01 NAME STATE … zfs01 ONLINE … errors: No known data errors zfs01 zpool15 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  16. 16. Solaris ゾーン デバイス (device) global # zonecfg –z zone01 info device • 非大域ゾーンに block/raw デバイス device: match: /dev/*dsk/c3t3d0* をアサイン allow-partition: true allow-raw-io not specified  allow-partition プロパティにより、非大域 ゾーン管理者が format (1M) によるディス zone01 zone01 ク管理が可能 # ls /dev/dsk  マウントする場合は fs-allowed プロパティ c3t3d0p0 c3t3d0s0 … に注意 (デフォルトは hsfs, nfs のみ許可) c3t3d0p1 c3t3d0s1 … c3t3d0p2 c3t3d0s10 … c3t3d0p3 c3t3d0s11 … c3t3d016 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  17. 17. Solaris ゾーン セキュリティ • セキュリティは特権 (privileges) によって管理 非大域ゾーンの障害 • 非大域ゾーンで以下の特権は使用禁止 は他に影響を与えな い  dtrace_kernel 非大域ゾーン間、  proc_zone 大域ゾーンへの 侵入は不可  sys_config  sys_devices 大域ゾーンは非大域 zone01 zone02 ゾーンへのコンソー  sys_linkdir ル機能を提供 P P  sys_net_config P P  sys_res_config  sys_suser_compat P P17 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  18. 18. Agenda • Solaris ゾーン • Solaris リソース・マネージャ • ゾーン管理 • 参考情報18 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  19. 19. Solaris リソース・マネージャ CPU 資源 • 3 つの CPU 資源の管理方法  資源プール • CPU 資源をグループ化して非大域ゾーンへ紐づける単位 • プロセッサセットとスケジューリングクラスから構成  capped-cpu 資源 • 非大域ゾーンで利用する CPU 使用率を指定 • 資源プールと併用可能  dedicated-cpu 資源 • CPU の一部を非大域ゾーン専用として割り当て • 資源プール/capped-cpu 資源との併用は不可19 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  20. 20. Solaris リソース・マネージャ 資源プール • プロセッサ・セット  CPU *1の集合体 • スケジューリングクラス global zone01 zone02  FSS (Fair Share Scheduler) • CPU シェア数 (cpu-shares) に基づき 資源プールを共有するゾーン間でリソ ースを配分 C C C C  TS (Time Sharing) pset_default pset_zone • Solaris 標準スケジューラ pool_default pool_zone • CPU 資源をプロセス毎に平等に配分 資源プール プロセッサ・セット *1 : OS が認識可能な最小単位20 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  21. 21. Solaris リソース・マネージャ 資源プール zone02 でプロセス 20% 80% を起動 • 複数の非大域ゾーンで資源プール を共有 zone01 でプロセス • 資源競合が発生しない限り、非大域 を起動 100% 0% ゾーンはプール内の資源を最大限 利用可能 global zone01 zone02 cpu-shares : 20 cpu-shares : 80 C C C C pset_default pset_zone pool_default pool_zone21 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  22. 22. Solaris リソース・マネージャ 資源プールの capped-cpu 資源 ncpus / total cpu を利用 • 1 CPU *1 を 100% として、非大域 ゾーンにおいて利用可能な CPU 使用率を指定 (小数点第二位まで zone01 でプロセス 50% を起動 指定可能) • 資源競合が発生しない状況下に global zone01 zone02 おいても指定された使用率に制限 • 資源プールと併用可能 ncpus : 1 C C C C pset_default pset_zone pool_default pool_zone *1 : OS が認識可能な最小単位22 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  23. 23. Solaris リソース・マネージャ dedicated-cpu 資源 割り当てられた全 リソースを占有 • 非大域ゾーンにおいて利用可能な CPU 数を指定 (範囲指定する場合 は重要度も設定) zone01 でプロセス 100% を起動 • 資源競合はなく全ての資源を利用 可能 global zone01 zone02 • テンポラリ資源プールを利用 • 資源プール/capped-cpu 資源との ncpus : 2 併用は不可 C C C C pset_default SUNWtmp_zone02 非大域ゾーン起動時に資源が足りない場合は 起動不可 pool_default SUNWtmp_zone0223 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  24. 24. Solaris リソース・マネージャ 動的資源プール 25% 37.5% 37.5% • CPU 資源を範囲で指定 • 負荷状況と資源プールの重要度に 応じて動的に資源を移動 50% 25% 25% • 資源プール/dedicated-cpu 資源で 利用可能 global zone01 zone02 負荷状況に応じて 動的にプール間で 資源移動 cpu-shares : 50 cpu-shares : 50 C C C C C pset_default pset_zone pool_default pool_zone24 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  25. 25. Solaris リソース・マネージャ メモリ資源 • 非大域ゾーンに対してメモリ資源の上限値を指定  capped-memory 資源 • 物理メモリ (physical) • スワップメモリ (swap) • ロックメモリ (locked) • 他のゾーンへ与える影響を最小限に抑える事が可能25 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  26. 26. Solaris リソース・マネージャ System V IPC パラメータ • /etc/system に対するパラメータは大域ゾーンからのみ設定可能 • 非大域ゾーン単位に指定可能なパラメータ  max-shm-memory (旧 shmsys:shminfo_shmmax) • 非大域ゾーンに許容される System V 共有メモリ  max-shm-ids (旧 shmsys:shminfo_shmmni) • 非大域ゾーンに許容される System V 共有メモリ ID の最大数  max-sem-ids (旧 semsys:seminfo_semmni) • 非大域ゾーンに許容されるセマフォ ID の最大数  max-msg-ids (旧 msgsys:msginfo_msgmni) • 非大域ゾーンに許容されるメッセージキュー ID の最大数26 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  27. 27. Agenda • Solaris ゾーン • Solaris リソース・マネージャ • ゾーン管理 • 参考情報27 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  28. 28. ゾーン管理 複製 • 同一サーバ内でゾーンの複製を作成可能 1. マスターとなる 2. 複製するゾーン 構成情報の取得 構成の作成 Master C lone Config Config global zone01 zone02 # zoneadm –z zone01 shutdown # zonecfg –z zone01 export –f ./zone01.cfg # cp zone01.cfg zone02.cfg # vi zone02.cfg 3. OS イメージの # zonecfg –z zone02 –f ./zone02.cfg コピー # zoneadm –z zone02 clone zone01 # zoneadm –z zone02 boot28 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  29. 29. ゾーン管理 P2V マイグレーション 1. 構成ファイルの 作成 • 大域ゾーンとして動作する Solaris 10/11 を Solaris 10 Solaris 11 非大域ゾーンとして集約可能 2. OS イメージの global 作成/コピー # zonep2vchk # zonep2vchk –cT S11 > s11p2v.cfg # beadm create s11p2v # beadm mount s11p2v /mnt # cd /mnt s10p2v s11p2v # find . | cpio –ocm > /root/s11p2v.cpio global 3. 非大域ゾーンと してデプロイ # zonecfg –z s11p2v –f ./s11p2v.cfg # zoneadm –z s11p2v install –a /root/s11p2v.cpio -u # zoneadm –z s11p2v boot29 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  30. 30. ゾーン管理 V2V マイグレーション 1. 非大域ゾーンの • サーバ間で非大域ゾーンを移動可能 デタッチ zone01 zone02 2. OS イメージの コピー global # zoneadm –z zone01 shutdown # zoneadm –z zone01 detach # zfs snapshot zones/zone01@snap # zfs send zones/zone01@snap > zone01.img zone01 global # zfs recv zones/zone01 < zone01.img 3. 非大域ゾーンの # zonecfg –z zone01 create –a /zones/zone01 アタッチ # zoneadm –z zone01 attach # zoneadm –z zone01 boot30 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  31. 31. zonecfg ゾーン管理 No Zone delete create 管理コマンド configured • zonecfg (1M) uninstall mark incomplete  非大域ゾーン構成コマンド incomplete uninstall install mark • zoneadm (1M) zoneadm incomplete installed  非大域ゾーン管理コマンド halt ready • zonep2vchk (1M) halt ready shutdown boot  P2V チェックコマンド ready boot • zonestat (1) running  非大域ゾーン監視コマンド reboot • zlogin (1) zlogin login Zone  非大域ゾーンへのログイン31 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  32. 32. ゾーン管理 管理コマンド • zonecfg (1M)  file-mac-profile  dataset  fs-allowed • alias  admin  net • user • allowed-address • auths • configure-allowed-address  anet  device • allow-partition • allow-raw-io32 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  33. 33. ゾーン管理 Delegated Administration • 特定のユーザ/ロールにゾーン管理の権限を委譲 zone01 zone02 global net0:1 net0:2 zcons zcons /data /data /usr /usr # zonecfg -z zone01 info admin root admin: user: guest zoneadmd zoneadmd auths: login,manage ゾーン管理 (zoneadm, zlogin) $ pfexec zoneadm -z zone01 boot $ pfexec zlogin -C zone01 guest33 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  34. 34. ゾーン管理 管理コマンド • zoneadm (1M)  shutdown • zoneadm (1M) コマンドによる graceful shutdown が可能 • zonep2vchk (1M)  大域ゾーンで稼働する Solaris 10/11 環境の P2V 移行支援ユーティリティ • 移行に関する問題点の検出 • 移行に必要となる構成ファイルの生成 • Solaris 10 で実行する場合には Oracle Solaris Zones Preflight System Checker をインストール34 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  35. 35. ゾーン管理 zonep2vchk (1M) global --Executing basic checks protocol not installed: smb # zonep2vchk --Executing Version: 1.0.5-11-16135 - Dynamically assigned IP addresses are configured on the following interfaces. These IP addresses could change as a result of MAC - Source System: s11 address changes. You may need to modify this systems address Solaris Version: Oracle Solaris 11 11/11 X86 information on the DHCP server and on the DNS, LDAP, or NIS Solaris Kernel: 5.11 snv_175 name Platform: i86pc i86pc servers: - Target System: Autoconfigured IPv6 addresses on net0 Solaris_Version: Solaris 11 Zone Brand: solaris (default) Basic checks compete, 1 issue(s) detected IP type: exclusive --Total issue(s) detected: 135 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  36. 36. ゾーン管理 # Only one of dedicated or capped cpu can be used. # Uncomment the following to use cpu caps: zonep2vchk (1M) # add capped-cpu # set ncpus=2.0 # end global # Uncomment the following to use dedicated cpu: # add dedicated-cpu # zonep2vchk -cT S11 # set ncpus=2 create -b # end set zonepath=/zones/s11 # Uncomment the following to use memory caps. add attr # Values based on physical memory plus swap devices: set name="zonep2vchk-info" # add capped-memory set type=string # set physical=16256M set value="p2v of host s11" # set swap=20351M end # end set ip-type=exclusive # Original net0 interface configuration: # Uncomment the following to retain original host hostid: # Statically defined 192.168.0.210/24 (s11) # set hostid=00c82acc # Autoconfigured fe80::214:4fff:fe28:382c/10 # Max procs and lwps based on max_uproc/v_proc # Factory assigned MAC address 0:14:4f:28:38:2c set max-processes=20000 add anet set max-lwps=40000 set linkname=net0 add attr set lower-link=change-me set name=num-cpus # Uncomment the following to retain original link configuration: set type=string # set mac-address=0:14:4f:28:38:2c set value="original system had 2 cpus" end end exit36 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  37. 37. Agenda • Solaris ゾーン • Solaris リソース・マネージャ • ゾーン管理 • 参考情報37 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  38. 38. 参考資料 • Oracle Solaris のシステム管理 (Oracle Solaris ゾーン、Oracle Solaris 10 ゾーン、およびリソース管理) http://docs.oracle.com/cd/E26924_01/pdf/E25829.pdf • Oracle Solaris Zones Preflight System Checker http://www.oracle.com/technetwork/server-storage/solaris10/downloads/index.html38 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  39. 39. 39 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  40. 40. 40 | © 2012 Oracle. All rights reserved.
  1. A particular slide catching your eye?

    Clipping is a handy way to collect important slides you want to go back to later.

×